著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「強い」の英語|英会話で使える4つ以上の表現をマスター!

のべ3,121がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「強い」の英語表現をいくつ知っていますか?

「強い風」、「喧嘩が強い」、「打たれ強い」、「強い意志」、「お酒に強い」など、色々な「強い」があります。

それぞれの「強い」のニュアンスによって、違う英語を使う必要があります。

よってここでは、様々な「強い」の英語表現を紹介します。単語ごとの解説と一緒に、表現例もたくさん掲載しているので実際の会話の参考にしてください。尚、「強い」の反対の「弱い」の英語表現は【「弱い」の英語|反対語と10個の表現や関連フレーズ一覧】で紹介しています。こちらも是非参考にして下さい。

目次:

1.「強い」の基本英語
2.色々ある!「強い」の英語
2-1.英語の「powerful」で「強い」を表現
2-2.英語の「intense」で「強い」を表現
2-3.英語の「tough」で「強い」を表現
2-4.英語の「unbeatable」で「強い」を表現
3.英会話で使える!「~強い」の英語表現

1.「強い」の基本英語

一般的な「強い」の英語は、「strong」(ストロング)です。

「strong」は「力強い」、「丈夫な」、「強固な」という意味の「強い」で、幅広く使える表現です。

また、お茶やコーヒーなどで濃さが強い物や、度数が強いお酒やきついたばこも「strong」です。

物質的な強さだけでなく、意思の強さや繋がりの強さ、影響力など精神面での「強さ」にも使える表現です。

【例】

  • strong wind:強風
  • strong sunshine:強い日差し
  • strong pressure:強い圧力
  • strong will:強い意志
  • strong accent:(言葉などの)なまりが強い

2.色々ある!「強い」の英語

日本語の「強い」は色々な意味があります。

英語ではどのような「強さ」なのかによって、単語を使い分けるので「strong」以外にも沢山あります。

その中でも、よく使う「強い」の英単語をみていきましょう。

2-1.英語の「powerful」で「強い」を表現

「powerful」(パワフル)は「強力な」、「有力な」、「影響力がある」等の意味があり、影響力の強さや、権力を伴う強さに使われることが多い表現です。

また、腕や足など身体のたくましさや、薬の効果の強さ、信念の強さにも使える表現です。

「strong」と同様、幅広い「強さ」に使える表現です。

【例】

  • powerful impact:非常に強い影響
  • powerful celebrity:影響力が強い著名人
  • powerful drug:劇薬
  • powerful weapon:強い武器
  • powerful voice:力強い声
  • powerful body:たくましい足
  • powerful energy:強い活力

2-2.英語の「intense」で「強い」を表現

「intense」(インテンス)は「強烈な」や「激しい」などの意味です。

光や温度の強さや、痛みの強さなどに使われる表現で、使える範囲が限定的です。

「情熱的な」という意味もあり、思いや欲望など精神的な激しさにも使えます。

【例】

  • intense beam:激しい光線
  • intense heat:猛暑
  • intense desire:強烈な欲望
  • intense pain:激痛
  • intense love:強い愛情

2-3.英語の「tough」で「強い」を表現

物の構造的な強さが「tough」(タフ)です。

壊れにくい物や、耐久性がある物に使うことが多いです。

物理的に「強い」ことから、食肉が切れにくくかたいという意味でも使えます。

また、「tough」は外からの圧力に対して強いという意味があり、身体の強さや精神的な強さ、厳しさにも使える表現です。

「強い」以外にも、「しんどい」「つらい」等の意味でも使われる表現です。

【例】

  • tough meat:かたい肉
  • tough dirt:がんこな汚れ
  • tough guy:たくましい男性
  • tough enemy:強くて手ごわい敵

2-4.英語の「unbeatable」で「強い」を表現

「Unbeatable」(アンビータブル)は「打ち負かすことができないほど強い」という意味です。

特に、スポーツのチームや選手などに使われることが多いです。

「beatable」は「打ち負かされやすい」という意味で、そこに否定の接頭辞「un」がついています。

「無敵」と訳すこともできます。

【例】

  • unbeatable team:無敵のチーム
  • unbeatable player:ものすごく強い選手、無敵の選手

3.英会話で使える!「~強い」の英語表現

「ケンカが強い」や「お酒に強い」など日本語でよく使う「強い」に関する表現の英語でのいい方をご紹介します。

  • 「ケンカが強い」:「a great fighter」/【例】Jeff is a great fighter.(ジェフはケンカが強いです。) ※直訳は「素晴らしいファイター」となります。
  • 「(批判などに)打たれ強い」:「strong in the face of criticism」/【例】Bill is strong in the face of criticism.(ビルは打たれ強い。) ※「Bill is really tough.」のみでも通じます。
  • 「酒に強い」:「big drinker」や「drink like a fish」が当てはまります。
  • 「我慢強い」:「patient(ペイシェント)」 ※精神的な忍耐強さを表す表現で、「辛抱強い」や「気が長い」というニュアンスもあります。
  • 「数字に強い」:「good with ~」/【例】Jessica is good with numbers.(ジェシカは数字に強いです。) ※数字以外でも「得意」の意味の「強さ」に幅広く使えます。例えば、「good with computers」は「パソコン操作に強い」「コンピューター関連に強い」という意味になります。「not」をつけて否定形(not good with)にすると、「苦手」や「弱い」という意味になります。

まとめ:「強い」の英語はニュアンスで使う英語を代える!

日本語では「お酒に強い」や「数字に強い」など「強い」は様々な意味があります。

「strong」や「powerful」など英語の「強い」の表現を使えない表現もあるので、それらは都度覚える必要がありますので、焦らずにマスターしていきましょう。

日本語から英語への直訳にならずに、それぞれの表現のニュアンスを掴んで捉えて表現するのがベターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆現在6万0501人が実践中の無料勉強法
(2018年4月24日)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta