著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

イノシシ(猪)の英語|発音と3つの表現・猪突猛進や亥年など

のべ377がこの記事を参考にしています!

イノシシ(猪・いのしし)の英語をいえますか?

イノシシ肉、ジビエ料理、うりぼう、猪突猛進など、関連英語も少なくありません。

豚の英語との違いや類似点なども押さえると英語力に幅が広がります。

また日本では干支の1つでもありますね。

よって今回は、「イノシシ」の英語にフォーカスして、正しい発音や使い方なども例文を使いながら解説していきます。

目次:

1.イノシシの英語の発音と異なる表現
2.「イノシシ」に関連した英語表現
・イノシシ肉(ジビエ肉)
・うりぼう
・「亥年(いのしし年)」
・猪突猛進
まとめ:イノシシの種類の英語や例文にも触れておこう!

1.イノシシの英語の発音と異なる表現

先ず、イノシシを表現するのに欠かせない単語の「boar」の発音について見てみます。

「boar」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ボアー
bˈɔɚ

イノシシを表す場合は可算名詞(数えらる名詞)となり、複数形は「boars(ボアーズ)」になります。

さて、イノシシは下記で表現するパターンが多いです。

「wild pig」はイメージしやすいですが、「boar」と「wild boar」と何故、2つあるのでしょうか?

boarとwild boarの違いは?

どちらともに「イノシシ」という単語ですが、実は「boar」だけだど、「家畜の雄の豚」という意味もあるので相手に伝える時に、少し注意が必要です。

なので、誤解を招かないようにしたいのであれば、「wild boar」、または「wild pig」と、「wild(ワイルド・野生の)」という形容詞を使った方がベターです。

因みに、特にアメリカでは、豚やイノシシを総称して「swine(スワイン)」と表現することも多いです。

2.「イノシシ」に関連した英語表現

さて、ここでは英会話などでも使える関連した表現をご紹介します。

イノシシ肉(ジビエ肉)

イノシシ肉ですが、下記で表現されることが多いです。

  • boar ※「イノシシ」を表現できる「boar」ですが、そのままでもイノシシ肉を意味します。この場合は、数えられない名詞(不可算名詞)とあるので、複数でも「boar」です。
  • wild boar meat ※「boar meat」でも表現することがあります。
  • game meat ※これは「ジビエ肉」の英語です。狩り(ハンティング)などで捕獲した肉と言う意味になります。

3つ目の「ジビエ肉」という表現ですが、「ジビエ(gibier)」はフランス語から来ています。ジビエ料理は「game dishes」と言います。

狩猟の肉という意味ですから、鹿肉なども含まれます。因みに「鹿の肉」は「venison/ヴェニソン」と言います。

「鹿」の英語|発音とネイティブが会話で良く使う6つの表現』の記事も参考にして下さい。

うりぼう

うりぼうはイノシシの子供ですが、漢字では「瓜坊」と書きます。

因みに、イノシシの子供の縞模様が野菜の「縞瓜」によく似ていることから、瓜坊と呼ばれるようになったようです。

下記が英語の表現です。

  • wild boar piglet ※「piglet(ピグレット)」は「子豚」という単語です。
  • baby wild boar ※口語的で、子犬を「baby dog」などと表現するのと同じです。

「亥年(いのしし年)」

日本の干支にもあるのが、亥年(いのしし年)ですね。

いのしし年は、Year of the Boarと表現します。この時にわざわざ「wild」を付けなくてもOKです。

他の干支は次のように表現します。下記は一例です。「Year of the ~」が基本となります。

  • Year of the Ox(丑年・うしどし)
  • Year of the Tiger(寅年)

など。

因みに、中国ではいのしし年のことは「Year of the Pig」と表現します。

猪突猛進

さて、イノシシを用いた表現の代表が「猪突猛進」ですね。

まっしぐらにとにかく突き進むという意味の英文になればOKです。

下記がよく使われる英語の表現です。

  • reckless rush ※「reckless(レックレス)」は「向う見ずに」、「rush(ラッシュ)」は「突進」という英語です
  • headlong rush ※「headlong(ヘッドロング)」は、「一目散に、真っ逆さまに」などの意味があります。

まとめ:イノシシの種類の英語や例文にも触れておこう!

最後になりますが、イノシシはアフリカなどにも生育しており、日本で見るイノシシは「Japanese wild boar」と表現した方が妥当です。

また、次の写真のようなアフリカにいる「イボイノシシ」は「warthog(ワースドッグ)」と言います。

それと、下記が「イノシシ」を使った例文となります。

  • Wild boars are believed to be nocturnal.(イノシシは夜行性と言われています)
  • Wild boars bring a lots of damage to farm products.(イノシシは農作物に多大なる被害をもたらしています)
  • Some wild boars breed twice a year.(一定数のいのししは年に2回繁殖します)

など、「wild boar」という単語だけをおぼえるのではなく、このように英文にすることも常に留意しておきましょう。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)