著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「目次」の英語|プレゼンにも必要!7つの関連英語も紹介

のべ86,973がこの記事を参考にしています!

本を手にした時、何かの資料を見る時には、必ずと言っていいほど「目次」を目にしますが、その英語は何なのでしょうか?

また、プレゼン資料にも欠かせないのが英語の「目次」の表記です。卒論や論文などの作成にも絶対に必要なものです。

最後には、どれくらい「目次」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

よって今回は、1つの英単語だけでは表現できない「目次」の英語とその違いや「目次」には欠かせない関連した英語もご紹介します。

目次:
1.「目次」の英語と使い分け
2.「目次」に関連した英語表現

まとめクイズ:「目次」の英語は大事な情報!

1.「目次」の英語と使い分け

「目次」の英語は3つありますが、そのニュアンスや使い方に違いがあります。

下記がその解説となりますので参考にしてみて下さい。

  • (a) table of contents:一般的な「目次」の表現です。 ※ただし、本や雑誌などの「目次」は通常、「Content(s)」のみの表示です。「content(s)」は「内容」という単語です。
  • outline:「概要」という単語になります。また、「下書き」という意味もあります。
  • agenda:「事項(協議)」の単語です。会議の「agenda(アジェンダ)」としてなど、打ち合わせで使われるケースが多いです。
  • 2.「目次」に関連した英語表現

    「目次」の表記以外にも、「しおり」など英語では良く使う関連表現の英語をご紹介します。

    post it

    • 「表紙」:「cover(カバー)」、または「binding(バインディング)」 ※「目次」の表記のページより前の、一番最初のページを指します。
    • 「ページ数」:number of pages ※「# of pages」と記号を使う場合もあります。
    • 「しおり」:bookmark ※「marker」でも同様です。 ※「ポスト・イット」というのがありますが、これは商品名(ブランド名)となります。
    • 「index」:「索引(さくいん)」 ※本の中の語彙などを簡単に探し出せるように、その所在を示したものを言います。
    • 「appendix」:付録 ※補足の意味で付けられている資料やデータを指します。
    • 「annex」:参照 ※「~を参照して下さい」という時など「See annex」という表現を使います。
    • 「bibliography」:参考文献 ※著者や書籍の関係書目の意味です。

    ビジネスで使う「目次」とは?

    ビジネスの世界では、プレゼンテーションは欠かせません。英語でのプレゼンテーションの目次や内容については、ある程度の基本があります。『英語でプレゼンテーション|これで大丈夫!10個のポイント』の記事を是非参考にしてみて下さい。

    まとめクイズ:「目次」の英語は大事な情報!

    「目次」とは、しっかりと書くことで読者(読み手)の興味を引く大切なツールです。

    それぞれの頭出し(ページ)のタイトルは、一番伝えたいことを簡潔に、そして魅力的に書いてみましょう。「目次」のページは資料を作る際の最初で、とても大切なページです。事実の羅列で書かないようにしましょう。

    それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

    【問題】

    1. 一般的な「目次」の英語は?
    2. 「しおり」の英語は?
    3. 「appendix」の和訳は?
    4. 「outline」の和訳は?
    5. 「agenda」はどんな時によく使われる?

    いかがでしたか? 

    今すぐ読んだ「目次」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

    【解答】

    1. Content(s)
    2. 「bookmark」、「marker」
    3. 付録
    4. 「概要」、「下書き」
    5. 会議の打ち合わせ、など。
cta_teacher_img03

学習資料『偏差値40の落ちこぼれから1発でTOEIC満点を取って短期ネイティブになった全手法』

「結局、リスニングが聞けない・・・。」
「色々試しても、ペラペラ話せない・・・。」
「全然、TOEICの点数が伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを抱えていませんか?

私もその一人でした。
(今はTOEIC満点、英検1級も1発取得)

そこで今回、10年以上の海外赴任生活やアジアのバイリンガル達のノウハウ、私が数万人に教えてきてブラッシュアップを重ね、本当に日本人に必要な英語勉強方法を体系化しました。

【保存版】「TOEIC満点×短期間ネイティブになった全手法」(PDF全71ページ)

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・

そんな落ちこぼれの私でさえ、短期でマスターできた方法です。

ぜひ、興味がある方は現在無料プレゼント中ですので読んで見てください。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメント

sp-cta
pc-cta