著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「不安」の英語|名詞や形容詞・動詞の14英単語の使い分けが重要!

のべ69,750がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

海外など知らない場所に行くと「不安」な気持ちになることもあります。

勿論、日常生活においても、「仕事」、「恋愛」、「将来」の不安など様々なものがあります。

その「不安」な気持ちを英語で、的確に表現できるといいですよね。相手もあなたの気持ちを理解して、手を差し伸べてくれるかもしれません。

一人で黙っているより、言葉に出して表現するのも英語を習得する上では大切なことです。

ここでは14個の表現を紹介しますが、ニュアンスの違いにより使い分けが必要になります。

最後には、どれくらい「不安」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

よってここでは、「不安」の英語とそれに関連する日常英会話にも使える英語表現をご紹介します。

1.「不安」の英語:名詞編
・anxiety
・uneasiness
2.「不安に思う」の英語:形容詞・動詞編
・worry/worried
・concerned
・anxious
・uneasy
・uncertain
・insecure/unstable
・nervous
・afraid/fear
・care
・unrest
3.「What if ~?」で不安な気持ちを相手にぶつける!
まとめクイズ:「不安」の英語は応用して使ってみよう!

1.「不安」の英語:名詞編

名詞の「不安」という英語は、「uneasiness」「anxiety」の2つが一般的です。

anxiety

「anxiety」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
エングザエティ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/10/anxiety.mp3
æŋzάɪəṭi

下記のような例文でよく使われます。

  • 不安を解消する(取り除く・吹き飛ばす・一掃する):relieve the anxiety ※removeを使ってもOKです。
  • 不安を和らげる:soften someone’s anxiety
  • 不安を克服する:overcome anxiety ※get overを使ってもOKです。
  • 不安に襲われる:get hit with anxiety ※get hitは、「(飛んできたものに)当たる」という意味。車やバイクなどにひかれた場合にも使う表現。
  • 不安な気持ち:a feeling of anxiety ※~の気持ちという意味でfeelingはいろんな気持ちを表現できます。
  • 不安要素(不安材料):anxiety factor(s)
  • 将来の不安:anxiety about the future
  • 不安でいっぱい:be filled with anxiety ※be filledは「いっぱいになる」「満杯になる」という意味。「be full of anxiety」でも同じ意味です。
  • 不安で顔が曇る:be clouded with anxiety
  • 不安から生じる:be born of anxiety
  • 不安な気分:anxious mood ※moodは「機嫌」「気分」「むらな気持ち」という意味。

feelを付けて、「feel anxiety」として「不安に思う」という意味になります。「feel anxious」も同様の意味です。

anxietyは「(漠然とした)心配」に近い単語です。

明確に日本語の不安とマッチする言葉がなく、ニュアンスに応じて様々な表現を使い分けます。

後ほど紹介する「worry」の「心配させる」も、「不安」の意味もある表現でが、「anxiety」の方がより心配度が強いです。

uneasiness

「uneasiness」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
アンイージーネス
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/10/uneasiness.mp3
ʌ̀nízinəs

この単語は「un」+「easy」+「ness」の3つのパートで構成されています。

  • un-:「~でない」という意味の接頭辞
  • easy:ここでは「気楽な」という意味
  • -ness:状態の性質の名詞をつくる接尾辞

上記を総合的にとらえると。「気楽ではない状態」=「不安」となります。

10文字もあって長い単語のように見えますが、easyは誰でも知っている単語なのでこうやって分解すると簡単に覚えられます。

「気楽ではない」という意味がベースにあるので、気持ちが落ち着かない、気が気ではない、そわそわする場合の不安に使われる表現です。

「不安に思う(感じる)」はfeelとuneasy を使って「feel uneasy」でOKです。

次のような例文でも使います。

  • I tried to put my uneasiness to rest.(不安な気持ちを落ち着かせようとしました)
  • I have no reason for uneasiness.(不安材料は全くありません)

など。

2.「不安に思う」の英語:形容詞・動詞編

ここでは、英会話の中でよく使う「不安です」という表現を紹介します。

それぞれニュアンスが異なるので、その使い分けが大切です。例文などを見ながら確認していきましょう!

worry/worried

個人的に心配している、不安な気持ちのときに使います。

「worry about ~(普段から不安・心配です)」や「be worried about ~(今、不安・心配です)」という感じで、日常的にネイティブがよく使う表現です。

  • I worry about my health.(健康のことがいつも心配です)
  • I’m worried about my work.(今、仕事が心配です)

など。

命令形で、「Don’t worry.」やスラングの「No worries.」がありますが、「不安にならないで(心配しないで)」と相手を落ち着かせるときに使うフレーズもあるので押さえておきましょう!

また、恋愛の時でも頻繁に使われるフレーズでもあります。

  • I feel worried because we don’t spend much time together.(一緒にいられる時間が少なくて(今)不安を感じる)
  • I don’t like to be worried.(不安にさせないで!) ※直訳的には「不安になりたくない」という意味ですが、彼氏、彼女に使えば「不安にさせないで!」という気持ちを伝えることができます。

など。

concerned

こちらの表現もよくネイティブが使いますが、自分以外の関心ごとの時に使う、心配です、不安ですという表現です。

また、名詞としてもフォーマルなビジネスの時などにも頻繁に使われます。

  • I’m concerned about your grades.(あなたの成績のことが心配です)
  • I have lots of concerns for the new project.(新しいプロジェクトが上手くいくか不安です)
  • That’s a exact reason for my concern.(それがまさしく私の不安の種です)

など。

anxious

将来への漠然とした不安という時に使うのが、「anxiety」の形容詞です。

「worry/worried」よりも、更に不安な気持ちの時に使う表現でもあります。

  • She is anxious about her future.(彼女は、将来のことを不安に思っている)
  • He speaks with an anxious tone of his voice.(彼は不安そうな口調で話す) ※「He has anxious eyes.(不安そうな目をしている)」、「You have an anxious look.(不安そうだね)」などのパターンでも使えます。
  • His/her word made me anxious.(彼/彼女の言葉が私を不安にさせた)

など。

uneasy

既に説明していますが、「uneasiness」の形容詞ですね。

そわそわした不安げな気持ちの場合に使える表現です。

  • I spent an uneasy day today.(今日、不安な1日を過ごしました)
  • I feel uneasy about my speech.(スピーチが不安です)

など。

uncertain

はっきり分からないから不安という形容詞です。

  • Now more people feel uncertain.(今、更に多くの人の中に不安が広がっています)
  • Uncertain situations make me worried.(不明確な状況が私を不安にさせます)

など。

insecure/unstable

確定していない(不安定)だから、不安という場合に使える表現です。

保証されておらず、ぐらぐらしているイメージですね。

  • I’m on an insure position in our company.(社内で、不安定な地位にいます)
  • She is emotionally unstable now.(彼女は今、情緒不安定です)

など。

nervous

不安で緊張している場合に使える形容詞です。

  • I’m too nervous to sleep.(不安で眠れません)
  • Are you OK? You look so nervous.(不安そうだけど大丈夫?

「緊張」の英語|8つの形容詞やスラングなどを上手く使い分ける!』の記事も確認しましょう!

afraid/fear

~するのが怖い(不安)という時によく使います。

  • I’m afraid of making mistakes.(ミスするのが不安で怖いです)
  • I have no fear of death.(私は死を恐れていません) ※「fear」を名詞として使っています。

「怖い」の英語|6種類の形容詞や動詞 を例文・フレーズで解説』の記事も参考にしてみて下さい。

care

不安、心配で気にかけているという時に動詞としてよく使います。

  • I care about you a lot.(あなたのことが心配で大変気にかけている)
  • I’m free of care.(不安や心配事はありません) ※「care」を名詞で使っています。

など。

unrest

社会や政治の情勢が不安(不安定)な時に使うビジネス英語です。

混乱して安定していないイメージですね。

  • political unrest(政情不安)
  • social unrest(社会不安)

など。

3.「What if ~?」で不安な気持ちを相手にぶつける!

これまでの表現はストレートに「心配です・不安です」という表現でしたが、それらを使わずに不安な気持ちを表現できます。

それが「What if ~?」という文で、ネイティブもよく使います。

「もし~だったらどうする?」というポジティブな時にも使えるフレーズですが、心配や不安ごとのネガティブでも活用できます。

恋愛や仕事、将来など不安な気持ちを相手にぶつける(または自分にぶつける)場合ですね。ネガティブな不安の場合は、「じゃあ、~だったらどうするの?」という少し強い口調になるのでその点は注意して下さい。

仮定法の1つなので、現在のことであれば1つ時制をずらして過去形を使います。

  • What if I was(were) laid off?(もし解雇されたらどうしよう?)
  • What if I failed the exam?(もし試験に落ちたらどうするの?)
  • What if you started to dislike me?(もし、あなたが私を嫌いになり始めたらどうするの?

など、今回はネガティブな例で不安な気持ちを表現しています。参考にしてみて下さい。

仮定法の作り方について詳しく知りたい方は、『英語の仮定法|すぐにマスターできる簡単な2つの基本ルール』を参考にしてみて下さい。

まとめクイズ:「不安」の英語は応用して使ってみよう!

「不安」は、関連用語がたくさんありますが、日常会話で出てくるものも多いです。すべてここで覚える必要はないですが、普段使えそうなものは覚えておきましょう。

また、ご紹介した「不安」に関するフレーズは、簡単なものばかりです。単語を入れ替えて様々な場面で使うことができるので、応用して使ってみてください!

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. 「( )if I was laid off?(もし解雇されたらどうしよう?)」の( )に入る英語は?
  2. 「気楽ではない状態(不安)」の英語は?
  3. 「不安な気分」の英語は?
  4. 不安でいっぱいの「いっぱい」の英語は何を使うといい?
  5. 「不安の種」の英語は?

いかがでしたか? 

今すぐ読んだ「不安」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. What
  2. uneasiness
  3. a feeling of anxiety
  4. be filled ※「full of ~」でもOK
  5. reason for concern
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta