著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語の悪口|ネイティブが良く使う厳選33個の例文集

のべ250,492がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語で悪口ってどう言うんだろうと気になったことありませんか?

学校では教えてもらえない、英語の悪口。

もちろん、軽々しく言ってはいけない言葉です。間違った場面で、間違った言い方で言ってしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。だから、学校英語ではフランクな言葉や悪口などは教えられません。

しかし、一方で悪口を全く知らないというのも逆に問題です。自分では使わないでしょうが、相手が悪口を言っているのに全く理解できないで笑っていると逆にバカにしているんじゃないかと思われたりしかねません。

それに、英語でテレビ番組を見たり、映画を見たりするときにも悪口は少なからず出てきます。それがわからないと、楽しみも半減してしまいますよね。そんな意味でも、英語の悪口は知っておいたほうが良いでしょう。

今回は、英会話教室でも教えてくれない題材である、「英語の悪口」をご紹介します。なかなか知る機会がない英語の悪口をちょっと覗いてみましょう。

目次:
1.悪意がある間接的な「英語の悪口」
→4個の悪口
2.表現自体が「英語の悪口」
→9個の悪口
3.スラングでの「英語の悪口」
→5個の悪口
4.人の呼び方での「英語の悪口」
→15個の悪口

1.悪意がある間接的な「英語の悪口」

同じ言葉でも言い方によって、褒め言葉になったり、嫌味や悪口になったりする英語の表現があります。

これは、日本語でも同じですよね。

「ありがとう」という一言でも、「はいはい、ありがとう」というような投げやりだと嫌味ですよね。英語でもそのような使い方ができます。

間接的な「英語の悪口」その1.Thank you for your help.

心をこめて言えば感謝の言葉(手伝ってくれてありがとう)です。

でも、おせっかいをやかれて迷惑したとき、恩着せがましくされた時、邪魔な時にも使います。嫌味っぽく言えば悪口になります。

間接的な「英語の悪口」その2.Very funny.

直訳は、「とても面白い」が、これも、言い方が大切です。

わざと、心がこもっていないような棒読みで、「はいはい、面白いですね」という感じで言います。

相手の話がとてもつまらない時、同じ話しを何度もしてくるとき、しつこいときに嫌味を込めて言います。

間接的な「英語の悪口」その3.Too bad.

直訳は、「残念ですね」となります。

しかし、実際には残念だと思ってないけど、「はいはい、それは残念だったね」というような気持ちで心を込めずに言うと嫌味、悪口になります。

間接的な「英語の悪口」その4.As you know.

これも日常会話で良く使う、「ご存知かと思いますが」が直訳となります。

この言葉も言い方によってポジティブにも、嫌味としても使える言葉です。日本語でも近い表現をしますが、あえて相手が知らないようなこと、難しいことに対して「それくらいのことはあなたならご存知でしょうけど」という言い方をして、嫌味として使います。

言い方は大切!
どんな言葉でもそうですが、言い方によって嫌味になったり、励ます言葉になったりします。特にここで紹介した言葉は、意味の振り幅が広い言葉も多く、少し間違えて使うととっても失礼な言葉になります。誤解が起きてしまいかねないので、あまりよくわからないうちは、使わないことが一番です。

2.表現自体が「英語の悪口」

これは、その言葉そのもので、直接的な嫌気や悪口となる英語の表現です。

代表的なものを紹介します。

直接的な「英語の悪口」その1.Whatever.

Whatever you say.でも使います。「どうでもいい」という表現です。

言い方によってはかなり失礼な言葉なので要注意。興味がないからどうでもいいというような意味で使います。喧嘩でお互い言い合いした時に、「はいはい、どうでもいいわ」「勝手にして!」という意味で使います。

直接的な「英語の悪口」その2.Who cares ?

直訳は「誰が気にするの?」という意味で、「だから何?」というニュアンスで使います。

言い方、場面、発音の仕方によってはかなり失礼になるので要注意です。

直接的な「英語の悪口」その3.So what ?

「だから何?」という和訳になります。So?(だから?)でも両方使えます。

相手が言ったことに対して、「だから何?そんなのどうでもいいんじゃない?」というような冷たい意味で使います。親しい友達等にしか使わないですし、友達同士でも言い方を間違えると喧嘩になるので要注意。

同じSo what?でも相手が落ち込んでいる時に、同情する気持ちを込めて使うと、「それが何だって言うの!そんなの(ちっぽけなこと)どうでもいいじゃない!」「誰も気にしないよ」というような励ます言葉として使うこともできます。

直接的な「英語の悪口」その4.Mind your own business.

直訳は「あなた自身のことを考えなよ」です。businessは仕事というより、「すべきこと」という意味合いで使われています。

余計なことを言われたり、されたり、聞かれたりした時に「余計なお世話だ」というふうに言います。言い方によって、レベルの差はありますが、嫌味な言葉なので言い方や使い方には注意が必要です。

直接的な「英語の悪口」その5.Enough of excuses.

「言い訳はたくさんだよ」というふうに言います。

また、「もう、聞きあきたよ」「言い訳ばっかり!」という意味でも使います。これは映画やドラマなどでもたまに出てきます。

直接的な「英語の悪口」その6.You are rude.

rudeは「失礼な」「不作法な」という意味です。失礼な態度をとられた時に「そんな態度ってないんじゃないの?」という意味で使います。

「失礼な人だね」や、「態度悪いね」という感じで表現します。

直接的な「英語の悪口」その7.Her face is made up like a cake.

Her face is made up like a cake. /化粧濃すぎ
直訳は「彼女の顔、ケーキみたいになっているよ」です。

ケーキみたいにベタベタに分厚く化粧塗っているよ(化粧濃すぎ)という意味の悪口です。アメリカのケーキは特に派手なのでイメージ良くないですね。

直接的な「英語の悪口」その8.Just stop harassing me.

Just stop harassing me. /うざいからやめてくんない?
ハラスメントという言葉が日本でも使われますが、harassは「困らせる」や「嫌がらせをする」という意味です。

Just stopは「いいから、もうやめて」というようなニュアンスで、全体で「うざいから、もう止めてくれない?」というふうに言います。

直接的な「英語の悪口」その9.You’re no match for my brains.

直訳は「あなたの頭は私以下」というような意味です。「頭大丈夫?」、「バカだね」、「頭悪いね」というようなニュアンスでバカにした言葉です。かなりの悪口なので要注意です。

JAP(ジャップ)は差別用語か?
JAP(ジャップ)は日本人を差別的に言う言葉だと言われてきました。

古くは夏目漱石が留学中にJAPと言われて差別を受けたというような書物が残っています。大戦中にも差別用語として使われていたようです。

最近でも、無教養な言葉で使わない人も多いですが、単なる略語だと認識しているネイティブもいるようです。大学でも日本語のクラスの略として、JAPとしている大学もあるくらいです。日本公式では基本的にJAPは使いませんが…。聞き取りがうまくできないうちは、ジャップと言われただけで過剰に反応してしまうこともあるかも知れませんが、必ずしも悪口ではない場合もあります。

3.スラングでの「英語の悪口」

ここからは、かなり要注意な悪口です。使う場合にかなり要注意な汚い言葉が多いですが、若者の間やテレビなどで出てくることがあるので、知るためにだけご紹介します。

要注意な「英語の悪口」その1.Shut up!

「シャラップ!(黙れ!)」は日本語でも若者の間で使われるので、なんとなくわかるでしょう。「だまれ!」という意味ですが、言い方によっては「え~、あり得ない!」という驚きのような意味や、「冗談やめてよ!」というような意味合いでも使われます。

どちらにしても、あまりきれいな言葉ではないので使わないほうが良いでしょう。

少し、静かにしていただけますか?と言いたいのなら、「Would you please be quiet?」(静かにしていただけますでしょうか?)などが丁寧です。

要注意な「英語の悪口」その2.Fuck you!

「消え失せろ」や「くたばれ!」という有名な英語の悪口です。

知らない人はいないのではないでしょうか。目上の人などには絶対に使えませんが、アメリカで生活すると意外にこの言葉を聞きます。

しかし、英語や文化を深く理解していないなら使うべきではありません。かなり、汚い言葉です。実際に、アメリカのテレビでは放送禁止用語で、必ず「ピー」が入ります。

要注意な「英語の悪口」その3.You idiot.

「Idiot!」だけでも使えます。

あえて、youを使うことで「お前バカだな!」となり強調される表現です。

要注意な「英語の悪口」その4.Kiss my ass.

直訳は「私の尻にキスをしろ!」です。このことからもわかるようにかなり汚い言葉です。少し頻度は低いですが似た意味で「Bite my ass.」という表現もあります。

「ふざけるな」や「勝手にしやがれ」というふうに使います。

要注意な「英語の悪口」その5.You suck.

「あんた最低だね!」という意味です。

罵倒に近いですが、言い方によっては「全然だめじゃん」というような軽い意味にもなります。

4.人の呼び方での「英語の悪口」

人をバカにしたような英語の悪口が存在します。男女それぞれ存在します。

4-1.女性に対する「英語の悪口」

代表的な悪口が、「Bitch」(嫌な女、態度が悪い女)です。

女性にだけ使います。むかつく女というような意味なので、言われた人はいい気分はしません。喧嘩している時に「You bitch!」という言い方もします。この言葉は「尻軽な女」という意味だと思っている人も多いようですが、実はこの言葉には性的な要素は含まれていません。単に、態度が悪い女という意味です。

bitchy(形容詞)で使う場合もあります。

その他にもこんな表現があります。

  • Stop bitching! 愚痴やめなよ!
  • Bitch Please! 信じられない!
  • old battleaxe クソババア

4-2.男性に対する「英語の悪口」

「jerk」を使って、わがままな奴、自分勝手な奴という意味で使われるのが代表的です。基本的に女性が男性に対して使う言葉です。

「He is a jerk.」「He is such a jerk.」「He is a real jerk」という使い方をします。

その他にも男性へはこんな言い方をします。

  • scum/最低な男
  • fat-ass/ブタ野郎
  • beefcake/筋肉バカ
  • skunk/嫌われ者
  • wimp/弱虫、情けない奴
  • loser/負け犬、ヘタレ
  • airbrain/頭からっぽ
  • mother fucker/クサレ野郎 ※直訳で「母親とやっちゃう奴」っていう意味で、かなり罵倒する表現です。Fuckよりも強く公共の場では絶対に言ってはいけません。
  • asshole/嫌な奴 ※直接的な意味は「尻の穴」です。
  • son of a bitch/最低な奴

これらは本当に汚い言葉が多いので、注意してください。

英語上級者は悪口を使わない!
悪口は、英語を理解していない人ほど使いたい!という気持ちになりがちですが、本当の意味で英語を使いこなしたい場合、相手ときちんとコミュニケーションができるようになりたい場合は、知っておくだけで使わないほうがいいです。

英語の上級者、達人たちはこういう言葉より、相手が気持よくなる言葉、コミュニケーションがスムーズにいく言葉を大切にしているものです。

まとめ:「英語の悪口」は知っているだけで使わない

英語学習者は悪口は知っておくけど使わないというのが基本です。

深く文化や言葉を知った上で使わないとトラブルになる可能性が高いからです。かなり、慣れた人が使っても失敗することがあるのが悪口です。

特に後半に紹介した言葉は、かなり汚く、公共の場では言えない言葉が多いです。万が一言ってしまったら、あなた自身の品性を疑われることもあるので気をつけてください。

使わないと決めて、悪口の言い方を学ぶのはよいことです。

やはり、キレイな言葉しか知らないと、英語圏の文化の一面しか見ることができません。悪口や言い方を知ると、会話や映画などいろんな場面から表面的なことだけじゃない様々なことが見えることができますから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万0251人が体験中の無料勉強法
(2017年9月20日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta