著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「お風呂」の英語|発音ポイント2つと外国人に伝えるフレーズや例文

のべ14,218がこの記事を参考にしています!

「お風呂」を英語で言えますか?

後ほど詳しく解説しますが、「お風呂に入る」という場合のフレーズは下記をよく使いますが、ニュアンスが異なるので注意が必要です。

  • take a bath(お風呂にシッカリと使って入浴しているイメージ) ※日本の習慣で多い「お風呂に入る」ですね。
  • take a shower(シャワーを浴びるけど入浴しないというイメージ) ※西洋のお風呂の習慣ですね。

日本に来た外国人に「お風呂」について伝える時や、海外旅行先で「お風呂」や「シャワー」について話す時などに知っておきたい「お風呂」の英語を学びましょう。

よってここでは、「お風呂」の基本英語と関連表現、また、「お風呂」の表現とあわせて知っておきたい「温泉」の表現は【「温泉」の英語表現|SpringとSpaの違いと関連英語】で詳しく解説しています。

目次:

1.「お風呂」の基本英語と発音
1-1.「お風呂」の英語と発音
1-2.「お風呂に入る」は英語の違いとフレーズ
2.「浴槽」や「お風呂場(浴室)」の英語
3.「風呂」の関連英語と例文

1.「お風呂」の基本英語と発音

お風呂の英語と正しい発音のポイントと、英会話でも使う「お風呂の入る」の表現も習得しましょう!

1-1.「お風呂」の英語と発音

「お風呂」は英語で「bath」です。

「bath」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
バァス
bǽθ

「bath」は「入浴」、「浴槽(イギリス英語)」、「ふろ屋」なども意味する単語です。

「bath」の発音ポイント!

「a」は「ア」と「エ」の中間の音です。「th」は舌の先を上下の歯で軽く挟んで「ス」の音で発音します。

特に「th」の音はしっかり発音しないと「bus(バス)」に聞こえてしまうので要注意です。

「th」と「s」の発音方法については、【英語のTHの発音|2つの舌の動きで飛躍的に上手くなる方法】で動画付きで詳しく解説しています。

1-2.「お風呂に入る」は英語の違いとフレーズ

「お風呂に入る」は「take a bath」です。

「take a bath」を使ったフレーズの例文は下記です。

  • My dad likes to take a hot bath every morning.(私の父は毎朝、暖かいお風呂に入るのが好きです)
  • It’s time to take a bath.(お風呂の時間よ!) ※「It’s bath time.(マスタイムよ)」や「Your bath is ready.(お風呂が浸かったよ)」という表現もあります。
  • May I take a bath now?(お風呂を頂いてもいいですか?) ※第三者の家にお泊りする時に使えるフレーズですね。
  • I always feel good taking a bath.(お風呂に入っている時はいつも気分がいいです)

など。

下記の写真が「お風呂に入る(浸かる)」というイメージですね。

「シャワーを浴びる」も同じく「take」を使って「take a shower」です。尚、「shower」は「シャワーを浴びる」という動詞でも使えます。

下記の写真が、海外で「お風呂に入る」というイメージになりますね。

2つの違いは、「take a bath」の場合はお風呂にお湯をためて入って身体を洗い、「take a shower」の場合はお風呂には入らずシャワーを浴びて身体を洗うということです。

海外で「お風呂に入る」は「take a shower」がベター

海外では、本当にリラックスする時や疲れた時などに限り、お風呂に浸かるという習慣があり、毎日のお風呂は「take a shower」が一般的です。

なので、日本のお風呂の習慣を説明する時は、In Japan, we usually have a custom to take a bath instead of a shower.(日本では、シャワーよりもお風呂に浸かる習慣があります)のような例文をそのまま使って下さい。

また、西洋では、浴槽に水をためて浸かった後は、水を抜いて、その場で(浴槽の中)でシャワーで洗い流すというのが一般的で、お風呂をためたままにしません。各個人でお風呂の水を入れるというイメージがあるはずです。

その場合は、In Japan, a whole family uses the same bath water. Therefore, it’s better to take a shower and wash your body before taking a bath.(日本では一家族、みんなが同じお風呂の水を使うので、お風呂に入る前にシャワーで体を洗うのがいいでしょう。)などの例文を使って説明して下さい。

2.「浴槽」や「お風呂場(浴室)」の英語

「浴槽」は「bathtub」(バスタブ)で、お風呂場(浴室)は「bathroom」(バスルーム)です。

しかし、イギリス英語では「bath」で浴槽を指す場合が多いので注意して下さい。

海外のお風呂場は、日本のように洗い場はなく、洋服は浴槽の外で脱いで、体を洗ったり、拭いたりするのは全て浴槽内で完結するイメージです。

欧米などでは、「トイレ」も「toilet」ではなく「bathroom」という言い方が一般的です。「トイレを貸していただけますか?」という時も、「bathroom」を使って「May I use the(your) bathroom?」などとします。

例えば、海外の一般的な家庭では、お風呂場と洗面所、トイレが「bathroom」の中にセットになっていますし、「toilet(トイレット)」と言うと便器を想像してしまう人が多く、少し下品に感じてしまいます。「toilet」ではなく「bathroom」と言うのは、日本語で「トイレ」を「化粧室」という感覚に近いかもしれません。

因みに、トイレしかない公共の場等のトイレは「restroom(レストルーム)」と言ってもOKです。

それと、「washroom」や「lavatory」など「洗面所」という表現でフォーマルて丁寧な言い方もあります。これでお風呂場(浴室)を指す場合もあります。

また、イギリスなど国によっても言い方が違います。「トイレ」の英語表現については【「トイレ」の英語|11個もある表現を場面毎に使い分ける!】で詳しく解説していますので、そちらを確認してみてください。

3.「風呂」の関連英語と例文

ここでは、その他の「風呂」の関連表現を確認しましょう!

  • 「露天風呂」:open-air bath, outdoor bath ※部屋についているような特定の客専用のプライベート露天風呂はそのまま「private open-air bath」でOKです。
  • 「温泉」:hot spring, spa ※「hot spring」は天然の温泉で、「spa」はお湯を沸かしているところも含めて様々な温泉施設に使える表現です。
  • 「公衆浴場」、「銭湯」:public bath, bathhouse ※日本に来ている外国人であれば「銭湯」をそのまま「sento」として補足をしたほうがよい場合もあります。
  • 「サウナ」:sauna ※発音は「サウナ」ではなく「ソーナ」です。
  • 「お風呂に水を張る」:run a bath ※「fill a bathtub with water」という表現もあります。
  • 「風呂掃除をする」:clean a bathroom, clean a bathtub
  • 「排水溝」:drain(ドレイン)
  • 「(お風呂の)栓」:plug(プラグ)
  • 「半身浴」:half body bath
  • 「足浴」:foot bath
  • 「シャンプー」:shampoo
  • 「コンディショナー」:conditioner
  • 「石鹸」:soap
  • 「ボディーソープ」:body soap
  • 「洗顔料」:face wash ※メイク落としなどのクレンジングができるものは「facial cleanser(フェイシャル・クレンザー)」です。

など。

これらの単語を使って、次のような例文ができます。会話の中で参考にしてみて下さい。

  • She takes a half body bath to relax.(彼女はリラックスするために半水浴をします)
  • Make sure of your body soup before taking a shower.(お風呂入る前にボディーソープがあるか確認してね)
  • I ran a bath for you before you came home.(あなたが帰宅する前にお風呂を準備したよ)
  • I will enjoy the outdoor bath in the hotel.(そのホテルにある露天風呂を楽しみます)
  • He has a sauna in his house.(彼は家にサウナを持っています)
  • It’s my turn to clean a bathtub today.(今日は私がお風呂のお掃除当番です)

など。

まとめ:「お風呂」の英語は実戦で身に付けよう!

「風呂」は日本と英語圏では文化が大きく違います。

英語圏でも浴槽がついている家も少なくないですが、お湯を貯めずにシャワーで済ましてしまうことのほうが多いです。

このような文化背景もセットで学ぶと、英語も記憶に残りやすいですし、実践の場でも使える英語を身につけることができます。

cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメント

sp-cta
pc-cta