著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「検討する」の英語|ビジネスで使える8つの単語・熟語の使い分けと例文

のべ126がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「検討する」の英語はどんな単語や熟語があるのでしょうか?

また、再検討や検討中などの関連した表現もありますね。

それと「検討してくださりありがとうございます」や「検討する時間を下さい」というビジネスでは欠かせないフレーズもあります。

よってここで、ビジネスメールでも欠かせない「検討」に関連する英語表現を例文を使いながらご紹介します。

目次:

1.「検討する」の英語・熟語とニュアンスの違い
・「consider」
・「study」
・「examine」
・「review」
・「discuss」
・「look into」
・「think about」
・「go through」
2.ビジネスメールやメモでも使える「検討する」の略語
3.今すぐ使える!「検討する」に関連する英語フレーズ一覧
・「検討して下さい(ご検討下さい)」
・「検討してくださりありがとうございます」
・「検討する必要がある」
・「検討する時間を下さい」
・「前向きに検討する」
・「今後検討する」
・「十分(慎重に)検討する」
・「検討する上で(検討するにあたり)」
4.「検討」に関連するその他の英語表現

1.「検討する」の英語・熟語とニュアンスの違い

一言に「検討する」と言っても、その表現には色々な英語があります。

それぞれの英語表現を見ていきましょう!

「consider」

時間をかけて熟考して検討する場合に使う動詞が「consider」(コンシダー)です。

よく考えるというイメージですね。ビジネスシーンでもよく使います。

  • 英語:We will consider the implementation of those machines.
  • 日本語:それらの機械の導入を検討します。

また、名詞の「consideration(コンシダレーション)」を使った熟語もあります。

「take ~ into considertation」の形です。

基本的に「~」のところには「it(それ)」を入れて、「I’ll take it into consideration.(それを検討します)」として表現することが多いです。

ニュアンスは「I’ll consider it.」と同じだと思ってください。

この「consider」は検討して答えを出しますというニュアンスも含まれているので、特に断る場合に使う「検討する」で使うのは避けましょう!

「study」

「study」(スタディー)は勉強するという単語で使われる動詞ですが、ここでは、「よく読んで精査する」という意味が含まれた「検討する」を表現しています。

  • 英語:We studied the problem you presented.
  • 日本語:あなたが提示した問題を検討しました。

「examine」

「examaine」(イグザミン)は、科学的、または細かく検証するというニュアンスがあります。

分厚い報告書、提案書などを検討する場合に使うことがおおいですが、「study」よりも多少フォーマルで文語的な表現になります。

  • 英語:I’ll examine the proposal. ※「提案(proposal)」を細部まで検証しているイメージです。
  • 日本語:その提案(書)を検討します。

「review」

「review」(リヴュー)は「見直す・復習する」という時に使う単語で「再検討する」というニュアンスが含まれます。

  • 英語:Please review the strategy now.
  • 日本語:今、戦略を再検討して下さい。

「discuss」

色んな角度から関係者で議論するという意味のがある「discuss」(ディスカス)。

答えが出るかわからないが話し合う場面がイメージできます。

  • 英語:They are discussing whether they will purchase our products.
  • 日本語:彼らは私たちの商品を購入するのか検討しています(検討中です)。

「look into」

「examine」よりカジュアルで口語的、また、さらに詳しく調べるというニュアンスがあるのが「look into ~」です。

  • 英語:We are going to look into it.
  • 日本語:私たちはそれを(より詳しく)検討するつもりです。

「think about」

一番口語的で、カジュアルに「考えるね・検討するね」という場合に使うのが、「think about ~」です。

会話の中で出てくる表現なので、「think about it」という塊としてそのまま使います。

  • 英語:I’ll think about it.
  • 日本語:検討します(考えておくね)。

また、より深く考える(熟考)する場合には、口語的に「think it over」を使います。

また、可能性を検討すると「it」以外で表現する場合は、「think over the possibility」などと表現します。「consider」のカジュアルバージョンだと思って下さい。

「go through」

一つずつ順番(最初から最後まで通して)に調査するというニュアンスを含んでいるのが「go through」です。

  • 英語:They will go through the plan.
  • 日本語:彼らはその計画を検討します(調査します)。

2.ビジネスメールやメモでも使える「検討する」の略語

英語のビジネスメールやスケジュールなどのメモでも略語は欠かせません。

しかし、その略語には多くの単語が使われるため、この略語はこの表現だ!とは言い切れないところがあります。

例えば、「TBC」という略語があったとしましょう。

下記がその元の表現になります。

  • To be considered:要検討
  • To be completed:要完了
  • To be confirmed:確認中

などです。

また、「TBD」とう略語も確認してみましょう。

  • To be determined:未確定
  • To be decided:要決定
  • To be discussed:要検討

となります。

文脈により使い分ける必要があるのですが、いずれにしても「まだ決まっていない」というニュアンスなので、検討のシチュエーションで使うには、どちらも「未検討(要検討)」という略語になります。

また、ビジネスでもカジュアルでも使える略語は無数にあります。『英語の略語一覧|メールやSNSで今すぐ使える厳選73個』でよく使う略語をピックアップしてるのでご参考下さい。

3.今すぐ使える!「検討する」に関連する英語フレーズ一覧

上記では「検討する」とうのを基本にした表現をご紹介しましたが、ここではそれ以外のビジネスシーンでも頻繁に使われる英語フレーズをご紹介します。

「検討して下さい(ご検討下さい)」

相手に自分たちの提案や商品購入などを検討して下さい、という時はありますね。

その場合は、「Please take it into consideration.」という表現が一番妥当です。

「Please consider it.」という表現はストレートすぎて多少強制的なニュアンスがあるので、注意しましょう。

もし使う時は、「I would appreciate if you could consider it.(検討していただけたら大変感謝致します)」と最初に感謝の意を表現するといいでしょう。

「検討してくださりありがとうございます」

英語のメールなどでもよく使います。

「Thank you very much for your consideration.」がいいでしょう。

また、お時間もありがとうございますと更に付け加えて「Thank you very much for your time and consideration.」とするとより丁寧になりますね。

「検討する必要がある」

この表現は先ほど解説したどの動詞、また熟語も当てはまることができます。

「have to」や「need to」という単語を前に足すだけです。

  • We have to think it over. ※口語的
  • I need to review it. ※再検討のニュアンス

などの表現でOKです。

「検討する時間を下さい」

いくらからの時間という意味で「some time」を使います。

  • Give some time to consider it. ※カジュアルな言い方です
  • I need some time to go through it. ※「必要です」という単語を使って表現しました。

「前向きに検討する」

口語的に言うと、「I’ll give it a good thought(consideration).」などの表現をよく使います。

または、「We will consider seriously.(真面目に検討します)」が文語的、フォーマル的にはいいでしょう。

「今後検討する」

「plan to (~をする予定」」ですという英語を足すことで表現できます。

  • We plan to discuss it.
  • They will think about it in the future. ※「in the future(今後))」も使えます。

「十分(慎重に)検討する」

口語では「think it over」や文語では「study」などでもいいですが、「consider thoroughly」という表現でも構いません。

または、「in detail(詳細)」を使って「discuss in detail」などでもOKです。

「検討する上で(検討するにあたり)」

検討するにあたり、~が必要です、などという場面もありますね。

「~するにあたり」でよく使われるのが「upon ~」です。

よってここでは、「Upon consideration, 英文」という形がスムーズです。

もちろん一番口語的で使われるのが「When ~(~する時)」という接続詞を使っても構いません。「When I consider the proposal,英文」などとしても、同じ意味になりますね。

4.「検討」に関連するその他の英語表現

ここではその他の関連英語をご紹介します。

  • 要検討:TBC, TBDと略を使ってもいいですし、「We need to discuss.」などの英文にしてもOKです。
  • 再検討:review(再検討する)という単語がいいいですね。
  • 検討中:under consideration, under reviewなど
  • 検討資料(参考資料):references(複数形), study materialsなど
  • 仕様検討:study specificationなど
  • 条件を検討する:consider the conditonなど ※「条件検討」は「condition review」などで表現します。
  • 設計検討:design review, design studyなど
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta