著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

2つある!「契約」の英語|違いと発音や様々な関連表現

のべ2,526がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「契約」を英語で何というかわかりますか?

私たちは毎日の生活の中で様々な「契約」を結んでいます。

住居の場所の<「賃貸契約」や「売買契約」、携帯電話の「契約」、会社との「労働契約」など、身近なものだけでも挙げたらきりがないほどたくさんあります。 仕事で取引先と様々な「契約」があることが多いですよね。 「契約を解約する」「契約を更新する」など「契約」は日常生活、ビジネス問わず様々な場所で使う表現です。

そこで、ここでは「契約」に関する英語を詳しくご紹介します。「contract」と「agreement」の違いや、様々な関連用語も詳しくご紹介します。これを読めば、「契約」に関する英語表現の基本がわかります!

目次:

1.「契約」の英語と発音
1-1.英語の「contract」で「契約」を表現
1-2.英語の「agreement」で「契約」を表現
2.「契約する(締結する)」の英語
2-1.「make a contract/an agreement」で「契約する(締結する)を表現
2-2.「conclude a contract/an agreement」で「契約する(締結する)を表現
2-3.「enter into a contract/an agreement」で「契約する(締結する)を表現
2-4.「execute a contract/an agreement 」で「契約する(締結する)を表現
3.「契約」の関連英語

1.「契約」の英語と発音

「契約」は英語で「contract」と「agreement」が一般で使われます。

それぞれの英語を見てみましょう。

1-1.英語の「contract」で「契約」を表現

「contract」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
コントラクト
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/04/contract-2.mp3
kάntrækt

ビジネスなどでの正式な「契約」や「契約書」です。「婚約」や「約定」などの意味もあります。

1-2.英語の「agreement」で「契約」を表現

「agreement」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アグリーメント
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/04/agreement.mp3
əgríːmənt

「contract」と「agreement」の違い

「agreement」と「contract」はどちらも日本語では「契約」と訳すことができますが、意味が微妙に違います。

「contract」は、法的な効力があるような「正式な契約」です。

一方で、「agreement」は、動詞「agree(アグリー)」の名詞形です。「agree」は「同意する」「賛成する」「意見が一致する」などの意味で使う表現で、「agreement」は、複数の人、又は複数のグループ間での「合意」や「取り決め」を意味します。

正式な「契約」や「協定」でもこの表現を使う場合もありますが、単なる「合意」で法的な責任がある「正式な契約」ではない場合もあります。口頭での「契約」も「agreement」を使う場合が多いです。

「contract」や「agreement」以外にも「契約」の意味で使われる表現があります。

2.「契約する(締結する)」の英語

「契約する(締結する)」は英語でいくつか表現があります。主なものを確認しましょう。

2-1.「make a contract/an agreement」で「契約する(締結する)を表現

「make a contract」や「make an agreement」は、一番シンプルで良く使う表現です。

「make(メイク)」は「作る」という意味ですが、「契約」で使う場合は「契約書を作成する」、つまり「契約を締結する」という意味になります。

誰かと「契約を締結する」場合に、「~と」を文章につける場合は「with」を使って、「make a contract with (相手)」となります。

2-2.「conclude a contract/an agreement」で「契約する(締結する)を表現

「conclude(コンクルード)」は「完結する」「結論付ける」という意味で、「conclude a contract/an agreement」は条件や内容をお互いに協議して、最終的に「契約を締結する」場合に使う表現です。

ビジネスの場面では良く使う表現です。

2-3.「enter into a contract/an agreement」で「契約する(締結する)を表現

「enter into ~(エンター・イントゥー)」は「~を始める」や「~を結ぶ」という意味で、「契約を締結する」にも使える表現です。

「enter into ~」は様々な表現で使います。

  • enter into matrimony:「結婚する」 ※matrimony(マトリノミー)は「婚姻」や「結婚生活」のことです。
  • enter into the army:「陸軍に入隊する」 ※「army(アーミー)」は軍隊のことです。
  • enter into force:「(法律や条約などが)発効する」 ※「force(フォース)」は「力」という単語としてもよく使われます。

2-4.「execute a contract/an agreement 」で「契約する(締結する)を表現

「execute(エクスキュート)」は、「実行する」という意味の単語です。

「死刑を執行する」という意味でも使われる表現です。「契約」でも、良く使われる表現で「署名する」「調印する」などの意味があります。「execute a contract」とする場合は「正式に作成する」と意味で使われていて、つまり「契約を締結する」となります。

3.「契約」の関連英語

ここでは、契約に関する様々な表現を確認しましょう。

  • 「契約を解約する」:cancel my contract ※「cancel(キャンセル)」は様々な契約の「解約」で使える動詞です。「雑誌の購読契約」、「携帯の契約」、「会員登録」などでも「cancel」でOKです。
  • 「契約をかわす」:exchange contracts ※「exchange(エクスチェンジ)」は「交換する・両替する」という単語です。また、お互いに契約書を持っているので「contracts」と複数形が基本です。
  • 「契約を破る」:break a contract ※「契約を守る」は「keep a contract」となります。
  • 「契約をとる」:get a contract
  • 「契約書に署名する」:sing a contract
  • 「契約に基づいて」:based on the contract ※「based on~(ベイスド・オン~)」は良く使われる熟語です。
  • 「契約内容」:content of contract, contact detail ※「content(コンテント)」は「内容」、「detail(ディテール)」は「詳細」です。
  • 「契約条件」:terms of contract ※「term(ターム)」は条件となります。
  • 「契約期間」:contract period ※「period(ピリョード)」は「期間」を指します。
  • 「契約違反」:breach of contract, contact violation ※「breach(ブリーチ)」は「違反・不履行」を意味します。「violation(ヴァイオレイション)」も同様の意味です。
  • 「契約更新」:contract renewal ※「renewal(リニューアル)」は「更新」です。「契約を更新する」は「renew the contract」です。「renew(リニュー)/更新する」を使います。
  • 「契約交渉」:contract negotiation ※「negotiation(ニゴーシエーション)」は「交渉」です。
  • 「契約交渉の遅れ」:contract stalemate ※「stalemate(ステールメイト)」は「膠着(こうちゃく)状態」です。
  • 「契約交渉を再開する」:resume contract talk ※「resume(りずーむ)」は「再開する」です。
  • 「非開示契約」:a nondisclosure agreement ※守秘義務がある非公開の契約です。「disclosure(ディスクロージャー)」は「発表」や「暴露」の意味で、「nondisclosure(ノンディスクロージャー)」は「非開示」です。
  • 「仮契約」:provisional contract ※「provisional(プロヴィジョナル)」は「仮の」、「暫定的な」などの意味があります。
  • 「正式契約」:a formal contract ※「formal(フォーマル)」は「正式の・しっかりした」という英語です。
  • 「口頭契約」:a verbal contract ※「verbal(ヴァーバル)」は「言葉の」という意味です。
  • 「書面による契約」:written contract ※「契約証書」、「契約書」など「書面で書かれている契約書」という意味でも使います。「written(リトゥン)」は「write(ライト)」の過去分詞・受け身です。
  • 「有効な契約」:valid contract ※「valid(ヴァリッド)」は「有効な」です。
  • 「売買契約」:sales contract ※「sales(セールス)」は「販売」などの意味もあります。
  • 「条件付き契約」:a conditional contract ※「conditional(コンディショナル)」は「条件付きの~」です。
  • 「有償契約」:an onerous contract ※「onerous(アーナラス)」は「負担付きの」という意味です。
  • 「無償契約」:contract without consideration ※「consideration(コンシダレーション)」は「熟考」などの意味です。
  • 「賃貸契約」:lease agreement, rental agreement
  • 「業務委託契約」:outsourcing agreement, service contract ※「outsource(アウトソス)」は「外注する」という単語です。
  • 「雇用契約」: employment contract, job contract ※「employment(エンプロイメント)」は「雇用」です。
  • 「保険契約」:contract of insurance ※「insurance(インシュアランス)」は「保険」です。
  • 「(契約が)自動更新された」:be automatically renewed
  • 「契約不履行」:contractual default, non-fulfillment of contract, non-performance of contract ※「breach of contract」などに近い表現です。
  • 「契約上の義務」:contract obligations ※「obligation(オブリゲーション)」は「義務」です。

ここでは「契約」は「contract」を主に使っていますが、多くの表現が「agreement」を使ってもOKです。

まとめ:「契約」の英語は基本を押さえて少しづつ覚えよう!

「契約」の英語表現は、まず「contract」と「agreement」を理解しましょう。

「契約を締結する」の表現は4つご紹介しましたが、「契約書」ではどれも良く使われる表現なので覚えておくと便利です。

「契約」に関する表現はたくさんありますが、全て一度に覚える必要はありません。身近なものから少しずつ増やしていけばOKです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万1582人が体験中の無料勉強法
(2017年10月11日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta