著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「似ている」の英語|そっくり!も表現する5つの熟語などの使い分け

のべ206がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「顔が似ている」や「性格や価値観・好み・趣味が似ている」、「英語とドイツ語は似ている文法がある」など、「似ている」(そっくり)の英語は日常会話でも欠かせないものです。

それらを表現するのには次のような単語や熟語が主に使われています。

それらをうまく使い分けできるようになればベストです。

  • 動詞 + like ~ ※「look like ~(見た目が似ている)」、「act like ~(行動が似ている)」や「talk like ~(話し方が似ている」など
  • 動詞 + similar to ~
  • resemble
  • take after ~
  • 動詞 + alike ※基本的に「alike」の後ろに名詞などはこない

などです。

よってここでは、見た目などが「似ている」やものなどが酷似している(そっくり)などの英語表現の使い方を例文を使いながらご紹介します。また、「ものまね」などの関連英語も把握しておきましょう!

目次:

1.「like」を使った「似ている」の英語
・見た目や顔が似ている場合は「look like ~」
・その他の動詞を使った「like ~」
2.「similar」を使った「似ている」の英語
3.「resemble」を使った「似ている」の英語
4.「take after」を使った「似ている」の英語
5.「alike」を使った「似ている」の英語
6.スラングなどのカッコいい英語で「そっくり」を表現
まとめ:「似ていない」の英語も押さえておこう!
・否定形その1.「not」
・否定形その2.「nothing like ~」

1.「like」を使った「似ている」の英語

まず最初に使うのがこの「like」(~のように)です。

基本は、「動詞 + like ~」の形となります。

見た目や顔が似ている場合は「look like ~」

「彼はお父さんに顔が似ている」や「兄弟で見た目が似ている」という表現を使いますね。

その場合の動詞は「look」を使うのが一般的です。

下記がその例文です。

  • 彼女はお母さんに似ている:She looks like her mother. ※誰の母かというのを英語では必ず表現するので「her mother」とします。
  • 息子は私に似ています:My son looks like me.

例えば、これが「昔は似ていたけど今は似ていない」という場合は、「used to」という熟語と組み合わせればOKです。

「I used to look like my father when I was younger.(もっと若いころは父に似ていました)」などの英文になります。

「used to」の使い方については、『2つある!英語の「used to」の意味や使い方とは?』の記事をご参考下さい。

また、「似ている」を強調する時には「そっくり」という表現を使いますよね。

その時は「動詞 + exactly like ~」と副詞の「exactly」(イグザクトリー)をよく使います。

「Tom looks exactly like Mike.(トムはマイクにそっくりです)」という英文になります。是非、押さえておきましょう!

また、主語に2つの同上人物がある場合は、「look exactly the same」を使います。

  • 日本語:私と彼は(見た目が)そっくりです。
  • 英語:He and I look exactly the same.

その他の動詞を使った「like ~」

顔や見た目ではなく、「話し方が似ている」、「行動が似ている」、「歌い方が似ている」、「食べ方が似ている」など無数の表現がありますね。

その場合は、先ほどの「look」の部分を該当する動詞に置き換えるだけです。

  • 彼は話し方が私に似ている:He talks like me.
  • 私は父のように行動している(振る舞う):I am acting like my dad.
  • 彼女の食べ方は私に似ている:She eats like me.

などの例文となります。

また、「そっくり」という場合は、「動詞 + exactly like ~」や「動詞 + exactly the same」の形で表現できます。是非、英会話に活かしてみて下さい。

2.「similar」を使った「似ている」の英語

この「similar(シミラー)」もよく使う表現です。

「They look similar.(彼らは似ている)」や熟語の「動詞 + similar to ~」を使って、ものなどの内容などが似ている時にも使います。

「性格が似ている(have similar characters)」、「好み・趣味が似ている(have similar tastes)」などのように「have + similar + 名詞」という表現も多々あります。

下記がその例文です。

  • 私とあなたは価値観が似ている:We have similar values. ※「We share similar values.」という言い方も同じです。
  • 英語とドイツ語は似ている:English is similar to German. ※他にもポルトガル語、スペイン語、オランダ語などが~に似ているという場合にもそのまま使えます。関西弁は英語と似ている(Kansai dialect is similar to English.)など。
  • この資料は私が作ったものと似ている:This document is similar to mine. ※見た目や内容が似ている場合など、総合的に似ているという場合にも使います。

などです。

また、「AとBは似ている感じがする」と断言しない時もありますよね。

その場合は、「A seems similar to B.」と「seem」(シーム)という動詞を使うと相手に伝わります。

また、「like」と同じように「そっくり」と表現する場合は、「so similar to ~」や「~ very similar to ~」とするとOKです。

3.「resemble」を使った「似ている」の英語

「resemble(リゼンブル)」という動詞もよく使います。

「動詞 + look like ~」、「動詞 + similar to ~」という熟語を一つの動詞である「resemble」で表現していると思って下さい。

また、少しフォーマルな言い方になります。

下記がその例文です。

  • 彼女は姉に似ている:She resembles her sister.
  • AとBはデザインが似ている:A and B resemble in design. ※「性能(機能)が似ている」という場合は、「in function」などとなります。

2つ目の例文のように、「~において似ている」と特定したい場合は、 「resemble in ~」という形にしてもOKです。

また、「そっくり」としたい場合は、文末に「very much」や「closely」などの副詞を付けます。

4.「take after」を使った「似ている」の英語

もともとは、「~を真似る(まねる)」という意味から来ている熟語が、「take after ~」となります。

因みに「~のものまね」をするという単語は下記の動詞を使います。知識として覚えておくと便利です。

  • copy(コピー)
  • imitate(イミテイト)
  • impersonate(インパーソネイト)

少し話はそれましたが、「take after ~」を使った表現は下記となります。

  • 私は父に似ている:I take after my father.
  • 彼女は母親にそっくりです:She really takes after her mother. ※副詞の「really」を使って、似ているを強調しています。

また、「take after ~」は血縁関係での似ているという場合に使うのが一般的ですので覚えておきましょう!

5.「alike」を使った「似ている」の英語

「alike(アライク)」を使った表現もネイティブはよく使います。

形容詞の「like」と似ているのですが、「alike」は副詞的な役割で「like」のように後ろに名詞などは来ません。

また、基本的に主語は複数で次のような例文となります。

  • 彼らは(見た目が)似ている:They look alike.
  • 私たちは(行動が)似ている:We act alike.

また、行動や見た目や全てがそっくりという場合には、「We are very much alike.」という表現になります。

「like」と「alike」を文法的に上手く使い分けるのばポイントです。

6.スラングなどのカッコいい英語で「そっくり」を表現

似ているを強調する表現の「そっくり」には、「exaclty」や「very (much)」などを使うことを説明しましたが、それ以外で表現できるようになると英語力のアップにつながります。

先ずは基本を押さえたら次のような表現も是非使ってみて、カッコいい会話を楽しみましょう!

  • two of a kind:「似た者同士」という場合に使える表現です。「They are two of a kind.」などとなります。
  • the spitting image of ~:見た目がそっくりの時に使うスラング的な表現です。イメージ(見た目)を割ったようなという意味になります。「He is the spitting image of me.」などです。「瓜二つ」という日本語にも当てはまります。
  • I can’t tell the difference between A and B:直訳では「AとBの違いが言えない」となります。
  • like twins:「双子のように」となり、そっくりを表現しています。複数形にするのを忘れないように!
  • identical to ~(アイデンティクル):「~と酷似している」、「~と一致している」という時に使う表現です。
  • have so much in common:例文で、「We have so much in common.(似た者同士)」という表現でよく使います。「a lot(lots) in common」に代えてもOKです。

まとめ:「似ていない」の英語も押さえておこう!

ここまでは「似ている」という肯定文をお伝えしましたが、最後にその反対の「似ていない」という英語も押さえることも重要です。

折角なので英語の基本として確認しておきましょう。

否定形その1.「not」

「似てない」を表現する時は、否定形で表現するのが一般的です。

  • 彼は弟に似ていない:He does not look like his brother.
  • それらは似ていない:They are not similar to each other.
  • 私たちは歌い方が似ていない:We don’t sing alike.

これに、「全く似ていない」と強調する場合は、「否定形 + at all」を使うことが多いです。

「She doesn’t look like her father at all.(彼女は父親には全く似ていません)」などとなります。

否定形その2.「nothing like ~」

細かく言えばこれも否定形になるのですが、「not」を使わない英文となります。

  • 私は父には似ていません:I look nothing like my father.
  • 彼は私に似ていません:He is nothing like me. ※「性格」なども含む言い方になります。

このような言い方も覚えることでドンドン英語力がUPしていくので、是非覚えておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta