著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

issueの意味と使い方|2品詞(動詞と名詞)での例文や熟語一覧など

のべ199がこの記事を参考にしています!

「issue」をニュースなどで聞いたり、新聞で見たりすたことがありますか?

口語的に日常会話で使うことは少ないのですが、ビジネスの世界では必須の表現の1つです。

「私は日常会話しか興味がないからいいや」では、リスニング力の向上にもなりません。

また、名詞の場合ですが、「It’s a big problem.」と「It’s a big issue.」の違いが分かりますか?

これらは、ネイティブの会話でもよく聞くフレーズです。

よって今回は、「issue」の用途を中心に例文を用いながら解説していきます。動詞と名詞、どちらでも大切な意味を持つのでシッカリと確認していきましょう!

目次:

1.「issue」の発音と単語のイメージは?
2.動詞としての「issue」の意味と例文
・~を発行する(本・株式・命令など)
・~を支給/交付する(物資・証明書など)
・~を放つ(モノ)
3.名詞としての「issue」の意味と例文・熟語
・発行・交付
・問題・事柄
・「problem」との違いは?
・よく使われる熟語一覧

1.「issue」の発音と単語のイメージは?

「issue」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
イシュー
íʃuː

スペルで「s」が2つ重なっている点は注意が必要です。規則変化動詞なので、過去形・過去分詞は「issued」となります。

また、この「issue」ですが、動詞の場合は「外(外側)に出る」名詞の場合は「すでに外(外側)に出ている」というイメージができればこれからの「issue」の意味や使い方がスムーズに頭に入ってくるかと思います。

それでは、次の章から品詞別での例文なども見ていきましょう!

2.動詞としての「issue」の意味と例文

主に目的語(~を)が必要な他動詞として使わえるケースがほとんどです。

自動詞と他動詞については、『自動詞と他動詞の違いと2つの正しい見分け方・両方使える動詞一覧』で詳しく解説していますので、ご参考下さい。

~を発行する(本・株式・命令など)

「~が発行される」という受け身のパターンも多いです。

下記がその例文です。

  • The order was issued by him.(その命令は彼により発行されました)
  • I have a new book to be issued soon.(もうすぐ新しい本が発行されます)
  • They issued my air ticket late.(彼らは遅れて私の航空券を発行・発券しました)

など。

「issuer」とは?

「issuer(イシュアー)」とは、「発行人」であり、金融業界ではクレジットカード会社を指します。

もちろん、他の分野でも使える単語で、「Who is an issuer of the ID?(そのIDの発行人は誰ですか?)」などで使えます。

~を支給/交付する(物資・証明書など)

物資などを配給する場合にも使われる表現です。

「issue +人 with モノ」やその受け身(be issued with モノ」という形で表現するパターンが多いです。

下記がその例文です。

  • They issue me with the permit.(彼らは私に許可書を交付します) ※訳として「発行しました」となっても問題ありません。「When was your ID issued?(個人証明書はいつ発行されましたか?)」など。
  • They were issued with some food.(彼らは食料を配給されました)

など。

~を放つ(モノ)

自動詞としても使えて、その場合は前置詞と一緒に「issue (forth) from ~(~から出る)」という意味になります。

下記がその例文です。

  • It issues some noise.(それは騒音を出しています)
  • The bad smell seems to issue forth from the place.(悪臭がその場所から出ているようです) ※自動詞の例文です。

など。

3.名詞としての「issue」の意味と例文・熟語

さて、次は名詞として使われる「issue」です。

発行・交付

出版物での「~号」、放出、支給や株式などすでに外に出ているモノというイメージです。

下記がその例文です。

  • When is the date of issue?(いつが発行日ですか?) ※「date of issue」の形はよく使います。
  • That’s the latest issue.(それは最新号です) ※「the current issue」でも同様です。

など。

問題・事柄

問題点や論点、話題などを指す時によく使います。

下記がその例文です。

  • What’s the big issue?(何がそんなに大問題なの?)
  • The some hot issues rose.(いつくかの熱い話題が上がりました)
  • We are facing environmental issues.(私たちは環境問題に直面しています)

「health issue(健康問題)」や「family issue(家庭内問題)」、「international issue(国際問題)」などの表現もできます。

「problem」との違いは?

問題という名詞で多くの方が知ってる単語が「problem」ではないでしょうか?

それと、「question」や「trouble」も「問題」と訳しますね。それらの違いは何なのでしょうか?

下記がその違いです。

  • issue・・・議論される問題 ※例:We discussed the issue.(その問題について議論しました)
  • problem・・・解決すべき問題 ※例:I need to solve the problem.(その問題を解決しないといけない)
  • question・・・情報としての問題 ※例:I answered the question.(その問題に解答しました)
  • trouble・・・揉め事としての問題 ※例:He is in trouble.(彼は問題の中にいます=トラブル中です)

簡単に言うと、意見として賛否両論があるのが「issue」、一方で解決しないといけない事柄が「problem」と覚えておけばOKです。

「Your age, sex and nationality are not the issues. Your personality is the problem.(あなたの年齢、性別、国籍は論議すべき問題ではありません。あなたの性格が解決すべき問題です)」など、同じ英文内に使っても大丈夫です。

よく使われる熟語一覧

名詞の「issue」はよく熟語として登場するケースも多いです。

下記がその一例です。

  • I took issue with him over the global warming.(地球温暖化について彼に異議を唱えました) ※「take issue with(~に反対する)」となります。
  • I have issues with her.(彼女には不満を持っています)
  • He always avoids any issue.(彼はいつもどんな問題もはぐらかします) ※「avoid(アヴォイド)」は「避ける」という動詞です。
  • It is still at issue.(それはまだ議論中です) ※「It is at issue whether we should stop our project.(プロジェクトを止めるべきかどうかを今議論しています)」など。

まとめ:動詞と名詞のどらちでも活躍する「issue」

いかがでしたでしょうか?

英語学習者であれば、特に文語やニュースなどで「issue」という単語には触れたことがあるかと思います。

今回、シッカリと「issu」について学んだことで、「外に出る・外に出ている」というイメージの場合に使う単語だという認識が持てればOKです。

「発行する」、「交付」などの和訳は二の次で構いません。何となくその感覚を掴むことが大切です。

例文などを読み返して先ずは「issue」のニュアンスを身に付けることを優先させましょう!

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)