著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「原因」の英語|ビジネスなど複数の単語の違いと使い分け・例文紹介

のべ41,351がこの記事を参考にしています!

「原因」に関する英語表現を知りたいですか?

様々な場面で使われる「原因」という言葉ですが、原因不明、原因究明など様々な関連表現があります。また、「原因」の英語は1つだけではありません。

使う表現によってそのニュアンスなども変わってくる英語になります。

よってここでは、日常英会話でも困らないために、「原因」に関する英語表現や違いなどをまとめてご紹介します。

「原因」の英語

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

「原因」の英語で代表的で、ネイティブが日常会話で良く使うのが「cause」です。

原因「cause」|読み方(カタカナ)と発音

発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
コーズ

 

 

 

kˈɔːz

もう一つの「原因」の英語との違い

「cause」と同じ「原因」という意味で使われるのが「factor」です。

原因「factor」|読み方(カタカナ)と発音

「factor」の読み方・発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
ファクター

 

 

 

fˈæktɚ

「cause」と「factor」は同じ「原因」ですが、根本的に意味が違います。

  • 「cause」:物事を引き起こす根本にある原因、直接的に引き起こす原因のことです。
  • 「factor」:根本的な原因ではないが何かに影響を与えるもの、原因となりうるもので、「要因」と訳されることも多いです。

例えば、「喫煙」は肺がんのリスクを高める要因のひとつなので「factor」ですが、直接的な原因ではないのでcauseではありません。

また、食べ物の好みは、太る原因になりますが、根本的な原因ではないので「factor」を使う場合が多いでしょう。

インフルエンザウイルスは、インフルエンザになる直接的な原因なので「cause」で、factorではありません。
また、直接的な死因などがはっきりしている場合もcauseを使います。

このように、「cause」と「factor」には明確な違いがあり、使い分ける必要があります。

その他の英語の「原因」

「cause」と「factor」とは別に、「原因」を指す英語表現があります。

「reason(理由)」で原因を表現

「reason(リーズン)」は行動や信念の原因となる理由がある場合に使います。

そのため、意図せず起きたことは、reasonではなく「cause」を使います。

下記が例文です。

  • 英語:The reason of his resignation is the illness of his mother.
  • 日本語:彼が仕事をやめたのは、彼の母の病気が原因です。

「because of(~のために)」で原因を表現

「because of(ビコーズ・オブ)」と発音します。

例文を確認してみましょう!

  • 英語:I was late to the meeting because of the traffic jam.
  • 日本語:交通渋滞が原因で、ミーティングに遅れてしまいました。

原因の意味で使われますが、「~のせい」くらいのニュアンスの表現です。

「because of」は「reason」と併せて、日常会話でよくつかわれます。

「because of」に近い意味で、少しフォーマルな表現が「due to~(~が原因で)」です。論文などで、原因を書く場合はbecause of よりも「due to」がふさわしい表現です。

「responsible(~の責任がある)」で原因を表現

「responsible(リスポンシブル/リスポンシボー)」の例文をみてみましょう。

  • 英語:A mouse was responsible for the damage of the house.
  • 日本語:その家のダメージの原因はネズミでした。

「responsible for~」は、英会話で使われる表現で、「~の責任者」という場面でも良く聞きます。

上記の例文では、「責任を負うべき!」という強いメッセージが隠されています。

「原因」の英語|ビジネス・論文でも使われる熟語

原因や結果の関係を表す英語の熟語や一般的な表現もあります。

  1. be caused by:
    • 意味:「~によって引き起こされる」を意味し、ある事象や現象が別の事象や要因によって引き起こされることを表現します。
    • 例文:The accident was caused by a mechanical failure.
    • 和訳:その事故は機械の故障によるものでした。
  2. be attributed to:
    • 意味:「~に起因する」という形で使用され、ある結果が特定の原因や要因に帰因することを示します。
    • 例文:The success of the project can be attributed to effective teamwork.
    • 和訳:プロジェクトの成功は効果的なチームワークに帰因することができます。
  3. result from:
    • 意味:「~の結果として生じる」という意味で、ある事象や状況が別の事象や要因によって生じることを表現します。
    • 例文:The error in the calculation resulted from a miscommunication.
    • 和訳:計算の誤りは意思疎通の不足から生じました。
  4. be due to:
    • 意味:「~が原因である」という形で使用され、特定の事象や状況がある原因によって引き起こされることを示します。
    • 例文:The flight delay was due to adverse weather conditions.
    • 和訳:フライトの遅延は悪天候の条件が原因でした。

これらは原因や結果の関係を述べる際によく使われる表現で、ビジネスや技術文書、学術論文などで頻繁に見られます。

「原因」の英語|名詞での例文

「原因」の英語の名詞での使用例は以下があります。

  • Cause (名詞):
    • The cause of the issue is not clear.
    • 和訳: 「問題の原因は明確ではありません。」
  • Reason (名詞):
    • There must be a reason for the project delay.
    • 和訳: 「プロジェクトの遅延には理由があるはずです。」
  • Factor (名詞):
    • Economic factors influenced our decision.
    • 和訳: 「経済の要因が私たちの決定に影響を与えました。」
  • Root Cause (名詞):
    • Identifying the root cause is crucial for problem-solving.
    • 和訳: 「根本原因を特定することは問題解決に不可欠です。」

「原因」の英語|動詞・形容詞での例文

「原因」の英語の動詞・形容詞での使用例は以下があります。

「原因」の英語の動詞と使用例

  1. Cause (動詞):
    • The storm caused significant damage to the infrastructure.
    • 和訳: 「その嵐が基盤に大きな損害を引き起こしました。」
  2. Trigger (動詞):
    • The announcement triggered a surge in stock prices.
    • 和訳: 「その発表が株価の急上昇を引き起こしました。」

「原因」の英語の形容詞と使用例

  1. Causal (形容詞):
    • There is a causal relationship between stress and health issues.
    • 和訳: 「ストレスと健康問題の間には因果関係があります。」
  2. Contributing (形容詞):
    • There are several contributing factors to the decline in sales.
    • 和訳: 「売上の減少にはいくつかの寄与する要因があります。」

ビジネスシーンで使う「原因」の英語の例

また、「原因」の英語表現として、ビジネスシーンで使われる一般的な表現にはいくつかあります。以下にいくつかの例を示します。

  1. Cause:
    • 意味:特定の結果や現象が生じる原因を指します。
    • The main cause of the issue is a lack of communication between departments.
    • 「問題の主な原因は部門間のコミュニケーション不足です。」
  2. Reason:
    • 意味:特定の行動や状況が発生する根本的な理由を指します。
    • One of the reasons for the decline in sales is the changing market trends.
    • 「売上の減少の一因は市場トレンドの変化です。」
  3. Factor:
    • 意味:特定の結果に寄与する影響要素を指します。複数の要因が影響することがあります。
    • Economic instability is a significant factor affecting our business operations.
    • 「経済の不安定さは、当社の事業運営に影響を与える重要な要因です。」
  4. Contributing Factor:
    • 意味:特定の結果や状況に寄与する要素を指します。複数の要因が共同して影響することを示します。
    • The delay in project completion was a result of several contributing factors.
    • 「プロジェクトの遅延はいくつかの要因の影響です。」
  5. Root Cause:
    • 意味:問題や課題の根本的な原因を指します。根本原因を特定することで、問題を根本から解決することができるとされます。
    • We need to identify the root cause of the quality issues to implement effective solutions.
    • 「品質の問題の効果的な解決策を導入するために、原因の根本を特定する必要があります。」

これらの表現は、ビジネスコミュニケーションやレポートなどで問題や課題に関する原因を説明する際に利用されます。文脈によって使い分けると良いでしょう。

「原因」に関連した英語表現

「原因」に関する基本的な表現を確認して、この機会に一緒に覚えてしまいましょう。

root cause

  • 「原因と結果」:cause and effect
  • 「原因は何ですか?」:What’s the cause?
  • 「原因を特定する」:identify the cause、Specify the cause
  • 「原因不明」:uncertain cause
  • 「原因究明、原因調査」:an investigation into the cause ※investigationの単語自体が「原因調査」の意味を持っています。
  • 「根本的原因(真因)」:root cause ※「root(ルート)」は「根(根っこ)」を表わす英単語です。
  • 「原因調査中」:under investigation ※underは「~が進行中」という意味で使われる表現です。under construction(建設中)などもよく見る表現です。
  • 「重要な原因(要因)」:important factor
  • 「キーとなる原因(要因):key factor
  • 「主要な原因(要因)」major factor ※「important factor」や「key factor」も同様に、causeではなくfactorで使うことが一般的です。causeの場合、その単語自体で根本的な原因、主要な原因を指すからです。
  • 「病気の原因」:the cause of disease
  • 「死因」:cause of death
  • 「原因不明の~」:unexplained ~、the cause of ~ is unknown ※unexplainedは、「説明できない~」、unknownは、「分からない」という意味です。

「原因」などの英語表現が学べるオンライン英会話5選

「原因」などの英語表現や日常シーンの英語を使えるようになりたい場合には、オンライン英会話が安くておすすめです。

ここでは、日常英語が上達するオンライン英会話を5つご紹介します。

  • レアジョブ
  • Native Camp(ネイティブキャンプ)
  • クラウティ
  • kimini英会話
  • hanaso

それぞれ順番に見ていきましょう。

レアジョブ

レアジョブは、講師数6,000名を超える日本最大級のオンライン英会話です。

1レッスンあたりの費用は脅威の約170円〜、毎日1回以上レッスンを受けることができます。

レアジョブで用意されているカリキュラムは幅広く、日常英会話をはじめとして、海外旅行英語、ビジネス英語、その他シーンに合わせた英語など、自分の学びたいカリキュラムを自由に選択できます。

また、講師数6,000名の中には、本場のネイティブ講師も在籍しているため、より本場に近い英語を学びたい方にもぴったりです。

「オンライン英会話を受講したいけど、どのサービスを選んで良いのか分からない」という方は、第一候補としてレアジョブを検討してみてはいかがでしょうか。今なら2回の無料体験レッスンを受講することも可能です。

レアジョブ英会話の無料体験はこちら

Native Camp(ネイティブキャンプ)

Native Camp(ネイティブキャンプ)は、業界初のレッスン受け放題システムを採用しているオンライン英会話です。ネイティブキャンプにログインするだけで、24時間365日、いつでも好きな時間にレッスンを受けることができます。

また、一般的なオンライン英会話は「1回のレッスン時間は25分〜」と制限を設けられていることも多いですが、ネイティブキャンプは5分だけレッスンを受けることも可能。

朝の通勤前にレッスンを受けるも良し、寝る前に少しだけ英語を勉強するのも良し。

さらに、自習用のコンテンツとして「読み放題」「聞き放題」機能も搭載されており、リーディングやリスニングの強化も自由に行うことが可能です。

これだけ充実したコンテンツが用意されているオンライン英会話は他に存在しないため、低価格でボリューム感のあるレッスンを受けたい方はネイティブキャンプを受講してみましょう。今なら1週間の無料体験レッスンを受けられます。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

クラウティ

クラウティは、家族でシェアできることで有名なオンライン英会話です。

1つのアカウントで、最大6名までアカウントを共有できます。6名で利用したとしても、かかる費用は1アカウントのみの月額4,950円〜。

レッスン回数は1日2回〜4回を選択できるので、「今日はママが英語を勉強する日」「明日は子どもに英語を勉強させる日」という形で、シェアしながら家族全員で英語を学べるのがクラウティのメリットです。

通常のオンライン英会話は「Zoom」や「Skype」といった外部アプリを使ってレッスンを行いますが、設定をしたことがない人にとっては難易度が高いもの。

その点、クラウティは独自のレッスンシステムを採用しているので、クラウティにログインするだけでレッスンを行うことができます。

圧倒的に低価格で、家族全員で英語を楽しく学びたい方は、一度クラウティの無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

クラウティの無料体験はこちら

kimini英会話

kimini英会話は、子どもから大人まで細かにレベルが設定されたカリキュラムで学べるオンライン英会話です。

教育業界で70年以上の実績を誇る学研が運営しており、高校・大学など200以上の教育機関で導入されているレベルの高いカリキュラムが用意されています。

「レベルが高くてついていけないかも」と不安に感じている方も、受講をスタートしたタイミングで、スピーキング力を確かめられるテストを受けられます。

こちらのテストの結果に合わせてカリキュラムを提案してくれるため、自分のレベル以上に難しいカリキュラムでレッスンが進むことはありません。

さらに、月額料金も1,100円(税込)〜と、業界最安値クラスです。

子どもから大人まで、品質が担保されたカリキュラムで英語を学びたい方は、kimini英会話を選んでみてはいかがでしょうか。

kiminiオンライン英会話 無料体験はこちら

hanaso

hanasoは、英語の復習に特化したオンライン英会話です。

  1. レッスンで学び口になじませる
  2. 復習システムにより効率よく定着させる
  3. 音声教材で会話での使い方を練習する

上記3つのステップでレッスンが進むので、日常的に使っている英語を効率よく覚えられるのがhanasoのメリットです。

レッスン教材も豊富に用意されており、日常英会話をはじめとして、おもてなし英会話、特定のシーンに特化したトピックトーク、自由に英語を話すフリートークなどがあります。

「一度覚えた英語を忘れてしまった」「学習の二度手間を減らしたい」と考えている方は、hanasoを選んでみてはいかがでしょうか。

hanasoの無料体験はこちら

「原因」のビジネス英語などが学べるビジネス英会話5選

また、「原因」の英語をビジネスメールやビジネスシーンで使ったり、ビジネス英語全般を使いこなせるようになりたい場合には、ビジネスに特化したオンライン英会話で実践的に鍛えるのがおすすめです。

ここでは、ビジネス英語が上達するオンライン英会話を3つ紹介します。

Bizmates

Bizmatesは、ビジネス特化型オンライン英会話でNo.1の実績を誇るオンライン英会話です。

「世界で活躍できるビジネス英会話スキル」を身に付けることが目的であり、独自カリキュラムと実際のビジネスシーンで使われる英語を網羅的に学ぶスタイルとなっています。

レッスン満足度は脅威の97.9%、上達実感は91.1%とこちらも圧倒的です。

レベルが30段階に分かれているので、英語がまったくできない初心者の方でも安心して受講できます。

初月が実質無料になるキャンペーンも用意されているので、Bizmatesが気になる方は公式サイトで情報をチェックしましょう。

Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトはこちら

ベストティーチャー

ベストティーチャーは、実際の場面を想定したリアルなレッスンが受けられるオンライン英会話です。

ライティング、実践を想定したトレーニング、スピーキングの3つを中心に英語力を強化でき、外国人講師による英作文の添削や、24時間場所や時間を選ばずに回数無制限でレッスンを受けられます。

実際に、ベストティーチャーの受講生も「2ヶ月間受講しただけで海外企業に転職できた」「仕事と育児を両立しながら英検1級を取得できた」と非常に良い評判が見られます。

ライティングとスピーキングを同時に強化したい方は、ベストティーチャーを受講してみてはいかがでしょうか。

ベストティーチャーの無料体験はこちらから

EFイングリッシュライブ

EFイングリッシュライブは、世界の大企業でも採用されているカリキュラムを個人でも受講できるオンライン英会話です。

プライベート(1対1)レッスン、グループレッスンの好きなほうを選ぶことができ、12週間(3ヶ月間)でのレベルアップが約束されています。

また、英語レベル診断も用意されているので、自分の英語レベルが分からない方や、診断によって自分のレベルに合わせたカリキュラムを受講したい方にもぴったりです。

EFイングリッシュライブも無料体験が用意されているので、下記の公式サイトから無料体験を受講してみてはいかがでしょうか。

EFイングリッシュライブの無料体験はこちらから

まとめ:「原因」の英語はニュアンスの違いで使い分けよう!

「原因」に関する表現は、日常の様々な場面で使います。

基本として、先ずは「cause」と「factor」の違いをしっかり理解して、使い分けられるようにしましょう。

また、「原因を特定する」「原因不明」などの基本的な表現はあわせて覚えておくと、ビジネスや、留学など様々な場面で活用できる表現なので、とても役立ちます。

ここでご紹介した表現ベースに、間違えを気にせずにネイティブにもドンドン試してみて下さい!

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英単語の覚え方
マイスキ英語

人気記事ランキング

1
2
online-english-cheap-ranking-image3
4
5
6
7
8
9
10

コメント

sp-cta
pc-cta