著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「厳しい」の英語|2つの基本表現とニュアンスで違う使い方

のべ10,612がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「厳しい環境」、「厳しい人」、「厳しい環境」など、「厳しい」は日常の様々な場面で使う表現です。

日本語の「厳しい」は色々な意味で使うため、その場面などにより、英語ではいくつも単語があります。

そこで、ここでは「厳しい」という意味で使える英単語と、そのニュアンスや使い方をご紹介します。また、「厳しい」の反対の「優しい」は【「優しい」の英語|会話でも頻繁に使う8つの表現!音声付き】で紹介しています。こちらも参考にしてみてくださいね!

目次:

1.「厳しい」の基本英語は2つ!
1-1.英語の「severe」で「厳しい」を表現
1-2.英語の「strict」で「厳しい」を表現

2.まだまだある!その他の「厳しい」の英語
2-1.英語の「tough」で「厳しい」を表現
2-2.英語の「stern」で「厳しい」を表現
2-3.英語の「harsh」で「厳しい」を表現
2-4.英語の「austere」で「厳しい」を表現

3.これはどう表現する?「厳しい」を使った様々な英語
3-1.「スケジュールが厳しい」は英語で?
3-2.「厳しい環境」は英語で?
3-3.「厳しい上司」や「厳しい客」は英語で?
3-4.「厳しいトレーニング」は英語で?

1.「厳しい」の基本英語は2つ!

「厳しい」は英語では色々な表現がありますが、まず知っておきたい基本の単語は「severe」「strict」の2つです。

その他にもあるので、それらも続いて確認しましょう!

1-1.英語の「severe」で「厳しい」を表現

「severe」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
シヴィア
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/12/severe.mp3
səvíər

日本語では「シビア」ですが、そのまま発音すると伝わらないので要注意です。アクセントの場所など確認しましょう。

「severe」は一番幅広く使える表現です。

「severe」の「se」は「離れて」という意味の接頭辞です。「vere」の部分はここでは「親切心」「容赦」等の意味で使われていて、「se」とあわせると「容赦から離れた」、つまり「容赦がない厳しさ」「ひどく厳しいこと」を表します。

天候や災害、病気や傷、痛みの状態がひどい、罰が厳しい、評価が特に厳しい場合などで使います。

不快な気持になるほどの場合が多く、厳しさの度合いが高いのが特徴です。

【例】

  • severe winter:厳しい寒さの冬
  • severe critic:厳しい評論 ※「critic(クリティック)」は「評論・批判」などを意味します。
  • severe injury:厳しい怪我(ひどい怪我) ※「injury(インジャリー)」は「怪我」です。
  • severe damage:厳しいダメージ(ひどいダメージ)

1-2.英語の「strict」で「厳しい」を表現

「strict」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ストリクト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/12/strict.mp3
stríkt

ルールや規律、法律、条件などの制限に、「厳格である」という意味の厳しさです。

「strict」の語源はラテン語で「(紐などが)ゆるみがなく強く引っ張られた状態」を指します。境界線がはっきりしていて、隙がなく、ルール以外の物は受け付けない厳しさのイメージです。

【例】

  • strict about rule:規則に厳しい
  • strict control:厳格な管理
  • strict budget:厳しい予算 ※「budget(バジット)」は「予算」です。
  • strict regulation:厳しい規則 ※「regulation(レギュレーション)」は「規則」です。
  • strict parents:厳しい両親 ※「My father is very strict.」(私の父は厳しい)などと会話で表現することも多いです。
  • strict warning:厳しい警告 ※「warning(ウォーニング)」は「警告」の英語です。

2.まだまだある!その他の「厳しい」の英語

ここでは、基本の「severe」と「strict」以外の「厳しい」の表現を見てみましょう!

2-1.英語の「tough」で「厳しい」を表現

「tough」(タフ)「骨の折れる」、「困難な」という意味です。

「つらい」や「難しい」と訳すこともあります。

【例】

  • tough life:厳しい人生
  • tough decision:厳しい決断 ※「decision(ディシジョン)」は「決断」の英語です。

2-2.英語の「stern」で「厳しい」を表現

「stern」(スターン)は「厳格な」という意味です。

まじめで頑固な厳しさに使われる表現です。厳しい人、厳しい顏、厳しい扱いなどです。

「stern」の厳しさは、愛情や思いやりの要素は薄く、その人自身が頑固な性格で「厳しい」というニュアンスになるため、ネガティブな意味で使われることが多いです。

「容赦ない」と訳されることもあります。

【例】

  • stern eye:厳しい目(怖い)
  • stern master:厳格な主人

2-3.英語の「harsh」で「厳しい」を表現

「harsh」(ハーシュ)の本来の意味は「耳障りな」や「不快な」で、不快な感覚を表す表現です。

そこから、人が不快に感じるような過酷厳しさにも使うことができます。

「severe」との違いは、「harsh」は特に人に対しての過酷さを意味するという点です。

【例】

  • harsh punishment:厳罰 ※「punishment(パニッシュメント)」は「罰」という意味です。
  • harsh living conditions:厳しい生活水準
  • harsh reality:厳しい現実
  • harsh words:厳しい言葉

2-4.英語の「austere」で「厳しい」を表現

「austere」(オースティア)は、主に道徳的な厳しさに使う表現です。

また、禁欲的、自制的な場合や、質素で飾り気のない生活や状況に使います。

【例】

  • austere life:禁欲的な厳しい生活
  • austere budget:厳しい緊縮予算

3.これはどう表現する?「厳しい」を使った様々な英語

これまでは、「厳しい」の基本的な英語をお伝えしてきましたが、日本語のニュアンスでそのまま使うとおかしい場合もあります。

よってここでは、会話でもよく使う「厳しい」の場面で、ご紹介した単語とは違う表現を用いる場合をご紹介します。

3-1.「スケジュールが厳しい」は英語で?

「スケジュールが厳しい」という時は、「tight」(タイト)を使います。

「tight」は「きつい」や「堅い」等の意味があり、詰まって隙間がないイメージです。

スケジュール以外にも、余裕がなく厳しい予算などにも「tight」が使えます。

【例文】

  • 英語:My schedule is too tight.
  • 日本語:スケジュールが厳しすぎる。

「ハードスケジュール」と言う意味の「heavy schedule(ヘヴィー・スケジュール)」を使ってもスケジュールが厳しいことを伝えることができます。

【例文】

  • 英語:I have a heavy schedule.
  • 日本語:スケジュールが厳しい。

3-2.「厳しい環境」は英語で?

「環境」は「environment(エンヴァイオロメント)」です。

「厳しい環境」をどんな文面で使うかによって、「厳しい」で使う単語が変わります。

成長するための「厳しい環境」であれば「challenging environment」が使えます。

天候などが悪く動植物にとって生きるのが厳しい環境であれば「severe environment」、会社で生産工程などルールが厳しい環境であれば「strict environment」です。これはすでにご紹介した単語が使えます。ニュアンスで使い分ける必要があります。

3-3.「厳しい上司」や「厳しい客」は英語で?

仕事や上司の「厳しい」も、どのような厳しさかで表現が変わります。

「ルールに厳しい」という意味であれば、これまで紹介した「strict」も使えます。

「高い要求をする」、「多くを求める」という意味であれば、「多くを要求する」と言う意味の「demanding」(ディマンディング)が使えます。

【例】

  • demanding job:厳しい仕事(きつい仕事)
  • demanding boss:厳しい上司(口うるさい上司、多くを求めてくる上司)
  • demanding customer :厳しい客(要求が多い客)

「demanding」は「多くを要求しすぎる」というネガティブな意味なので、使うシチュエーションには注意必要です。

3-4.「厳しいトレーニング」は英語で?

「厳しいトレーニング」は「server training」という場合もありますが、単純に「きついトレーニング」という意味で「hard training」でもOKです。

まとめ:「厳しい」の英語はニュアンスにより使う単語が違う!

「厳しい」は英語にするとたくさん単語があります。

単語によって、大まかに使える表現が決まっていますが、「厳しい環境」や「厳しい人」など伝えたいニュアンスによって都度選ぶ必要がある場合も多いです。

特に「難しい」や「厳しい」等の形容詞は、日本語の説明だけで完全に理解することは難しいので、例文などにもたくさん触れて英文での使い方に慣れていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta