著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の「関係代名詞」|8種類の使い分けと簡単なコツを習得

のべ36,953がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
relative pronoun

英語の「関係代名詞」の使い方を知りたいですか?

関係代名詞は日本語に同じ役割をする単語がないため、苦手な人も多いかもしれません。

英語でも「relative pronoun」と書いて、何かややこしさを感じます。

しかし、使い方を理解してしまえばそれほど難しいものではありません。

よって今回は、英語の「関係代名詞」の使い方を詳しくご説明します。英語では関係代名詞の表現がよく出てきます。この機会にしっかり確認して使い方をマスターしてください。

目次:
1.関係代名詞とは?
2.関係代名詞の文の作り方とコツ
ステップ1.先ずは「共通する部分」を探す
ステップ2.「適切な関係代名詞」で文を繋ぐ
3.関係代名詞の種類
3-1.関係代名詞「who」
3-2.関係代名詞「which」
3-3.関係代名詞「whom」
3-4.関係代名詞「whose」
3-5.関係代名詞「where」「when」「why」
3-6.関係代名詞「that」
3-7.関係代名詞を省略する

1.関係代名詞とは?

関係代名詞は、「文と文を繋ぐ接続詞の役割をする代名詞」です。

例えばこのような2つの文があるとします。

  1. She is the girl./彼女はその女の子です。
  2. The girl works at the restaurant./その女の子はそのレストランで働いています。

この文はそのままでもいいのですが、同じ内容がかぶってしまっているところがありますよね。

【the girl】の部分です。

この【the girl】を2度繰り返すよりも、1つにまとめてしまったほうが簡潔です。

そこで、関係代名詞の「who」が登場します。

このwhoを使えば、【the girl】を繰り返さず、しかも1つの文にすっきりとまとめることができます。

下記が1つの文になった英文と日本語です。

  • 英文:She is the girl who works at the restaurant.
  • 日本語:彼女はそのレストランで働いている女の子です。

すごくすっきりして分かりやすい英語になりましたね。

このように、関係代名詞は文と文を繋ぎ、さらにそれらの文のなかで重複している部分を代名詞として省略してくれます。

関係代名詞の後にくる文は、関係代名詞に変わった部分(この文でいうと【the girl】)を修飾する文になります。

関係代名詞はわかりやすく、まとまった文章を書くためには必ずマスターしたい文法です。

2.関係代名詞の文の作り方とコツ

関係代名詞の文の作り方を確認しましょう。

先ず、下記の2つの文があったとします。

  1. There is a boy./男の子がいます。
  2. He plays soccer./彼はサッカーをします。

この2つの文を使ってコツを説明します。

ステップ1.先ずは「共通する部分」を探す

このような2つの文を関係代名詞で繋ぐ場合、まず繋ぎたい共通する部分を探します。

物や人であることがほとんどです。

この文の共通する部分は、最初の文の【boy】と2番目の文の【he】です。

ステップ2.「適切な関係代名詞」で文を繋ぐ

共通する部分を見つけたら、最初の文にある共通する部分【boy】の後に関係代名詞「who」を置きます。

※なぜ、関係代名詞の「who」を使うのかと、その働きについては後ほど説明します。

関係代名詞の後に、2文目を続けますが、共通する部分【he】は関係代名詞で代用したので省略します。

1文目の共通する部分(この文では【boy】) は、文法用語で先行詞と言います。先行詞のすぐ後ろに、関係代名詞「who」から始まる後ろの文をつけます。

繋げた文が下記となります。

  • 英文:There is a boy who plays soccer.
  • 日本語:サッカーをする男の子がいます。

これで、関係代名詞の文が完成です。

「関係代名詞のコツ」

ポイントは、「共通する部分を見つけること」と、これから説明する「関係代名詞の種類の使い分け」です。

3.関係代名詞の種類

先ほど例で出てきた関係代名詞は、2つとも「who」でしたが、関係代名詞は省略するものによって使い分ける必要があります。

関係代名詞の種類は全部で8種類あり、「who」、「which」、「whose」、「whom」、「where」、「when」、「why」、 「that」です。

それぞれ、役割が違うので、ここから順番に説明します。

3-1.関係代名詞「who」

関係代名詞の「who」は、「人」と置き換えます。

置き換える部分は、文の主語か、目的語です。

「主語」の場合

「主語」を「who」に置き換える場合を説明します。

下記が既に「who」で繋いだ例文です。

  • 英文:The man who works at the Museum is very kind.
  • 日本語:博物館で働いているその男性はとても親切です。

この文は2つの文に分解してみましょう。

  1. The man is very kind./その男性はとても親切です。
  2. He works at the Museum./彼は博物館で働いています。

関係代名詞は2つ目の文の主語の【He】と置き換えられています。

そのため、ここでは関係代名詞の「who」を使います。

「目的語」の場合

次に「目的語」を「who」に置き換える場合を説明します。

下記が、目的語を「who」で繋いだ例文です。

  • 英文:He is the person who I saw at the restaurant.
  • 日本語:彼がレストランで私が見た人です。

この文も2つの文に分けることができます。

  1. He is the person./彼がその人です。
  2. I saw him at the restaurant./私は彼をレストランで見ました。

ここで関係代名詞と置き換えられているのは、2つ目の文の目的語の【him】です。

置き換えられた部分が目的語で、人なので関係代名詞は「who」を使います。

3-2.関係代名詞「which」

関係代名詞の「which」は、「物(動物など含む)」と置き換えます。

先ほどの「who」と同じで、主格(主語)か目的格(目的語)で置き換えられた言葉が、「物(動物など含む)」の場合には「which」です。

「主格」の場合

下記が1つの文に繋がれた例文です。

  • 英文:She has a dog which runs very fast.
  • 日本語:彼女はとても早く走る犬を飼っています。

2つに分けた文が次です。

  1. She has a dog./彼女は犬を飼っています。
  2. It runs very fast./それは早く走ります。

関係代名詞が置き換えられているのは2つ目の文の主格【It】(犬)です。

主語で、しかも物(動物)なので関係代名詞は「which」を使います。

「目的格」の場合

下記が例文になります。

  • 英文:The pencil is a souvenir which I bought in New York.
  • 日本語:その鉛筆は私がニューヨークで買ったお土産です。

この文も2つに分解することができます。

  1. The pencil is a souvenir./この鉛筆はお土産です。
  2. I bought it in New York./私はそれをニューヨークで買いました。

関係代名詞は、2つ目の文の【it】と置き換えています。

【it】は目的格で、物(鉛筆)を表わしているので、ここでは「which」が使われています。

関係代名詞「which」のトレーニング

より詳しく知りたいのであれば、『関係代名詞のwhichをたったの10分で簡単マスター』の記事内に簡単なトレーニングも用意していますので、是非参考にして下さい。

3-3.関係代名詞「whom」

関係代名詞「whom」は、「人のみ」に使います。

関係代名詞「who」を使う人と置き換える場合の中で、目的語の場合のみ「whom」で置き換えることも可能です。

目的語の場合、文法的には「whom」を使う方が正しいのですが、現在は一部のフォーマルな場面を除き「who」を使うことがほとんどです。

下記の最初の文は、「who」の目的語のところで使った例文ですが、下記の2つどちらでもOKです。

  1. He is the person who I saw at the restaurant.
  2. He is the person whom I saw at the restaurant.

3-4.関係代名詞「whose」

関係代名詞「whose」は、「~の」を表わす所有格に使います。

この「whose」は、「人でも物でもどちらにでも」使うことができます。

関係代名詞「whose」は必ず名詞とセットで使い、「~の人・物」となります。

下記が例文です。

  • 英文:He is my friend whose father is a police.
  • 日本語:彼は父親が警察官である私の友達です。

この文を2つに分けてみましょう。

  1. He is my friend./彼は私の友達です。
  2. His father is a police./彼の父親は警察です。

2つ目の文の所有格【His】なので、ここでは関係代名詞の「whose」を選びます。

また、関係代名詞「whose」の後には名詞の「father」がきます。

関係代名詞「who, whose, whom」のトレーニング

超簡単!関係代名詞 who whose whomの使い方』の記事で、より詳細な説明とトレーニングを用意していますので参考にしてみて下さい。

3-5.関係代名詞「where」「when」「why」

「where(どこ)」、「when(いつ)」、「why(なぜ)」も関係代名詞として使うことができます。

「where」の場合

関係代名詞「where」は、「場所」を修飾する言葉の代用として使います。

下記がその例文です。

  • 英文:This is the book store where my sister works.
  • 日本語:この本屋が私の妹(姉)が働いている場所です。

「when」の場合

関係代名詞「when」は、「時」を修飾する言葉の代用として使います。先行詞は、時を表わす単語である必要があります。

例文を見てみましょう。

  • 英文:I remember your birthday when the whole family got together.
  • 日本語:私は家族がみんな集まったあなたの誕生日のことを覚えています。

また、関係代名詞「where」と「when」は、同じ意味で「which」を使うこともできますが、その場合は前置詞が必要で、前置詞の「at」、 「in」、「on」、「to」のどれかを「which」の前に付けて、「前置詞+which」の形を作ります。

「why」の場合

関係代名詞「why」は、「理由」を修飾する言葉の代用として使います。

下記が例文です。

  • 英文:This is the reason why he was late to the class.
  • 日本語:これが彼がクラスに遅れた理由です。

3-6.関係代名詞「that」

関係代名詞「who」と「which」を使うケースでは、「that」を使うこともできます。

また、「that」しか使えないケースもあります。

「who」は人、「which」は物と説明しましたが、人と物が同時に入っているケースがあります。その場合は、このどちらも使えないので「that」を使います。

また、先行詞が「the only」、「the first」、「the last」などの最上級を表わす語の場合や、「全て」や「無」を表わす「all」、「every」、「any」、「no」がつく単語の場合は「that」を使います。

3-7.関係代名詞を省略する

関係代名詞を省略できる場合があります。

人と物どちらの場合も、目的語と置き換える場合は関係代名詞を省略することができます。

また、それ以外でも一部表現では関係代名詞を省略することができます。

  • 先行詞が「day」、「year」、「time」のどれかの場合
  • 先行詞が「reason(理由)」、「way(方法)」のどちらかの場合
  • 先行詞が「somewhere」、「everywhere」など、-whereの場合

まとめ:英語の関係代名詞は基本をマスターすれば簡単!

関係代名詞は「who」と「which」の使い分け方をまず押さえましょう。

「who」は人、「which」は物です。両方の場合は「that」を使います。

その次に、所有格の「whose」をマスターしましょう。

ここまで覚えたら「where」、「when」、「why」はそれぞれ場所、時、理由でそれほど難しくありません。

どの関係代名詞を使うかは、単純に慣れるだけです。会話やそれほどフォーマルでない文では「that」を使う場合や関係代名詞を省略する場合も多いです。

初級レベルから、一歩先に進むには、先ず基本である「who」と「which」の関係代名詞を是非マスターしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計3万3693人が体験中の無料勉強法
(2017年1月5日現在)


「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・」
「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・」。
「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta