著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「研究」の英語|3つの英単語の違いと使い方や関連英語一覧

のべ66,900がこの記事を参考にしています!

「研究」を英語で言えますか?

仕事上で「研究」を英語で伝える機会があるかもしれません。

しかし、「研究」については日常頻繁に使う用語でないため、「研究」に関する英語をまとめたサイトはあまり多くありません。

そこでここでは、「研究」に関する英語を、基本の単語から、「研究者」「研究助手」「共同研究」など様々な「研究」に関する用語までご紹介します。「研究」について英語で伝える時の参考にしてください。

目次:
1.「研究」の英語
1-1.英語の「study」で「研究」を表現
1-2.英語の「research」で「研究」を表現
1-3.英語の「investigation」で「研究」を表現
2.「研究」に関連している英語表現

1.「研究」の英語

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

一般的に使う「研究」を表現する英語は3つあります。

1-1.英語の「study」で「研究」を表現

「study」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
スタディ

 

 

 

stˈʌdi

「勉強する」という動詞でよく使われる「study」ですが、名詞としても使います。

名詞として使う場合は、単に「勉強」という意味だけでなく、「学問」「学業」「研究」「調査」など幅広い意味で使います。

1-2.英語の「research」で「研究」を表現

「research」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
リサーチ

 

 

 

ríːsɚːtʃ

「(学術)研究」「(学術)調査」「リサーチ」等の意味があります。

「study」との違いは、「study」は既にある仮説について、新たにデータを集めて「研究する」ことで、「research」は全く新しい仮説について「調査」や「研究」を行うことです。

1-3.英語の「investigation」で「研究」を表現

「investigation」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
インヴェスティゲーション

 

 

 

ɪnvèstəgéɪʃən

「調査」「取り調べ」「捜査」という意味があり、「研究」という意味でも使います。

事件が起きた場合に、警察がする「取り調べ」「捜査」は「investigation」です。

「研究」の意味としては、起きている事、事象の真実や原因を研究する場合に「investigation」を使います。

2.「研究」に関連している英語表現

「研究」は関連する様々な表現があります。

「研究」に関する用語は、日常会話で頻繁に出るものではないので、リストのなかからあなたが使うものを選んで都度覚えればOKです。

  • 「研究者」:researcher(リサーチャー)
  • 「研究助手」:research assistant(リサーチ・アシスタント)
  • 「研究グループ」:research group(リサーチ・グループ)
  • 「研究計画」:research plan(リサーチ・プラン)
  • 「研究対象」:research object, subject for study ※「object(オブジェクト)」は「対象・目的」です。
  • 「研究対象者」:a person who is being studied
  • 「研究材料」:materials for study ※「material(マテリアル)」は「材料・資料」です。
  • 「学際的な研究」:interdisciplinary research ※「interdisciplinary(インターディシプリナリー)」は「学際的な」という意味で「interdisciplinary research」は異なった学問分野にまたがって行う研究や、総合的に行われる研究という意味で使います。
  • 「比較研究」:comparative study ※「comparative(コンパラティヴ)」は「比較の」という英語です。
  • 「類似した研究」:allied studies ※「allied(アライド)」は、「同盟している」「結びついている」という意味で、そこから派生して「類似している」という意味もあります。「allied」の関連語として「alliance」(アライアンス/同盟)があります。
  • 「研究の目的」:purpose of study ※「purpose(パーパス)」は「目的」です。
  • 「研究に基づく」:research -based
  • 「研究領域」:an area of study
  • 「専門的な研究」:exclusive studies ※「exclusive(イクスクルーシヴ)」は「独占的な・専門的な」です。
  • 「研究所」:a research center
  • 「田中研究室」:Professor Tanaka’s office ※「○○先生の研究室」の場合、英語では「研究室」とはせず「オフィス(office)」とします。
  • 「この研究では」:in this research
  • 「研究が進む」:make advances in one’s study ※「advance(アドヴァンス)」は「前進」です。名詞でも動詞ても使える単語です。
  • 「海外の研究者」:overseas researcher ※「overseas(オーヴァーシーズ)」は「海外の」です。
  • 「市場調査(分析)」:market research(マーケット・リサーチ) ※market-researchは「~について市場調査を行う」という他動詞として使うことができます。
  • 「研究実験」:research experiment, laboratory investigation ※「laboratory(ラボラトリー)」は「実験室」という意味です。「experiment(エクスプリメント)」は「実験」です。
  • 「共同研究」:corporative study, collaborative research ※「corporative(コーポラティヴ)」は「協力の」、「collaborative(コラボレイティヴ)」は「共同の」です。
  • 「共同研究する」:collaborate(コラボレイト) ※研究以外でも、「共同する」というビジネスでも使える単語です。
  • 「研究の不正行為」:misbehavior in research ※「misbehavior(ミスビヘイヴィアー)」は「不正行為」です。
  • 「(夏休みなどの)自由研究」:summer research assignment ※「assignment(アサイメント)」は「任命・仕事」です。夏休みの宿題としてある「自由研究」にあたる明確な英語はありません。例えば、アメリカは夏休みが3ヶ月もありますが、宿題はありません。そのため「夏休みに宿題がある」ということがイメージしにくので、実際に話す時は説明を付け加えたほうがよいでしょう。
  • 「探究心」:sprit of inquiry ※「sprit(スピリット)」は「精神」です。「inquiry(インクワイアリー)」は「探す・調べること・質問など」です。

「研究」に関する英語が学べるオンライン英会話3選

仕事上で「研究」に関する英語を使いこなしたり、ビジネスシーンでの英語などを覚えたい場合は、オンライン英会話で実際の会話の数をこなすことが大切です。

ここでは、「研究」に関する英語が学べるオンライン英会話を3つご紹介します。

  • Bizmates
  • ベストティーチャー
  • EFイングリッシュライブ

それぞれ順番に見ていきましょう。

Bizmates

Bizmatesは、ビジネス特化型オンライン英会話でNo.1の実績を誇るオンライン英会話です。

「世界で活躍できるビジネス英会話スキル」を身に付けることが目的であり、独自カリキュラムと実際のビジネスシーンで使われる英語を網羅的に学ぶスタイルとなっています。

レッスン満足度は脅威の97.9%、上達実感は91.1%とこちらも圧倒的です。

レベルが30段階に分かれているので、英語がまったくできない初心者の方でも安心して受講できます。

初月が実質無料になるキャンペーンも用意されているので、Bizmatesが気になる方は公式サイトで情報をチェックしましょう。

Bizmates(ビズメイツ)の公式サイトはこちら

ベストティーチャー

ベストティーチャーは、実際の場面を想定したリアルなレッスンが受けられるオンライン英会話です。

ライティング、実践を想定したトレーニング、スピーキングの3つを中心に英語力を強化でき、外国人講師による英作文の添削や、24時間場所や時間を選ばずに回数無制限でレッスンを受けられます。

実際に、ベストティーチャーの受講生も「2ヶ月間受講しただけで海外企業に転職できた」「仕事と育児を両立しながら英検1級を取得できた」と非常に良い評判が見られます。

ライティングとスピーキングを同時に強化したい方は、ベストティーチャーを受講してみてはいかがでしょうか。

ベストティーチャーの無料体験はこちらから

EFイングリッシュライブ

EFイングリッシュライブは、世界の大企業でも採用されているカリキュラムを個人でも受講できるオンライン英会話です。

プライベート(1対1)レッスン、グループレッスンの好きなほうを選ぶことができ、12週間(3ヶ月間)でのレベルアップが約束されています。

また、英語レベル診断も用意されているので、自分の英語レベルが分からない方や、診断によって自分のレベルに合わせたカリキュラムを受講したい方にもぴったりです。

EFイングリッシュライブも無料体験が用意されているので、下記の公式サイトから無料体験を受講してみてはいかがでしょうか。

EFイングリッシュライブの無料体験はこちらから

まとめ:「研究」の英語は基本を押さえるだけ!

「研究」は、まず「study」「research」「investigation」の3つの基本単語の違いを理解して、正しく使い分けられるようにしましょう。

「研究」の関連用語は、人によって良く使う場合とそうでない場合があるので、必要に応じて覚えればOKです。ここでご紹介した表現を参考にしてみて下さい。

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英単語の覚え方
マイスキ英語

人気記事ランキング

1
onlineeikaiwa_ranking2
3
4
5
6
7
8
9
10

コメント

sp-cta
pc-cta