著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「勘違い」の英語|メール・ビジネス・恋愛でも使える3つの表現と例文

のべ905がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

英語で外国人と会話していると、よく起こってしまう「勘違い」。

英語力不足だけでなく、文化の違いもあって、うまく伝わらないってことはありますよね。

そんな時に使いたい「勘違いしていました」(誤解していました)や「私の勘違いです」(思い違いです)などのフレーズを英語で言えますか?

ビジネスのシーンやメールなどでも「勘違いしてすみません」などの表現は使います。

また恋愛の場面でも「勘違いしないで!」と言う時もあるでしょう。

このように、「勘違い」の英語表現は英会話では欠かせない1つです。よって、ここでは「勘違い」の英語表現を例文を使ったりして詳しくご紹介します。

目次:

1.「勘違い」の基本英語と例文
2.日常会話で気軽に使える「勘違い」の英語表現と例文
・一番使う!「I thought~」で「勘違いしていました」を表現
・スラング的に使う「get it wrong」で「勘違いする」を表現
・日時(日程)や人の勘違いで使える「mix up ~」
3.その他の「勘違い」関連英語フレーズ
・「勘違いしないで(するな)」の英語表現
・「勘違い野郎(男・女)」の英語表現

1.「勘違い」の基本英語と例文

「勘違い」は英語(名詞)で「misunderstanding」です。

「misunderstanding」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
ミィサァンダァスタァンディン(グ)
mìsʌ`ndɚstǽndiŋ

発音のポイント:最後の「g」は、言いかけて止めるくらいの感じで音としては発音しません。

「misunderstanding」は「mis(誤った)」と「understanding(理解)」が合わさった表現で、「勘違い」「誤解」という意味で使う表現です。

不可算名詞(数えられない名詞)ですが、具体的な「勘違い」や「誤解」に使う場合は可算名詞(数えられる名詞)となり単数の「a」や複数形の「s」が付きます。

尚、動詞形は「misunderstand」で、過去形は「misunderstood」です。

【例文】

  • それは勘違いです/That’s a misunderstanding.
  • 勘違いしてごめんなさい/I’m sorry, I misunderstood. ※「have」をつけて「I have misunderstood(現在完了形)」とすると、「今までずっと勘違いしていた」というニュアンスになります。

「misunderstanding」と似ている表現がいくつかあり、どれも「勘違い」と訳されることがあります。セットで覚えましょう。

  • misinterpretation:「誤解」「誤った解釈」 ※「interpretation」は「解釈」という意味です。
  • misreading:「読み違い」 ※「reading(読むこと)」に関する勘違いに使われる表現です。
  • mishearing:「聞き違い」 ※「聞くこと」に関する勘違いに使われる表現です。

「misunderstanding」の使い方に注意!

「勘違い」や「誤解」という意味の英語で、よく知られているのがこの「misunderstanding」。

もちろん、英語でも使いますが、ネイティブはあまりこの表現を多用しません。

というのも、「misunderstanding」のニュアンスは日本語でいうと「勘違い」より「誤解」に近いからです。

日本語でも、友達同士で気軽に会話しているときに、あまり「誤解した」や「誤解です」は使わないですよね。少しなにか大きめの問題があった時にしか使わないと思います。

それと同じように、英語でも時間等の予定を間違えていたなど日常のちょっとした「勘違い」で「misunderstanding」を使うと、思っている以上に重く捉えられてしまう可能性があるので要注意です。

2.日常会話で気軽に使える「勘違い」の英語表現と例文

先ほど解説したように、「misunderstanding」は「勘違い」の英語として間違いではありませんが、ネイティブは日常会話ではもうすこし軽い表現を使います。

スラング的に使っても全く問題ありません。

その中でもよく使うフレーズを確認しましょう。

一番使う!「I thought~」で「勘違いしていました」を表現

日常的に頻繁に、そして軽い勘違いの場合は「I thought ~」のフレーズが使えます。

「thought」は「think」の過去形で、「I thought ~」を直訳すると「~と思っていた」となります。

直接的に「勘違いした」とは言っていませんが、日本語でも「~と思っていた」「~だと思った」といえば勘違いしていたことが伝わるように、英語でもこのフレーズで勘違いしていたことが伝わります。

ビジネスやメールなどでも気軽に使えます。

【例文】

  • I thought the meeting was postponed. /ミーティングは延期されたのだと勘違いしていました。
  • I thought the deadline was next Monday. /締め切りは来週の月曜日だと勘違いしていました。※どちらの文も「thought」の後の文は、時制の一致で過去形になります。

これを、「~と勘違いして申し訳ございません(ごめんなさい)」と謝罪で表現する場合は、「I’m sorry. I thought ~.」の構文でOKです。

スラング的に使う「get it wrong」で「勘違いする」を表現

「wrong(ロング)」は「間違って」という意味で、「get it wrong」は「間違ってとる」つまり「誤解する」、「勘違いする」という意味になります。

「勘違い」は過去に起きていることが多いので、一般的に過去形の「got it wrong」で使うことが多いです。

しかし、後述するように「勘違いするな!」など命令形でよく使う場面があります。

「get」の代わりに「take」を使ってもOKです。

「it」の部分は、勘違いした対象(人・物)を入れることもできます。

また、「all」を入れて「I got it all wrong」とすると「完全に勘違いしていた」、「すっかり誤解していた」という意味になります。

日時(日程)や人の勘違いで使える「mix up ~」

「mix(ミックス)」は「混ぜる」という意味で、「mixed up(過去形)」は「ごちゃまぜにしていた」や「混同していた」という意味です。

例えば、誰かを他の誰かと勘違いしていた場合等に使えます。

【例文】

  • 日本語:彼を彼の兄(弟)と勘違いしていました。
  • 英語:I mixed up him with his brother.

また、日程や時間を勘違いしていた場合にも使えます。

例えば「集合時間が10時だったのに、9時と勘違いしていた」という場合は、時間を混同していたということなので下記のような表現が使えます。

【例文】

  • 日本語:時間を勘違いしていました。ミーティングは9時からだと思っていました。
  • 英語:I mixed up the time. I thought the meeting started at 9.

3.その他の「勘違い」関連英語フレーズ

色んな場面で「勘違いしないで(勘違いするな)」や友達との会話で、「あいつは勘違い野郎(勘違い男・女)」という場面がありますが、その際はどのような表現がいいのでしょうか?

「勘違いしないで(するな)」の英語表現

「~するな」の命令文は英語で「Don’t ~.」を使います。

この後ろに、今まで説明した「misunderstand」、「mix up」、「get it wrong」などを入れればOKです。

【例文】

  • 日本語:勘違いしないで(勘違いするな!)
  • 英語:Don’t get it wrong.

尚、「あなたは勘違いしています。」という意味の「You’ve got it wrong.」や、「それは間違っている」という意味の「That’s wrong」なども、直接的ではないですが「勘違いしないで」という思いを伝えることができます。

「勘違い野郎(男・女)」の英語表現

「あいつは自分がかっこいいと思っている勘違い野郎」など女性にも使える表現は、次のような英文がいいでしょう。

  • 日本語:彼は(自分がかっこいいと)勘違いしている
  • 英語:He thinks he is cool. ※直訳は「彼は自分をかっこいいと思っている」と皮肉っぽく言うことで勘違い野郎を表現しています。

彼女は自分が頭がいいと勘違いしている(She thinks she is smart.)など、色々な場面で使えます。

また、何か理想論だけ言っている、夢だけ大きいことばかり言っている場合の「勘違い野郎」は「He is dreaming.」など簡単な表現でOKです。

まとめ:勘違いの英語は「I thought~」から使い慣れてみよう!

「勘違い」は「misunderstand」や「misunderstanding」と訳したくなりますが、日常会話では「I thought ~」の表現のほうがもっと気軽に使えます。

先ずはこの表現からマスターするようにしましょう。

会話でも海外旅行先でも、SNSやメールなど簡単なやりとりからスタートです。

様々な国の方と、英語で会話していると勘違いはよくあることなので、「勘違い」の表現はマスターして実践でどんどん使いましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta