著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

2つある蛙(カエル)の英語の違い|発音や鳴き声・関連英語とことわざ

のべ14,103がこの記事を参考にしています!

蛙(カエル)には、小さい緑色のカエルと大きめの茶色いカエルがいますね。

それぞれの言い方に違いがあります。

また、日本語ではカエルの鳴き声は「ゲロゲロ(ケロケロ)」などですが、英語ではどう表現するのでしょうか?

それと蛙(カエル)を使ったことわざ(蛙の子は蛙、など)は多くありますが、それを英語で表現するとどうなるのでしょうか?

よって今回は、簡単そうで実は奥深く、おたまじゃくし、両生類など関連英語もある「カエル(蛙)」の英語表現について例文を使いながらご紹介します。

目次:

1.蛙(カエル)の英語の正しい発音
・frog
・toad(frongとの違い)
2.蛙(カエル)の鳴き声(英語バージョン)
3.「おたまじゃくし」など、蛙(カエル)の関連英語と例文一覧
4.蛙(カエル)を使った英語のことわざ
・蛙の子は蛙(親も親なら子も子)
・井の中の蛙大海を知らず
・蛇に睨まれた蛙
まとめ:「frog」だけの単語を覚えても役には立たない!

1.蛙(カエル)の英語の正しい発音

AIスピークバディ英会話_画像

さて、2種類あるカエルの英語、「frog」と「toad」についてそれぞれ見ていきましょう。

frog

後述する「ヒキガエル以外」は全て「frog」と言います。

種類に関係なく、一般的にカエルというと英語でも「frog」を使うのが常識です。

「frog」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
フラグ
frˈɔːg

可算名詞(数えられる名詞)なので、複数形は「frogs」となります。

また、ここでの発音のポイントは日本人が苦手な「r」の発音です。

「flog」と「l」の発音にすると、「(人や動物を)ムチで打つ」という動詞になるので注意です。『RとLの発音がビックリするほど上達する簡単トレーニング』の記事も参考にしてみて下さい。

この後紹介する「toad」と違い、イメージとしては緑色の小型で、水辺でみかける下記の写真のようなカエルです。

因みに、「トノサマガエル」は、「black-spotted pond frog(直訳:黒い斑点がある池ガエル)」です。

toad(frongとの違い)

イボガエル、ガマガエルと言われている「ヒキガエル」を「toad」と言います。

体の表面にイボがあり、下記の写真のように茶色で大きなカエルですね。

「toad」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
トード
tóʊd

因みに「toad」は、スラングで「いやなやつ」という意味にもなります。

2.蛙(カエル)の鳴き声(英語バージョン)

日本語でカエルの鳴き声は、「ゲロゲロ」、「ゲロゲーロ」、「ケロケロ」などありますが、英語ではどう表現するのでしょうか?

英語では「ribbit(リビット)」という単語を使って、それを2回連呼するのが通常です。

「ribbit-ribbit」ですね。「Frogs say “ribbit-ribbit”.(カエルはケロケロと鳴きます)」など。

また、普通に、「蛙(カエル)が泣く」を表現したい場合は、「croak(クローク)」という単語を使います。

「Frogs started croaking.(カエルが鳴き始めました)」など。

因みに、この「croak」ですが、カラスが鳴く時も使える単語です。

3.「おたまじゃくし」など、蛙(カエル)の関連英語と例文一覧

カエルと言ったら次の2つの関連英語を覚えるのは必須でしょう。

  • おたまじゃくし:tadpole(タッドポール)
  • 両生類:amphibian(アンフィビアン)

また、これらを使ったりした関連英語が下記です。英会話などでも活用して下さい。

  • I have a pet frog.(カエルを一匹飼っています)
  • I don’t like frogs.(カエルが苦手です)
  • Tadpoles will turn into frogs.(おたまじゃくしがカエルになります)
  • Frogs are amphibian.(カエルは両生類です)

など。

4.蛙(カエル)を使った英語のことわざ

さて、ここでは日本語でよく聞く「蛙(カエル)」を使ったことわざを英語にするとどのような表現になるのかを見てみましょう。

直訳はできないので、そのイメージや文の作り方など、英語力向上のためには欠かせない感覚です。是非、参考にしてみて下さい。

蛙の子は蛙(親も親なら子も子)

「父親(母親)のように、息子(娘)のように」という表現になります。

親子同士を表現する場合に使う言い回しです。

「Like father, like son.(Like mother, like daughter.)」

同性同士で表現するのが基本となります。

この場合は「a」や「the」などの冠詞を使わずに表現するのがポイントです。

井の中の蛙大海を知らず

意訳すると、狭いところ(または一か所だけ)にいると、その上や先にはいけない(見えない)というイメージになりますね。

「He that stays in the valley, shall never get over the hill.」という英語のことわざにぴったりです。

直訳すると、「谷に留まるものは山、丘を越えられない(つまりその先の大きな土地なども見れない)」となります。

蛇に睨まれた蛙

急に恐怖や驚きなどで身動きが取れない様を、英語の「deer(鹿)」が、車などのヘッドライトに驚いて、動かないというイメージで表現しています。

「a deer in headlights」

「He looked like a deer in headlights.(彼は蛇に睨まれた蛙のようでした)」など。

まとめ:「frog」だけの単語を覚えても役には立たない!

いかがでしたでしょうか?

蛙(カエル)=frog、というだけを覚えてもそれでは本当の英語力はアップしません。

それに関連する英語や例文なども同時に習得することでドンドン、何倍速も英語が上達していきます。

今後もその感覚で英単語や表現に触れるようにしましょう!

マイスキ|英語教材のご案内



なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、出来の悪い、平均点以下の私が【初受験でTOEIC満点・英検1級】を取得し、短期間で英語をマスターできたのですから、「英語をマスターすること」と「頭の良さ」は何も関係がないということです。

もし、あなたが英語ができないと悩んでいるとしたら、それは間違った勉強法と単なる「繰り返し」不足が原因です。

一度覚えたら忘れない英語。瞬時にアウトプットできる英語。

今回、この技術を身につけるために、時間をかけずに超効率的かつスピーディーに英語脳、リスニング脳、スピーキング脳を作るトレーニング教材をご用意しました。

これまでの英語学習の常識を捨て、全く新しいやり方に切り替えると、英語を話す実力は絶対に伸ばせます。

マイスキ英語有料トレーニング+聞くだけ英語自動化プログラム



英単語の覚え方
マイスキ英語

人気記事ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
sp-cta
pc-cta