著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「~したい」の英語|スラングも含む9種類の使い分け・例文

のべ203がこの記事を参考にしています!

「~したい」というのを英語にする時に、単純に「want to」としていませんか?

もちろん、間違えではありませんが、ネイティブはそれだけを使っているわけではありません。

ビジネスシーンや友達同士の会話など、場面によりシッカリと色々な言い方を使い分けています。

また、「ぜひ~したい」、「死ぬほど~したい」、「可能な限り~したい」などの言い方もありますね。

よって今回は、色々な「~したい」の英語表現を例文を使いながら解説します。是非、あなたの英会話上達に活かしてみて下さい。

目次:

1.カジュアルで使える「~したい」の表現
・want to/wanna
・feel like ~ing
・be thinking of ~ing
・be dying to
2.ビジネスでも使える「~したい」の表現
・would like to
・would love to
・hope to
・wish to
・would rather like to
3.相手に「~してほしい」時の言い方

1.カジュアルで使える「~したい」の表現

先ずは英会話で頻繁に使われている言い方から見ていきましょう!

want to/wanna

「~したい」といえば「want to」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

また、口語の更にカジュアルになると「wanna(ワナ・ウォナ)」という言い方があります。『3つの「gonna、「wanna」、「gotta」の正し発音や使い方のルールなど』の記事でも解説しています。

形は「want to/wanna + 動詞の原形」となります。

下記がそれらを使った例文です。また、副詞などを付け加えて色んな表現にできるのが特徴です。

  • I want to play baseball.(野球がしたい)
  • What do you want to be when you grow up?(大きくなったら何になりたいですか?)
  • He really wants to be promoted.(彼はどうしても昇進したい) ※「really」は本当に、真剣にを表す副詞です。「definitely want to(絶対に~したい)」などの表現もできます。
  • She wants to study English more.(彼女はもっと英語が勉強したいです)
  • I just wanted to call you.(ただあなたに電話したかっただけです) ※「just wanted to」は「取り急ぎ~したかっただけ」という場合に使える表現です。『「取り急ぎ~」の英語|ビジネスメールで欠かせない6表現と略など』の記事でも詳しく解説しています。
  • I want to walk as far as possible.(可能な限り遠くへ歩きたい)

など。

feel like ~ing

直訳すると「~したい気分です」となります。

気持ちの調子がいい時、「want to」よりも少し弱い表現ですが、相手にあなたの気持ちを伝える時に使えます。

下記がその例文です。

  • I feel like cooking now.(今、料理をしたい気分です)
  • I felt like talking to you, so I just called.(あなたと話したい気分だったから電話しただけ) ※「feel」の過去形は「felt(フェルト)」となります。

など。

be thinking of ~ing

「~したいと思っている」という場合に使える形です。

下記がその例文です。

  • I’m thinking of going to Taiwan for my summer vacation.(夏休みに台湾に行こうと思っています)
  • He said he was thinking of meeting you yesterday.(昨日、彼はあなたに会いたいと思ってたと言ってました)

など。

be dying to

「死ぬほど~したい」、「心から~したい」、「是が非でも~したい」という場合に使うのがこの形です。

「I really want to」を更に誇張したカジュアルなスラング的な表現だと思って下さい。

下記がその例文です。

  • I’m dying to see you.(あなたに心から会いたい)
  • I was dying to be a teacher.(死ぬほど先生になりたかった)

など。

2.ビジネスでも使える「~したい」の表現

ここでは、ビジネスメールなどの文語でも使える表現もご紹介します。

would like to

この言い方は頻繁に口語でも文語でも使われます。

「want to」がカジュアルの「~したい」の代表なら、「would like to」はフォーマルの代表というイメージです。

「もしよろしければ」、「可能であれば」など付け加えて表現することも多いです。

下記がその例文です。

  • I would like to have a meeting with you.(あなたと打合せを持ちたいです)
  • I would like to visit your office if there is any chance.(もし機会があれば、御社にご挨拶に伺いたいです)
  • If it’s OK with you, I would like to send the file.(もしよろしければ、ファイルを送信したいです)
  • First, I would like to start with my introduction.(まずは自己紹介から始めたいと思います) ※プレゼンの時などで使えますね。
  • At least, I would like to have a talk with our potential client.(最低限、将来の顧客と話だけはしたいです)

など。

特に口語の場合は、「I’d like to ~」と短縮形で表現することが多いです。

would love to

「would like to」よりも更に強い気持ちとなり、「ぜひ(是非)~したいです」という場合に使います。

下記がその例文です。

  • I would love to attend the meeting.(是非、その打ち合わせに出席したいです)
  • I would love to.(はい、是非そうしたいです) ※「~しますか?」、「~したいですか?」という場合の返事の仕方です。

など。

「I’d love to」と口語では短縮することも多いです。

hope to

「~することを期待する」、「切望する」場合の「~したい」という表現になります。

「want」とは違い、希望の気持ちを込める時に使います。

下記がその例文です。

  • I hope to see you soon(あなたにすぐに会いたいです)
  • I’m hoping to pass the exam.(試験に合格したいです) ※「be hoping to」と現在進行形にする形は口語でもよく使います。

など。

wish to

これも「できれば~したいのですが」という希望が入っている表現で、「hope」よりもフォーマルで丁寧です。

下記がその例文です。

  • I wish to be there on time.(できれば時間通りにそこにいたいのですが)
  • I wish to meet you.(できればあなたとお会いしたいのですが)

など

hope toとの違いは?

「hope to」も「wish to」もどちらも、希望が入っている「~したい」ですが違いは下記となります。

  • hope・・・できると思っている希望で「~したい」
  • wish・・・できる可能性が低いと思っている「~したい」

つまり、「wish」が「できれば~したい」と謙遜する言い方で、ビジネスやフォーマルなど失礼のない表現としても使えるというわけです。

would rather like to

「むしろ(できるなら)~したい」という場合に使う表現です。

本来は「would rather like to A than B(Bをするより、むしろAをしたい)」という形ですが、話の流れで「than B」を省略することが多いですね。

下記がその例文です。

  • I would rather study now.(今はむしろ勉強をしたいです)
  • I would rather stay here.(むしろ家にいたいです)

など。

この場合も口語の時は「I’d rather like to」と短縮形を使うことが一般的です。

3.相手に「~してほしい」時の言い方

「あなたに電話してほしい」、「彼に真面目になってほしい」など、第三者に「~してほしい」という場合がありますね。

そんな時は主に下記の言い方を使います。

  • want 人 to不定詞
  • hope (that) 人 動詞
  • wish (that) 人 動詞

ここでも「hope」と「wish」の違いは上述と同じです。

下記がその例文です。

  • I want you to come with me if you can.(もし可能なら一緒に来てほしい)
  • I hope you can join our team.(私たちのチームに加入してほしい)
  • I wish you would come.(あなたが来てくれたらなあ)

など。

会話の中で頻繁に出てくる表現ですので覚えておきましょう!

まとめ:「~したい」の表現は2つ以上先ずはマスターしよう!

いかがでしたでしょうか?

初心者はいきなり一気に使いこなすことは難しいですね。

なので、先ずはカジュアル1個、ビジネス1個ずつ押さえることから始めましょう!

余裕が出てきたら、他の「~したい」の表現を使いこなすイメージでOKです。

他にも、「be interested to(~するのに興味がある)」、「be in the mood to(~する気分です/feel like ~ingと同様)」など、色んなパターンがあります。

また、ビジネスメールの締めの時に、「I’m looking forward to hearing from you.(返信を楽しみにしています)」と「返信してほしい」という気持ちのニュアンスを込める書き方もあります。

これらの表現も徐々に使えるようになるとベストですね。

cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

sp-cta
pc-cta