著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

3つのパターン!「so that」と「so~that」構文の意味と使い方・例文

のべ370がこの記事を参考にしています!

「so that構文」は主に下記を表現する場合に使います。

  • 目的
  • 結果
  • 程度と結果

これでけ言っても難しいですよね?

口語でも文語のどちらでも役立つのが「so that構文」なので、この使い方を習得すると英語の幅が確実に広がります。

よって今回は、表現する意味ごとに例文を使いながら「so that」の用法を解説していきます。また、言い換え、仮定法のような使い方、また他の表現との違いも説明するので是非、英会話にも活かして下さい。

目次:

1.目的を表現!「so that」構文の意味
・「so that」節で使われる助動詞は?
・カジュアルに「so」や「that」を省略できる
・「in order that/in order to」への言い換え
2.結果を表現!カンマを使った「, so that」構文の意味
3.程度と結果を同時に表現!「so ~ that」構文の意味
・「so ~ that」の倒置
・「such 名詞 that」との違い
・「too 形容詞 to」との違い

1.目的を表現!「so that」構文の意味

この場合の形は、「英文A(SV)so that 英文B(SV)」となります。

2つの文を繋げるので接続詞的な役割となります。

意味は次のようになります。

  • BをするためにAをする
  • AをすることでBになる
  • Aをする、それでBが出来る

など。

言葉じゃ難しいですよね。例文を見てきましょう。

下記がその例文です。

  • He studied hard so that he could pass the exam.(試験を合格するために、彼は一生懸命勉強しました)
  • Keep quiet so that everyone can listen.(黙って下さい、そうすることでみんなが聞けます)

など。

あくまで、「Bをすることが目的で、そのためにAをする」という場合に使うのが「so that」構文の1つの使い方となります。

「so that」節で使われる助動詞は?

「so that」の後ろ、つまり英文Bのところでは「will(~するように)」、「can(~できるように)」、「may(~するかもしれないから)」の助動詞を基本的に使います。

「may」は少し丁寧な言い方になります。

基本的に英文Bには、助動詞が必須となります。「主語+動詞+so that+主語+助動詞+動詞 」というのが正しい形です。

例文を見ながらその意味と使い方を見てみましょう。

  • I’m making dinner now so that it will be ready soon.(すぐに食べれるように、今夕食を使っています。)
  • Please come to our party so that we can enjoy more.(もっと楽しめるから、是非パーティに来てください)
  • We should arrange the meeting so that they may propose another offer.(彼らが別のオファーをするかもしれないから、打合せを持つべきです)

など。

カジュアルに「so」や「that」を省略できる

「so that」構文をカジュアルに口語、文語でも省略して表現することがありますが、フォーマルな場合は避けるようにしましょう。

しかし、省略できるとも、「so」か「that」のどちらかで、「so that」の両方省略されることはありません

下記がその例文です。

  • He is doing his homework now so(that)we can go out.(外出できるために、彼は今宿題をしています)
  • I will buy formal wears(so)that I may go to her wedding party.(彼女の結婚式に行くかもしれないから、正装を買います)

「in order that/in order to」への言い換え

「in order that」構文は、「so that」のフォーマルな言い方で、文語的表現だと思って下さい。

また、英文Aと英文Bで主語が同じであれば、「in order to/to不定詞」とすることも多いです。
下記がその例文です。

  • I will give you a clue in order that you can discuss the problem.(その問題について議論するために、あなたにヒントを与えますね)
  • I went there in order to meet him.(彼に会うためにそこに行きました) ※「I went there to meet him.」のto不定詞よりもフォーマルな言い方になります。

など。

2.結果を表現!カンマを使った「, so that」構文の意味

この構文は、「~をした、だから~になった」という結果となります。

「カンマ(,)」があるだけで全然意味が変わりますね。

この場合は、「so that」の後ろの文に助動詞は必須ではなくなりますが、別の助動詞を使うこともあります。

下記がその例文です。口語であれば、「that」を省略することも多いですね。

また、3つ目の例文のように、仮定法のような使い方もできます。

  • I slept naked, so that I got cold.(裸で寝たので、風邪を引きました)
  • My phone got broken, so(that)I had to go buy new one.(携帯が壊れたので、新しいのを買いに行かなくてはいけませんでした)
  • Work harder, so that you could get promoted.(もっと働きなさい。そうすれば昇進するかもしれないよ) ※「if you work harder, you could get promoted.」と同じ意味になりますね。

カンマ(,)があるだけで、目的の「so that」とは違うことを意味しています。

3.程度と結果を同時に表現!「so ~ that」構文の意味

「とても~だからーです」という場合に使うのがこの形です。

「so」と「that」の間には、形容詞か副詞を置くのが基本です。

下記がその例文です。

  • He walks so fast that I cannot follow him.(彼はとても早く歩くから、追いつけません) ※この場合の「fast」は副詞です。
  • She is so beautiful that everyone wants to have a date with her.(彼女がとても美しいので、誰でも彼女とデートがしたい) ※ここでは「beautiful」が形容詞です。

など。

「so ~ that」の倒置

soとthatの間に入る、形容詞・副詞を強調したい場合は、倒置法を使います。

この場合の形が形容詞か副詞(動詞を修飾している)によって形が異なります。

  • 形容詞の場合・・・So 形容詞+動詞+主語 that ~
  • 副詞の場合・・・So 副詞+do+主語+動詞の原形 that ~ ※文が過去形の場合は、「do」は「did」に変化します。

これも基本形だけを見ても難しいですね。

下記がその例文です。

  • 形容詞の場合・・・So sad is he that he cries all day.(彼はとても悲しんでいたので、一日中泣いています)
  • 副詞の場合・・・So hard did she work that she looked tired.(彼女はとても一生懸命働いたので、疲れているようでした)

など。

倒置の形は初心者の方は難しいかもしれませんが、慣れてきたら使ってみましょう!

「such 名詞 that」との違い

「so ~ that」の意味や使い方は全く同じですが、間に入るのが「名詞句(形容詞+名詞)」の場合は、必ず「such ~ that」構文となります。

下記がその例文です。

  • It was such a terrible mistake that I was very disappointed.(それはとてもひどいミスだったので、とても落ち込みました) ※「The mistake was so terrible that I was very disappointed.」と同じ意味となります。
  • He is such a kind person that we all like him.(彼はとても優しい人なので、みんな好きです) ※「He is so kind that we all like him.」と同じ意味です。

「too 形容詞 to」との違い

「so ~ that 主語 cannot(否定形)」と同じ意味になるのがこの形です。

意味は、「~しすぎてーが出来ません」となります。

下記がその例文です。

  • It was too boring to concentrate on the story.(とても退屈過ぎて話に集中できませんでした) ※「It was so boring that I (we) could not concentrate on the story.」と同じになります。
  • The problem is too difficult to answer.(その問題は難しすぎて解けません) ※「The problem is so difficult that we (I) cannot answer it.」と同じです。

まとめ:「so that」構文を使い分けれるようになると便利!

「so that」構文はネイティブもよく使う形です。

用途別に使い分けができれば、英語初級者から次のステップに行けます。是非、この機会に習得しましょう。

しかし、最初は間違って使うこともあります。トライ&エラーで英語は上達します。間違えを恐れずにドンドン使ってみましょう!

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)