著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「予定」の英語|8つある表現の違いと使えるフレーズ一覧!

のべ26,475がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

予定がありますか?など、日常会話で、「予定」の英語は欠かせない表現の1つです。

相手に予定を聞く時、自分自身が相手に予定を伝える時など、様々なシチュエーションで使える英語です。

しかし、「予定」には様々な英語があるのをご存知でしょうか?

最後には、どれくらい「予定」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

ここでは、それぞれの「予定」の英語を紹介するだけではなく、その違いや使い方、英会話で今すぐ使えるフレーズも確認して頂けます。

目次:
1.「予定」の英語
1-1.英語の「plan」を使って「予定」を表現
1-2.その他の「予定」の英語と違い
2.「予定」の英語を使ってみよう!厳選フレーズ集
2-1.「予定」を使った基本の英語
2-2.英会話やビジネスで使える「予定」の英語フレーズ
2-3.「予定している」を表現する「willとgoing to」の使い方と違い
3.英語での予定の書き方・例文(スケジュールで略語なども活用)

まとめクイズ:「予定」の英語を使いこなせるようになろう!

1.「予定」の英語

「予定」の英語で、皆さまがすぐに頭に浮かぶのは「plan(プラン)」ではないでしょうか?

日本語でも使っていますし、代表的な英語です。

しかしながら、その使い方、また他の英語でも「予定」を表現する英語は多く存在します。

それぞれの英語の違いや使い方を見てみましょう。

1-1.英語の「plan」を使って「予定」を表現

「plan」は、動詞の「予定する(計画する)」と名詞の「予定(計画)」の両方で使える英単語です。

「plan」を使うシチュエーションは、何かしらの計画を立てている場合などに使われる「予定」の英語です。

  • business plan:事業計画
  • carry out a plan:計画を実行する
  • plan for a trip:旅行計画

など、色々なケースで使えるとても便利な英語です。また、「floor plan(平面図)」として使われる場合もあります。

1-2.その他の「予定」の英語と違い

「plan」以外にも、多くの「予定」があります。

ここでは、英会話でもすぐに使える名詞と動詞をご紹介します。

それぞれの使い方や違いを確認してみましょう。

  • program(名詞):既に予定されている行事などそのものを指します。
  • schedule(名詞):予定表、時間割など日時などを指す場合によく使われます。動詞としても使えます。
  • expect(動詞):~するつもり(予定)です。※~を予期する、~を期待するという意味でも使われます
  • intend(動詞):~するつもりです。※planやexpectより強調した言い方となります
  • arrange(動詞):予定が既にあり、準備をするという時に使う単語です。
  • be動詞+going to+動詞:英会話でも頻繁に使われる、~するつもり(予定)です、となります。
  • will+動詞:こちらも~するつもり(予定)となりますが、going toよりも不確定の場合に使われます。こちらに関しては後ほど詳しく説明します。

2.「予定」の英語を使ってみよう!厳選フレーズ集

「予定する」や「予定」の英語だけ知っていても、英会話には限界があります。

よってここでは、「予定」の英語に関連するフレーズをご紹介します。

2-1.「予定」を使った基本の英語

先ずは基本のフレーズを押さえましょう!

  • 予定がある(あります):have a plan ※「I’m not available.」という表現もあります。打ち合わせの時間を聞かれた時など、予定があり断る際に使えるフレーズです。
  • 予定がない(ありません):否定形+have any(a) plan(または、have no plan) ※上記とは逆に、「OK」や「I’m available.(予定が空いています)」などで返答できます。
  • 予定を空ける:keep(日付や曜日など)open ※「leave(日付など)open」のどちらでもOKです。「Kindly keep June 7th open for our meeting.」という使い方ができます。

2-2.英会話やビジネスで使える「予定」の英語フレーズ

次に、少し応用した形ですが、英会話やビジネス、またメールで頻繁に使われているフレーズを確認しましょう。

  • 休み(夏休み、冬休み)の予定を考える:think about(of) a plan
  • 今のところ〜の予定です:have a plan to(動詞の原形)for the time being ※「for the time being」は色々な場面で使える表現です。他に、currentlyやnowなどでも同様の意味になります
  • 計画(予定)変更:a change of plan(a change of schedule) ※change a planやrescheduleで、予定を変更する、となります
  • 予定が分かったら教えて下さい:Let me know when you find out(let me know when your schedule is fixed)などが良く使われます。 ※~の予定が無かったら教えてね、は「Let me know if you are free 〜(日付や曜日など)」という表現も英会話では役立ちます
  • 明日、何か予定はありますか?:Are you free tomorrow? ※「Do you have a plan tomorrow?」よりもカジュアルに使えます。
  • ~を予定しています:I’m plannning to ~. 「will」や「going to」も使えます。フォーマルの言い方は、「I’m scheduled to ~.」となります。
  • 予定を合わせる:I adjust my schedule(plan) to yours.
  • 予定が埋まっている(一杯・タイトです):I’m busy. ※「My schedule is very tight.」などでもOKです。
  • ~の予定はいつですか?:「When do you plan to ~?」 ※「When are you going to ~?」でもOKです。
  • 予定を伺う:ask for a schedule.
  • 予定を前倒しする(繰り上げる):move up the schedule ※「move forward the schedule」でも同様です。予定より早いという場合は、「ahead of schedule」となります。
  • 予定を後ろ倒しする(ずらす):push back the schedule ※延期する場合は「postpone」や「put off」を使います。
  • 予定通りです:on schedule、または、as scheduled ※予定より遅いは、「behind schedule」となります。
  • 予定を押させる:set up an appointment ※相手の打ち合わせの予定を押さえる時などに使えます。
  • 予定は決まっていません(予定は未定):not yet decided. ※「Not yet confirmed」も同様で、返答の時に簡単に返答できます。
  • 今週(今月・週末・夏休みなど)の予定は~です:I have a plan to ~ this week(this month/this weekend/during summer vacation).
  • ~に参加予定です:I will attend ~ ※「I will attend the meeting.」などとなります。
  • 予定を詰め込む:I have an ambitious schedule.
  • 都合がいい:It is good for me. ※「I’m available on that day.(その日は都合がいいです)」でもOKです。
  • (今週の)予定がはっきりしません:My schedule(this week) is still unclear.
  • 予定をキャンセルします:I would like to cancel the appointment. ※打ち合わせの予定をキャンセルする時に使えるフレーズです。
  • (本日の)彼の予定が分かりません:I’m not sure about his today’s schedule.
  • ~の予定で大丈夫でしょうか?:Are you OK with ~? ※「Do you any problem with ~?」でもOKです。
  • あなたの予定をアップデート(更新)して下さい:Please update your schedule.

その他にも、使える「予定」の英語表現があります。

  • 予定表:scheduleやplan、programでOKです。 ※旅行予定表は、「itinerary」です。
  • 出産予定日:expected date of birth ※(日付)に出産予定です、は「be動詞+expecting+on(日付)」となります。
  • 納品(納入)予定日:estimated delivery date
  • 入金予定日:expected date of deposit
  • ~に結婚予定(です):We are going to get married on ~(日付など).」
  • 予定営業時間:schedule open hours. ※「business hours」でも同様です。
  • (工事など)予定のお知らせ:Notice of our schedule. ※「Notice of our plan」などとメールの件名にも使えます。

2-3.「予定している」を表現する「willとgoing to」の使い方と違い

ここでは特に口語の会話で頻繁に使われている「will」と「be動詞 going to」の違いを例文を見て確認してみましょう。

知っておくだけでも英会話の時に役立ちます。

それでは、「have lunch with CEO tomorrow(明日、CEOとランチをします)という文を「will」と「be動詞 going to」を使ってその違いを見てみましょう。

  • 例文1.I will have lunch with CEO tomorrow.
  • 例文2.I am going to have lunch with CEO tomorrow.

日本語では「~するでしょう・~の予定です」になりますが、英語では多少そのニュアンスがことなります。

例文1の「will」より、例文2の「be動詞 going to」の方がその確率(可能性)が高いニュアンスになります。

しかし、「I will definately have ~.」など「多分(ここではdefinately)」という副詞を使うことで、予定の確率を上げることもできます。

他にも「maybe」など会話には欠かせない表現もあります。『「多分(たぶん)」の英語|3つの基本英単語とその使い方』を参考にしてみて下さい。

3.英語での予定の書き方・例文(スケジュールで略語なども活用)

英語で予定を書く練習には予定表、つまりスケジュール帳がベストです。

打ち合わせの日時、会議の予定など略語を活用して短く書くことがコツです。『スケジュールの英語|ビジネスでも活用!18例文と略語など』の記事をご確認ください。

まとめクイズ:「予定」の英語を使いこなせるようになろう!

ここでご紹介した通り、「予定」の英語は、「plan」だけではありません。

それぞれのシチュエーションによって使い分けましょう!

「plan」のように、1つの表現だけ覚えればいいのが英語ではなく、ニュアンスの違いがあるため、その他の表現も同時に覚えるのがベターです。

外国人の友達との会話や、海外旅行などで知り合った現地の人たちと会話をする時など、様々な場面で使ってみましょう!

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. 「予定がある」の英語フレーズは?
  2. 予定表、時間割など日時などを指す場合の「予定」の英語は?
  3. 「平面図」の英語は?
  4. 「予定より遅い」の英語フレーズは?
  5. planやexpectより強調した「~するつもりです」の動詞は?

いかがでしたか? 

今すぐ読んだ「予定」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. have a plan
  2. schedule
  3. floor plan
  4. behind schedule
  5. intend
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta