著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「必要」の英語|ニュアンスが違う!4つの英語フレーズ

のべ2,018がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「必要」を英語で言えますか?

「必要(である)」は「need(to)」と覚えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、ネイティブが使う「必要」には、「need」以外にも、いくつか表現がありニュアンスによって使い分ける必要があります。

よってここでは、「必要」「必要がある」などの表現で使う表現を詳しく解説します。「必要不可欠」「不必要」「必要性」など、「必要」に関する表現も確認しましょう。

目次:

1.「必要」の基本英語と発音:名詞と動詞
2.英語の「necessary」で「必要」の形容詞
3.英会話には欠かせない!「~する必要がある」の英語
3-1.「need to ~」の英語で「~する必要がある」の表現
3-2.「be required to」の英語で「~する必要がある」を表現
3-3.「have to ~」の英語で「~する必要がある」を表現
3-4.「must ~」の英語で「~する必要がある」を表現
4.「必要」に関連する英語表現

1.「必要」の基本英語と発音:名詞と動詞

「必要」は英語で「need」「requirement(require)」があります。

それぞれを見てみましょう!

1-1.英語の「need」で「必要」を表現

「need」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ニード
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/05/need.mp3
níːd

「need」は、そのままの単語と発音で、名詞と動詞どちらでも使えます。

動詞の場合は「~が必要とする」、「~の必要がある」という意味になります。

1-2.英語の「requirement」で「必要」を表現

「requirement」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
リクワイヤメント
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/08/requirement.mp3
rikwáiərmənt

動詞は、「require(リクワイヤー)」となります。

しかし、英語の「need」と「requirement」はニュアンスに違いがあります。

「need」は主観的に必要だと感じることに使います。

「助けが必要」、「勉強する必要がある」、「働く必要がある」など、幅広く様々な「必要性」に使うことができます。

一方、「requirement」は客観的要素による必要性です。

義務や、法律などルールで決まっていたり、権力によって強制されたりしている「必要」の場合に使いますので、「必須条件」と訳されることもあります。

例えば、アメリカ大学入学の「requirement」として、TOEFLのスコアなどが提示されている場合、そのスコアをクリアしていなければ原則として出願することができません。

このように、「requirement」は、「need」より必要性が高い表現です。

2.英語の「necessary」で「必要」の形容詞

形容詞形の「必要な」は、「necessary」です。
「necessary」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ネセサリー
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/05/neccesary.mp3
nésəsèri

反義語の「不必要な」は「unnecessary」です。

「unnecessary」は、文字数が長く一見すると難しい単語ですが、「necessary」に「~でない」という否定形の接頭辞「un」がついているだけです。

「necessary」と一緒に覚えてしまいましょう。

3.英会話には欠かせない!「~する必要がある」の英語

これからご紹介する表現は英会話でも頻繁に使いますので、是非その違いなどを把握してみましょう。

ニュアンスの違いで使い方が異なります。

3-1.「need to ~」の英語で「~する必要がある」の表現

「need to ~」は、必要性がある場合の「~しなければならない」です。

目標を達成するために必要な行動や、なにか他の行動や出来事のために必要なことの場合に使います。目標達成の例としては、試験合格、ダイエット、スポーツの試合、コンクールなどが挙げられます。

【例文】

  • 英語:I need to study for the exam. ※「need to」の後ろの動詞は原形です。
  • 日本語:試験勉強をしなければならない

否定文にする場合は「I don’t need to ~」で、「~する必要がない」となります。

具体的なイベントではなくても、「英語を話せるようになるためには、もっと勉強をしなければならない」などでも使えます。

3-2.「be required to」の英語で「~する必要がある」を表現

主観的な「need to」と違い「be required to」は、客観的な必要となりますので、基本的に受け身の形で使われます。

よって、「義務付けられている」と訳されるのが多いです。

【例文】

  • 英語:I am required to do that.
  • 日本語:それをするように義務付けられています。

否定の場合は「I am not required to~」となり、「~する必要がない」となります。

3-3.「have to ~」の英語で「~する必要がある」を表現

「have to ~」は、義務的な「~しなければならない」で、「need to ~」よりも強い表現です。

例えば、「学校に行かなければならない」、「書類を提出しなければならない」「○日まで退去しなければならない」などで使います。「be required to」に近い表現です。

締め切りやルールなど、外的な要因があり、基本的には「やらない」という選択肢が無い状況で使う表現です。

否定形は、「I don’t have to ~」で「~しなくても良い(~する必要がない)」となります。

3-4.「must ~」の英語で「~する必要がある」を表現

「must」を使った「~しなければならない」は、「have to ~」よりさらに強い表現で、強制的にやらなければならないイメージです。

自分以外の人に「あなたは~しなければならない」といった場合、かなり上から目線でものを言う表現になってしまうことがあるので要注意です。

ただし、以下の文のように強いおすすめの表現として使う場合もあります。

【例文】

  • 英語:You must buy it!
  • 日本語:(それを)買うべき!

否定形の「must not」の場合は「してはいけない」となります。

さらに、特にアメリカ英語では「~に違いない」という意味でも使います。

【例文】

  • 英語:He must have passed the exam.
  • 日本語:彼はその試験に合格したに違いない。

4.「必要」に関連する英語表現

「必要不可欠」など「必要」の関連表現を見てみましょう。

  • 「必要性」:necessity(ネセシティー) ※「necessary」の名詞です。
  • 「必要不可欠」:essential(エッセンシャル) ※「necessary」より強い表現です。
  • 「必要に応じて」:as needed
  • 「必要条件」:necessary condition, requirement
  • 「必要前提条件」:prerequisite(プリリクイジット) ※例えば、大学で経営学のクラスの「prerequisite」が経済学の基礎クラスと指定されていた場合、経済学の基礎クラスを履修していなければ、経営学のクラスに履修登録できないことになります。
  • 「必要経費」:necessary expense ※「expense(エクスペンス)」は「費用」や「経費」です。
  • 「必要悪」:necessary evil ※「evil(イーヴル)」は「悪」を指します。
  • 「必要栄養量」:dietary requirement ※「dietary」は「栄養」や「飲食の」という英語です。
  • 「必要メモリー」:memory requirements
  • 「不必要」:needless(ニードレス)
  • 「必須項目」:required item ※「item(アイテム)」はここでは「項目」となります。
  • 「必須科目」:required course ※「course(コース)」は「科目」です。
  • 「必須スキル」:required skill ※「skill(スキル)」は「能力」などを指します。
  • 要求(欲求)と必要性(ニーズ):wants and needs(ウォンツ・アンド・ニーズ) ※名詞の複数形として使います。

まとめ:「必要」の英語は使いこなせるようになろう!

「必要」の表現は、毎日の生活でとてもよく使います。

中でも、「need to ~」、「be required to」、「have to ~」、「must」は、会話の中でもすごくよく使う表現です。これに「~をしたい」という「want to ~」もあります。

特に否定文にすると、意味が異なるので違いをしっかり押さえておきましょう!

「必須項目」や「必要条件」など関連表現も、ビジネスや留学など様々な場面で使うので知っておくと便利ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万2884人が体験中の無料勉強法
(2017年11月5日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta