著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「present」の主な7つの意味や使い方|発音の注意点や違いも!

のべ3,941がこの記事を参考にしています!

「present」と言えば、名詞である贈り物の「プレゼント」をすぐに思い浮かべませんか?

しかし、名詞以外の形容詞、動詞など色々な品詞になるのがこの「present」で、会話などでも頻繁に使われます。

要するに、「present」は贈り物のプレゼントという意味しか知らないと、外国人との英会話でのやり取りが上手く成立しない可能性が高いという事です。

よって今回は、リスニング向上にもつながる「present」の正しい使い方などを例文を使って詳しく解説します。是非、色々なシチュエーションで使い分けてみましょう!

目次:

1.「present」名詞の場合と例文
・意味その1.贈り物
・意味その2.現在
2.「present」形容詞の場合と例文
・意味その1.「現在の」
・意味その2.「出席している」・「~にいる」
・派生語
3.「present」動詞の場合と例文
・意味その1.贈呈する
・意味その2.提出する(提示する)
・意味その3.提供する(紹介する)
・派生語
4.「present」を使った副詞句(熟語)
・at present
・for the present
・up to the present

1.「present」名詞の場合と例文

先ず、名詞として使う場合を見ていきましょう。

名詞の「present」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
プレゼント
préznt

発音のアクセントは前にあります。これは後ほど重要になるので覚えておいてください。

意味その1.贈り物

冒頭でもお伝えしておりましたが、多くの日本人が知っているのが、この使い方だと思います。

下記のような例文でよく使います。

  • birthday present/誕生日プレゼント ※他にも「Christmas present(クリスマスプレゼント)」など
  • This is a present for you./これはあなたへのプレゼントです。

など。

この贈り物という名詞の時によく迷うのが「gift(ギフト)」という単語です。

「present」と「gift」の違いとは?

親しい間柄(友達や家族など)でのやり取りの場合は「present」をよく使います。

一方、フォーマルな場合、目上の人、または高価、希少価値のあるものなどの場合には、「gift」を使います。

よって、「誕生日プレゼント」は「birthday gift」にもなるので、そのニュアンスの違いを把握しておくと、更に英会話が楽しくなります。

また、複数形の「presents(プレゼンツ)」ですが、単純に贈り物の複数の場合と、「本書・本文」という意味になる場合もあるので、留意しておきましょう。

意味その2.現在

2つ目の重要な意味は、「現在」です。

現在・過去・未来という場合にも、この「present」を使います。

「present, past, future」という感じですね。

しかし、後ほど熟語のところでも説明しますが、冠詞の「the」を付けて、「the present」で現在を表現することが多いです。

2.「present」形容詞の場合と例文

次に確認するのは品詞は、形容詞の場合の「present」です。

発音とアクセントの位置は先ほどの名詞と同じとなります。

よって、リスニングやリーディングの時の見分け方としては、ここでの意味を把握しておき、文法的な観点や文脈から推測するなどが必要にはなります。

意味その1.「現在の」

最初の意味ですが、その次に名詞がくることが多いです。

下記のような例文です。

  • present tense/現在形 ※因みに、過去形は「past tense」となります。
  • present salary/現俸
  • present day/現代
  • present time/現時点
  • present address/現住所 ※「present mailing address」も同様です。

など。

意味その2.「出席している」・「~にいる」

「今、まさにいる」という場合に使うのが「present」です。

次のような例文の場合に使います。

She is present at the party./彼女は(今まさに)パーティーに出席しています、など。

また、出席していたという場合には、過去形で例えば「I was present at the time.(私はその時出席していましたよ)」という形で表現できます。

派生語

「present」から派生した言葉も覚えておくと、英語の幅が広がります。

presently

副詞の「presently」は「現在は」という意味と、未来形の助動詞である「will」と一緒に使うことで、「もうすぐ」という意味になります。

  • It’s presently available./今現在、利用可能です。
  • He will come presently./もうすぐ、彼が来ます。 ※しかし「soon」よりもフォーマルな使い方となります。

など。

presence

「~にいる・出席している」という意味の名詞が「presence(プレゼンス)」です。

「存在・出席」となります。

Your presence is very important./あなたの存在はとても重要です、など。

3.「present」動詞の場合と例文

最後の品詞は動詞です。

動詞の「present」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
プリゼント
prɪzént

名詞と異なり、アクセントは後ろにあるので注意が必要です。

また、「プレ」ではなく、「プリ」に近い発音になるので、音声を聞いて違いを確認しておきましょう。

過去形、過去分詞は「presented」となります。

意味その1.贈呈する

よく使われる動詞の意味が「贈呈する」です。

フォーマルな言い方で、形は「present もの(物)to 人」が一般的です。

または、「present 人 with もの(物)」という形もあります。

例文としては下記となります。

  • He presented the gift to his customer./彼は顧客にその贈り物を贈呈しました。
  • They presented me with their books./彼らは私に本を贈呈しました。

などです。

「present」と「give」の違いとは?

一般的に何かを相手に「与える」場合は、「give」を使います。

何かしら儀式などで贈呈する場合は「present」です。フォーマルな言い方となります。

よって友達や家族などに「プレゼント」するは「give a present」となり、形式的な贈り物をする場合は、上記の例文のように「present a gift」となります。

意味その2.提出する(提示する)

報告書や提案書などを提出する時に使うのが「present」です。渡した相手が何かしら判断するケースによく使われます。

  • I presented a report yesterday./昨日、レポートを提出しました。
  • He presented his ideas./彼は自分の考えを提示しました。

提出する時の他の言い方は「submit」や「hand in」、提示するは「introduce」や「show」などでも言い換えは可能です。

意味その3.提供する(紹介する)

テレビなどを見ているとコマーシャルに入る前に「~の提供でお送りしております」などの文言を聞くかと思います。

これは英語でも同様ですが、その際によく使うのが「present」の過去分詞と前置詞の「by」で、下記のように使います。

This TV program is presented by ~(企業名など)./このテレビ番組は~の提供です、となります。

他にも次のような言い方も同じように聞きますが、同じ意味となります。

  • This TV program is sponsored by ~.
  • This TV program is brought to you by ~.

覚えておくとリスニング時に便利です。

また、「present」と似ている「represent」(レプレゼント)の使い方が分からない方も少なくありません。

意味が全く違い、次のように「~を代表する」という意味になります。

He represents his team./彼はチームの代表者です、など。

一方、「present」は「紹介する」という意味に近いので使い方に注意して下さい。

He presents his team./彼はチームを紹介した、など。

派生語

動詞の「present」に関連している単語も押さえておきましょう!

presenter

賞などを贈呈する人を「presenter(プレゼンター)」と言います。

また、テレビやラジオなどの司会者も「presenter」を使います。

presentation

贈呈、授与、発表などの名詞が「presentation(プレゼンテーション)」です。

ビジネスでは「プレゼン」という言い方をしますよね。

因みに「プレゼンをする」は「give a presentation」という言い方をします。

4.「present」を使った副詞句(熟語)

ここでは、よく使う熟語、その中でも副詞的な役割をもつ3つをピックアップしてみました。

at present

「presently」と同じ役割となります。

つまり、「現在は」という意味となります。

  • He is in Tokyo at present./彼は現在、東京にいます。
  • At present, the position is still open./現在、その職種はまだ募集中です。

など。

for the present

「当分の間」、「差し当たり」という場合に使う表現です。

It is OK for the present./当面、それで大丈夫です、など。

また、『「とりあえず」の英語|ネイティブが良く使う!5つの表現』にもあるような、「for now」や「for the time being」という言い方もできます。

up to the present

「現在までのところ」という場合に使います。

There is no information up to the present./現在までのところ、情報はありません。

「up to the present time」も同様の意味です。

まとめ:「present」の3つの品詞をマスターしよう!

英語のリスニングやスピーキング、もちろんリーディングやライティングの際にも「present」の使い方をマスターすることで、英語力がUPします。

英語には同じ単語なのに違う意味になるものが多いです。

例えば、「have」でも色々な意味があるのと同じで、「present」=「贈り物」という感じで覚えるのはとても危険です。

ここで上げた例文などを参考にして、単体よりも2単語以上の塊で覚えておくといいでしょう。参考にしてみて下さい。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)