著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「嫌い」の英語|ネイティブが使う!度合いで違うスラング表現7選

のべ208,985がこの記事を参考にしています!

英語で「嫌い」を表現する時に、嫌いの度合いによって、相手に伝わる感情が違うのは日本語でも同じですよね。

  1. 「単純に嫌いなのか?」
  2. 「ものすごく嫌いなのか?」
  3. 「嫌いじゃないけど、そこまで好きでもないのか?」

という大きく分けて3つに分かれます。

「likeの否定形」、「dislike」、「hate」、「hateの否定形」などをうまく使いこなせるかがキーポイントです。

よって最後には、どれくらい「嫌い」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

よって、ここでは、それらの度合いによる3つの「嫌い」を異なる英語の単語を紹介しています。また、「~するのが嫌い」、「~が嫌いになる」など英会話でも使える表現も是非ここでマスターしましょう!

※このページには広告が含まれています。

「単純に嫌い」を英語で表現

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

日常会話で最も使う「嫌い」となりますが、「like」「dislike」の2つの単語を使って表現します。

「否定形+like」で嫌いを表現

「like」(好きです)を否定することで、嫌いを表現します。

読み方
音声
発音記号
ライク

 

 

lάɪk

「否定形+like」の例文

  • 例文1.I do not(don’t) like apple./私はリンゴが嫌いです。
  • 例文2.He did not(didn’t) like me./彼は私が嫌いでした

※likeの前に否定形(現在・過去など)を置く表現です。

「Dislike」で嫌いを表現

否定形を使わずに、1つの単語の「dislike」のみで嫌いを表現します。

読み方
音声
発音記号
ディスライク

 

 

dìslάɪk

「dislike」の例文

  • 例文1.I dislike orange./私はみかんが嫌いです。
  • 例文2.She disliked him./彼女は彼が嫌いでした。

「ものすごく嫌い」という英語の表現

めちゃくちゃ嫌いで嫌な時は、「hate」「detest」を使います。

「Hate」で嫌いを表現

ネイティブも良く使う英語になります。「dislike」よりもっと嫌いな時に使います。

読み方
音声
発音記号
ヘイト

 

 

heɪt

「hate」の例文

  • 例文1.I hate him./私は彼が大嫌いです。
  • 例文2.She hated it./彼女はそれを大嫌いでした。

「Detest」で嫌いを表現

日常会話では、「hate」より一般的ではありませんが、どちらかというと文語的表現です。

読み方
音声
発音記号
ディテスト

 

 

dɪtést

「detest」の例文

  • 例文1.I detest vegetable./私はが野菜が大嫌いです。
  • 例文2.He detests her./彼は彼女が大嫌いです。

「そんなに嫌いではない」という英語の表現

そんなに嫌いでもないし、好きでもない時は、「So-so」「否定形+hate(detest)」を使って表現します。

「そんなに嫌いではない」の例文

  • 例文1.So-so./そんなに嫌いではないですよ。
  • 例文2.I did not(didn’t) hate it./私は、それをそんなに嫌いではなかったです。

「So-so」は、何かを質問された時の返事です。「まあまあ」、「ぼちぼち」という返す時も使える表現です。

嫌いを使った「英語のフレーズ」

良く使う「嫌い」の例文を紹介します。

「~を嫌いになる」を英語で表現

~のようになるという時には、「come to」を使います。

日常会話の中で、「~を嫌いになった」というのは良く聞く英文の1つですので、是非覚えましょう。

「~を嫌いになった」の例文

  • 例文1.I have come to hate you./私はあなたがめちゃくちゃ嫌いになった。
  • 例文2.He came to dislike it./彼はそれを嫌いになった

come toの後ろは、色々な動詞の原形が使えます。
※〜になったと過去形や現在完了形で使う場合が多いです。

「~をするのが嫌い」を英語で表現

「dislike」や「hate」などの後ろに動詞を付け加えることで、特定の動作が嫌なことを表現します。

「~をするのが嫌い」の例文

  • 例文1.I do not(don’t)like reading books(to read booksでも可)./私は本を読むのが嫌いです。
  • 例文2.He dislikes playing football./彼はサッカーをするのが嫌いです。
  • 例文3.She hates watching horror movies(to watch horror moviesでも可)./彼女はホラー映画を見るのが大嫌いです。
  • 例文4.They detest studying math./彼らは数学を勉強するのが大嫌いです。

「like」「hate」の2つは、「to+動詞」と「動名詞(ing)」の両方が使えます。

「嫌い」の英語などが学べるオンライン英会話5選

「嫌い」の英語表現をはじめ、日常シーンで使う英語をどんどん話せるようになりたい場合には、オンライン英会話で実際の会話の数をこなすことが大切です。

ここでは、日常英語が上達するオンライン英会話を5つご紹介します。

  • レアジョブ
  • Native Camp(ネイティブキャンプ)
  • クラウティ
  • kimini英会話
  • hanaso

それぞれ順番に見ていきましょう。

レアジョブ

レアジョブは、講師数6,000名を超える日本最大級のオンライン英会話です。

1レッスンあたりの費用は脅威の約170円〜、毎日1回以上レッスンを受けることができます。

レアジョブで用意されているカリキュラムは幅広く、日常英会話をはじめとして、海外旅行英語、ビジネス英語、その他シーンに合わせた英語など、自分の学びたいカリキュラムを自由に選択できます。

また、講師数6,000名の中には、本場のネイティブ講師も在籍しているため、より本場に近い英語を学びたい方にもぴったりです。

「オンライン英会話を受講したいけど、どのサービスを選んで良いのか分からない」という方は、第一候補としてレアジョブを検討してみてはいかがでしょうか。今なら2回の無料体験レッスンを受講することも可能です。

レアジョブ英会話の無料体験はこちら

Native Camp(ネイティブキャンプ)

Native Camp(ネイティブキャンプ)は、業界初のレッスン受け放題システムを採用しているオンライン英会話です。ネイティブキャンプにログインするだけで、24時間365日、いつでも好きな時間にレッスンを受けることができます。

また、一般的なオンライン英会話は「1回のレッスン時間は25分〜」と制限を設けられていることも多いですが、ネイティブキャンプは5分だけレッスンを受けることも可能。

朝の通勤前にレッスンを受けるも良し、寝る前に少しだけ英語を勉強するのも良し。

さらに、自習用のコンテンツとして「読み放題」「聞き放題」機能も搭載されており、リーディングやリスニングの強化も自由に行うことが可能です。

これだけ充実したコンテンツが用意されているオンライン英会話は他に存在しないため、低価格でボリューム感のあるレッスンを受けたい方はネイティブキャンプを受講してみましょう。今なら1週間の無料体験レッスンを受けられます。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

クラウティ

クラウティは、家族でシェアできることで有名なオンライン英会話です。

1つのアカウントで、最大6名までアカウントを共有できます。6名で利用したとしても、かかる費用は1アカウントのみの月額4,950円〜。

レッスン回数は1日2回〜4回を選択できるので、「今日はママが英語を勉強する日」「明日は子どもに英語を勉強させる日」という形で、シェアしながら家族全員で英語を学べるのがクラウティのメリットです。

通常のオンライン英会話は「Zoom」や「Skype」といった外部アプリを使ってレッスンを行いますが、設定をしたことがない人にとっては難易度が高いもの。

その点、クラウティは独自のレッスンシステムを採用しているので、クラウティにログインするだけでレッスンを行うことができます。

圧倒的に低価格で、家族全員で英語を楽しく学びたい方は、一度クラウティの無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

クラウティの無料体験はこちら

kimini英会話

kimini英会話は、子どもから大人まで細かにレベルが設定されたカリキュラムで学べるオンライン英会話です。

教育業界で70年以上の実績を誇る学研が運営しており、高校・大学など200以上の教育機関で導入されているレベルの高いカリキュラムが用意されています。

「レベルが高くてついていけないかも」と不安に感じている方も、受講をスタートしたタイミングで、スピーキング力を確かめられるテストを受けられます。

こちらのテストの結果に合わせてカリキュラムを提案してくれるため、自分のレベル以上に難しいカリキュラムでレッスンが進むことはありません。

さらに、月額料金も1,100円(税込)〜と、業界最安値クラスです。

子どもから大人まで、品質が担保されたカリキュラムで英語を学びたい方は、kimini英会話を選んでみてはいかがでしょうか。

kiminiオンライン英会話 公式サイトはこちら

hanaso

hanasoは、英語の復習に特化したオンライン英会話です。

  1. レッスンで学び口になじませる
  2. 復習システムにより効率よく定着させる
  3. 音声教材で会話での使い方を練習する

上記3つのステップでレッスンが進むので、日常的に使っている英語を効率よく覚えられるのがhanasoのメリットです。

レッスン教材も豊富に用意されており、日常英会話をはじめとして、おもてなし英会話、特定のシーンに特化したトピックトーク、自由に英語を話すフリートークなどがあります。

「一度覚えた英語を忘れてしまった」「学習の二度手間を減らしたい」と考えている方は、hanasoを選んでみてはいかがでしょうか。

hanasoの無料体験はこちら

「嫌い」の英語|ネイティブが使うスラングと例文まとめ

嫌いの英語について解説してきましたが、ネイティブが使うスラング表現などの意味と例文をまとめました。

  1. Hate
    • 意味: 極度に嫌悪する感情を表します。
    • 例文: “I hate that guy.”
    • 和訳: 「あいつが大嫌いだ。」
  2. Can’t stand
    • 意味: 我慢できないほど嫌悪感が強いことを表します。
    • 例文: “I can’t stand her attitude.”
    • 和訳: 「彼女の態度が我慢できない。」
  3. Dislike
    • 意味: 嫌いであることを表しますが、感情の強さはそれほどではありません。
    • 例文: “I strongly dislike horror movies.”
    • 和訳: 「ホラー映画は本当に好きじゃない。」
  4. Detest
    • 意味: 強く嫌悪する感情を強調します。
    • 例文: “I detest people who lie.”
    • 和訳: 「嘘をつく人間が大嫌いだ。」
  5. Loathe
    • 意味: 強い嫌悪感を表し、通常は物事全体を指します。
    • 例文: “I absolutely loathe doing paperwork.”
    • 和訳: 「書類仕事をするのはひどく嫌だ。」
  6. Despise
    • 意味: 強く嫌う感情を示し、他者や行動に対する深い不満を表現します。
    • 例文: “I despise people who take advantage of others.”
    • 和訳: 「他人を利用する人間が大嫌いだ。」
  7. Can’t bear
    • 意味: 我慢できないほど嫌悪感が強いことを表し、「我慢できない」という感情を強調します。
    • 例文: “I can’t bear the sound of that alarm clock.”
    • 和訳: 「あの目覚ましの音が我慢できない。」

これらの表現は、感情の程度や強調を適切に伝えるために使われます。ただし、相手や状況によっては注意が必要です。

まとめクイズ:色々な英語の「嫌い」を使い分けよう!

ここでご紹介した「嫌い」を参考にして、是非日常会話などで使ってみて下さい。

ピーマンがめちゃくちゃ嫌いなのに、「I don’t like it」と表現すると、あなたの本当に嫌いな感情が正確に伝わらないこともがります。

ちょっとした使う単語の違いでその度合いが変わってくるので注意ですね。

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. 「~を嫌いになる」の表現はどの英語を使えばいい?
  2. 「私はリンゴが嫌いです」を「like」を使った英語フレーズは?
  3. 文語的表現の「嫌い」の英語は?
  4. 「He dislikes to playing football.」は正しい英語?
  5. 「dislike」と「hate」はどちらが嫌いの度合いが強い?

いかがでしたか?

今すぐ読んだ「嫌い」に関する英語でもてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. come to dislike(hate)など。
  2. I do not(don’t) like apple.
  3. detest
  4. いいえ。正解は「He dislikes playing football.」で、「to」は不要です。
  5. hate

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英単語の覚え方
マイスキ英語

人気記事ランキング

出会いがある大人向け英会話教室1
2
online-english-cheap-ranking-image3
4
5
6
7
8
9
10

コメント

sp-cta
pc-cta