著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「きっかけ」の英語|triggerなどビジネスでも使える8単語や例文

のべ137がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「出会いのきっかけ」、「ちょっとしたきっかけ」など「きっかけ」を英語でどう表現するのでしょうか?

英単語を覚えようとしても「きっかけ」という単語を覚えたという方は少ないのではないでしょうか。

でも会話には欠かせない表現の一つですね。

よってここでは、例文を使いながらビジネスなどのフォーマルでも使う「きっかけ」の英語を質問文と回答文としてご紹介します。

目次:

1.「きっかけ」の基本英単語と熟語
・「make ~」と「start when(after)」できっかけ:「行動の理由」
・「bring ~ to」できっかけ:場所を移動した理由
・「trigger」と「inspire」できっかけ:行動開始の理由
・「how did ~?」できっかけ:経緯の理由
・「chance(opportunity)」できっかけ:何かの機会
2.ビジネスでも使える「きっかけ」の例文

1.「きっかけ」の基本英単語と熟語

「きっかけ」でも使う場面などで使い分ける場合があります。

常に同じ単語や熟語を使っていては、相手が「?」となるので注意しましょう。

それぞれの使い方を見ていきますね。

「make ~」と「start when(after)」できっかけ:行動の理由

「make + 人(もの) + 動詞」という形で「きっかけ」を表現する場合があります。

「make」は「作る」という意味だけではありません。

日常英会話では欠かせない「make」。『英語の「make」の使い方・意味|18の必要熟語や例文集』の記事も参考にしてみて下さい。

「make + 人(もの) + 動詞」の形は、「why(なぜ)」と同じ意味だと考えて下さい。

「何がきっかけで、あなたは勉強を一生懸命しているの?)」という英文はどうなるのでしょうか?

「何がきっかけなの?」という場合です。

  • What makes you study so hard?
  • Why do you study so hard?

要するに「行動の理由」を聞く場合の「きっかけ」に使うのが、「make + 人(もの) + 動詞」です。

これと似ているのが、回答文で使う「start when(after)」です。

「~かの後(時)にそれがきっかけで~が始まった」という感じです。

先ほどの質問文の回答を当てはめると下記となります。

  • 英文(回答文):I started studying hard after failing the exam. ※「because I failed the exam」でも構いません。
  • 和訳:試験に落ちたのをきっかけに(後に)一生懸命勉強し始めました。

「bring ~ to」できっかけ:場所を移動した理由

例えば引っ越しで東京に来た理由などを聞く場合に使います。

  • What brought you to Tokyo?(何がきっかけで東京に来たんですか?」
  • What brought him here?(何がきっかけで彼はここに来たの?」 ※hereやthereの場合は、「to」は不要です。

回答文は「because」や「The reason is ~」などを使うとOKです。

下記が回答例です。

  • Because I started working in Tokyo.(東京で働き始めたのがきっかけです) ※「東京で働き始めたからです」と同じで、少しフォーマルに答えると「The reason is that I strated working in Tokyo.」となります。
  • I have no idea.(分かりません) ※「I have no idea why he came here.」や「I don’t know why.」でも同様です。

「trigger」と「inspire」できっかけ:行動開始の理由

「make~」に似ている表現です。

しかし、ネイティブが実際の英会話でとてもカジュアルに使う表現だと思って下さい。

それそれの意味は下記となりるのでそのニュアンスを掴んでみて下さい。

  • trigger(トリガー)・・・名詞で「引き金」という意味となります。動詞では、「事を起こす」、「引き金を引く(pull the triggerと同じ)」となります。
  • inspire(インスパイヤー)・・・発奮させる、鼓舞する

この2つを使った質問文は下記となります。

  • What triggerd that?(それが起こったきっかけは何?) ※「何がそれを起こしたの?」、基本的にもの・こと(accidentなど)に使われます
  • What inspiered you to start your own business?(何がきっかけで独立したの?) ※「何があなたを自分の会社をもつように発奮したの?」、基本的に人に使って、「inspire + 人 + to 動詞」という形になります。

「how did ~?」できっかけ:経緯の理由

これは質問の時のみに使える英文です。

「何がきっかけ(どのようにして)出会ったの?」やなど、そのようになった経緯を質問する場合に使います。

  • How did you meet her?(何がきっかけで彼女とであったの?)
  • How did you get into football?(何がきっかけでサッカーに興味をもったの?) ※「how did you get into ~?」は「何で~に興味をもったの?」などの時に使える表現です。

「chance(opportunity)」できっかけ:何かの機会

いい意味でのきっかけを表現する時に使うのが「chance(チャンス)」と「opportunity(オポチュニティー)」です。

「これをきっかけに頑張りましょう!」や「これは何かのいいきっかけです」と表現する時に使えます。

opportunityはchanceよりフォーマルで丁寧な言い方だと思ってOKです。

下記がその例文です。

  • This is the chance for you to improve your English.(これはあなたの英語力を伸ばせるいいきっかけです・機会です)
  • This is a big opportunity for your future.(これはあなたの将来にとってとても大きなきっかけです・機会です)

2.ビジネスでも使える「きっかけ」の例文

ここでは、上記で挙げた例文以外でフォーマルな会話でも使えるよく使う例文をピックアップしました。

例文と一緒に紹介していますので、参考にしてみて下さい。

  • 興味を持ったきっかけ:The reason why I have an interest in Japan is that I watched Japanese TV when I was a child.(私が日本に興味をもったきっかけは、子供の頃に日本のテレビ番組を見たことです)
  • 会話のきっかけ:I was looking for a chance to talk to the business person.(そのビジネスマンと話すきっかけを探していました)
  • 出会いのきっかけ:I met him beacause we went to the same school.(彼と出会ったきっかけは、同じ学校に通っていたからです)
  • きっかけを与える:I gave him a chance to think deeply about it.(彼にそれについて真剣に考えるようにきっかけを与えました)
  • きっかけを作る:I made an opportunity for you to study overseas.(あなたが留学するきっかけを作った)
  • きっかけをくれた:I was given a chance by my friend to have a meeting with the company.(友達がその会社と会合を持つきっかけをくれました)
  • ちょっとしたきっかけ:Not a big reason that I started playing piano.(ちょっとしたきっかけでピアノを弾き始めました)

ここでご紹介したのは一例です。「きっかけ」のニュアンスが英語で伝えることが出来ればOKですので、色んな言い方をトライしてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta