著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「感想」の英語|3つの英単語と聞き方や述べ方の基本形

のべ11,997がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

映画や演劇、会社でのプレゼンテーションなど、様々な場面で「感想」を述べる機会はありますよね。

逆に、「感想はどうだった?」と聞く機会もあります。

しかし、「感想」の英語の言い方、聞き方を意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、英会話でも困らないように、「感想を聞く」「感想を述べる(言う)」などの英語表現をご紹介します。

目次:
1.「感想」の英語
1-1.英語の「impression」で「感想」を表現
1-2.英語の「sentiment」で「感想」を表現
1-3.英語の「feedback」で「感想」を表現
2.「感想」についての英語表現やフレーズ
2-1.「感想を述べる(言う)」の英語
2-2.「感想を聞かせて」の英語
2-3.「感想を答える場合」の基本形

1.「感想」の英語

名詞の「感想」に近い英単語は色々ありますが、ここではその中の代表的な3つをご紹介します。

1-1.英語の「impression」で「感想」を表現

日本語の「感想」に最も近い英単語は「impression」です。

「impression」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
インプレッション
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/11/impression.mp3
ɪmpréʃən

他にも、「印象、」「感銘」、「気持ち」という意味合いがあります。

「impression」は名詞ですが、関連単語として動詞は「impress(インプレス)」があります。

「impress」は「印象を与える」、「感動させる」、「印象づける」という意味で、名詞としても使われることがあり、その場合は「印象」、「感銘」、「刻印」、「痕跡」などの意味になります。

これらはセットにして覚えておきましょう。

1-2.英語の「sentiment」で「感想」を表現

「気持ち」を意味する「sentiment」も「感想」の対訳として使われます。

「sentiment」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
センティメント
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2016/11/sentiment.mp3
sénṭəmənt

「sentiment」は、その他にも「感情」、「心情」、「情緒」、「感傷」等の意味合いがあります。

形容詞の「sentimental」は、日本語でも「センチメンタル」として使われていますね。「感傷的な」や「涙もろい」という意味あいがあります。

1-3.英語の「feedback」で「感想」を表現

感情があまり含まれない意見的な感想の場合、「feedback」を使うこともあります。

「feedback」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
フィードバック
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/feedback.mp3
fídbæ̀k

「フィードバック」という日本語になっているのでわかりやすいですね。「feedback」は「意見」や「反応」という意味です。

2.「感想」についての英語表現やフレーズ

「感想を述べる場合」、「感想を聞く場合」など様々な英語フレーズを覚えておくと大変役立ちます。

それぞれを確認してみましょう!

2-1.「感想を述べる(言う)」の英語

「感想を述べる(言う)」は、英語でいくつかの表現があります。

  • express a sentiment ※「express(エクスプレス)」は「表現する」です。
  • give one’s impression ※「one’s」のところは「my」などの所有格が入ります。
  • give feedback
  • share one’s impression ※「share(シェア)」を使うと、自分が感じた「感想」をみんなと共有するというニュアンスになります。

また、「感想を求められる」は「be asked to give one’s impression(例:I was asked to give my impresssion)」で表現します。

その他感想を述べるのに関する表現は次の通りです。

  • 感想文:book report※「book review」は「本の批評」なので、あわせて覚えておくと便利です。「review(リヴュー)」は「復習」などの意味もあります。
  • 手短な感想(コメント):brief comment(s) ※「comment(コメント)」は「意見」というニュアンスが強いです。「brief(ブリーフ)」は「簡単な・短い」です。
  • 好意的な感想:positive feedback ※「positive(ポジティヴ)」は「前向きな」です。
  • 否定的な感想:negative feedback ※「negative(ネガティヴ)」は「後ろ向きな」です。

2-2.「感想を聞かせて」の英語

映画や、本などの「感想」を聞きたい時には「感想」という単語を使わすに聞く場合が多いです。

既に見た物、体験したものの感想を今聞く場合はこんな表現があります。

  • 英語:How was it?
  • 日本語:どうだった?
  • 音声:https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/how-was-it.mp3

「feel(フィール)」を使った表現もあります。

  • 英語:How did you feel?
  • 日本語:どう感じた?
  • 音声:https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/how-did-you-feel.mp3

「How」の疑問文を使って、シンプルに「どうだった?」や「どのように感じた?」と聞く場合が多いです。既に見終わったもの、体験し終わったものについて聞くので、疑問文は過去形にします。

「like(ライク)」を使った表現は下記です。

  • 英語:How did you like it?
  • 日本語:どうだった?
  • 音声:https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/how-did-you-like-it.mp3

「enjoy(エンジョイ)」も「感想」を聞く時によく使われます。

  • 英語:How did you enjoy it?
  • 日本語:どうだった?
  • 音声:https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/how-did-you-enjoy-it.mp3

どちらも、「enjoy」や「like」が入っていて、「楽しんだこと」を前提にした質問です。直訳すると、「どのように好きだった?」や「どのように楽しんだ?」となりますが、これも、感想を聞く表現としてはよく使います。

また、「後で感想を聞かせてね!」と言いたい場合次のフレーズが使えます。

  • 英語:Can you tell me how it was, afterwards? ※「afterwards(アフターワーズ)」は「後で」です。「later(レイター)」でも同様です。
  • 音声:https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/can-you-tell-me-how-it-was-afterwards.mp3

この表現は、友達同士などカジュアルな言い方なので、丁寧な表現にするためには「Could」から始まる疑問文にするか、「Please let me know~」を使います。特に、「Please let me know~」は丁寧なので、顧客や目上の人にも使える表現です。

2-3.「感想を答える場合」の基本形

感想を聞かれた場合には、基本的には「It was~」の文で答えればOKです。

いくつかの使えるフレーズを見てみましょう。

  • 英語:It was fantastic! ※「very good」でも同様です。
  • 日本語:とても素晴らしかったです。
  • 音声:https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/it-was-fantastic.mp3

例えば下記のような表現もよく聞きます。

  • 英語:It was one of the best songs I’ve ever heard!
  • 日本語:今まで聞いた中で一番良かった歌の1つです。
  • 音声:https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/it-was-one-of-the-best-songs-ive-ever-heard.mp3

この例文のように、「one of the best ~」(今までの~で一番よかった1つ)という表現も、いろんな場面で使える表現なので覚えておくと便利です。

もちろん、「It was~」以外でも様々な表現がありますが、まずは基本の表現としてこれを覚えましょう。

また、とっても気にいったよ、など、単純に「好き」という表現もよく使います。

「like(ライク)」を使った表現です。

  • 英語:I really liked it! ※現在形でも同様です。
  • 日本語:めちゃくちゃ大好き!
  • 音声:https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/i-really-liked-it.mp3

「love(ラヴ)」も使えます。

  • 英語:I love it! ※現在形でも同様の意味です。今でも好きというニュアンスです。
  • 日本語:本当に気に入りました。
  • 音声:https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/02/i-love-it-2.mp3

欧米人は、自分の意見をはっきり言うといわれていますが、単にネガティブな意見だけ言うことは少ないです。ネガティブな意見を言う場合は、ポジティブな意見と併せて言ったり、はっきりした理由をつけて相手が納得できるような言い方をします。

まとめ:「感想」の英語はシンプルに!

「感想」で大切な項目は、「感想」の聞き方です。

「How was it?」はとてもシンプルな英語なので、明日からでもすぐに使えますね。

英語で話す機会があれば、是非「感想」を聞いてみてください。そこから、会話が広がることも多いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万1582人が体験中の無料勉強法
(2017年10月11日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta