著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「消化器内科」の英語|発音・医者と患者の8つのパターン医療英会話

のべ489がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

消化器内科に外国人が外来で通院したけど、どのように英語で対応していいのか悩んでいませんか?

医師が使う英語「一般内科編」13個の症状と患者とペラペラ医療英会話』では、一般内科という形で、色々な患者の症状や一般的な対応などの英語フレーズを紹介しました。

ここでは、更に「消化器内科」という分野に絞っての医療の英会話フレーズなどをご紹介します。

また、今回の医療英語などについても、専門性が高いため下記の医師に監修して頂いております。

監修医師:佐久間郁行

東京医科歯科大学医学部卒
医学博士
日本内科学会認定医
ACP(American College of Physicians)正会員
Licensed Associates of the Faculty of Homeopathy(UK)
日本統合医療学会認定医・指導医

先ずは「消化器内科」の英語表現などからスタートしてみていきましょう!そして、その次に実際の外国人患者とのやり取りの医療英語フレーズに触れていきます。

目次:

1.消化器内科の英語と発音
・肝臓内科の英語
・腎臓内科の英語
・消化器外科の英語

2.消化器内科医が患者と交わす医療英会話フレーズ集
・消化器内科の患者が使う症状英語フレーズ
・消化器内科医が使う「質問する場合」の英語フレーズ
・消化器内科医が使う「検査する場合」の英語フレーズ
・消化器内科医が使う「薬を処方する場合」の英語フレーズ

1.消化器内科の英語と発音

消化器内科は、「gastroenterology」です。

「gastroenterology」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ギャストロエントロロジー
gæ`strouènṭərάlədʒi

胃腸科(胃腸内科)などもこの表現になります。

消化器内科医は「gastroenterologist」(ギャストロエントロロジスト)となります。

お医者さん同士の自己紹介の場合は、「I’m a gastroenterologist.」と表現するのがいいでしょう。

また、消化器内科にも、「肝臓内科」、「腎臓内科」と更に専門性を求められる科があります。

それと「消化器外科」の英語表現も押さえておきましょう。

肝臓内科の英語

肝臓内科は、「liver internal medicine」です。

発音の注意点は「liver」です。

日本語では「レバー」と言いますが、英語では「リヴァー」となり実際の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
リヴァー
lívɚ

肝臓内科医(肝臓専門医)の英語は「hepatologist(ヘパトロジスト)」という英語です。

腎臓内科の英語

腎臓内科の英語は「nephrology」です。

「nephrology」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ネフロロジー
nəfrɑ’lədʒi

「ph」のところが「f」の発音になるので注意しましょう。

腎臓内科医(腎臓専門医)は、「nephrologist(ネフロロジスト)」、または「kidney doctor」や「kidney physician」などと表現します。

「kidney(キッ(ド)ニー)」は、腎臓という英語で、「physician(フィジシャン)」は、医師や医者という英語です。doctorよりもフォーマルな言い方です。

消化器外科の英語

消化器外科の英語は次の2つで表現されることが多いです。

  • digestive surgery ※「digestive(ダイジェスティヴ)」は「消化の」、「消化剤」という英語です。
  • gastrointestinal surgery ※「gastrointenstinal(ギャストロインテンスティナル)」は「胃腸の・消化管の」という単語です。

「surgery(サージェリー)」は「外科・手術」という単語になります。

消化器外科医は、「digestive surgeon」、「gastrointenstinal surgeon」と「surgeon(サージョン)」という単語を使います。

2.消化器内科医が患者と交わす医療英会話フレーズ集

ここでは、実際の外国人患者とのやり取りの英語フレーズなどに触れるのですが、先ず基本的なやりとりは、一般内科と変わりません。

次のようなフレーズは基本ですので覚えておきましょう。

  • 今日はどうなされましたか?:How can I help you today? ※「What can I do for you today?」や下記の「What seems to be the trouble?」などでも同様です。
  • 症状は何ですか?:What are your symptoms? ※「What seems to be the trouble?」、「Please describe your problem.」など。
  • いつからですか?:When did it start? ※「When did you notice the problem (pain)?」など。
  • どれくらいの期間ですか?:How long have you had this problem (symptom) ?
  • 脈拍を計りますね。:I will take your pulse. ※「measure your pulse」でも同様。「pulse(ポース)」は脈という英単語。
  • 血圧を測りますね。:I will check your blood pressure.
  • 息を吸って下さい、息を吐いて下さい。:Breath in, breath out.
  • 深呼吸して下さい。:Take some deep breahts.
  • (喉を見るので)口を開けて、舌を出して、あーと言って下さい。:Please open your mouth, stick out your tongue and say ahh.
  • 服(上半身)を上げて下さい。:Lift up your cloth from the waist up.
  • 後を向いてください。:Turn around.
  • うつ伏せなってみて下さい。:Lie down on your stomach. ※「Lie down on your back.(仰向けになって下さい)」
  • 採血します。:We will do a blood test. ※「We will take a blood sample.」など。
  • 採尿します。:We will take a urine sample. ※「urine(ユーリン)」は尿です。

消化器内科の患者が使う症状英語フレーズ

また、消化器内科で診察される患者さんの主な症状の英語フレーズは下記となります。

  • 下痢です。/I have diarrhea. ※「diarrhea(ダイアリア)」の発音アクセントは「リ」のところになります。
  • 便秘です。/I have constipation. ※「constipation(コンスティペイション)」は便秘の英語です。
  • 腹痛です。/I have a stomachache. ※「abodominal pain」とも言う。「abdominal(アブドミナル)」は、腹部のという英語です。
  • 血便です。/I can see some blood in my stool. ※「stool(ストゥール)」は「便」です。「There are some blood in my stool.」なども同様です。
  • 吐き気がしています。/I feel like vomiting. ※「vomit(ヴァミット)」は「吐く」という動詞です。「I feel nauseous.」も同様です。「nauseous(ノーシャス)」は「むかむかする、吐き気がする」の英語です。
  • 食後に胸やけがします。/I get heartburn after meal. ※「heartburn(ハートバーン)」は胸やけです。「burning pain」などでも表現します。
  • 消化不良で苦しんでいます。/I am suffering from indigestion. ※「suffer from ~」は~で苦しむ、「indigestion(インディジェスチョン)」は消化不良の英語です。「I’m having trouble digesting(eating).」も同様です。
  • 食欲不振です。/I have lost my appetite. ※「appetite(アパタイト)」は食欲の英語です。

消化器内科医が使う「質問する場合」の英語フレーズ

患者に詳しく症状を聞く場合の質問の医療英語フレーズを押さえましょう。

下痢の場合

  • 下痢は水のような感じですか?/Is your diarrhea like water?
  • 便に血が混じっていますか?/Are there any blood in your stool?
  • 便は何色ですか?/What color is your stool?

便秘の場合

  • 最後に排便したのはいつですか?/When was the last time you empty your bowel? ※「empty(エンプティー)」は空にする、「bowel(バオル)」は腸の英語です。ニュアンスは伝わりますね。「evacuate(イヴァキュエイト) your bowel」でも同様です。カジュアルに「pass the stool.」などでもOK
  • 痛みはありますか?/Do you have any pain? ※「feel (any) pain」など。

腹痛の場合

  • どこが痛みますか?/Where do you feel the pain? ※「Please point where you feel pain the most.(どこが一番痛むのか指で指してください)」など。
  • 食前、食後のどちらが痛みますか?/Which od you feel the pain, before or after meal? ※「meal(ミール)」は食事です。

血便の場合

  • いつ血便に気付きましたか?/When did you notice blood in your stool?
  • 便の色は黒かタール色ですか?/Does your stool look black or tarry?

吐き気の場合

  • いつも吐き気がしていますか?/Do you always feel nauseous?
  • 実際に吐きましたか?もし、そうなら、色は何色ですか?/Did you actually vomit? If so, what color were they?

胸やけの場合

  • 胸やけはいつなりますか?/When does your heartburn happen?
  • (胸やけの時)何か酸性の味がしますか?/Do you taste something acid? ※「acid(アシッド)」は酸味の、酸という英語です。

消化不良の場合

  • 消化不良は今回が初めてですか?/Is this the first time you suffer from indigestion?
  • 食べた後、吐き気がしますか?/Do you feel like vomitting after meal?

食欲不振の場合

  • どれくらいの量を一回の食事で食べますか?/How much do you eat every meal?
  • 最近、睡眠をしっかり取っていますか?/Do you get enough sleep reacently?
  • どれくらいの体重が減少しましたか?それは何日間で?/How much weight did you lose? and for how many days?

消化器内科医が使う「検査する場合」の英語フレーズ

上記の症状の診断などで、更に詳しいチェックをする場合もありますね。

基本でもある「検便・検尿」など以外の検査に関する表現を押さえましょう。

  • 胃カメラ(内視鏡)で診てみます。We need to do a gastroscopy. ※または「gastic camera」など。
  • 大腸カメラ(内視鏡)で診てみます。/we need to do a colon camera. ※「colon(コロン)」は結腸の英語です。また「 colonoscopy」でも同様です。
  • CTで診てみます。/We need to do a CT scan.
  • 超音波検査(エコー検査)をします。/We need to an ultrasound (exam). ※「ultrasound(オートラサウンド)」か「ecography」とも言うが、「ultrasound」がよく使われます。
  • 腹部をたたくので、痛いところを教えて下さい。Tell me where you feel pain when I tap your obdomen. ※「abdomen(アブドメン)」は腹部です。「tap(タップ)」は「(トントン)たたく」というイメージです。押すという単語の「press(プレス)」でも構いません。

上記で「We need to do ~.」というフレーズを使っていますが、「You need to have ~.(患者に向けて)」や「We need to check with ~.」という表現に変えても同様です。

消化器内科医が使う「薬を処方する場合」の英語フレーズ

重病でない場合に処方する薬やその言い方は次のようになります。

~(薬名)を~日分処方しておきますね。/I will prescribe ~ for ~ days(weeks).

消化器内科の一般的な薬は次のようなものがあります。

  • 胃薬:stomach medicine
  • 下痢止め:medicine for diarrhea
  • 痛み止め:painkiller
  • 吐き気止め:anti-nausea ※「nausea(ノージア)」は吐き気で、その反対、止めるの「anti(アンタイ)」を使います。

また、他の薬については『「薬」の英語|海外で通じる薬の種類や英語の違いをマスター!』の記事も参考にしてみて下さい。

随時更新:消化器内科の医療英語をマスターしよう!

ここでは、消化器内科で受信される一般的な症状やその対応の英語フレーズをご紹介しました。

しかし、今現在ここに記載されていない、こういう症状の時、またこの場合の対応英語フレーズは?などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

随時更新していきます。

下記にコメント欄があるので、ご活用ください。

しかし、今回は消化器内科の英語限定でお願い致します。患者からの症状や質問、それに対応する医師が使う英語など。

これから消化器内科の患者さんとの英会話を通常業務のようにできると素晴らしいですね。ここでご紹介した様々な英語表現を参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta