著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

我慢(する)の英語と発音|7個の単語・熟語の違いと使い分け・スラング

のべ204がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「我慢」や「我慢する(耐える)」は英語でどう表現するのでしょうか?

ネイティブがよく使う表現がいくつかありますが、微妙にニュアンスが違うので使い分けなど慣れるのに多少時間がかかるかもしれません。

先ずは簡単に使えるものからマスターして、他の表現も身に付けるのがベストでしょう。

よってここでは、スラングも含めた気軽な表現からフォーマルな文語でも使う表現まで例文をつかって「我慢する」の英語を解説します。

目次:

1.基本的な「我慢する」の英語と例文:単語・熟語
・「stand」
・「bear」
・「endure」
・「patient」
・「put up with」
2.スラングや慣用句で表現する「我慢する」の英語と例文
・「hold it (in)」
・「bite the bullet」
3.「我慢」に関連する英語とその他の表現

1.基本的な「我慢する」の英語と例文:単語・熟語

「我慢する(耐える)」の英語は、微妙に使う場面やニュアンスが違うのでそれぞれの使い方を知っておく必要があります。

「stand」

口語的な表現でネイティブもよく使う「我慢する」の動詞です。

「stand」は「stand up(立ち上がる)」という熟語で日本人にも馴染みがある単語ですが、「我慢する・耐える」という場合にも頻繁に使います。

一般的に、「嫌なこと・不快なこと」を我慢するという幅広い場面で使えます。

「stand」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
スタンド
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/10/stand.mp3
stǽnd

この「stand」ですが、「cannot」や「could not」と否定形(我慢できない・できなかった)として使うのが多いです。

  • I can’t stand it.(我慢できない) ※「もう我慢できない!」という場合は、「I can’t stand it any more.」や「I can’t stand it any longer.」という表現をします。「うんざり」や「もー嫌だ」という意味でもそのまま使えます。
  • I couldn’t stand him saying bad things about others(人の悪口ばかり言う彼に我慢できなかった) ※このように対象が人・行動になることもあります。

「bear」

熊(クマ)という単語でもある「bear」

ここでは動詞として使うのですが、先ほどの「stand」より文語的、またフォーマルな言い方だと思ってください。

また、「stand」の時より、苦痛や不快などが強いときによく使われます。

「bear」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ベアー
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/10/bear.mp3
béər

「stand」と同様に否定形で使われることが多いです。

  • I can’t bear the pain.(その痛みには耐えられません・我慢できません)
  • I could not bear being treated badly.(雑に扱われていたのに我慢できませんでした)

「endure」

「endure」はあまり馴染みのない単語かもしれませんが、長期的に我慢しているイメージだと思ってください。

また、フォーマルな言い方でもあります。

「endure」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
インジュアー
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/10/endure.mp3
indjúər

下記が例文となりますが、長期間我慢しているニュアンスです。

  • I endured the situation.(その状況に耐えました・我慢しました)
  • He endured it for many years.(彼はそれに何年も耐えていました) ※あえて、長期間を表現する単語を付けてOKです。

「patient」

「patient」は、名詞で「患者」という意味もあります。

ここでは、我慢している状態を表現する形容詞となります。

我慢強い(忍耐強い)様子を表現する場合に使う表現です。

「patient」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ペイシェント
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2019/10/patient.mp3
péiʃənt

命令形や別の名詞(patience)を使うケースが多いです。

  • Don’t be patient.(我慢しないで!) ※何かに我慢強く耐えている相手にかける言葉です。この反対で「Be patient!(我慢しなさい!)」という場合もあります。
  • Thank you for your patience.(お待ちいただきましてありがとうございます) ※直訳は「あなたの我慢に感謝します」となり、ビジネスシーンなどでも使える表現です。
  • I want to see you, but I’ll be patient.(会いたいけど我慢する) ※「I miss you, but I’ll be patient.(寂しいけど我慢する)」などの表現もできます。

「put up with」

嫌なことを我慢して耐え、そして受け入れるというニュアンスがあるのが「put up with ~」となります。

ネイティブがよく使う熟語でもあり、「stand」より更にカジュアルなニュアンスです。

下記がその例文です。

  • You have to put up with it no matter what.(何が何でもそれに耐えて・我慢して下さい)
  • I put up with you for quite a while.(しばらくの間、あなたに我慢してきた)

2.スラングや慣用句で表現する「我慢する」の英語と例文

ここでもスラング的にカジュアルに使える「我慢する・耐える」の表現をご紹介します。

「hold it (in)」

おしっこ(トイレ)など生理現象などを我慢する場合に使う表現です。

「it」の部分にはくしゃみ(sneeze)やおなら(fart/gas)、ゲップ(burp)などの単語にも置き換えることができます。

  • I had to hold it.(トイレを我慢しました)※「おしっこ」などあえて単語は使わずに、「it」で表現するのがマナーです。
  • He held in a sneeze.(彼はくしゃみを我慢しました) ※「held(ヘルド)」は「hold」の過去形です。

また、他のスラングで、「suck it up」という表現がありますが、「グダグダ愚痴を言うな」という表現です。

我慢しろ!という場合に「Suck it up!」と言います。「suck(サック)」は「吸い込む」という単語です。苦しみを飲み込み我慢するイメージですね。

「bite the bullet」

「bit(バイト)」は噛むという動詞、「bullet(ブリット)」は銃弾という名詞で、直訳は「銃弾を噛む」となります。

これで我慢するという状態を表現しています。「Suck it up!」と同じように命令形で「Bite the bullet!」となります。

また、「言いたいことを我慢する」という場合は「bite one’s tongue.」(直訳:~の舌を噛む)という表現を使います。

「I bit my tongue then.(その時、言いたいことを我慢しました)」で「bit(ビット)」は「bite」の過去形です。

3.「我慢」に関連する英語とその他の表現

  • 我慢の限界:boiling point(沸点)、the limite of patience、「I can’t stand it anymore.」という文で表現できます。
  • 我慢強い:very patient、「He is so patient.」などでもOKです。
  • やせ我慢:「put up with ~」で十分通じますが、正式な表現は「put up with ~ out of pride」などとなります。

また、「大目に見て我慢する」という場合もありますね。

その場合は「tolerate(トレレイト)」という単語を使います。

  • I tolerated his mistake.(彼のミスを大目に見て我慢しました)
  • We don’t toloerate it.(私たちはそれは大目にみません・我慢しません)

それと、「泣きたいのを我慢する」という場合など、「~をしないようにする」という表現でできますね。

「try not to 動詞」の形です。

  • I try not to cry.(泣かないようにする=泣くのを我慢する)
  • He tried not to complain.(文句を言うのを我慢する)

など。

ここまでご紹介したようにその場面に会った英語、また一つの表現だけで固まらないように英会話の幅を広げていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta