著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「増える・増加する」の英語|発音や7類語以上の使い分けと例文

のべ158がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「体重が増える」、「人口が増加する」、「売り上げが~%増える」などに使う「増える・増加する」の表現。

英語では、「go up」や「increase」、「gain」など様々な表現を使い分ける必要があります。

また急激に増加する際にネイティブがよく使う「soar」や「skyrocket」などの表現も知っておくと便利です。

よってここでは、例文を使いながら「増える・増加する」の英語表現をそれぞれご紹介します。英会話に活かしてみて下さい!

目次:

1.「増える・増加する」の英語と例文
・「go up」
・「increase」
・「gain」
・「multiply」
・「rise」
・「raise」
・「have more 名詞」
・その他のネイティブ的な表現
2.「増える・増加する」に関連する英語フレーズ一覧

1.「増える・増加する」の英語と例文

「増える」とカジュアルに表現する際にネイティブが使う表現、また「増加する」など多少フォーマルに表現する場合など、それぞれの英語を見ていきましょう!

「go up」

一番カジュアルですぐにでも使える表現が、「go up」です。

その反対(減る)は「go down」ですね。イメージしやすいかと思います。

「数字が上がる(増える)」という場合にも使えます。

下記のような例文です。

  • Prices go up.(価格が上がる)
  • The number of tourists went up.(観光客の数が増えた) ※「went(ウェンと)」は「go」の過去形です。
  • The number of times we practice in a week will go up from next season.(一週間で練習する回数は来シーズンから増えます) ※少しフォーマルな言い方です。「We have more practice ~.」と同様です。「have more ~」については後ほど解説します。

などです。

しかし、「~に上がる(増える)」や「~%上がる(増える)」という場合もありますね。

「~に上がる(増える)」

この場合は、前置詞の「to」を使います。

  • 英語:My rent went up to 1000 USD.
  • 日本語:私の家賃が1000ドル(米ドル)に上がりました。

「どれくらい(%など)上がる(増える)」

売り上げが「~%上がる」など場合は前置詞の「by」を使います。

  • 英語:Our sales is estimated to go up by 10% next year.
  • 日本語:来年の売り上げは10%増えると見込まれます。 ※「by」の後ろに、「20,30,100」など色々な数字を入れることができます。
「increase」

「go up」より、多少フォーマルな言い方が「increase」です。

「increase」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
インクリース
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/12/increase.mp3
ɪnkríːs

「increase」は「増加」という名詞でも使う場合が多いです。

反対の「減少(する)」は、「decrease(ディークリース)」を使います。

また、「go up」と同じように、どれくらい増加したのか表現したい場合は、「to」や「by」を使います。

  • The demand increases a lot.(ニーズが大幅に増加する) ※「demand(ディマンド)」は「需要」という単語です。
  • The population increased by 10,000.(人口が1万人増えました)

などです。

また、前置詞の「in」を使って、「increase in ~」という形で表現されることも多々あります。その場合は、名詞の場合があります。

  • It is increasing in volume.(量が増えています) ※「increase in quantity」でも同様です。
  • There is an increase in consumption by 20%.(20%消費が増加しています)
  • We have a big increase in crimes this year.(今年は犯罪数が大幅に増加しています)
  • we have a problem with increasing population.(人口の増加に伴い問題が発生しています) ※「~の増加に伴って」という場合は、「with increasing ~」という形で表現できます。

「gain」

「手にする・獲得する」とうニュアンスで「増える(増加する)」を表現するのは、「gain」を使います。

「gain」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ゲイン
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/12/gain.mp3
géɪn

反対は「lose(減る・なくす)」を使います。

また「gain」は名詞で、「利益・儲け」などを示す場合があります。

「gain」を日常生活で使う場合は、「体重が増える」という場合に使うのが多いです。

  • He gained weight.(彼は体重が増えました) ※逆の「体重が減りました」は「He lost weight.」になります。「lost(ロスト)」は「lose(ルーズ)」の過去形です。
  • She is gaining popularity.(直訳:彼女の人気が増えています) ※「彼女はどんどん人気者になっています」という訳になりますね。

「gain」より少しカジュアルに「体重が増える」という場合は「put on」を使って、「put on weight」などの表現をするので覚えておきましょう!

「multiply」

「大きく増える(増加する)」という場合はフォーマルな「multiply」を使います。

「increase a lot」を一つの単語で表現するのが「multiply」と考えて頂いてOKです。

「multiply」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
モーティプライ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/12/multiply.mp3
mˈʌltəplὰɪ

また、掛け算の時にも使うのがこの「multiply」です。「Multiply 5 by 6(5×6)」となります。

要するに、何倍も増えるなどの場合によく使う単語です。

  • The profits multiplied by 2.(利益が2倍に増加しました)
  • My responsibilities will multiply after promotion.(昇進した後には責任が大きく増えます)

「rise」

「rise」も「増える」という場合にも使える表現ですが、「下から上に増える(上昇する)」というイメージです。

「The sun rises.(太陽が昇る)」や「Temperature will rise to 35.(気温が35度に上がります)」という英文などにも使います。

「rise」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ライズ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/12/rise.mp3
rάɪz

例えば、「売り上げが上がった」という例文の場合のイメージは次の通りdす。

  • Our sales increased. ※徐々に階段のように増えているイメージ
  • Our sales rose. ※下から上に一直線に増えているイメージで、「rose(ローズ)」は「rise」の過去形です。

「raise」

「rise」と混合しやすいのが「raise」です。

「raise」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
レイズ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/12/raise.mp3
reɪz

「rise(自動詞)」は主語が自ら上昇しますが、「raise(他動詞)」は誰かが持ち上げたり、上昇させるイメージです。

動詞と名詞のどちらでも使う場合があり、「収入(給料)が増える」という場合に日常会話でもよく使われます。

  • I got a raise. ※「salary」など言わなくても通じます。
  • I got raised. ※「My salary got raised.」でもいいですが、「I got raised.」をよく使います。

「have more 名詞」

「go up」と同じようにカジュアルに使えるのが、「have more 名詞」です。

直訳では、「より多く~があります」と過去より増えたことを伝えるのに役立ちます。すぐにでも使える表現ですね。

  • 貯金が増える:have more savings
  • 時間が増える:have more time
  • 機会が増える:have more opportunities
  • 選択肢が増える:have more choice
  • 仕事が増える:have more work
  • 語彙が増える:have more vocabulary
  • 家族が増える:have more family ※「have a new family member」も同様です。このように「have (a) new ~」という形でも表現できます。

その他のネイティブ的な表現

これまでご紹介した英語以外でも「増える・増加する」を表現する動詞があります。

知識として触れておくと役立ちます。イメージしながら見ると分かりやすいです。

  • climb(クライム):「山を登る」という場合にも使う単語で、イメージとして、高い位置に増加する感じです。少々の増加では使いません。
  • soar(ソアー):飛行機や鳥などが少々する時にも使う単語です。ぐーっと上がるイメージですね。
  • skyrocket(スカイロケット):名詞で「打ち上げ花火」にも使われます。急速に増える場合に使う比喩的な表現です。
  • grow(グロー):大きくなるというイメージです。「grow up(成長する)」という場合にも使われる単語です。「Our population is growing.」や「population growth rate(人口増加率)」などにも使われることがあります。「increasing」と置き換えもできます

2.「増える・増加する」に関連する英語フレーズ一覧

「段階的に増える」などの表現はどういうのでしょうか?

それぞれを見てみましょう。それぞれの単語「increase」などは今回紹介した他の単語に置き換えることもできます。

  • 年々増加する:increase yearly ※「increase year by year」でもOKです。
  • 段階的に増加する:increase gradually ※「gradually(グラジュアリー)」は「徐々に」という単語です。
  • 増加する可能性があります:have possibility to grow
  • 増加する傾向にあります:tend to rise ※「tend(テンド)」は「~しそうになる」という英語です。
  • どんどん増える:have more and more 名詞
  • 知識が増える:gain knowledge
  • ~の割合が増える:The percentage of ~ increases. ※「The ratio of ~」でもOKです。

今回は「増える・増加する」の表現を見てきましたが、それぞれのイメージやニュアンスがあります。

しかし、それにとらわれてどれを使っていいのかわからない場合は、カジュアルな「go up」や「have more 名詞」の形から使い始めるようにして慣れていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta