著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「いつか」の英語と|未来と過去でも使い分ける!6種類の違いと例文

のべ482がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「またいつか!」、「いつか~したい」と未来のこと話す場合と「いつか~した」と過去のことを話す場合がありますね。

英会話ではネイティブも頻繁に使っているフレーズです。

日本語は「いつか」という一言だけでいいのですが、英語では様々な単語があり、使い分ける必要があります。

  • sometime
  • one day
  • someday

など。他にも「some other time」、「in near future」なの熟語もあり、それぞれニュアンスが違います。

よってここでは、「いつか」の英語を例文を使いながらご紹介します。それぞれの使い方をマスターしましょう!

目次:

1.よく使われる2つの「いつか」の基本英語と違い
・「sometime」
・「one day」
2.他にもある!未来を表す「いつか」の英語
・「some day」
・「in the near future」
・「some other time」
・「rain check」

1.よく使われる2つの「いつか」の基本英語と違い

教科書でも、ネイティブでもよく使う基本の「いつか」の英語をまずは確認してみましょう!

「sometime」

「sometime(サムタイム)」は未来でも過去でも使える「いつか」です。

  • I will be there sometime next week.(来週のいつかそこに行きます)
  • I saw her sometime last year.(去年のいつか・いつごろか彼女を見かけました)

未来の時は次のようなケースで使われることも多いです。

  • いつか電話して(Give me a call sometime)
  • またいつか会おう(Let’s get togehter sometime again)

「sometime」は「絶対にいつか~する」というのではなく、「~する可能性がある」というニュアンスになります。

何日の何時何分という約束ではなく、英会話では「いつか気が向いたら」という感じの気軽に使える表現です。

この「sometime」ですが、「some time」と「sometimes」とよく混合する方が多いようです。

3つの違いを明確に!

特に、発音が同じ「some time」は「sometime」は二語と一語の違いですが、意味は全く異なります。

また、「somtimes(サムタイムズ)」も見てみましょう!

  • some time・・・しばらくの間 ※例文「I stayed here for some time.(しばらくの間、ここにいました)
  • sometimes・・・時々 ※例文「I sometimes talk to him.(時々彼と話します)

リスニングでの聞き分け、意味の理解にも重要なポイントですので押さえておきましょう。

また、「sometime」にはそれに何かを付け加えて表現することも多いです。

sometime soon

近々、近いうちに(そのうち)という未来のことをいう時に使います。

例文:I want to see you sometime soon.(近いうちにあなたに会いたいです)

また、これをビジネス的な表現でメールなどの文末に書くときは次のような英語を定型文として覚えておくといいでしょう。

「I look forward to seeing you.(お会いできるのを楽しみにしております)」など。

ビジネスでの打ち合わせを設定した後など、近々会うという時によく使います。

sometime or other

「sometime」よりも丁寧でフォーマルな言い方だと覚えておけばOKです。

また、「at sometime or other」と「at」の前置詞をつける場合も同様の意味です。文頭にくる場合もあります。

例文:At sometime or other, they will solve the difficult issues.(いつか、それらの難しい事項を解決するでしょう)

「one day」

「one day」もよく使う表現です。未来にも過去にも使えますが、未来の場合は強い願望が含まれます。

「sometime」のように、ある程度適当な表現でなく、下記のような場合に使います。

  • いつか~をやってみたい ※例文「One day, I want to go to Australia.(いつかオーストラリアに行ってみたい)
  • いつかきっと~する(したい) ※例文「One day, I will own my company.(いつかきっと自分の会社を持ちます)
  • いつか~できるようになりたい ※例文「I’d like to be able to do that one day.(いつの日かそれができるようになりたい)

など。文頭でも文末でも使えます。

過去の場合は、ある一点の時をさす場合が多いです。

よって、ある日(過去)やいつかの空(the sky we saw one day)など。

また、ずいぶん過去で少し曖昧で「いつか」を表す場合、「long time ago」という表現も使えます。

2.他にもある!未来を表す「いつか」の英語

特に将来(未来)を表す「いつか」には基本の「sometime」や「one day」以外でも色々な表現があります。

ネイティブが使う表現を厳選しましたので確認していきましょう!

「some day」

二語の「some day」と一語の「someday」も同様の意味で、未来を表す場合のみに使えます。過去の「いつか」には使えませんので注意してください。

次のような場合に使います。

  • いつか終わる:It will end some day.
  • いつかあなたの夢は叶うでしょう:Some day, your dream will come true.
  • 今度いつか会おう:Let’s meet up some day

など。

「some time」よりも、いつの日か何かが起こる可能性がある場合に使うケースが多いです。

「in the near future」

「in the future(将来的に)」よりも、近い未来での「いつか」を指す場合に使います。

ここでよく間違えるのが「in future」と「the」が無い熟語です。

  • in future・・・これから先、今から将来
  • in the futre・・・将来的に

二つの表現の違いをしっかりと押さえておきましょう。

「some other time」

また、別の機会のいつか、という場合に使います。

そのうち、という場合でもOKです。少し丁寧な言い方です。

例文:Tell me more in detail some other time(いつかもっと詳しく教えて下さい)

「rain check」

「some other time」に近い意味の「いつか・別の機会に」に使えますが、基本的に何かの申し入れを「断る」場合に使います。

例文:I take a rain check.(またの機会にでも/今回は遠慮します/また今度ね)

少しスラング的な表現ですが、「NO」というより柔らかい言い方でネイティブらしい英語になります。是非、機会があれば使ってみてください!

まとめ:未来と過去の「いつか」を使いこなす!

特に未来の「いつか」がポイントです。

同じ表現の「いつか」になるのではなく、ここでご紹介した表現をランダムに使ってみるなど英会話力を伸ばしていきましょう!

そして「いつか」、ネイティブのように使いこなせるようになりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta