著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の勉強に何時間と何年必要?独学で習得する1日5分勉強法

のべ2,603がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語は何時間勉強すれば上達するのでしょうか?

また、何年、何ヶ月かければ独学で英語がペラペラに話せるようになるのでしょうか?

詳しい計算式は後ほど解説しますが、英語を習得するのに1日3時間も4時間もいりません!

特に忙しい社会人がそんなに英語学習に時間を割く余裕すらないのが実情です。

しかし、いくら忙しくても英語が着実に上達している大人や社会人も多くいるのも事実です。

では、学習時間や方法に何か違いがあるのでしょうか?

ここでは、英語を上達するために必要な勉強時間や期間、英語を習得するために効率がよい独学でできる勉強法をご紹介します。

目次:

1.英語習得までのトータル勉強時間と期間
・1ヶ月目の勉強時間:1日5分(合計2.5時間)
・2ヶ月目の勉強時間:1日10分(合計5時間)
・3ヶ月目の勉強時間:1日15分(合計7.5時間)
・4ヶ月目の勉強時間:1日20分(合計10時間)
・5ヶ月目の勉強時間:1日25分(合計12.5時間)
・6ヶ月目の勉強時間:1日30分(合計15時間)
2.英語の勉強時間と上達度合いは比例しない!

1.英語習得までのトータル勉強時間と期間

「さあ、これから英語を勉強したい」と思っても1日どれくい、また全部で何時間勉強すればいいのか知らないと不安ですよね。

現時点の英語力から確実に英語力をUPする、ネイティブとの意思疎通ができるまで、何年という年月は必要ありません。

結論から言うと、6ヶ月もあれば十分に英語が習得できます。

そしてそのトータルの勉強時間ですが、合計52.5時間のみでOKです。

英語の上達には1000時間、2000時間必要だという方もいますが、それはスパルタ的な数字でほとんどの方が挫折してしまいます。また、日本独特の根性論的な数字です。

※最後に説明していますが、中学・高校で既に1000時間ほど英語の勉強をしている方が多いのです。でも上達していない。

一方で、単純に6ヶ月間、トータル52.5時間勉強すればいいというものではありません。

そこには、言語習得の流れに沿った学習の順番と正しい勉強法が必ず必要になります。

英語の勉強|独学の学習計画を立て短期間で上達する6つの勉強法』でも詳しく解説しているように、下記が学習の流れです。これは必須です。

いきなり英単語を覚えたり、英会話教室で英語を話そうとしないで下さい。

  1. リスニング
  2. 英単語をイメージで覚える
  3. 英文法(語順感覚)を身に付ける
  4. 発音・スピーキング
  5. リーディング
  6. ライティング

それでは、それぞれの勉強時間を見ていきましょう。

1ヶ月目の勉強時間:1日5分(合計2.5時間)

1ヶ月目はリスニングから始めます。

先ずは1日5分からスタートします。英語のリスニング力を鍛えるにはこれで十分です。

勉強法としては意味を考えない「最初の3単語」、「数当てクイズ」となります。

トータルは、5分×30日=150分(2.5時間)です。

2ヶ月目の勉強時間:1日10分(合計5時間)

2ヶ月目は英単語の吸収です。

単語帳を使った暗記ではありません。

「フラッシュバック法」を使った方法で英単語をどんどん吸収していきます。

この英単語の吸収も1日5分程度で結構です。

えっ、1日10分が2ヶ月目のはずでは・・・

そうです。これがキーポイントです。

前月(ここではリスニング)の勉強は継続するということです。これがとても大切です。

これを繰り返すことで常に英語習得に重要な要素に毎日触れることができます。これで一気に英語力がUPしていきます。

トータルは、10分×30日=300分(5時間)です。

しかし、2ヶ月目の学習内訳は下記です。

  • リスニング:1日5分
  • 英単語:1日5分

3ヶ月目の勉強時間:1日15分(合計7.5時間)

3ヶ月目は英文法です。

英文法というとまた難しい参考書が必要だとおもっていませんか?

いいえ、ここで習得するのは英語文法の基礎であり、また最も重要な語順です。それ以外、この時点では全く必要ではありません。

「並べ替えトレーニング」という勉強を1日5分程度でOKです。

トータルは、15分×30日=450分(7.5時間)です。

3ヶ月目の学習内訳は下記です。

  • リスニング:1日5分
  • 英単語:1日5分
  • 英文法:1日5分

4ヶ月目の勉強時間:1日20分(合計10時間)

4ヶ月目は発音・スピーキングです。

英語がペラペラになりたい!という方はここでしっかりとした正しい英語の発音と英語を話す感覚を身に付けます。

「足し算つぶやき」という勉強法を1日5分程度実践します。

しかし、この発音とスピーキングは実際に声を出した方が確実に上達するので、出勤前、帰宅後の自宅での学習をおすすめしています。就寝前だけでも十分です。

トータルは、20分×30日=600分(10時間)です。

4ヶ月目の学習内訳は下記です。

  • リスニング:1日5分
  • 英単語:1日5分
  • 英文法:1日5分
  • 発音・スピーキング:1日5分

5ヶ月目の勉強時間:1日25分(合計12.5時間)

5ヶ月目はリーディングです。

英語を話したいだけだからリーディングはいらない!という方も多いでしょう。

しかし、本当にネイティブとの意思疎通をしたいならリーディングで語彙力を増やす必要があります。

2ヶ月目の英単語の吸収のコツ(フラッシュバック法)を身に付けて、リーディングをするだけでドンドン英語力がUPしていきます。

「オーバーラッピング法」などの勉強法を1日5分実践します。5分もあれば英字新聞の1面ぐらい簡単に読むことが出来るようになります。

トータルは、25分×30日=750分(12.5時間)です。

4ヶ月目の学習内訳は下記です。

  • リスニング:1日5分
  • 英単語:1日5分
  • 英文法:1日5分
  • 発音・スピーキング:1日5分
  • リーディング:1日5分

6ヶ月目の勉強時間:1日30分(合計15時間)

6ヶ月目はライティングです。

外国人と友達が出来たらSNSやメールでのやりとり、また社会人であればビジネスメールで書くことが必要なります。

英語習得の最終ステップです。

サマリー・ライティングやスケジュールや日記を英語で書くなどの基礎からスタートします。

トータルは、30分×30日=900分(15時間)です。

5ヶ月目の学習内訳は下記です。

  • リスニング:1日5分
  • 英単語:1日5分
  • 英文法:1日5分
  • 発音・スピーキング:1日5分
  • リーディング:1日5分
  • ライティング:1日5分

2.英語の勉強時間と上達度合いは比例しない!

あなたは今まで英語をどれくらい勉強したでしょうか?

例えば、中学1年から3年まで1週間に4時間ぐらい英語の授業があったとしましょう。

テストや受験のために英語を勉強したとすると、単純で500時間以上勉強している計算になります。

これに高校の3年間を足すと、多くの日本人が合計1000時間は既に英語に触れているのです。でも英語をマスターした方は多くないのが現実です。

英語をむやみやたらに勉強すればいいというものではありません!

勉強の順番と毎日継続すること、そして楽しんで上達を感じる喜びが重要なのです。

各月で説明した勉強法や英語の勉強を楽しめるアプリなどは、再度、『英語の勉強|独学の学習計画を立て短期間で上達する6つの勉強法』を参考にしてみて下さい。

さあ、今日から英語の勉強をスタートして6ヶ月後に成長した自分を想像してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta