著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

addictedの意味と使い方|4つの関連英語や類義語で置き換える!

のべ272がこの記事を参考にしています!

口語でよく「addicted」や「addicted to」という表現を耳にしますが、どのような場合に使うのでしょうか?

また、その類義語はあるのでしょうか?

それと派生語の「addiction」や「addict」や「addictive」などの英語も押さえることで語彙力もアップしていきます。

よって今回は「addicted (to)」を使った表現だけではなく、その関連英語にも触れていきます。例文なども参考にして習得しましょう!

目次:

1.「addicted」の発音と派生語
・名詞:addict
・名詞:addiction
・形容詞:addictive
・動詞:addict
2.「addicted (to)」を使った表現
3.「addicted」を言い換えよう!類義語一覧

1.「addicted」の発音と派生語

形容詞(過去分詞)の表現で使う「addicted」。

「addicted」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アディクティッド
ədíktid

アクセントの位置が「ディ」の箇所で、「dd」と「d」が2つ重なる点もスペルには注意して下さい。

下記が主な意味となります。

  • (人が)依存している(依存症になっている) ※「~がないと生きていけない」などそれ無しでは自立できないイメージです。
  • (人が)中毒にっている ※熱中している、夢中になっている、などとも訳せます。

この「addicted」の使い方については後述しますが、これに似た派生語が多く存在します。

知っているようで、なかなかちゃんと勉強する機会がない表現を見ていきましょう。

名詞:addict

名詞の場合の発音のアクセントは前にあるのがポイントです。

動詞については後述します。

意味は次となります。

  • 中毒者 ※薬物などの常用者も「addict」と言います。
  • 熱狂的なファン

など。

この「addict」を使って、「~ addict(~中毒者)」と表現することが多いです。

下記がその例文です。

  • work addict(仕事中毒者)
  • love addict(恋愛中毒者)
  • video game addict(テレビゲーム中毒者)
  • smart phone addict(スマホ中毒者)

他にも、「drug addict(薬物中毒者)」、「internet addict(ネット中毒)、「TV addict(テレビ中毒者)」、「alcohol addict(お酒中毒者)」など、色々なパターンを作ることができます。

英文では、「He is a work addict.(彼は仕事中毒者だ)」などと表現します。

「He is a workaholic.」や「He is an alcoholic.」との違いは後述します。

名詞:addiction

もう一つの名詞が「addiction(アディクション)」となります。

これは「依存すること(依存症)」、「中毒になること」などの事実を表現する時に使います。

下記がその例文です。

  • He has an addiction to TV.(彼はテレビに依存しています) ※「have an addiction to ~」は、後ほど紹介する「addicted to ~」と同じ意味になります。
  • They are writing a thesis on the addiction of drug.(彼らは麻薬の常習性について報告書を書いています)

など。

形容詞:addictive

すでに紹介している「addicted」の他の、もう一つの形容詞が「addictive(アディクティヴ)」です。

これは、人ではなく、そのもの自体が中毒性があるという意味になります。

下記がその例文です。

  • This can be addictive.(これは中毒性があるかもしれない) ※「People can be addicted to it.」に書き換えることもできます。
  • Alcohol is highly addictive to anyone.(アルコールは誰に対してでも中毒性が高いです)

など。

動詞:addict

動詞の「addict」は、名詞の「addict」と同じスペルですが、発音のアクセントの位置が異なります。

名詞の場合はアクセントが前、動詞は後ろになるので留意しておきましょう。

また、意味は「人にモノを中毒させる」というのがありますが、基本的に受け身にして形容詞(過去分詞)の「addicted」で使うことが一般的です。

2.「addicted (to)」を使った表現

さて、今回のメインである形容詞(過去分詞)の「addicted」ですが、基本的に前置詞の「to」を後ろに付ける形をとります。

「with」など他の前置詞は使わないので、そのまま一塊で覚えましょう!

「addicted to 名詞(代名詞)・動名詞」

また、「addicted」の前には、「be動詞」、「get」や「become」などが主に使われます。

下記がその例文です。

  • I’m so addicted to you.(あなたにとても夢中です) ※「とても」と強調する場合は、カジュアルな「I’m so addicted to」や少しフォーマルな「I’m very addicted to」の表現を使います。「so」が口語的な表現となります。
  • He got addicted to smoking.(彼はニコチン中毒になった)
  • My friend became addicted to drinking alcohol.(私の友人はお酒に溺れています)

など、「to」の後ろには「chocolate(チョコレート中毒)」、「soda(炭酸中毒)」、「coffee(カフェイン中毒)」など色々な名詞などを入れることができます。

be動詞 addicted/get addicted/become addictedの違いは何?

先ほど例文に挙げた3つの動詞ですが、ニュアンス的に何が違うのでしょうか?

下記がその説明となります。

  • be動詞 addicted・・・すでに中毒(依存症)の状態が過去から続いていている
  • get addicted・・・一時的に中毒(依存症)になり、すぐに終わる(かもしれない)
  • become addicted・・・中毒(依存症)になってから一定期間続く可能性が高い

しかし、実際の英会話の中ではさほど違いを気にすることはなく、「get addicted」が口語的であり、よく使われる表現です。

「become」の意味と3つの使い方|be動詞との違いや過去形・過去分詞など』の記事も参考にしてみて下さい。

3.「addicted」を言い換えよう!類義語一覧

「addicted to ~」ばかり使っていては、英語力は向上しません。

よって同じような意味を持った類義語を使うことで、ドンドン語彙力も向上していきます。

そこで、一番似ている表現が、『5つある「夢中になる・ハマる」の英語|スラングや熟語など例文で解説!』でも紹介している表現です。

下記がその一例です

  • crazy about ~(~に気が狂いそう) ※「I’m so crazy about the singer.(その歌手に中毒になっています)」など。
  • into ~(~に没頭している) ※「I was really into the book.(その本にのめり込んで、中毒になっていました)」など。
  • hooked on ~(~にハマっている) ※「He got hooked on it.(彼はそれに中毒になった)」など。

他にも「abosorbed in ~」や「obsessed with ~」、「love ~」などもあります。

それと、上述で「~ addict(~中毒者)」というのがありましたが、他にも「~~(a)holic」という表現も多く使われています。

下記が代表的な例です。

  • workaholic(仕事中毒者)
  • alcoholic(アルコール中毒者)

「~ addict」と「~(a)holic」の違いは?

しかし、この2つの表現に違いはあるのでしょうか?

実は「addict」の方が体に悪い(害がある)依存症というニュアンスが含まれます。

下記がそのニュアンスの違いです。どちらも「彼は仕事中毒者です」という和訳です。

  • He is a work addict.・・・仕事のし過ぎで体を壊すかもしれないという意味も込められています(体によくない)
  • He is a workaholic.・・・とにかく仕事を誰よりもする人という表現

まとめ:「addicted to」の基本を押さえて類義語も活用しよう!

いかがでしたでしょうか?

~の中毒になっている、~に依存しているという場合に「addicted」ばかり使うより、言い換えで紹介したような表現も混ぜることで英会話に幅ができます。

また、誰かのファンで、その人に中毒になっている場合は「推し」という表現も使えますね。「He is my fav.(彼は私の推しです)」などのスラングもあります。

「推し」の英語|19表現の意味を理解してスラングも交えて使いこなす!』の記事も参考にしてみて下さい。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)