著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

なんとなく(何となく)の英語|様々な場面で使える7つの英語表現と例文

のべ277がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ドラマや映画でも、親が「何でそんなことをしたの?」などと怒りながら子供に問い詰めた時に、「なんとなく」という場面はありますね。

特に理由もなく、ただやってしまった・・・

その「なんとなく」ですが、英語でどう表現するのでしょうか?

「なんとなく好き」、「なんとなく聞いただけ」など様々なのフレーズで登場する大切な英語表現の一つです。

よってここでは、色々な単語を使った「なんとなく」を例文を用いながら紹介していきます。

目次:

1.様々な場面で使える「なとなく」の英語フレーズ
・「否定+know」を使った表現
・「somehow」を使った表現
・「reason」を使った表現
・「because」を使った表現
・「just」を使った表現
・「kind of」を使った表現
・「vaguely」を使った表現
2.「なんとなく」を使った英語の例文一覧

1.様々な場面で使える「なとなく」の英語フレーズ

「なとなく」を英語で表現する時は、1つのフレーズだけではありません。

それぞれを見てきましょう!

「否定+know」を使った表現

先ずは「know(知る)」という単語を使った表現です。これを否定形にします。

「なぜ、~をしたの?」などと質問された際の回答の「なんとなく」という場合の例です。

  • I don’t know.(知りません)
  • I don’t know exactly.(正確には分かりません) ※「I don’t know what exactly.」という表現でも構いません。
  • I don’t know why.(何故だか分かりません) ※「I don’t know the reason.」という表現もOKです。

「知らない」という英語フレーズで「なんとなく」を表現していますが、口調によっては「そんなこと知らない!」と怒りのフレーズとして捉えられる場合があるので声のトーンにも注意しましょう。

「somehow」を使った表現

副詞の「somehow」も「なんとなく」という場合に使える表現です。

多少丁寧な表現になり、文頭または動詞の前、文の最後などに付けます。

下記はどちらとも「なんとなくやりました」となります。

  • Somehow, I did it.
  • I somehow did it.
  • I did it somehow.

somehowは「何とかして」という場合にも使える単語ですので、場面によっては「どうにかしてやりました(達成しました)」という意味にもなります。

この「somhow」と同じように「なんとかして・何となく」と同じような使い方がされるのが、「in some way」です。

「some」の単語でよく混乱するのが、「somewhat」ですが、これは「少々・多少」の意味ですので間違えないようにしましょう!

「reason」を使った表現

先ほどの「I don’t know the reason.」でも出てきた「reason(理由)」ですが、他の使い方で「なんとなく」を表現できます。

下記がその2つとなります。

  • no reason・・・理由がない
  • no particular reason・・・特別な理由がない ※「particular(パティキュラー)」は「特定の」という単語です。

この表現に前置詞の「for」を付けて英語フレーズを作ります。

文頭か文末に付けます。下記がその例文です。

  • For no reason, I did it.(なんとなくやりました)
  • I walked for an hour for no particular reason.(なんとなく、一時間歩いていました)

「because」を使った表現

「なぜなら」の「because」を使った表現もあります。

直訳で解説しています。

  • Just because.(なんとなく)※この2文字で表現します。
  • Because I wanted to.(それをしたかったから) ※「Just because I wanted to.」でもOK
  • Because I felt like it.(それをしたい気分だったから ※上記と同じで「just」を付けて、「Just because I felt like it.」でも同様です。また否定文の場合(例:なぜそれをしなかったの?)の場合は、「Because I didn’t feel like it.」となり、「Because I wanted to」の文も同様です。

一番目の「Just because.」の2文字ですが、これはその後ろに続く「I wanted to」や「I felt like it」を省略した形として覚えてカジュアルに使えるフレーズとして覚えておくといいでしょう。

しかし、この「Just because」ですが、フレーズではなく文として使う場合は、「ただ~だから(なんとなく、など)」とは違う用途もあります。

「否定文+just because・・・」となると、「・・・だからといって~したわけではない」という意味になります。

  • 例文:I did not do it just beacause you asked me.
  • 和訳:あなたがお願いしたらそれをやったわけじゃない

役に立つ使い方なので覚えておきましょう!

「just」を使った表現

Just becauseでも「just」を使っていますが、ここではそれ以外を解説します。

「just」は「今ちょうど」とかの意味もありますが、「なんとなく(ただ~)」という使い方もあります。

  • I just like it.(何となくそれが好き)
  • Just asking.(何となく聞いただけ)

別に深い意味はなく、聞きたいんだけどという場合に「Just asking. But how much is this apartment?(ちょっとお聞きしたいんですけど、このマンションはいくらですか?)」としても使えます。

「kind of」を使った表現

「~の種類」という「kind of」ですが、実は会話では「なんとなく」という意味で使われることも多いです。

また、同じ意味で「sort of」も使います。

  • I kind of like it.(何となく好きです)
  • She sort of acts big.(彼女は何となく偉そうです)

また、「kind of」と「sort of」は略語でSNSやメールなどで使われることもあります。スラング的な使い方です。

  • kind of → kinda(カインダ) ※口語で「カナ(カイナ)」などとして発音されることも多いです。
  • sort of → sorta (ソータ)

「vaguely」を使った表現

「vaguely」は副詞で、その形容詞は「vague(ヴェイグ)」で「ぼんやりと・漠然と」という意味です。

「clearly」や「clear」の「はっきりと」の反対だと思って下さい。

  • I vaguely understand.(なんとなく理解しています)
  • She is vaguely familiar with me.(彼女は何となく見覚えがあります)

2.「なんとなく」を使った英語の例文一覧

上記で色々な「なんとなく」の表現を紹介した時にも例文を挙げましたが、それも含めて日常会話で使われる「なんとなく~」という表現があります。

関連表現も含めて、ここではよく使われるものをピックアップして一覧にしているので是非参考にしてみて下さい。

  • なんとなく好き:I kind of like it. ※「I just like it.」や「For no paricular reason, I like it.」などでもOKです。
  • なんとなくそう思った:I just thought so. ※「thought(ソート)」は「think(思う)」の過去形です。「Somehow, I thought so.」でもOKです。
  • なんとなく過ごす:I just spend time.
  • なんとなくそんな気がした:I had a hunch. ※「I had a feeling.」で「予感をしていた」というニュアンスに近い「なんとなく」です。
  • なんとなく寂しい:I somehow feel lonely.
  • なんとなくかっこいい:He is sort of cool. ※「she is somhow beautiful.(彼女は何となくきれいだ)」など。
  • 深い意味はありません:No particular reason. ※「There is no reason.」でも同様です。
  • ぼんやりと:vaguely ※「否定+clearly」でもOKです。
  • なんとなく聞いただけ:Just asking. ※「Just wanted to know.」という表現もあります。

一つの表現に偏るのではなく、様々な「なんとなく」を使って英語力の幅を広げていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta