著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「心」の英語|3つある基本の英単語と使えるフレーズ集

のべ7,073がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「心」は英語で、「heart」「mind」「spirit」と主に3種類ありますが、この違いが分かりますか?

「心」に関する表現は、「心から感謝する」「心を開く」「心を閉ざす」など、日常の様々な場面で使います。

日常英会話では欠かせない表現の1つです。

よって今回は、「心」の基本的な単語の意味の違いと、様々な「心」に関する表現をご紹介します。

目次:
1.「心」の英語と使い方
1-1.英語の「heart」で「心」を表現する
1-2.英語の「mind」で「心」を表現する
1-3.英語の「spirit」で「心」を表現する
2.「心」に関する英語表現やフレーズ

1.「心」の英語と使い方

英語の「心」を表わす単語は3つあります。

「heart」、「mind」、「spirit」の3つは、日本語に訳してしまうと「心」ですが、英語のニュアンスは違うものなので「heart」を使うべきところで、「mind」を使うなど、間違えるとすごく違和感がある表現になります。

それぞれの意味やニュアンスを詳しく見てみましょう。

1-1.英語の「heart」で「心」を表現する

「heart(ハート)」は「胸」という意味もあり、感情を伴う「心」や、やさしく温かみがある「心」に使います。

「heart」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
ハート
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/03/heart.mp3
hɑ’ːrt

ドキドキする、感動するなどの場合も「heart」を使います。

また、「心臓」の臓器も「heart」で同じ表現を使います。

1-2.英語の「mind」で「心」を表現する

「mind(マインド)」は、思考や意思などに関する「心」です。

「mind」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
マインド
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/03/mind.mp3
mάɪnd

「精神」「知性」「理性」などと訳されることもあります。

「heart」との違いは、「heart」は「胸」からわき出る「心」で、思考をともなわないものですが、「mind」は頭で考える思考を伴う「心」

役としては同じ「心」ですが、「heart」と言いながら身体を指す場合は「胸」(心臓)、「mind」と言いながら指す時は「頭」を指します。

1-3.英語の「spirit」で「心」を表現する

「spirit(スピリット)」も「心」の意味があります。

「spirit」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
スピリット
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/03/spirit.mp3
spírit

肉体や物質を超えた霊的な「心」の意味があります。

単に「霊」だけでなく、比喩的な意味での、「精神」「魂」などにも使う表現です。

主に、通常の人の「心」は「heart」と「mind」を使います。

2.「心」に関する英語表現やフレーズ

「心」は日常の様々な場面で使う表現ですよね。「心の底から」など、「心」に関する様々な英語の表現をご紹介します。

  • 「心から」:with all one’s heart ※「one’s」のところは「my」などの所有格が入ります。
  • 「心の底から」:from the bottom of one’s heart ※「with all one’s heart」と同じように使われます。 「bottom(ボトム)」は「底」です。
  • 「心から笑う」:laugh heartily
  • 「心からのお詫び」:Sincere apologies ※「sincere(シンシアー)」は 「誠実な」となります。「apology(アポロジー)」は「謝罪」です。単数形でも同じです。
  • 「童心」:child’s mind
  • 「真心」:true heartedness
  • 「心のやさしい」:soft-hearted
  • 「寛大な心」:big heart
  • 「心から感謝します」: thank you from my heart
  • 「広い心の」:open-minded ※「偏見のない」という意味や、新しい発想や、思想を柔軟に取り入れる心という意味でも使います。
  • 「女心」:woman’s heart
  • 「男心」:man’s heart
  • 「下心」:secret intention ※「intention(インテンション)」は「意思」などの意味があります。
  • 「心臓がドキドキする」:one’s heart beats fast ※「beat(ビート)」は「打つ・連打する」です。「fast(ファースト)」は「速く」です。
  • 「心を開く」:open up one’s heart/mind ※upを入れずに「open one’s heart/mind」という場合もあります。
  • 「心を閉ざす」:shut one’s mind, build an emotional barrier ※「shut(シャット)」は「閉ざす」、「build(ビルド)」は「建てる・築く」、「emotional(イモーショナル)」は「感情の」、「barrier(バリアー)」は「壁・バリア」になります。
  • 「心に響く」:get to someone’s heart, touch someone’s heart
  • 「心の繋がり」:mind connection ※mental connection(メンタル・コネクション)という場合もあります。
  • 「心を入れ替える」:to turn over a new leaf ※直訳すると「葉をひっくり返す」ですが、ここの「leaf(リーフ)」は本のページの意味で使っています。「新しいページをめくる」という意味から、「気持ちを入れ替える」という意味で使います。
  • 「心機一転」:changing one’s attitude ※「attitude(アティチュード)」は「態度」という意味です。
  • 「心技体」:heart, technique, and physique ※「physique(フィジーク)」は「体格」です。「心技体」の「心」は「heart」を使います。「心技体」は日本語独特の表現なので、単にこの3つを言っても通じないことがほとんどです。「three qualities of a wrestler」(格闘家の3つの資質)など説明を付け加える必要があります。
  • 「心が痛む」:one’s heart hurts ※「hurt(ハート)」は「傷つける・傷つく」です。そのままの表現です。心臓が痛いときにも同じ言い方ですが、使うシチュエーションによって「心」か「心臓」かの意味が変化します。「hurts」のかわりに「aches」を使う場合もあります。
  • 「忘れないように心がける」:keep in mind ※「こころの中に入れておく」という直訳からイメージしやすいですね。
  • 「心がすれ違う」:to grow apart ※「grow(グロー)」は「育つ・育てる」です。「apart(アパート)」は「離れて」という意味です。物理的なすれ違いで「距離が離れる」という意味ですが、精神的なすれ違いで距離ができることも意味します。
  • 「以心伝心」:telepathy(テレパシー)

まとめ:「心」の英語は使い方を間違えないように注意が必要!

「心」に関する表現は、まず3つの基本単語の違いを理解しましょう。

簡単に言えば、「heart」は「胸」からわきでる「感情」を伴う「心」の、「mind」は「頭」で考える「思考的な「心」、「spirit」は「精神」「魂」という意味をふくむ「心」です。

「心」に関する表現はたくさんあります。ここでご紹介したものは日常的に多く使うものを多く集めたので、知っておくと日々の会話の幅が広がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万2884人が体験中の無料勉強法
(2017年11月5日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta