著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「鹿」の英語|発音とネイティブが会話で良く使う6つの表現

のべ102,240がこの記事を参考にしています!

犬や猫などの英語は言えるけど、「鹿」の英語を知らない日本人が多いのではないでしょうか?

しかし、日本では奈良公園の「鹿」が有名ですよね。よって、日本文化を伝えるにも「鹿」の英語は欠かせません。また、スラングなど日常会話で表現される単語もあるので、覚えておくと役立ちます。

「鹿」は日本では神の使いとも言われる動物ですが、アメリカにも「鹿」が生息して会話にたまにでてくる動物です。

そこで今回は、英会話でも頻繁に出てくる単語ではない「鹿」ですが、知らないと不便な表現や発音をご紹介します。また、バンビはそのまま英語で使えるのでしょうか?

「鹿」は英語でなんて言う?

banner_onlineeikaiwa_ranking01

※このページには広告が含まれています。

「鹿」は英語で「deer」です。

鹿の英語|「deer」の読み方(カタカナ)・発音

「deer」の読み方や発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
ディア-

 

díɚ

鹿の英語|複数形は?

複数形はdeersではなく、単数と同じ「deer」なので注意が必要です。

単数か複数かを判断するには、その前にくる動詞、be動詞を見る必要があります。また、「a」がついているか、ついていないかも見分けるポイントです。

(例文)

  • There is a deer. → be動詞が「is」なので 単数
  • There are deer. → be動詞が「are」なので複数

※生きた鹿(deer)は数えられる名詞(可算名詞)ですが、鹿の食肉(venison/ヴェニソン)になると食材なので数えられない名詞(不可算名詞)です。

様々な「鹿」の英語(バンビなど)

一般的な鹿は「deer」ですが、雄鹿、雌鹿、小鹿など様々な呼び名があります。

  • stag(スタグ):雄鹿 ※特にアカシカの雄に使われます。年齢としては5歳以上が目安。
  • buck(バック):雄鹿 ※トナカイやうさぎなどの雄もbuckといいます。男性、元気な若者という意味もあります。また、黒人男性の差別用語として使われる場合もあるので要注意。
  • hart(ハート):雄鹿 ※イギリスで主に使われる表現です。
  • doe(ドーゥ):雌鹿 ※鹿だけでなく、雌のうさぎ、やぎ、羊などにも使います。
  • hind(ハインド):雌鹿
  • fawn(フォーン):小鹿
  • Bambi(バンビ):小鹿の愛称 ※ディズニー映画のバンビから、小鹿の愛称として呼ばれるようになりました。
  • venison(ヴェニソン):鹿肉 ※鹿肉の層セージは「venison sausage」です。『イノシシ(猪)の英語|発音と3つの表現・猪突猛進や亥年など』に書いているように、ジビエ肉の一種なので、「game meat」とも呼ばれています。

「鹿」などの日常英語が学べるオンライン英会話5選

「鹿」に関する英語から日常シーンでよく使う英語までを使いこなせるようになりたい場合には、オンライン英会話で実際の会話の数をこなすことが大切です。

ここでは、日常英語が上達するおすすめのオンライン英会話を5つご紹介します。

  • レアジョブ
  • Native Camp(ネイティブキャンプ)
  • クラウティ
  • kimini英会話
  • hanaso

それぞれ順番に見ていきましょう。

レアジョブ

レアジョブは、講師数6,000名を超える日本最大級のオンライン英会話です。

1レッスンあたりの費用は脅威の約170円〜、毎日1回以上レッスンを受けることができます。

レアジョブで用意されているカリキュラムは幅広く、日常英会話をはじめとして、海外旅行英語、ビジネス英語、その他シーンに合わせた英語など、自分の学びたいカリキュラムを自由に選択できます。

また、講師数6,000名の中には、本場のネイティブ講師も在籍しているため、より本場に近い英語を学びたい方にもぴったりです。

「オンライン英会話を受講したいけど、どのサービスを選んで良いのか分からない」という方は、第一候補としてレアジョブを検討してみてはいかがでしょうか。今なら2回の無料体験レッスンを受講することも可能です。

レアジョブ英会話の無料体験はこちら

Native Camp(ネイティブキャンプ)

Native Camp(ネイティブキャンプ)は、業界初のレッスン受け放題システムを採用しているオンライン英会話です。ネイティブキャンプにログインするだけで、24時間365日、いつでも好きな時間にレッスンを受けることができます。

また、一般的なオンライン英会話は「1回のレッスン時間は25分〜」と制限を設けられていることも多いですが、ネイティブキャンプは5分だけレッスンを受けることも可能。

朝の通勤前にレッスンを受けるも良し、寝る前に少しだけ英語を勉強するのも良し。

さらに、自習用のコンテンツとして「読み放題」「聞き放題」機能も搭載されており、リーディングやリスニングの強化も自由に行うことが可能です。

これだけ充実したコンテンツが用意されているオンライン英会話は他に存在しないため、低価格でボリューム感のあるレッスンを受けたい方はネイティブキャンプを受講してみましょう。今なら1週間の無料体験レッスンを受けられます。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

クラウティ

クラウティは、家族でシェアできることで有名なオンライン英会話です。

1つのアカウントで、最大6名までアカウントを共有できます。6名で利用したとしても、かかる費用は1アカウントのみの月額4,950円〜。

レッスン回数は1日2回〜4回を選択できるので、「今日はママが英語を勉強する日」「明日は子どもに英語を勉強させる日」という形で、シェアしながら家族全員で英語を学べるのがクラウティのメリットです。

通常のオンライン英会話は「Zoom」や「Skype」といった外部アプリを使ってレッスンを行いますが、設定をしたことがない人にとっては難易度が高いもの。

その点、クラウティは独自のレッスンシステムを採用しているので、クラウティにログインするだけでレッスンを行うことができます。

圧倒的に低価格で、家族全員で英語を楽しく学びたい方は、一度クラウティの無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

クラウティの無料体験はこちら

kimini英会話

kimini英会話は、子どもから大人まで細かにレベルが設定されたカリキュラムで学べるオンライン英会話です。

教育業界で70年以上の実績を誇る学研が運営しており、高校・大学など200以上の教育機関で導入されているレベルの高いカリキュラムが用意されています。

「レベルが高くてついていけないかも」と不安に感じている方も、受講をスタートしたタイミングで、スピーキング力を確かめられるテストを受けられます。

こちらのテストの結果に合わせてカリキュラムを提案してくれるため、自分のレベル以上に難しいカリキュラムでレッスンが進むことはありません。

さらに、月額料金も1,100円(税込)〜と、業界最安値クラスです。

子どもから大人まで、品質が担保されたカリキュラムで英語を学びたい方は、kimini英会話を選んでみてはいかがでしょうか。

kiminiオンライン英会話 公式サイトはこちら

hanaso

hanasoは、英語の復習に特化したオンライン英会話です。

  1. レッスンで学び口になじませる
  2. 復習システムにより効率よく定着させる
  3. 音声教材で会話での使い方を練習する

上記3つのステップでレッスンが進むので、日常的に使っている英語を効率よく覚えられるのがhanasoのメリットです。

レッスン教材も豊富に用意されており、日常英会話をはじめとして、おもてなし英会話、特定のシーンに特化したトピックトーク、自由に英語を話すフリートークなどがあります。

「一度覚えた英語を忘れてしまった」「学習の二度手間を減らしたい」と考えている方は、hanasoを選んでみてはいかがでしょうか。

hanasoの無料体験はこちら

「鹿」に関連する英語表現

「鹿の角」など、「鹿」にまつわる様々な英語の表現を見てみましょう。

  • 日本に生息している鹿:Japanese deer
  • ニホンカモシカ:Japanese serow ※「serow(セロー)」は「カモシカ」です。また、「Shika deer」と訳される場合もあります。ニホンカモシカは天然記念物(natural monument/ナチュラル・モニュメント)です。
  • 鹿せんべい:biscuits for deer ※奈良公園で鹿に与えるせんべいのことです。せんべいは英語にないので「biscuit(ビスケット)」を使っています。crackersを使ってもOKです。また、そのままShika senbeiと言って、英語で説明し補足する場合もあります。
  • 鹿に餌をやる:feed a deer ※「feed(フィード)」は「餌をやる」です。
  • 鹿を狩る:hunt a deer ※hunt(ハント)は「狩る」で、他の動物もに使えます。
  • 鹿の群れ:a herd of deer ※「herd(ハード)」は「群れ」です。
  • 鹿の角:deer horn、antler ※「horn(ホーン)」は「角」です。また、Jリーグ所属の鹿島アントラーズのアントラーズはこの「antler(アントラー)」が語源です。
  • 鹿の頭:a staghead(スタグヘッド) ※鹿の頭の飾り物ことです。最近はみかけませんが、以前は日本でも飾られていることがありましたよね。
  • 鹿革:deerskin(ディアースキン) ※雌鹿の革は「doeskin」で、日本でも「ドスキン」という言葉が使われています。雌鹿以外にも、似た毛皮製品にはこのdoeskin(ドスキン)という表現がつかわれます。
  • トナカイ:reindeer(レインディアー) ※トナカイは生物学的には鹿の仲間とされています。

会話で役立つ!「鹿」を使った英語のフレーズ

「鹿」の単語を使った様々な英語のフレーズがあります。

お金のドルのスラングとして使われていたり、面白い表現が色々あります。

「buck(バック)」を使った英語表現

アメリカでは1ドルのことをスラングで「buck(雄鹿)」というケースが多いです。

19世紀中ごろには紙幣の代わりとして、鹿の革が使われていたことから由来します。

複数形は「bucks(バックス)」で、100ドルは100bucks。

buckを使った表現で「make a buck(ひと儲けする)」という表現もあります。日常会話でよくつかわれる表現なので、覚えておきましょう。

「pass the buck」の英語表現

「責任を転嫁する」や「人のせいにする」という意味です。

(例文)

「the buck」は「責任」という意味の口語としてアメリカで使われています。

「a buck-passer(バック・パサー)」は「責任を取りたがらない人」という意味です。

トルーマンがアメリカの大統領だった時に、「全ての責任はここで完結する」「私が全て責任をとる」という意味を込めて”The buck stops here.”と書かれた札が、机の上にあり、そのことが由来だという説があります。

その他にも、昔、ポーカーで賭けごとをやっていた時に、掛け金の上に鹿の角がついたナイフを置いて、ディーラー(責任者)がわかるようにしていたことからきているという説もあります。

「doe eyes」を使った英語表現

「大きく魅力的な目」「くりくりした目」という意味。
(例文)

「doe」が雌鹿なので、「雌鹿のようにかわいい目」という意味から来ています。

「doe-eyed ~」とすると、「大きく魅力的な目をした~」という形容詞になります。「a doe-eyed lady(大きく魅力的な目をした女性)」などです。

「like a deer caught in the headlights」の英語表現

「激しく驚いている」「非常におびえている」状態を表わす表現です。
(例文)

直訳すると「ヘッドライトに照らされた鹿のように」です。

アメリカでは、ハイウエイを車で走っていると鹿が急に飛び出してくることが結構よくあります。夜だと、鹿だけでなく運転している方もかなりビックリします。

「go stag」の英語表現

「(パーティーなどに)異性の同伴者なしで行く」という意味です。

(例文)

「stag」は雄鹿という意味なので、もともとは「男性が女性を同伴せずにパーティーに行く」という意味でしたが、最近は逆の場合も使われるようになっています。

イギリス英語では、「stag party」という「男だけのパーティー」があります。結婚前夜に花婿が男の友人だけ集めて行うパーティーのことです。「stag night」という場合もあります。

一方、アメリカでは「bachelor party」で同じ意味を表現します。「女だけのパーティー」は「hen party」でhenは雌鳥を意味します。

「Doe, a deer, a female deer」の英語表現

日本語にもあるドレミの歌の出だしドの音は、英語版ではdoe(雌鹿)です。

歌詞の意味は「ドは鹿、雌の鹿♪」です。

まとめ:意外と英会話の中で使われている!?「鹿」の英語

「鹿」は雄鹿、雌鹿、性別によって様々な言い方があるのが分かったと思います。「deer」だけを覚えても聞き取れない場合があるので、一通り覚えておくのがいいのでしょう。

雌鹿、雄鹿について話す機会はあまりないかもしれませんが、「buck」や「doe」など、スラングとして違う意味で使われている単語もあるので知っておくと英会話でも大変役立ちます。

習得の鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にある


なぜ、日本人の99%がまともに英語が話せないのか?

1つ断言できるのは、英語マスターに頭の良さは関係ありません。

偏差値40の落ちこぼれ人間だった私でさえ、一発でTOEIC満点も英検1級も取得。英会話もペラペラ、ビジネス英語もマスターしたことからも・・・

その鍵は「記憶精度×進め方×勉強法」にあります。

覚えたら忘れない記憶術。瞬時に英語をアウトプットするスキル。

これらの技術を簡単に学べる教材(450日分)をご用意しました。

色々試したけどダメだった人はぜひお試しください。

マイスキ英語「超速トレーニング」はこちら



英単語の覚え方
マイスキ英語

人気記事ランキング

1
onlineeikaiwa_ranking2
3
4
5
6
7
8
9
10

コメント

sp-cta
pc-cta