著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「実は」の英語|スラングやビジネスメールでも使える8つの表現

のべ27,921がこの記事を参考にしています!

「実は、~」というのは日常的に使われる表現ですよね?

これは英語でも同様で、色々な言い方があります。

詳細は後ほど説明しますが、下記がその一覧で、カジュアル(スラング)やビジネス、またニュアンスの違いで使い分ける必要があります。

  • Actually:実際のところ(本当は) ※いいにくいことを伝える時にもよく使われる「実は」です。
  • The thing is:実は~です ※強調したい時に使う口語の表現です。「要するに」や「問題は」などの意味にもなる使い勝手のいい表現です。
  • To be honest:素直に言うと、実は ※「Honestly speaking」などの表現もあります。
  • To tell the truth:真実を言うと、実は ※「To be honest」とほぼ同じ意味ですが、少しフォーマルですね。
  • You know what?:ねえ、知っている?実は ※スラング的表現で、軽い真実を伝える時によくネイティブが使います。
  • In fact:実は ※「事実」とう「fact」を使っており、ビジネスでのフォーマルな言い方です。また、「truth」との違いは後述します。
  • In reality:現実には ※現実の世界では~です、というニュアンスもあります。
  • For your information:参考までに(実は) ※ビジネスメールでも略語で「FYI」としてよく使われます。

など、秘密を第三者に話す時、真実を打ち明ける時、または相手をビックリさせる時などなど、様々なシチュエーションで使える表現です。

また、日本語の「因みに(ちなみに)」や「つまり」と混乱している人も多いようです。

よって今回は、カジュアルやフォーマルな場面でも使える「実は」の英語を例文を交えながら個別にシッカリとご紹介します。

「実は」の英語|「因みに」や「つまり」との違いは?

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

先ほど冒頭で紹介した「実は」の英語表現の一覧ですが、次のように口語でも文語でも文頭で使うことがほとんどです。

  • Actually, he is coming.(実は彼はこちらに向かっています)
  • In fact, no one knows the truth.(実は、真実を誰も知りません)

など、文頭なので最初の文字は大文字です。

これを知っておくだけでも、英会話に役立ちます。

また、混乱する「因みに(ちなみに)」ですが、次のようなケースでよく使います。

  • 情報を足して真実を伝える時(例:因みに、彼には妹がいます) ※結論で真実を言う場合は「つまり」という日本語がベターですね。
  • 話題を変える時(例:因みに明日は晴れらしい) ※英語では「by the way」を使います、日本語では「ところで」という表現もあります。『「ところで」の英語|1つだけじゃない!?様々な英語表現』の記事も参考にしてみて下さい。

など。

要するに、「因みに」や「つまり」と「実は」は結構似ている表現なんですね。和訳の時、どちらでも通じる場合がります。知識として押さえておきましょう。

カジュアル(スラング)の「実は」の英語と例文

さて、「実は」の英語は1つだけではありませんでしたね。

ここではよく口頭で気軽に使う「実は」を中心に紹介します。

「実は」の英語|Actually

副詞である、「actually(アクチュアリー)」はよくネイティブも使います。

「実際のところ(本当は)」、「(いいにくいけど)実は」というケースが多いですね。

  • Actually, I have to go now.(実は、もう行かないといけないんです)
  • Actually, he is very stingy.(実は、彼はとてもケチです)

形容詞の「actual(アクチュアル)」は「現実の」などの意味があります。

「実は」の英語|The thing is

この表現は、口頭のみで使うスラング的な表現で、「actually」と同じようによく使われます。

理由を述べたり、強調したい時などによく使う「実は」です。

また、「要するに」や「問題は」などの意味にもなる使い勝手のいい表現です。文脈によって変わってきます。

「The thing is, 主語+動詞」が基本の形です。

  • The thing is, I forgot about it.(実は、そのことを忘れてたんだよ)
  • The thing is, she is the one who is promoted this time.(実は、彼女が今回昇進した張本人です)

「実は」の英語|To be honest

「正直に言うと」と相手に言う場合の「実は」です。

「honest(オネスト)」は「正直な」という形容詞です。名詞は「honesty(オネスティー)」で「誠実」となります。

他にも次の2つも同じ意味です。

  • To be honest with you
  • Honestly speaking ※この表現はビジネスのフォーマルで「正直に申し上げますと」というニュアンスになります。

下記の例文を見てみましょう。

  • To be honest, I hate the movie.(正直に言うと、その映画大嫌いです)
  • Honestly speaking, the presentation was boring.(正直に申しますと、そのプレゼンはとてもつまらないものでした)

「実は」の英語|To tell the truth

「To be honest」よりも少しフォーマルなニュアンスですが、こちらも「正直に言うと(実は)」となります。

他にも下記の表現がありますが、同じ意味です。

  • To tell you the truth
  • The truth is (that) 主語+動詞 ※口語的な表現です。

例文が下記となります。

  • To tell the truth, I don’t like to go on a business trip.(実を言うと、出張に行きたくない)
  • The truth is that I already knew what you told me.(実を言うと、あなたが言ったことはすでに知っていました)

「実は」の英語|You know what?

一番カジュアルなスラングで、目上の人には使わないようにして下さい。

ニュアンス的に「ねえ、知っている?実はさあ・・・」という意味になります。

  • You know what? Tom is going out with Lisa.(ねえ、知ってる?実はさあ、トムとリサが付き合っているんだよ)
  • You know what? I heard we’ll have a short test next week.(ねえ、実はさあ、聞いたんだけど、来週小テストがあるんだって知ってる?)

「実は」の英語や日常会話が上達するオンライン英会話5選

「実は」の英語や日常シーンで使う英語をすらすら話せるようになりたい場合には、オンライン英会話で実際の会話の数をこなすことが大切です。

ここでは、日常会話が上達するオンライン英会話を5つご紹介します。

  • レアジョブ
  • Native Camp(ネイティブキャンプ)
  • クラウティ
  • kimini英会話
  • hanaso

それぞれ順番に見ていきましょう。

レアジョブ

レアジョブは、講師数6,000名を超える日本最大級のオンライン英会話です。

1レッスンあたりの費用は脅威の約170円〜、毎日1回以上レッスンを受けることができます。

レアジョブで用意されているカリキュラムは幅広く、日常英会話をはじめとして、海外旅行英語、ビジネス英語、その他シーンに合わせた英語など、自分の学びたいカリキュラムを自由に選択できます。

また、講師数6,000名の中には、本場のネイティブ講師も在籍しているため、より本場に近い英語を学びたい方にもぴったりです。

「オンライン英会話を受講したいけど、どのサービスを選んで良いのか分からない」という方は、第一候補としてレアジョブを検討してみてはいかがでしょうか。今なら2回の無料体験レッスンを受講することも可能です。

レアジョブ英会話の無料体験はこちら

Native Camp(ネイティブキャンプ)

Native Camp(ネイティブキャンプ)は、業界初のレッスン受け放題システムを採用しているオンライン英会話です。ネイティブキャンプにログインするだけで、24時間365日、いつでも好きな時間にレッスンを受けることができます。

また、一般的なオンライン英会話は「1回のレッスン時間は25分〜」と制限を設けられていることも多いですが、ネイティブキャンプは5分だけレッスンを受けることも可能。

朝の通勤前にレッスンを受けるも良し、寝る前に少しだけ英語を勉強するのも良し。

さらに、自習用のコンテンツとして「読み放題」「聞き放題」機能も搭載されており、リーディングやリスニングの強化も自由に行うことが可能です。

これだけ充実したコンテンツが用意されているオンライン英会話は他に存在しないため、低価格でボリューム感のあるレッスンを受けたい方はネイティブキャンプを受講してみましょう。今なら1週間の無料体験レッスンを受けられます。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

クラウティ

クラウティは、家族でシェアできることで有名なオンライン英会話です。

1つのアカウントで、最大6名までアカウントを共有できます。6名で利用したとしても、かかる費用は1アカウントのみの月額4,950円〜。

レッスン回数は1日2回〜4回を選択できるので、「今日はママが英語を勉強する日」「明日は子どもに英語を勉強させる日」という形で、シェアしながら家族全員で英語を学べるのがクラウティのメリットです。

通常のオンライン英会話は「Zoom」や「Skype」といった外部アプリを使ってレッスンを行いますが、設定をしたことがない人にとっては難易度が高いもの。

その点、クラウティは独自のレッスンシステムを採用しているので、クラウティにログインするだけでレッスンを行うことができます。

圧倒的に低価格で、家族全員で英語を楽しく学びたい方は、一度クラウティの無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

クラウティの無料体験はこちら

kimini英会話

kimini英会話は、子どもから大人まで細かにレベルが設定されたカリキュラムで学べるオンライン英会話です。

教育業界で70年以上の実績を誇る学研が運営しており、高校・大学など200以上の教育機関で導入されているレベルの高いカリキュラムが用意されています。

「レベルが高くてついていけないかも」と不安に感じている方も、受講をスタートしたタイミングで、スピーキング力を確かめられるテストを受けられます。

こちらのテストの結果に合わせてカリキュラムを提案してくれるため、自分のレベル以上に難しいカリキュラムでレッスンが進むことはありません。

さらに、月額料金も1,100円(税込)〜と、業界最安値クラスです。

子どもから大人まで、品質が担保されたカリキュラムで英語を学びたい方は、kimini英会話を選んでみてはいかがでしょうか。

kiminiオンライン英会話 公式サイトはこちら

hanaso

hanasoは、英語の復習に特化したオンライン英会話です。

  1. レッスンで学び口になじませる
  2. 復習システムにより効率よく定着させる
  3. 音声教材で会話での使い方を練習する

上記3つのステップでレッスンが進むので、日常的に使っている英語を効率よく覚えられるのがhanasoのメリットです。

レッスン教材も豊富に用意されており、日常英会話をはじめとして、おもてなし英会話、特定のシーンに特化したトピックトーク、自由に英語を話すフリートークなどがあります。

「一度覚えた英語を忘れてしまった」「学習の二度手間を減らしたい」と考えている方は、hanasoを選んでみてはいかがでしょうか。

hanasoの無料体験はこちら

ビジネスで使える!「実は」の英語と例文

ここでは、「Honestly speaking」のように、少し堅苦しい表現で、ビジネスの場面やメールなどの文語としても使える表現を紹介します。

「実は」の英語|In fact

ビジネスシーンでよく使う、2語の熟語で代表的な「実は」です。

実際に起こったことを主張したい時、確信して自信がある時の「実は」です。

他にも、「as a matter of fact」という熟語があります。少しかっこいい表現です。

  • In fact, he is going to be our new boss.(実は、彼が私たちの新しい上司になります)
  • As a matter fact, today is my birthday.(実を言うと、今日は私の誕生日です)

ここで少し疑問が出てきませんか?

先ほどの「To tell the truth」の「truth」と「fact」の違いです。

例えば、「In fact, he is telling the truth.(実は、彼は真実を言っています)」という文がありますが、「truth」と「fact」は何が違うのでしょうか?

「truth」と「fact」の違いは?

あまり細かく考えなくていいですが、ニュアンスの違いもあるので押さえておきましょう!

  • fact・・・実際にあった事実 ※事実関係、事実を捻じ曲げる、など
  • truth・・・嘘ではない真実 ※真実は1つ、真実を打ち明ける、など

「実は」の英語|In reality

「本当のところ」、「現実には」という場合の「実は」です。

前の文を否定して、真実を言う感じになります。

  • In reality, he is not kind at all.(実は彼は全く優しくありませんよ)
  • In reality, it’s not true.(現実には、それは真実ではない)

「実は」の英語|For your information

「ご参考までに」、「ちなみに」などの意味を持つのが、「For your information」です。

「実は」と同じで、情報の追加の場合に使います。

ビジネスメールでもよく使いますが、基本的に略語の「FYI」を使って表現します。

  • FYI, the attached file is very important.(ちなみに実は、添付ファイルはとても重要なものです)
  • FYI, I’ll make a sales report.(ちなみに実は、私が営業報告書を作ります)

「実は」の英語などが学べるビジネス英会話3選

「実は」の英語などビジネスシーンやメールで使う英語を覚えたい場合には、オンライン英会話で実際の会話の数をこなすことが大切です。

ここでは、ビジネス英語が学べるオンライン英会話を3つご紹介します。

Bizmates

Bizmatesは、ビジネス特化型オンライン英会話でNo.1の実績を誇るオンライン英会話です。

「世界で活躍できるビジネス英会話スキル」を身に付けることが目的であり、独自カリキュラムと実際のビジネスシーンで使われる英語を網羅的に学ぶスタイルとなっています。

レッスン満足度は脅威の97.9%、上達実感は91.1%とこちらも圧倒的です。

レベルが30段階に分かれているので、英語がまったくできない初心者の方でも安心して受講できます。

初月が実質無料になるキャンペーンも用意されているので、Bizmatesが気になる方は公式サイトで情報をチェックしましょう。

Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトはこちら

ベストティーチャー

ベストティーチャーは、実際の場面を想定したリアルなレッスンが受けられるオンライン英会話です。

ライティング、実践を想定したトレーニング、スピーキングの3つを中心に英語力を強化でき、外国人講師による英作文の添削や、24時間場所や時間を選ばずに回数無制限でレッスンを受けられます。

実際に、ベストティーチャーの受講生も「2ヶ月間受講しただけで海外企業に転職できた」「仕事と育児を両立しながら英検1級を取得できた」と非常に良い評判が見られます。

ライティングとスピーキングを同時に強化したい方は、ベストティーチャーを受講してみてはいかがでしょうか。

ベストティーチャーの無料体験はこちらから

EFイングリッシュライブ

EFイングリッシュライブは、世界の大企業でも採用されているカリキュラムを個人でも受講できるオンライン英会話です。

プライベート(1対1)レッスン、グループレッスンの好きなほうを選ぶことができ、12週間(3ヶ月間)でのレベルアップが約束されています。

また、英語レベル診断も用意されているので、自分の英語レベルが分からない方や、診断によって自分のレベルに合わせたカリキュラムを受講したい方にもぴったりです。

EFイングリッシュライブも無料体験が用意されているので、下記の公式サイトから無料体験を受講してみてはいかがでしょうか。

EFイングリッシュライブの無料体験はこちらから

「実は」と関係して使える英語表現一覧

「実は」と関連した表現も覚えると英語の幅が広がりますね。この機会に是非覚えてみましょう!

  • 「ひそひそと話す」:whisper(ウィスパー) ※「ひそひそ話」は「whispered talk」です。
  • 「秘密」:secret(シークレット) ※秘密を守るや秘密をばらす(暴露)などの英語は、『「秘密」の英語|使い方やニュアンスが違う4つの表現を習得』の記事をご確認下さい。
  • 「嘘」:lie(ライ) ※嘘をつく人は「liar(ライヤー)」の英語を使います。『「嘘」の英語|lieは横たわる!?動詞や名詞などで9個の言い回し』の記事も参考にしてみて下さい。
  • 「噂」:rumor(ルーマー) ※「噂を広げる」は「spread a rumor」となります。
  • 「口が軽い」:big mouth ※「彼(彼女)は口が軽い」は「He(She) has a big mouth」となります。日本語でいう「大口をたたく」は、「brag(ブラグ)」や「boast(ボースト)」などの英語を使います。「口が堅い」は「(主語)+can keep secrets」とか「tight-lipped」などでもOKです。
  • 「だます」:cheat(チート) ※ずるをする、という意味でも使われます。カンニングは「cheating」と言います。また、「deceive」も同様です。

まとめ:「実は」の英語は表情を交えて使ってみよいう!

ネガティブな「実は」やポジティブな「実は」の話も、相手が驚くことが前提の場合が多いですね。

普通の表情で話しだすより、少し深刻な顔をすた方が活きた会話になります。特に外国人が英語で話し出す時は、大げさなくらいな表情をします。

「The truth is・・・」

と切り出す前の表情を映画やドラマなどでも見てみて下さい。

仏頂面で英語で相手に伝えるより、感情を込めて話すことがキーです。是非、そのような場面に遭遇した場合は、その点も気を付けると、相手に重大さなどが伝わりやすくなります。

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英単語の覚え方
マイスキ英語

人気記事ランキング

出会いがある大人向け英会話教室1
2
online-english-cheap-ranking-image3
4
5
6
7
8
9
10

コメント