著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「~に関して」の英語|ビジネスメールでも使える7個の前置詞などの違い

のべ99がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「~に関して」とメールの件名に書いたり、「~に関して言うと」や「~において(対して)」など同じような表現がありますね。

英語ではどのような表現をするのでしょうか?

日本語にすると次のような言い方もできますね。これは和訳する時の問題でもありますが、ニュアンス的には「~に関して」と同じです。

  • ~について
  • ~に対して
  • ~において
  • ~に関係して
  • ~を巡って

などです。

また、口頭でカジュアルに表現する場合と、ビジネスでの論文や契約書などのフォーマルな場合で使う単語は異なる場合が多いので注意が必要です。

よってここでは、カジュアルとフォーマルの2つに分けてそれぞれの前置詞や熟語の使い方などを例文を使って解説していきます。是非、実際の会話や文書でも使ってみて下さい。

目次:

1.カジュアルな「~に関して」の英語
・「about」
・「on」
2.フォーマルな「~に関して」の英語と違い・使い方
・「regarding」
・「concerning」
・「in terms of ~」
・「as for ~」
・「respecting」
まとめ:「~に関して」の英語はリーディングしながら鍛えるのも方法の一つ!

1.カジュアルな「~に関して」の英語

「~に関して」をもっとカジュアルな言い方にするなら、「~について」ですよね。

これは口頭で表現することも多いし、友達同士なら「~について」が自然です。

では、それは英語ではどのような言い方をするのでしょうか?

「about」

前置詞の「about」はよく使う表現ですね。

下記がその例文です。

  • I was talking about the class.(私はそのクラスについて話していました) ※少し堅苦しくなる日本語にすると、「私はそのクラスに関して話していました」となりますね。
  • This paper is about you.(この書類はあなたについてのものです) ※「この書類はあなたに関してのものです」という和訳もできますね。

「on」

前置詞の「on」も「~の上に」というのとは別に、「~について」という表現の時も使います。

「about」との違いは、より厳密で専門的な「~について」となります。

  • This is a book on Japanese food culture.(これは日本の食文化についての本です)
  • We have a test on air cirlulation today.(私たちは空気の循環についてのテストが今日あります)

しかしながら、onをaboutに変更しても問題はないので、絶対にこの場合は「on」という区別はしなくても問題はありません。

2.ビジネスメール・論文などフォーマルな「~に関して」の英語の違い・使い方

ここではフォーマルな場面での「~に関して」の表現を紹介します。

多くの「~に関して」の前置詞や熟語があるので、どれがいつ・どの場面で適切なのかを例文を確認しながらしっかりと使い分けできるように心がけましょう!

「regarding」

英語のメールの件名に使われるのが、この「regarding」(リガーディング)です。

英会話やビジネスで使える英語メールの件名・タイトル16選』の記事でも解説していますが、次のようなタイトル(件名)などです。

  • Regarding tomorrow’s meeting(明日の打ち合わせに関して)
  • Regarding our delivery of product A(商品Aの納期に関して)

しかし、あえて「Regarding」を外して簡潔にする場合も多いので、両方使えるようにしておきましょう!

これをカジュアルにするなら「Regarding」を「About」に変更するだけでOKですね。

また、ビジネス会話でも文章でも、文頭に置いて表現することが多いですね。

  • Regarding the issue, here’s another chart for you to take a look at.(その問題に関して、見るべきチャートがあと一つあります)
  • Regarding the new project, we have unique marketing ideas.(その新商品に関して、ユニークなマーケティングのアイデアがあります)

など。

また、「regarding(~に関して)」と同じ意味でさらにフォーマルで文語的に使われるのが下記の熟語です。

  • with regard to
  • in regard to
  • as regards ※これには「to」は付きません

「regarding」をパワポ、または論文などで頻発して書きそうな場合は、上記の表現に変えるなどのテクニックがスマートですね。

「concerning」

動詞の「concern(コンサーン)」は「心配する」などの単語ですが、ここでは動詞扱いではなく、前置詞扱いとなります。

しかし、そのニュアンスは何か心配事のようなイメージですが、「regarding」と同じような使い方をします。「about」よりフォーマルという位置づけです。

  • We discussed a lot concerning the matter.(その事項に関してたくさん話し合いました)
  • Concering the budget, it has to be cut this year.(予算に関してですが、今年は削減する必要があります)

などです。

「in terms of ~」

この「in terms of ~」(イン・タームズ・オヴ)は、フォーマルな会話でもメールなどでも頻繁に使われます。

より詳細な事項に関してというイメージがあります。

文頭でも、文末でも使われます。

また、和訳する際には「~の観点から言うと」などとなるケースも多いです。

  • In terms of our economy, the number was not so satisfactory.(私たちの経済に関して言うと、数字はあまり満足できるものではなかった)
  • It is good in terms of safety. But it’s quite expensive.(安全面に関してはいいけど、かなり高額です)

「as for ~」

「as for ~」も文頭に使われることが多い、「~に関して」のフォーマルな表現です。

「regarding」よりもさらにフォーマルなイメージですね。

また、これと似ているのが「as to ~」です。これも同じ意味ですが、少し古い表現ということ、また文中・文末に使われるケースも多いという点を留意しておけばOKです。

  • As for the problem, we need to solve it as soon as we can.(その問題に関しては、すぐに解決する必要があります)
  • As for our important meeting tomorrow, we should prepare some documents.(打ち合わせに関して、いくつか資料を準備すべきです)

「respecting」

「respect」(リスペクト)は、「尊敬する」という動詞ですが、ここでは前置詞的役割で使われています。

「regarding」、「concerning」と同じような感覚で使って大丈夫です。

また、同じ意味で「with respect to ~」という表現もありますが、これも同様です。文中で使われることも多いです。

  • Respecting your idea, we’d like to hear more in detail.(あなたのアイデアに関してですが、さらに詳細を聞きたいです)
  • With respect to that, I’m afraid that I can’t agree with them.(それについては、大変恐縮ですが、私は彼らに同意できません)

まとめ:「~に関して」の英語はリーディングしながら鍛えるのも方法の一つ!

特に、英語の新聞、論文、雑誌でも「~に関して」のフォーマルな言い方は数多く使われています。

それらをリーディングしながら感覚を磨くのがベストです。

この時は絶対にこの表現!というのは存在しませんが、使う場所(文頭や文中、文末など)やニュアンスが何となくわかってきます。

今回は例文を使ってある程度使う場面など解説しましたが、そのような表現に何度も遭遇することがマスター方法としてはいいでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta