著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

英語で「今日は何曜日、何日、何年、何月?」の質問と答え方の例15選

のべ252がこの記事を参考にしています!

「今日は何曜日ですか?」や「今日は何日ですか?」と聞くことは日本語でもありますよね?

実は多くの日本人がミックスして使っており、相手が混乱することが多いのです。

また、「今年は何年?」や「今は何月?」など関連表現も触れておくと英会話の幅が広がりますね。

よって今回は「今日は何曜日ですか?」などの質問文とその正しい答え方についても例文を使って解説していきます。

目次:

1.「今日は何曜日ですか?」の質問と答え方
・質問:「~は何曜日ですか?」
・答え方:「~は~曜日です」
2.「今日は何日ですか?」の質問と答え方
・質問:「~は何日ですか?」
・答え方:「~は~日です」
3.「今は西暦何年?」や「今日は何月?」の英語
・「~は何月ですか?」
・「~は何年ですか?」

1.「今日は何曜日ですか?」の質問と答え方

家族や友達、同僚など口頭でよく使う表現ですね。

退職して70歳過ぎの私の母もよくこのフレーズを使います(笑)

さて、英語ではどの表現が正しいのでしょうか?また、その受け答えの仕方も確認しておきましょう。

質問:「~は何曜日ですか?」

先ずは「今日は何曜日ですか?」の表現を見てみましょう。

  • 基本:What day is it today? ※この表現がネイティブもよく使います。
  • フォーマル:What day of the week is it today? ※直訳では「一週間の今日は何曜日ですか?」となります。
  • カジュアル:What’s the day today? ※「今日は何曜日?」とうニュアンスですが、これよりも基本の「What day is it today?」がカジュアルな表現としてもよく使われます。

もちろん、「today(今日)」だけではなく、例えば、「What day is Christmas?(クリスマスは何曜日ですか?)」などイベントに入れ替えて使うこともできます。

曜日を聞く時は「day」という単語を使う!

次の答え方でも使う「日曜日~土曜日」の単語には全て「~day」と付くので、だから「day」という意識でOKです。

しかし、「one day」や「day care(デイケア・デイサービス)」など「day」が使われていることから「日」だけと勘違いしている方が多いですが、曜日を表すのも一般的であることを覚えておきましょう!

答え方:「~は~曜日です」

さて、「What day is it today?」と聞かれて知らない場合は「I don’t know.(知りません)」でいいのですが、知っている場合は下記のような感じで答えてみましょう。

下記がその例です。

  • 基本:It’s Thursday today.(今日は木曜日です) ※「It’s(It is)」と主語と動詞を表現するパターンです。
  • カジュアル:Thursday. ※友達同士など簡単に一単語で表現することも多々あります。

下記は曜日の英語となります。

  • Sunday:日曜日
  • Monday:月曜日
  • Tuesday:火曜日
  • Wednesday:水曜日
  • Thursday:木曜日
  • Friday:金曜日
  • Saturday:土曜日

発音や短縮形(略語)などについては、『英語の曜日一覧|4つの効率的な覚え方や省略形・順番・前置詞など』の記事も参考にして下さい。

2.「今日は何日ですか?」の質問と答え方

さて、曜日とは別に「日付」を聞いたり、答えたりすることもありますね。

質問:「~は何日ですか?」

「今日は何曜日ですか?」と同じように頻繁に聞く質問文が「今日は何日ですか?」ではないでしょうか。

  • 基本:What date is it today? ※この表現がネイティブもよく使います。
  • カジュアル:What’s the date today?

もちろん、「today(今日)」だけではなく、例えば、「What date is Mother’s day?(母の日は何日ですか?)」、「What date is the meeting?(その打ち合わせは何日?)」などに置き換えることもできるのは曜日の質問と同じですね。

発音に注意!日付を聞く時は「date」という単語を使う!

曜日を聞く時は「day(デイ)」でしたが、日付に関しては「date(デイト)」を使います。

発音がポイントですね。

「What date is it today?」と聞いたつもりでも「It’s Sunday.」と曜日で答えが返ってくることもあるので、発音に注意しましょう!

答え方:「~は~日です」

この答え方が少しややこしくなります。

下記が口頭での回答例ですが、基本的には序数を使います。

  • It’s 1st of July today.(今日は7月1日です) ※「序数+of+月」という形です。
  • It’s May 30th today.(今日は5月30日です) ※「月+序数」という形ですが、序数を使わずに普通に数字の「It’s May 30 today.」と言うのとカジュアルな表現となります。

下記は文語になり、あまり「今日は~日です」とメールなどで書くことはありませんが、日付の書き方にはアメリカ英語とイギリス英語の順序の違いがあるので留意しておきましょう。

例:2020年11月12日

  • アメリカ英語(月→日→年):11/12/2020
  • イギリス英語(日→月→年):12/11/2020

英語で日付の書き方・読み方|順序や4つのパターンを覚える!』の記事でも詳しく確認しておきましょう。

3.「今は西暦何年?」や「今日は何月?」の英語

最後になりますが、「月」と「年」の聞き方も押さえておきましょう!

また、年についてですが、元号(令和/Reiwaや平成/Heisei)を現時点で使っているのは日本だけなので、基本的には西暦で答えないと相手が混乱するので注意しましょう。

「~は何月ですか?」

「今日(今)は何月ですか?」という英文は下記が一般的です。

  • what month is it today?
  • What month is this?

ただ基本的には、日付を聞くのが一般的ですね。

「~は何年ですか?」

特に新しい年になって数カ月はこの質問(今は何年だっけ?)はけっこうありますね。

その場合は次のような質問文でOKです。

  • What year is it now?
  • What year is this?

まとめ:日頃から英語のカレンダーに慣れておこう!

いかがでしたでしょうか?

「曜日」と「日付」の聞き方での「day」と「date」の使い分けと発音には十分に注意しましょう。

また、いつでも質問に答えられるには日頃から日付と曜日の英語に触れておくことが必要です。そのためには、スケジュールを英語で付ける癖をお勧めしています。

スケジュールの英語|ビジネスでも活用!18例文と略語など』の記事も参考にして毎日英語に触れる習慣を付けておきましょう!

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)