著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「痛い」の英語|4つある表現と28個の役立つフレーズ一覧

のべ9,904がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「体の~が痛い」や「痛みを和らげる」など、「痛い」の表現は多く存在します。

それらを英語では何と表現するのでしょうか?

また、日本語にある「痛いところをつく」や「痛い痛いの飛んでいけ!」など独特の表現も英語にはあるのでしょうか?

それと日本語独特の「ヒリヒリ・ズキズキ痛い」などの表現はどのように英語で言えば言いのでしょうか?

よってここでは、様々な「痛い」や「痛み」の英語をご紹介します。どこかにぶつかった時、相手に痛みを伝える時に使ってみて下さい。

目次:
1.「痛い」の英語
1-1.「~が痛い」の4つの基本英語と読み方(発音)
1-2.「痛い」の関連英語表現やフレーズ
2.会話に役立つ!体の部位の「痛い」を英語で表現
3.ネイティブがよく使う「Ouch(アウチ)」とは?

1.「痛い」の英語

「痛い」の英語は1つだけではありません。

また、会話で使える「痛い」に関係するフレーズも習得しましょう!

1-1.「~が痛い」の4つの基本英語と読み方(発音)

「~が痛い」の英語でネイティブが良く使う表現は下記の4つです。

「pain」、「hurt」、「ache」、「sore」をそれぞれ見てみましょう!

  • その1.I have a pain in ~:「pain(ペイン)」は「痛み」の名詞になります。直訳すると「私は~に痛みがあります」となります。例えば、膝(ひざ)が痛い場合は、「I have a pain in my knee.」となります。両ひざが痛い場合は、「knees(ニーズ)」になります。また、形容詞の「painful」を使って、「I have a painful knee.」でも同様になります。
  • その2.~ hurts:「hurt(ハート)」は「痛める」という動詞です。「~を痛めている」という意味で、「痛い」を表現します。上記と一緒で、膝が痛い場合は、「My knee hurts.」になります。または形容詞で「I have a hurt knee.」としてもOKです。また、「heart(ハート・心)」との発音の違いは「hurt」は口をあまり開けずに「r」を意識して言うのに対して、「heart」は日本語のハートのように口を開けるのが違いでコツとなります。
  • その3.~ is aching.:「ache(エイク)」は痛みという名詞でよく体の部位と一緒に使わえることが多いですが、動詞としても使われます。「My knees is(has been)aching.」などの表現になります。
  • その4.I have a sore ~.:または「My back is sore.」という形容詞として使われるケースが多いです。

しかし、これらの4つの違いは何なのでしょうか?

「pain」、「hurt」、「ache」、「sore」の違いは?

どのような場面でどの単語を使えばいいか迷いますよね。

会話の中では厳密に考えなくてもいいのですが、下記のような違いがありますので参考にしてみましょう。

  • 「pain」:急な痛みなどの時によく使います。しかし、痛み全体を指す一番一般的な表現です。
  • 「hurt」:傷つけられた痛みとなります。つまずいた、など原因が分かっている時にも使います。
  • 「ache」:長引いている、慢性的な場合などに使います。動詞で使う場合は、「My right hand has been aching.」など現在進行形で使う場合が多いです。
  • 「sore」:触れると痛いという感じになります。

また、口語の比喩的表現で、「体の部位+ is(are) killing me!」という表現もあります。殺されるくらい痛い!というのもあるので押さえておきましょう!

1-2.「痛い」の関連英語表現やフレーズ

「痛み」や「痛い」のフレーズをピックアップしました。

  • 「痛み止め」:pain killer
  • 「(痛みを)和らげる」:relieve(リリーヴ) ※「ease(イーズ)」、「lessen(レスン)」、「comfort(コンフォート)」や「alleviate(アリーヴィエイト)」などの動詞の英単語でもOKです。
  • 「ひどい痛み(激痛)」:sever pain(シヴィアー・ペイン) ※「bad pain」や「terrible pain」でもOKです。「急性」は「acute(アキュート/激痛の時にも使える単語です)」、「慢性」は、「chronic(クロニック)」になります。
  • 「心が痛い(痛む)」:My heart aches ※「I feel sad(私は悲しい)」という英語でもOKです。「ache(エイク)」は体や傷の痛みにも使える単語です。
  • 「痛いところ(弱点)」:weak points ※「痛いところをつく」の英語は「hit home」という表現があり、胸にぐっとくるという時にも使える表現です。

2.会話に役立つ!体の部位の「痛い」を英語で表現

「体の~が痛い」というのは、日常生活の中で使ったり、聞いたりしますね。

また、日本語の「痛いの痛いの飛んでいけ!」は英語であるのでしょうか?

  • 「頭が痛い(頭痛)」:have a headache
  • 「歯が痛い(歯痛)」:have a toothache ※虫歯が痛いという時にも使えます。
  • 「お腹が痛い(腹痛)」:have a stomachache
  • 「腰が痛い(腰痛)」:have a backache ※「back pain」も使います。
  • 「筋肉が痛い(筋肉痛)」:have a sore muscle ※「muscle pain」でもOKです。「sore(ソアー)」は「痛い」の英語です。
  • 「関節が痛い(関節痛)」:I have joints pain. ※医療用語では、「arthralgia」と表現します。
  • 「下腹部が痛い」:I have a lower abdominal pain. ※「abdominal(アブドミナル)」は「腹部・腸」を表現する単語です。
  • 「肩が痛い」:I have a painful shoulder. ※このケースでは「painful」の形容詞を使ってみました。
  • 「体が痛い」:My body is sore. ※大げさに言ったりする場合は、「My body hurts.」や「My whole body aches.」など言う場合もあります。
  • 「傷が痛い」:I have a a painful wound. ※「wound(ウンド)」は傷という単語です。
  • 「靴が痛い」:My tight shoes are killing me! ※直訳は「きつい靴が私を殺しています!」となり比喩的な表現にしています。「My feet hurt because of my tight shoes.」などでもOKです。
  • 「口内炎が痛い」:I have a canker sore.
  • 「日焼けが痛い」:Sunburn is killing me! ※「I have a painful sunburn.」でも同様です。
  • 「陣痛が痛い」:I have a labor pain.
  • 「痛いの痛いの飛んでいけ!」:Pain pain go away! ※または「Kiss it better!(キスするとよくなる!)」や「There, there」という表現も同様です。おしゃれな言い方ですね。
  • 「鈍痛」:dull pain
  • 「慢性的な痛み」:chronic pain
  • 「急性的な痛み」:acute pain
  • 「ヒリヒリ痛い」:~ is sore. ※触ると痛いぐらいなので、形容詞の「sore」がベストです。辛い物を食べてヒリヒリ痛い時などにも使えます。
  • 「チクチク痛い」:I have a pricking pain. ※針で少しさすような痛みの時に使います。「stinging pain」でもOKです。
  • 「ジンジン痛い」:I have a tingling pain.
  • 「ズキズキ痛い」:I have a throbbing pain.

「ヒリヒリ」などの表現は基本的には英語であまり使いません。「pain」、「hurt」、「ache」、「sore」の4つを基本にして表現できればOKです。

3.ネイティブがよく使う「Ouch(アウチ)」とは?

映画や海外ドラマでも、「Ouch!」という場面は多々あります。

どのような場面で使うのでしょうか?

上記の写真のようにチクッとした時や、机の角に当たって、一瞬「痛い!」や「痛っ!」という時に使います。長引いている痛みには使わない表現なので気を付けましょう!

まとめ:「痛い」や「痛み」はシッカリ英語で表現できるように!

急激な痛みだったり、どの場所が痛いのか?など、海外で何か病気にかかった際にもちゃんと説明する必要があります。

特に海外の医者に診てもらう場合には必須になります。

よって、ここでご紹介した英語表現をマスターすることで、いざという時に大変役立ちます。何かしらの痛みが出た時は「これは英語ではどのように表現するのだろう?」など、日頃から英語で考えるようにしてみて下さい。

無理に暗記などで覚えるのではなく、日常生活の中での英語で考える意識付けが必要です。もっと楽に英語が吸収できますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta