著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

4つの「写真」の英語|違いと会話や旅行で役立つフレーズ一覧

のべ41,696がこの記事を参考にしています!

「写真」を使った英語表現はたくさんあります。

その中で代表的なのが「picture(ピクチャー)」と「photo(フォト)」ですが何が違うのでしょうか?

詳しくは後ほど説明しますが、下記が主な違いです。

  • picture:写真、絵、画像など幅広い表現
  • photo:「photograph(フォトグラフ)」の略で、「写真」のみを指します

また、他にも「image」や「shot」などの表現もあります。

外国人に写真を撮ってほしい時、また写真を撮る時の「合図」は英語で何というかご存知ですか?

日本人が使っている「はい、チーズ」で通じるのでしょうか?

「写真」を使った英語やフレーズや、証明写真などの関連英語は、今すぐにでも使えるものばかりです。

よってここでは、外国人と会話をする時や海外旅行先などでも役立つ「写真」関連の英語フレーズや重要な関連英語をご紹介します。また、写真を撮るときの掛け声なども是非覚えましょう!

目次:
1.「写真」の英語と読み方や違い・例文
・picture
・photo
・snapshot
・image
2.旅行で役立つ!「写真」を使った英語フレーズ一覧
3.「写真」を使った関連英語一覧

1.「写真」の英語と読み方や違い・例文

「写真」の英語として使われる表現をそれぞれ見ていきましょう。

picture

写真、絵、画像など幅広く使われる単語が、「picuture(ピクチャー)」で、複数形は「pictures」となります。

写真に限定していません。

似顔絵(portrait)や風景画(landscape painting)なども、「picture」の中に含まれます。

また、SNSやメールなどでよく使われる略語は「pic.」です。

下記が例文です。

  • I take a picture.(写真を撮ります)
  • Thank you for sending pictures.(写真を送って頂きましてありがとうございます)
  • I need to develop pictures.(写真を現像する必要があります) ※「develop(ディべロップ)」は現像するという動詞です。
  • Please see the attached picture.(添付写真を見て下さい) ※「Please refer to the attached picture.」でも同様です。
  • Copy pictures.(写真を焼き増しして!)
  • I like this picture.(この写真いいですね) ※Instagram(インスタ)やFacebook(フェイスブック)でいいねボタンを押す際の表現などは、『「いいね」の英語|1つだけじゃない!様々な表現一覧』を参考にしてみて下さい。
  • I put up the picture on my website.(その写真をホームページに貼ります) ※紙などに貼る場合は「paste(ペイスト)」という動詞を使います。

など。

photo

写真のみに限定しているのが、「photo(フォト)」です。

ピンポイントで「写真」と言いたい時に「photo」を使うと間違いないですね。

「photograph」(フォトグラフ)の略でもあり、複数形は「photos」となります。「photoes」ではないので注意しましょう。あくまで「photograph」の略ですので「photos」が正しくなります。

因みに、写真家は「photographer」(フォトグラファー)ですね。

「写真を撮ります」は「I take a photo.」や「I take a photograph.」でも表現できますが、後者は少しフォーマルな言い方に聞こえますね。

下記がその他の例文です。

※「photo(s)」の部分は、もちろん「picture(s)」に置き換えることもできます。その逆も同様です。

  • I save photos.(写真を保存します) ※コンピューターなのに使う場合の「保存する」は「save」でOKです。
  • It’s better to trim this photo.(この写真はちゃんと切り取った方がいいですね)
  • I’ll enclose those photos.(それらの写真を同封しますね)
  • Give me some time to edit photos.(写真を加工するのに少々時間を下さい。
  • Lots of people make composite photos.(多くの人が写真を合成します)
  • I’ll sort out photos this weekend.(今週末、写真を整理します) ※「organize photos」でも同様です。

など。

また、予期せぬ人物や物が写る、または自分が写る際のスラングは「photobomb」(フォトバム)と言います。

snapshot

「snapshot(スナップショット)」は、何の下準備もない、また写真に写る対象者が、自然に動いているものを撮ったりする写真のことを言います。

これらを日本語では「スナップ写真」と呼びますね。集合写真(group picture)や証明写真(ID photo)のようなものではありません。

「snapshot」は、次の口語の略語でよく使われます。

  • snap
  • shot

※小さなカメラ(camera)で撮る写真もこの表現を使います。

image

pictureやphotoに比べると、少しフォーマルな言い方が「image(イメージ)」です。

写真だけではなく、図や画像を指すことが多い単語です。

また、「take an image」で「写真を撮る」にはならないので、その点は注意が必要です。

2.旅行で役立つ!「写真」を使った英語フレーズ一覧

外国人の観光客や海外旅行先で、「写真を撮って下さい」などのフレーズは覚えておくだけで、とても便利な英語です。

  • 「(私たちの)写真を撮って頂けますか?」:「Would you please take a picture/photo of us?」 ※pleaseは無くてもOKです。「Would」を使うと丁寧な言い方になります。
  • 「写真をお撮りしましょうか?」:「Would you like me to take your picture/photo?」
  • 「一緒に撮りませんか?」:「May I take a picture/photo with you?」 ※「May」は「~してもよろしいでしょうか?」と言う丁寧な言い方になります。カジュアルには、「Let’s take a picture/photo together(一緒に写真撮りましょう!)」となり、こちらでも全く問題はありません。
  • 「もっと寄って下さい」:「Squeeze in」や「Squeeze more」などでOKです。
  • 「背景も入れて撮って下さい」:「Please take a picture/photo with the background.」
  • 「腰から上(上半身)を撮って下さい」:「Please take a picture/photo from the waist-up.」
  • 「縦向き(横向き)に写真を撮ってください」:「Please take a picture/photo vertically(または、verticallyの代わりに、in the portrait mode) ※「横向き」は「horizontally」か「in the landscape mode」となります。
  • 「写真がブレています・ぼけています(ピンぼけ)」:Photos are blurry. ※「Photos are blurred.」でもOKです。Blurry(形容詞)は、「ぼけている(ピントがずれている)」の単語です。「blur(ぼけさせる)」はその動詞となります。
  • 「写真が上下反対です」:The photo is upside down
  • 「写真ができました」:The photos are ready. ※「I already have photos developed.」でもOKです。
  • 「記念に写真を撮ります」:We take a commemorative photo.
  • 「写真を撮るのが上手い(下手)」:I’m good(bad) at taking photos.
  • 「写真送って!」:Send me photos. ※メールで送って!という場合は「Mail me photos」で構いません。
  • 「いいアングルで写真を撮って」:Take a photo from a good angle.
  • 「ここでは写真は許可されていません(撮影禁止)」:We are not allowed to take photos here. ※「Taking photos here is prohibited.」も同様です。

「はい、チーズ!」は日本だけの合図!?

海外でも「Say cheese!(チーズと言って!)」というのがありますが、一般的には、「Smile!(笑って!」や「One, two, three!」と合図して、写真を撮るのが多いですね。その前に、「Are you OK?(いいですか?)」や「Are you ready?(準備大丈夫ですか?」という挨拶を入れてもOKです。

次のフレーズも覚えておくと会話に役立ちます。

    3.「写真」を使った関連英語一覧

    「~写真」などの英語はどういうのでしょうか?

    下記にて主な英語をご確認下さい。

    • 「写真アルバム」:photo album ※「album」だけでもOKですが、切手などを入れる「アルバム」も含まれるので、正式には「photo」を付けた方がいいです。
    • 「卒業写真(アルバム)」:yearbook ※「graduation album」などというケースがありますが、「yearbook」が一般的です。
    • 「集合写真」:group picture
    • 「合成写真」:composite photo ※「composite(コンポジット」は、「合成の」という形容詞です。モンタージュ写真もこの表現でOKです。
    • 「記念写真(記念撮影)」:commemorative photo ※「commemorative(コメモラティブ)」は「記念の」という形容詞です。
    • 「白黒写真」:black and white photo ※「white and black」にはならないので、語順が重要です。必ず「black」が先にきます。
    • 「カラー写真」:color photo
    • 「結婚写真」:wedding photo(wedding picture)
    • 「全身写真」:full-body photo ※「full-length photo」でも同様です。
    • 「写真集」:photo book ※「a collection of photos」という表現もあります。
    • 「後姿(後ろ向き)の写真」:back shot photo ※「rear view photo」でも通じます。
    • 「ドアップ写真」:close-up photo
    • 「写真の背景」:background ※因みに、「写真の背景を切り取る」は「trim away the background of the picture」となります。
    • 「証明写真」:ID photo
    • 「履歴書用の写真」:photo for CV ※「CV」は履歴書の英語です。「photo for resume」でも同様です。
    • 「パスポート用の写真」:passport photo
    • 「夕食会の写真」:photo of the dinner party
    • 「望遠レンズ写真」:telephoto
    • 「プライベート写真」:private photo
    • 「プロモーション写真」:profile photo
    • 「逆光」:against the light ※「backlit(逆光の)」という単語もOKです。「I took a picture against the light.」の文で表現します。
    • 「写真はイメージです」:Image is for illustration purposes (only).
    • 「著作権フリーの写真」:copyright-free picture ※この写真に著作権はありますか?は「Is this photo copyright-free?」となります。

    など。

    まとめ:「写真」の表現は日頃から英語で考えてみよう!

    日常生活の一部と言っても過言ではない「写真」の英語表現は日常会話でも必須のものです。

    また、「写真」と同じように動画(movie, moving picture, video)の英語も知っておくと役立ちますね。

    海外旅行先などで写真を撮ってもらったりする時に、すっと英語が出てくるように、「写真」の英語に関しては常日頃から英語で考えてみる癖を付けてみましょう!

    スムーズに表現できたら本当にかっこいいですよ。

    話は少しそれますが、TOEICでは写真を見て問題を解く「写真描写問題」があります。Part1の部分です。『TOEIC満点者が教える!目標スコア達成の勉強法』でその解き方などを解説しているのでご参考下さい。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメント