著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「休憩」の英語|2つある表現の使い分けと関連表現一覧

のべ8,011がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「休憩」は、職場や学校など毎日の生活で使う表現です。

仕事の合間のちょっとした「休憩」や、長めの「休憩」など同じ「休憩」でも違う表現があります。

また、「休憩室」「休憩時間」など「休憩」に関する表現も、意外に知らないものが多いかもしれません。

そこで今回は、英会話に大変役立つ「休憩」の英語表現を詳しく紹介します。

目次:
1.「休憩」の英語と違い
1-1.英語の「break」で「休憩」を表現
1-2.英語の「rest」で「休憩」を表現
2.「休憩」に関する英語フレーズ
3.「休憩」の関連英語

1.「休憩」の英語と違い

「休憩」は英語で「break(ブレイク)」と「rest(レスト)」を良く使います。

1-1.英語の「break」で「休憩」を表現

「break」は、もとの意味は、あるものを二つ以上に分裂させて「壊す」、「切断する」、「粉砕する」などの意味があります。

「break」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
ブレイク
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/break.mp3
bréik

仕事や学校の授業などの時間を割いて、間に休みを取ることから「break」が「休憩」の意味で使われています。

「break」に近い表現で、「rest」がありますが、この二つはニュアンスが違います。「break」は、先ほど説明したように仕事や授業などの合間にとる一般的な「休憩」です。息抜きのような軽いイメージで、短めの「休憩」です。

1-2.英語の「rest」で「休憩」を表現

「rest」は、「休息」というニュアンスが強い表現です。疲れなどが溜まっていて身体や頭などをゆっくり休める必要があるときに取る「休憩」です。どちらかというと、時間的には長いイメージです。

「rest」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
レスト
http://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/01/rest.mp3
rést

「break」は合間にとる休憩なので、休んだ後、仕事や授業に戻りますが、「rest」の場合は必ずしもそうとは限りません。その日は、「休息」、「休養」をとって作業に戻らない場合も使います。

それでは、英会話でも使えるフレーズを見てみましょう!

2.「休憩」に関する英語フレーズ

「休憩する」という動詞の代表的なものは「take a break」です。勿論、「have a break」でもOKです。

「ちょっと休みましょう」と、周りの人に声をかける場合は以下の表現です。

  • Let’s take a break.:休憩を取りましょう。
  • Let’s take a ten-minute break.:10分休憩を取りましょう。 ※この場合、「10分休憩」がひとつの名詞扱いになっていて、冠詞の「a」がつきます。また、「minute」も単数形のままなのでこの点も注意が必要です。

何時間か真剣に仕事をして、疲れてしまった時などに「休憩が必要だ」という場合は以下の表現が使えます。

  • I need to take a break.:私は休憩が必要です。 ※「rest」を使って入れ替えることもできます。
  • I need to have a rest.:私は休息が必要です。 ※こちらの表現は、少し重めでかなり疲れていて切実な感じがします。
  • I will get some rest.:少し休みます。これは「I have(take) a break.」とニュアンスは同じです。

3.「休憩」の関連英語

「休憩室」など、「休憩」に関する様々な表現を確認しましょう。

  • 短めの休憩:short break ※「short break(ショート・ブレイク)」は「ちょっと(短い)休憩」というニュアンスでよく使うのでセットで覚えておきましょう。
  • 休憩室:break room(ブレイク・ルーム),common room(コモン・ルーム) ※「staff room(スタッフ・ルーム)」なども「休憩室」の意味合いで使うことがあります。空港やホテルなどで一般客が使える「休憩室」は「lounge(ラウンジ)」で日本語の「ラウンジ」と同じです。「休息」の意味がある「rest」を使った「restroom(レストルーム)」は、一般的にトイレや洗面所を表わすので、「休憩室」の意味では使えません。
  • 休憩時間:break time ※単純に、「break」だけでも、「休憩時間」の意味があります。また、会話では「downtime(ダウンタイム)」等も使います。
  • 休憩の間に:during a break ※「during(ドゥアリング)」は「~の間で(に)」です。
  • (高速道路の)サービスエリア:rest area(レスト・エリア)
  • トイレ休憩:bathroom break(バスルーム・ブレイク), restroom break
  • 昼休憩:lunch break(ランチ・ブレイク)

まとめ:「休憩」の英語は欠かせない表現の1つ!

「休憩」は、毎日の生活の中でよく使う表現なので、基本フレーズと併せて覚えておきましょう。

また、「break」と「rest」をネイティブの感覚で使い分けるとかっこいいですね。微妙な表現ですが、マスターすると相手にシッカリと伝える(聞けることも同様)ことができます。

ここで「休憩」の関連表現としてご紹介したものは、よく使うものも多いのでこの機会にあわせて覚えておくと便利ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計4万6387人が体験中の無料勉強法
(2017年7月22日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta