著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「ちなみに(因みに)」の英語|ビジネスメールや口語で使える12表現や略

のべ62がこの記事を参考にしています!

ちなみに(因みに)を英語ではどう表現するのでしょうか?

「ちなみに」の意味自体が、補足情報としての「付け加えると」という場合に使う表現が基本です。

しかし、話を転換する場合の「ちなみに」という場合にも使われますので、その場合の英語表現も知っておく必要があります。

この接続詞的な表現をカジュアル、またはビジネスなどで使うフォーマルな言い方で使い分ける必要があります。

よって今回は「ちなみに(因みに)」を使う場面と英語の表現などに焦点を絞って解説していきます。是非、英会話やビジネスメールなどでも活かして下さい。

目次:

1.カジュアルに口頭でも使える「ちなみに」の英語
・By the way
・Also
・Speaking of
・In passing
2.ビジネスやメールで使える「ちなみに」の英語
・For your information
・Incidentally
・As a side note
・For the record
まとめ:1つの表現に固執しないで使いこなそう!

1.カジュアルに口頭でも使える「ちなみに」の英語

さて、先ずはネイティブが会話の中でよく使う表現をご紹介します。

By the way

この表現は頻繁に出てくるのですが、2つの用法があるのをご存知ですか?

文頭にあるのか、文末にあるのかで多少意味合いが異なります。

  • 文頭(話の転換):By the way, how is your son?(ところで・ちなみに、息子さんは元気ですか?)
  • 文末(補足情報):She was promoted, by the way.(ちなみに、彼女は昇進したよ)

など。

しかし、厳密に「話の転換だらから文頭だ」ということはなく曖昧になっているケースも多いです。

また、友達などとのメールなSNSでのメッセージの時は、略語の「btw」を使うことも多いです。

「by the way」については、『2つある!?「by the way」発音や意味と使い方』の記事でも解説しています。

Also

文頭や文中に持ってくることで、「そして・また」や「ちなみに~です」と補足情報を足すイメージになります。

これと似た表現で、「In addition (to that)」があり、「それに加えると」という意味になり、直接情報を追加する際に使えます。メールや文語などで使う少しフォーマルな言い方にはなりますが、会話でも使えます。

下記がその例文です。

  • Also, he is smart.(ちなみに、彼は頭もいい)
  • She can also speak Japanese.(ちなみに、彼女は日本語も話せます)
  • In addition to that, Tom left the company.(ちなみに、トムは会社を辞めたよ)

また、「He can speak French, too.(ちなみに彼はフランス語も話せます)」と、後ろに付ける「too(~もまた)」でもOKです。

Speaking of

「~と言えば」と話の内容についての情報を付け加えたりする場合に使います。

  • Speaking of it, how was your trip?(ちなみに、旅行はどうでした?)
  • Speaking of songs, which singer do you like?(歌の話をしているけど、ちなみに歌手は誰が好き?)

因みに、「Speaking of which,」という表現もあり、その場合は「そういえば」と話の転換をする時に使う表現です。知識として押さえておきましょう。

In passing

「話のついでに少し言うと」とうニュアンスの表現で「ちなみに」を意味します。

例えば、文中に置いて「I heard in passing that ~.(~だと小耳に挟んだ)」という感じで、意図しないけど通りすがりに聞こえたというイメージです。

これと全く同じなのでフランス語の「En passant(アン・パサン)」です。これも英語の会話の中で「In passing」の代わりに使うこともあります。

  • In passing, he joined a big enterprise.(ちなみに、彼は大企業に就職しました)
  • En passant, she likes this the best.(ちなみに、彼女はこれが一番のお気に入りです)

など、文語でも使われている表現です。

2.ビジネスやメールで使える「ちなみに」の英語

さて、ここではビジネスメールや少しフォーマルな言い方の「つまり」についてご紹介します。

For your information

これは「ご参考までに」という表現でよく使われます。

補足情報としての「つまり」で、略語は「FYI」となり、同僚や友達とのメールでも頻繁に出てきます。

  • For your information, we sent you a file by mail the other day.(ちなみに、先日郵便でファイルをお送りしました)
  • We have already set it just for your information.(ちなみに、準備は完了しました)

など。

Incidentally

文中や文頭でも使われる表現ですが、「ついでに言えば」、「付随的な」という意味があります。とても丁寧な言い方です。

それから「ちなみに」という意味でも使えます。また、「偶然にも」という場合にも使える表現でもあります。

  • Incidentally, I would like to know more about the plan.(ちなみに、その計画についてもって知りたいです)
  • Incidentally, our client called and cancelled the meeting tomorrow.(ちなみに、お客さんが電話してきて、明日の打ち合わせをキャンセルしました)

など。

As a side note

「side note」の「追記・注記」というフォーマルな表現から来ています。「on a side note」とも同様の意味になります。

また、これに似たような表現で「aside from ~(~とは別に・~はさておき)」、「as an aside(余談として)」もあります。

どれも「by the way」をフォーマルにしたイメージです。

  • As a side note, we increased our sales by 10% this year.(ちなみに、今年の売り上げを10%アップしました)
  • Aside from that, let’s talk more about the next topic.(ちなみに、次の議題についてもっと話しましょう)
  • As an aside, this restaurant was built 100 years ago.(ちなみに、このレストランは創業100年です)

など。

For the record

基本的に文頭で「Just for the record」などとしても使われれて、「公式に言うと」や「ちなみにはっきり言うと」というニュアンスになります。

  • For the record, I won’t support his idea.(ちなみに、私は彼の考えを支持しません)
  • I got the best score in my class just for the record.(ちなみに、私のクラスでは最高得点を取りました)

など。

まとめ:1つの表現に固執しないで使いこなそう!

さて、色々な「ちなみに」の表現を見てきましたが、慣れてきたら「by the way」、または「also」など単純な言い方だけでななく、他の表現にもチャレンジしてみましょう!

しかし、カジュアル、またはフォーマル(丁寧)だけ意識しておけばOKです。

ちなみに(incidentally)、間違えたところで大したことはありません。ドンドンチャレンジしましょう!

cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

sp-cta
pc-cta