著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「怖い」の英語|6種類の形容詞や動詞 を例文・フレーズで解説

のべ627がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「怖い」や「恐ろしい」を英語で言えますか?

日本語の「怖い」は、ジェットコースターが怖いという場合や、お化けが怖い、地震が怖いなど、様々な「怖い」に使うことができます。

一方で、英語はどんな「怖い」なのかによって、単語を使い分ける必要があります。

そこで、今回は「怖い」の様々な英語表現と、そのニュアンスの違いについて解説します。「怖い」のフレーズで、間違いやすいポイントもご紹介します。

目次:

1.「怖い」の英語:形容詞
2.「怖い」の英語:動詞や過去分詞(受け身)など
2-1.「afraid」の発音と例文
2-2.「scared」の発音と例文
2-3.「fear」
2-4.「horrified」
2-5.「terrified」
2-6.「frightened」
3.「怖い」の英語のスラング表現:freak out
4.「怖い」の関連英語

1.「怖い」の英語:形容詞

「~は怖い」と主語が「もの」や「こと」などの場合に使う形容詞です。

例えば下記のような例文になります。

【例文】

  • その1.英語:This horror movie is scary. 日本語:このホラー映画は怖いです。
  • その2.英語:It’s frightening. 日本語:それは怖いです。

ネイティブが使う表現は次のような形容詞が代表的です。

  • scary(スケアリー)
  • frightening(フライトニング)
  • horrifying(ホリファイング)
  • terrifying(テリファイング)

それぞれの形容詞は、使う場面や度合いにより異なります。

次の章(主語が人の場合をメインの表現)から、それらの違いも確認しながら「怖い」の英語の使い方をマスターしましょう!

2.「怖い」の英語:動詞や過去分詞(受け身)など

主語が「誰」という場合の「~がーを怖い」の英語を確認しましょう。

相手に自分の感情を伝えるのに欠かせない表現です。その場合は下記のように受け身(過去分詞ー形容詞的用法)の形が多いです。

  • afraid
  • scared
  • fear(動詞・名詞)
  • horrified
  • terrified
  • frightened

それぞれ6つの表現を見てみましょう。

2-1.「afraid」の発音と例文

「afraid」は、中学校で習う表現で知っている人も多いのではないでしょうか。

実際のネイティブ同士の英会話でもとてもよく使う表現です。

「afraid」の読み方と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
アフレェィド
əˈfɹeɪd

「afraid」は「~を恐れて」や「~を心配して」などの意味です。

雷や、高さ、地震、動物など、普段から怖かったり、苦手だったりするものに使うことが多い表現です。

「afraid」は「be afraid of」で、be動詞と前置詞の「of」一緒に使うケースがほとんどです。「of」の後ろには怖いものや事柄を入れます。

【例文】

  • その1.英語:I’m afraid of earthquakes. 日本語:私は地震が怖いです。
  • その2.英語:Are you afraid of heights? 日本語:あなたは高いところが怖いですか?
  • その3.英語:Don’t be afraid of failure. 日本語:失敗を恐れないでください。

2-2.「scared」の発音と例文

「scared」も、「怖い」を伝える基本表現としてとてもよく使う表現です。

「scared」の読み方と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
スケェアード
skéərd

「scared」は、「怖がらせる」、「おびえさせる」という意味の「scare」(動詞)の過去分詞形で、「おびえた」、「怖がって」、「びくびくして」などの意味で使います。

「scared」は、「be afraid of」と同じように、地震や雷などにも使いますが、一般的な地震や雷ではなく、実際に起きた地震や雷、物音など突発的なもので使う場合が多いです。

「be afraid of」は、性格や好み、考え方に由来される怖さに多く使う表現です。突発的に起きた出来事ではなく、自分の中でいつも怖いと思っていることが「be afraid of」です。

「scared」も過去分詞形なので、be動詞と一緒に使います。

受動態(受け身)で、直訳すると「~によって驚かされた」という意味になり、怖いと感じたものや事柄は前置詞「by」の後に置くことが多いです。

もちろん、「be afraid of」と同様に「of」も使えます。

すでに起きた出来事に対して「怖い」という場合は、be動詞は過去形になります。

【例文】

  • その1.英語:I was scared by the thunder. 日本語:私は、その雷が怖かったです。
  • その2.英語:You scared me! 日本語:怖がらせないで! ※「驚かせないで!」「ビックリしたな!」くらいのニュアンスでも使います。
  • その3.英語:They are so scared by the big noise. 日本語:彼らは、大きな騒音を怖がった。

「I’m scary.」は間違い!

「私は怖いです。」を日本語から訳そうとすると、「I’m scary.」と言ってしまいがちですが、これは間違いです。

前章で説明した「scary」は「怖い」という意味の形容詞です。

「I’m scary.」という文の、形容詞の「scary」は主語を修飾(説明)する表現で、「I(主語)」=「scary(形容詞)」となります。

つまり、「私自身が怖い人だ」というニュアンスになってしまいますので注意しましょう。

2-3.「fear」

「fear」(フィア)は「恐れ」、「不安」、「心配」などの意味で使える名詞ですが、「恐れる」「怖がる」という意味の動詞としても使うことができます。

名詞として使う場合、「持つ」という意味の「have」と一緒に使って「have fear」となります。

【例文】

  • 英語:Everyone fears the math teacher. 日本語:みんなが、(その)数学の先生を恐れています。
  • 英語:She has no fear of death. 日本語:彼女は死を恐れていない。

人や物に対する恐怖や、失敗への恐怖、すでに起こったことや、未来に起こることへの恐怖など、幅広く使える表現です。

2-4.「horrified」

「horrified」は「horror」の派生語です。

「horror」の読み方は「ホラー」ですが、日本語でも「ホラー映画」など「ホラー」という言葉を使いますよね。

「horror」は「ぞっとするもの」、「恐れているもの」などの意味があります。お化けや、人の死や事故を目撃するなど、ギョッとするような怖さに使います。「be afraid of」や「scared」などの表現より、「怖さ」が強い表現です。

【例文】

  • 英語:She was horrified when she heard the news of the accident.
  • 日本語:彼女は、その事故のニュースを聞いてぞっとしました。

2-5.「terrified」

「terrified」は「terror」の派生語です。

「terror」は「(非常な)恐怖」という意味で、「テロ行為」という意味でもつかう表現です。

そのことからもわかるように、「be afraid of」や「be scared」、「fear」よりも、恐怖の度合いが高い表現です。

例えば「火が怖い」という意味で使った場合、単に苦手という意味ではなく、「ものすごく恐怖を感じている」というニュアンスになります。

【例文】

  • 英語:People were terrified by the great flood that happened last month.
  • 日本語:人々は、先週起きた大水害で怖さを思い知らされました。

2-6.「frightened」

「frightened」は「怯えた」、「ギョッとした」、「怖がった」という意味です。

ホラー映画やお化けを見た時のようなギョッとする怖さや、怯えるような怖さで使う表現です。

【例文】

  • 英語:She was so frightened when she saw a ghost.
  • 日本語:彼女は、お化けを見た時にとても怯えました。

3.「怖い」の英語のスラング表現:freak out

「怖い」は、日常的によく使う表現なので、スラング表現も色々あります。

その中でも、若者がよく使うスラングが「freak out」です。

「freak out」は「パニックになる」や「訳の分からないことをする」という意味です。

パニック状態になるほど恐怖や驚きを感じた時に使います。急に驚かされて、心臓が飛び出そうになった時、などはまさにこの「freak out」が使えます。

尚、恐怖を感じていなくても、焦ったり、慌てたりしてパニックになっている時や、怒りで頭がおかしくなりそうなときなども使える表現です。

【例文】

  • その1.英語:When I did bungee jump, I freaked out! 日本語:バンジージャンプをした時、怖くてパニックになっちゃった!
  • その2.英語:Stop it! You are freaking me out. 日本語:やめて!怖いから!

4.「怖い」の関連英語

「怖い夢」など「怖い」の関連表現を確認しましょう。

  • 「怖がり」:coward ※臆病者、ひきょう者などの意味があります。
  • 「怖い人」:scary person
  • 「怖いもの知らずの」fearless
  • 「怖くて震える」:shiver with fear, shake with fear
  • 「怖い話」:scary story
  • 「怖い乗り物」:scary ride
  • 「怖い夢」:scary dream
  • 「怖い病気」:dreadful disease
  • 「高所恐怖症」:acrophobia
  • 「広場恐怖症」:agoraphobia
  • 「お化け」:ghost
  • 「お化け屋敷」:haunted house

「怖い夢」や「怖い話」などは、ここでは「scary」を使って紹介しましたが、「怖い」のニュアンスによって「horrifying」など他の形容詞を使ってもOKです。

まとめ:「怖い」の英語をネイティブのように使い分けよう!

英語の「怖い」は、「怖い」の種類によって使い分ける必要があります。

「怖い」は日常的によく使う表現です。英語の中級者以上を目指す方は、「be afraid of」や「be scared」など、基本的な表現以外も、様々な「怖い」を覚えておくと、英語でさらに深い話しができるようになります。

特に、「terrified(terrifying)」や「horrified(horrifying)」などは、ニュースや新聞などでよく出てくる単語なので、押さえておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta