著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

医学英語で2つのおすすめ辞書!電子辞書やアプリと無料翻訳ツール

のべ393がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

医学に強い、また人気の辞書や翻訳サイトなどをお探しですか?

私が英語指導をしている現役のお医者さんに確認して、いつも出てきているのが、「ステッドマン医学辞書」「南山堂医学辞書」の2つです。

電子辞書やアプリのものもあり、先ずこの2つは押さえておきたいところでしょう。

しかし、両方とも安くはない値段であり、大手の書店などで一度確認して購入することをおすすめします。

また、英語の辞書と同様に「翻訳」できるツールもあれば大変役立ちます。

翻訳と言えば「Google 翻訳」を思い浮かべるかもしれません。

実際に多くの医師が使用しているのですが、実は他にも使える無料の翻訳サイトがあります。

よってここでは、おすすめの医学専用の英語辞書についてと、google翻訳以外の医療専門の翻訳サイトもご紹介します。知っておくだけでも役立ちますので是非ご活用ください。

目次:

1.おすすめの医学英語の辞書と電子辞書・アプリなど
・その1.「ステッドマン医学辞書」
・その2.「南山堂医学辞書」

2.医学英語に特化したおすすめの無料翻訳サイト(ソフト)
・その1.医療・医学翻訳&PubMed翻訳ツール
・その2.医療翻訳「QLife Pro」

1.おすすめの医学英語の辞書と電子辞書・アプリなど

簡単なポケット的な医学英語の和英・英和辞書が欲しい場合は、『医者におすすめの2つの医療・医学英語の勉強法|参考書・CD・アプリ』で紹介している「医学部英単語」という無料アプリです。

是非、ご活用ください。

その他にここでご紹介する辞書は医師、研修医、医学生の中でも有名な2つの辞書です。

しかし、どれも安くて手軽に購入できるものでもないので、しっかりと確認して購入するようにしましょう!

その1.「ステッドマン医学辞書」

「ステッドマン医学辞書(Stedman’s Medical Dictionary)」は全世界100ヵ国以上で使われている名実ともに信頼のおける医学英語辞書です。

その日本語版は、メディカルビュー社が発行していて、CD(DVD)、電子辞書やアプリなどのバージョンが揃っています。

http://www.medicalview.co.jp/stedmans/index.php

その2.「南山堂医学辞書」

日本国内で日本人の手により作りあげられてきて、最も有名なのが南山堂が発行する「南山堂医学辞書」です。

その英和版、論文用、コンパクトなもの、電子版など様々な辞書があります。

http://www.nanzando.com/category/00057.php

こちらも是非一度書店などで見てみましょう!

2.医学英語に特化したおすすめの無料翻訳サイト(ソフト)

前章でおすすめの英語辞書をご紹介しましたが、翻訳ツール(ソフト)もあると心強いですよね。

私が英会話指導する医師の方のほとんどが「Google 翻訳」を今でも、また過去に使った経験があります。

もちろん「Google翻訳」もいいのですが、医学英語は特殊な単語などが多いため、これが合っているのか?など確認するためにも、あと一つは翻訳ツールを使えると便利ですね。安心感にもつながります。

ここでは、文字数に制限がありますが、無料で使える翻訳サイトをご紹介します。

しかし、どちらの翻訳サイトも音声がないため、病名などの単語の発音などは電子辞書やアプリで調べる必要が出てくるのが唯一のデメリットです。

Google 翻訳」は音声も対応しているので発音も知りたい方は、google翻訳も上手く活用しましょう。

その1.医療・医学翻訳&PubMed翻訳ツール

医学情報専門サイトの「ONO MEDICAL NAVI(小野薬品工業)」の1つのサービスである翻訳ツールです。

https://www.ononavi1717.jp/translation

簡単な文であればさほど違和感がないので、おすすめの1つです。

その2.医療翻訳「QLife Pro」

実際におすすめする「「QLife Pro」で簡単な翻訳をしてみました。

  • 普通の風邪です。 → It is a normal cold.
  • 坐骨神経痛です。 → It is sciatica.
  • 症状から判断すると、恐らく逆流性食道炎でしょう。 → Probably, judging from a symptom, it will be reflux oesophagitis.

となり、翻訳精度は低くない。

学会・論文・研究での英文など更に専門性のあるものは本格的な添削やチェックが必要だが、患者へ英語で伝えるには十分な翻訳レベルですので安心して使えます。

http://translate.qlifepro.com/

まとめ:医学英語の辞書選びは慎重に先ずは簡単な翻訳からスタート

論文や学会の資料以外であれば、先ずは無料アプリや無料翻訳ツールを使って全然大丈夫です。

ちょっとした医学英語を調べるのなら十分ですのでご安心ください。

しかし話したり、読んだり、書いたりする能力を上げるには、日頃から英語に触れておく必要がありますのでその点は常に念頭に置いて英語学習をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta