著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語で「恥ずかしい」|4つの表現の違いや使い分け・発音・顔文字

のべ3,697がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「恥ずかしい」を英語で言えますか?

「英語を話すのが恥ずかしい」、「そのT-シャツ恥ずかしい」、「人前が恥ずかしい」、「失敗が恥ずかしい」など色々な表現がありますね。

英語では「恥ずかしい」の意味がある単語がいくつかあり、状況や「照れ臭い(くさい)」や「気恥ずかしい」など、ニュアンスによって使い分ける必要があります。

よってここでは、「恥ずかしい」の英語表現と、そのニュアンスの違いについて詳しく解説します。併せて「恥ずかしがり屋」や「恥ずかしくて赤面する」など「恥ずかしい」の関連表現もご紹介します。

目次:

1.英語の「embarrassed」で「恥ずかしい」を表現
2.英語の「shy」で「恥ずかしい」を表現
3.英語の「ashamed」で「恥ずかしい」を表現
4.英語の「humiliated」で「恥ずかしい」を表現
5.「恥ずかしい」の英語表現の使い分けまとめ
6.他にもある!会話に役立つ「恥ずかしい」の英語表現
7.「恥ずかしい」の英語の顔文字は?
8.「恥ずかしい」の関連英語

1.英語の「embarrassed」で「恥ずかしい」を表現

人前で恥ずかしい思いをした時の「恥ずかしい」は「embarrassed」(エンバラスドゥ)を使います。

「恥ずかしい」の意味で一番多く使う表現なので、まずはこれを覚えましょう。

下記の例文をそのまま覚えてOKです。

【例文】

例えば、転んでしまったり、お酒を飲み過ぎてしまったり、人目を気にするような失敗をしてしまった時などに使う表現です。

「気恥ずかしい」「照れる(照れくさい)」など、比較的軽い意味の「恥ずかしさ」で使うことが多いです。

「embarrassed」は「恥ずかしい思いをさせる」という意味の「embarrass(エンバラス)」の過去分詞形で、受動態の文です。

人が主語の場合「be embarrassed」で受動態を使いますが、原因や状況など人以外が主語にくる場合は現在分詞形の「embarrassing」を使います。

【例文】

「so」がなければ「照れるなぁ」くらいのニュアンスでも使えます。

「embarrass」は進行形?それとも受動態で使う?

「私は恥ずかしい。」を日本語から訳そうとすると「I’m embarrassing.」と言ってしまいがちですが、これは間違いです。

外部の要因によって「恥ずかしい思いにさせられている」ので、受動形を使います。

「I’m embarrassing.」だと、私自身が「みんなを恥ずかしくさせる」、「ばつの悪い人」などのニュアンスで誤解されてしましますので注意しましょう!

派生英語の名詞「恥」は、「embarrassment」(エンバラスメント)です。

2.英語の「shy」で「恥ずかしい」を表現

日本語でもある「shy」(シャイでそのままの発音で通じます)ですが、意味は「内気な」という場合に使えますが、これも恥ずかしいという時によく使います。

例えば、何かをする時に「恥ずかしい」という場面でよく使います。

下記がその例文です。

【例文】

  • 英語:I’m too shy to speak in front of lots of people.
  • 日本語:多くの人前で話すのは恥ずかしい。

「too 形容詞 to 動詞」の構文で、直訳すると「恥ずかしすぎて、話せない」となります。

照れ臭い(くさい)時にも使える表現です。

既に何をするのか相手が分かっているのであれば、「I’m too shy.」のみで構いません。

3.英語の「ashamed」で「恥ずかしい」を表現

「ashamed」(アシェイムドゥ)は「embarrassed」より少し重い「恥ずかしさ」です。

嘘をついたり、人をだましたりするなど罪悪感が伴う非道徳な恥に使います。

「カンニングをしてしまった自分が恥ずかしい」という場合も「ashamed」です。

また、みすぼらしい格好をするなど不名誉な恥も「ashamed」が使えます。

【例文】

  • 英語:I’m ashamed of myself.
  • 日本語:(私は)私自身のことが恥ずかしい。

「embarrassed」と同じように、受動態の文です。前置詞の「of」の後には、恥ずかしいと思う原因や対象を入れます。

「I’m ashamed of you.」は「私はあなたのことが恥ずかしい」という意味になります。

「feel」を使って「I feel ashamed.」という言い方もします。

また、派生英語というか、基本英語が「shame」で「「不名誉なこと」などの「恥」そのものだけでなく、「恥ずかしい思い」「羞恥心」なども「shame」です。

または「恥をかかせる」という他動詞にもなります。

「恥を知りなさい!」と強い口調で言う場合は、「Shame on you!」というフレーズをネイティブは使います。

また、「shame」とセットで覚えたいのが、派生語の「shameful」(シェイムフル)です。

「shameful」は形容詞で「恥ずべき」という意味です。

【例】

  • 英語:shameful act
  • 日本語:恥ずべき行動

4.英語の「humiliated」で「恥ずかしい」を表現

「humiliate」は「自尊心を傷つける」という意味もあります。

人前で批判されて恥をかかされた、屈辱を受けたという場合にはこの「humiliate」を使います。

今回も受け身の「humiliated」(ヒューミリエイティッドゥ)を使います。

【例文】

  • 英語:I felt humiliated.
  • 日本語:恥ずかしかった。

今回のように「feel(感じる)」の動詞を使ってもOKです。今回は過去形の「felt」を使いました。

また、「it」など人や自分以外を主語にすることもできます。

【例文】

  • 英語:It was humiliating to be criticized in front of many people.
  • 日本語:多くの人の前で批判されて、恥ずかしい思いをした。

名詞の「恥」は、「humiliation」(ヒューミリエイション)です。

5.「恥ずかしい」の英語表現の使い分けまとめ

ここまで説明したように「恥ずかしい」は英語では、いくつか表現があり、伝えたい意味ごとに使い分ける必要があります。

使う場面とニュアンスを簡単にまとめましたので参考にしてみて下さい。

  • embarrassed:何か失敗して照れくさく恥ずかしい場合など
  • shy:何かをするのが恥ずかしい場合など
  • ashamed:非道で恥ずかしい場合など
  • humiliated:侮辱や屈辱で恥ずかしい場合など

6.他にもある!会話に役立つ「恥ずかしい」の英語表現

これまでご紹介した4つの「恥ずかしい」という表現以外の英会話のリスニングや表現を豊かにする他の言い方があるので、触れておきましょう!

  • disgraceful:恥ずかしい、不名誉な、みっともない、不甲斐ない
  • scandalous:(いかがわしくて)恥ずかしい、スキャンダラスな
  • blush:(顔が真っ赤になるようで)恥ずかしい、顔が赤くなる ※「flush」も同じような意味で使えます。
  • be red in the face:顔が真っ赤になる、恥ずかしい
  • want to be invisible:(透明になりたいほど)恥ずかしい、穴があったら入りたい
  • it makes me shy:恥ずかしい ※日本語でもよく使う「shy(シャイ)」は「恥ずかしがり屋」という意味です。直訳すると「それは私を恥ずかしくさせる」ですが、単純に「恥ずかしい」という意味で使ってOKです。

7.「恥ずかしい」の英語の顔文字は?

SNSやメールで「恥ずかしい」という時に日本語では「(〃∀〃)ゞ」や「(*´∀`*)」のような顔文字を使いますよね。

英語で「恥ずかしい」「赤面する」という場合は下記のような顔文字を使います。

外国人とのやり取りの際に覚えておくと便利です。

  • 「:”>」
  • 「:$」
  • 「:-$」
  • 「:=$」

他にも色々な場面での顔文字があります。『英語の「顔文字」一覧|メールやSNSですぐに使える19選』の記事を参考してみて下さい。

8.「恥ずかしい」の関連英語

「恥ずかしい」の関連表現を確認しましょう。

  • 「恥ずかしがり屋」:shy
  • 「恥さらし!」:Shame!
  • 「恥を知れ」:Shame on you!
  • 「(彼は)恥知らずです」:He has no shame. ※主語は「She」や「人名」など入れ替えることができます。
  • 「恥の上塗り」:double disgrace
  • 「羞恥心」:a sense of shame
  • 「恥ずかしい状況」:embarrassing situation
  • 「恥ずかしい話だが」:I’m embarrassed to say that ~.
  • 「恥ずかしくない」:unembarrassed
  • 「大恥をかく」「面目を失う」:have egg on one’s face ※直訳すると「たまごが顔にかかっている」となります。たまごは殻に入った状態ではなく、殻が割れて液体の状態で顔にかかっていることを表しているので、「egg」は数えられない不可算名詞になり冠詞はつきません。

先ずは4つの「恥ずかしい」の英語のニュアンスを掴もう!

今回ご紹介した「embarrassed」、「shy」、「ashamed」、「humiliated」の違いとその使い分け方を先ずは覚えましょう。

慣れてきて基本の表現以外も使えるようになると、伝えたい細かいニュアンスまで伝えられるようになります。

「恥ずかしい」などの感情の表現は、友達と仲良くなったり、信頼関係を築くのに大切な表現なので是非覚えて使ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta