著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「言うまでもなく」の英語|ネイティブが使う!8表現の使い分け・例文

のべ536がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「言うまでもなく、~です」や「~はもちろんのこと」など、日常会話でもビジネス英語でも使う表現です。

しかし、これには色々な多くの言い方があり、うまく使い分ける必要があります。

とりあえず、カジュアルからフォーマルな言い方までを一旦把握してみましょう。

よってここでは「言うまでもなく」の英語表現を例文を使いながら比較しながら見ていきたいと思います。是非、参考にしてみて下さい。

目次:

厳選!「言うまでもなく」の英語表現一覧
・not to mention
・Needless to say
・It goes without saying
・to say nothing of
・as we all know
・obvisously
・let alone
・Of course
まとめ:まずはカジュアルの言い方から始めるのは「言うまでもない」ですね!

厳選!「言うまでもなく」の英語表現一覧

「~は言うまでもなく」という強調したい時に使う英語の熟語や表現をそれぞれみていきましょう!

not to mention

「not to mention」は、基本は文中で使われることが多い熟語です。

「mention(メンション)」は「~を言う/述べる」という「say」よりもフォーマルな言い方だと捉えてOKです。

「A, not to mention B」の形で、「Aと、言うまでもなくBもです」となります。

例文を見ていましょう!

  • She can speak Spanish, not to mention English.(彼女はスペイン語を話せます。言うまでもなく英語も話せます)
  • He is smart, handsome, not to mention attractive.(彼は頭がよく、ハンサムです。もちろん言うまでもなく魅力的です)

など。ビジネスでのプレゼン・論文などフォーマルなどでも使えます。

因みに、この「mention」を使った表現には次のような表現もあります。

  • 英語:There is no need to mention.
  • 日本語:言う必要はありません。(言わなくていいよ)

カジュアルな場面では、「No need to say」や「No need to mention」など「There is」を省いて話すケースが多いです。

Needless to say

文頭で使い、その後に英文が続くという形が多い、少しフォーマルな言い方が「Needless to say」です。

これは学校でも習う熟語の一つです。

下記が例文です。

  • Needless to say, I couldn’t finish my homework today.(言うまでもなく、今日宿題を終わらせることができませんでした)
  • Needless to say, I will join the meeting.(言うまでもなく、その打ち合わせに参加します)

It goes without saying

「It goes without saying (that) +英文」の形もフォーマルな場面でよく使われます。

「それは常識です」と訳すこともできる弱後です。

withoutの後ろがsayの動名詞(saying)になるのがポイントです。

下記がその例文です。

  • It goes without saying that he couldn’t pass the test.(言うまでもなく、これは試験に合格しませんでした)
  • It is something that goes without saying.(それは当然です。常識です) ※このような言い方ができるとかっこいいですね!

また、カジュアルな場面では「Without saying that +英文」と「It goes」を省略するケースもあります。

to say nothing of

最初に紹介した「not to mention」と置き換えることができるのが「to say nothing of ~」です。

文中で使うことが多く、また「to say」と不定詞とするのがポイントです。これは「not to mention」でも同じですね。

下記がその例文です。

  • He can play soccer, basektball, to say nothing of baseball.(彼はサッカーもバスケットボールもできる。野球は言うまでもありません/当然です)
  • He can’t afford a new car, to say nothing of a new house.(彼は新しい車を買う余裕はありません。もちろん、言うまでもなく新しい家も買えません)

as we all know

プレゼンなどビジネスでも「みんなが知っていて常識で言うまでもありませんが(言うほどではない)」と強調するときに使う表現が「As we all know」です。

文頭でも、文中でも強調したい時に使えます。

  • As we all know, global warming is still a big issue to discuss.(言うまでもありませんが、地球温暖化は未だに大きな議論すべき問題です)
  • Our GDP will be up because, as we all know, our economy has been good.(GDPがアップしそうです。なぜなら、言うまでもありませんが、経済が順調だからです)

など。

更に強調したい場合は、「as we all know well」と「well(よく)」と付け加えてもOKです。

また、「as we all know」に似た形で「as you know(あなたが知っている通り → 言うまでもないけど)」と会話で使う表現もあります。

obvisously

「obvisously(オビアスリー)」は「明らかに」という副詞です。

この「明らかに」という表現を「言うまでもなく」と訳すこともできます。

また、『「絶対」の英語|絶対に~する・しないなど使える例文11個』にある、「absolutely」、「definately」、「for sure」なども「言うまでもなく、絶対に(明らかに)~」となります。

  • He is obviously right.(彼は、言うまでもなく正しい)
  • I will definately come.(言うまでもなく、必ず行きます)

など。

let alone

文中で、「まして(言うまでももなく)~なんて」という場合に使う場合が多いです。

  • I can’t speak in fron of lots of people, let along sing.(私は多くの人前で話すことはできません。まして歌くことなんて無理です)
  • I haven’t seen him, let alone talked.(彼とあってないどころか、話してもいません)

など。

Of course

「言うまでもなく、もちろん」という場合に使うのが「of course」ですね。

この一言で表現する場合、または文頭で使う場合が多いですね。

  • Of course, we are very happy to do business with you.(言うまでもなく、私たちはあなたと仕事ができることがうれしいです)
  • Of course not. ※「あなたた来ないよね?」、「もちろん、行かないよ」と否定形の場合には「Of course not.」というのがポイントです。

「もちろん」の英語|10個の表現をネイティブ並みに使う!』の記事も参考にしてみて下さい。

まとめ:まずはカジュアルの言い方から始めるのは「言うまでもない」ですね!

特に初心者は、「Of course(not)」をしっかり使えることから始めるのがいいでしょう。

それから、「absolutely」、「as we all know/as you know」など。そして、「not to mention」などフォーマルな言い方を覚えるのがいい流れだと思います。

「言うまでもなく」、と少し堅苦しい日本語ですが、それを「もちろん、当然」というカジュアルな表現に置き換えることで対応することができます。参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta