著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

お願いがありますの英語|ビジネスメール(丁寧)などで使う7つの表現

のべ118がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

日常生活でもビジネスの社会でも「お願いがあります」「お願いがあるのですが」と相手に依頼することがありますよね?

口頭やメール、SNSなど様々な場面で使います。

また、カジュアルな言い方とフォーマルで丁寧な言い方など使い分けが必要です。

お願いをしてもらうのが前提のような言い方と、相手がお願いを聞いてくれるのかの探っている言い方などもあります。

よってここでは、様々な場面で「お願い」をする時の適切なフレーズやニュアンスなどをご紹介します。

目次:

1.カジュアルな「お願いがあります」の英語フレーズ
・「I have a favor to ask.」
・「Do you mind ~ing?」
・「Could you do me a favor?」
・「I wonder if you could ~.」
・スラング:「I’m begging you.」
2.丁寧・ビジネス(メール)での「お願いがあります」の英語フレーズ
・「I would appreciate it if you ~.」
・「Would it be possible to ~?」
3.「お願いがあります」に関連した使える英語フレーズ
まとめ:お願い事をする時の「Please」は失礼!?

1.カジュアルな「お願いがあります」の英語フレーズ

先ず、友達同士でも使える簡単ですぐに使える「お願いがあります」を3つ紹介しますが、注意点とニュアンスを見てみましょう!

「I have a favor to ask.」

「I have a favor to ask.」は「お願いしたいことがある」という少しストレートな言い方で、ニュアンス的に「ちょっとやってよ」というお願いを聞いてくれることが前提のような感じです。

失礼ではないのですが、基本的に親しい関係の人に使うのがいいでしょう。

また、「favor(フェイヴァー)」は、「親切な行為・善意」などの意味がある名詞です。

「Do you mind ~ing?」

「mind(マインド)」は「~を気にする」という動詞で、その後の動名詞(ing)で「~をすることを気にしますか?」=「~をしてもらえないですか?」とお願いをする時に使います。

下記が例文です。

  • Do you mind staying here for a while?(少しの間ここにいてもらえますか?
  • Do you mind finding my favorite book?(私が好きな本を探してもらえないですか?

「Could you do me a favor?」

「Coudl you do me a favor?」は、上記のフレーズより丁寧な言い方になります。

カジュアルでもビジネスでも使える言い方です。

「Could you ~?」の文章は、「~して頂けますでしょうか?」とお伺いをたてる言い方で、頻繁に使われます。

初心者の方で、どの場面でどの言い方がいいのかわからない場合は、「Could you do me a favor?」を使うのをおすすめします。

また、同じような意味合いで、「Can I ask you a favor?」もあります。

「I wonder if you could ~.」

やってもらいたいことをすでに表現することに使う丁寧な言い方でもあります。

これもビジネスの場面でも使います。「wonder」は「~かしら」という場面で使う動詞です。

下記が例文で「could」の後ろに文章を作ります。

  • I wonder if you could give me a hand.(ちょっと手伝ってほしいことがあるのですが)
  • I wonder if you could drive me to the airport.(空港まで車で送ってもらえますか)

「I’m wondering if you could ~.」、「I was just wondering if you could ~.」などの文章でも同様です。

スラング:「I’m begging you.」

これは友達同士で、「本当にお願い!」という時にスラング的に使う表現です。

「beg(ベッグ)」は「請い求める」という動詞で、何かをお願いするフレーズを言った後に、「I’m begging you.」と付け加えることで更に強調します。

映画やドラマなどでも使われているので覚えておきましょう!

2.丁寧・ビジネス(メール)での「お願いがあります」の英語フレーズ

さて、先ほどの「Could you do me a favor?」や「I wonder if you could ~.」のフレーズは十分はビジネスでの口頭、メールでも使えるので覚えておきましょう。

また、丁寧にお願い事を依頼する時は、『「依頼」の英語|メールでも使える!3つの言い方を習得』の記事でも書いてある通り、次のようなフレーズを使います。

これが基本となります。

  • 「Would you ~?」 → ~をしていただけますか?(すでに相手がお願いを受け入れることが前提) ※カジュアルな場面で出てきた「Do you mind ~?
    」を丁寧にすると「Would you mind ~?」となります。
  • 「Could you ~?」 → ~をしていただくことはできますでしょうか?

「I would appreciate it if you ~.」

「appreciate(アプリーシエイト・感謝します)」という丁寧な単語を使って、「~していただけると大変感謝致します」という文になります。

ビジネスメールでも頻繁に使われる表現です。また、目上の人に使うのに最適です。

下記が例文です。「could」や「would」を基本的に使います。

  • I appreciate it if you could do me a faover.(お願い事があるのですが聞いていただけたら感謝致します)
  • I really appreciate it if you would go there with me.(私と一緒にそこに行っていただけるのであれば大変感謝致します) ※「really(本当に)」という副詞を入れて更に強調しています。

「Would it be possible to ~?」

「possible(ポッシブル)」は「可能な」という形容詞で、直訳すると「~していただくことは可能でしょうか?」となります。

ビジネスで使える表現で、日本人があまり使わないフレーズなので使えるとクールです!

下記が例文です。

  • Would it be possible to make a payment within a month?(1ヶ月以内にお支払いして頂くことは可能でしょうか?)
  • Would it be possible to meet us next Monday?(次の月曜日に打ち合わせすることは可能でしょうか?) ※打ち合わせの調整をする時のお願いのフレーズとしても使えます

3.「お願いがあります」に関連した使える英語フレーズ

単純にお願いがあります、~して頂けますか?以外にも関連したフレーズも覚えておくと英会話の幅が広がります。

次のフレーズも触れておきましょう!

  • 申し訳ありませんがお願いがあります:I’m sorry, but I have a favor to ask. ※カジュアル的に、「Sorry, but Can you do me a favor?」などがあります。
  • 一つお願いがあります:I have one favor to ask. ※この時は「one」を強調して発音するとOKです。意味的には「I have a favor to ask」と同じですが、「一つ」と強調するには数字(one)で表現しましょう!
  • もう一つお願いがあります:I have one more favor to ask. ※「Can I ask you one more thing?」などもカジュアルに聞ける言い方です。丁寧に「Could you do me one more favor?」でもいいです。
  • ちょっとお願いしたいことがあるのですが:I have something I would like to ask. ※しかし、ここでご紹介した丁寧な言い方全てが「ちょっとお願いしたい」というへりくだるフレーズなので全て使えます。
  • お願いがあってメール(連絡)しました:I’m writhing this e-mail to ask you something. ※「お願いがあって電話しました」は「I’m calling to ask you a favor.」などとなります。

まとめ:お願い事をする時の「Please」は失礼!?

お願い事がある時は、どうしても「please(プリーズ)」を日本人の多くが使いたがりますが、相手が聞き入れてくれるかどうかが分からない時は「命令口調」に聞こえます。

「~してください」という意味なので、とても上から目線に聞こえる場合があるので注意が必要です。

使って悪いことはありませんが、余り使いすぎるのはよくありません。

丁寧にお願いしているつもりでも、相手に対して失礼になる場合があるのことは覚えておきましょう!

「please」をよく使う場面は、「Could you please ~?」など、丁寧な文章の中で更にお願いを強調する時でので、その点も押させておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta