著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「開発」の英語|派生語と69個もある関連表現に触れよう!

のべ3,910がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「開発」「開発する」を英語で言えますか?

「宇宙開発」「都市開発」や会社での「開発部」など、「開発」はニュースやビジネスのシーンで、多く使われる表現です。

後述しますが、「開発」に関する英語は多数存在します。実際にあなた自身が使わないとしても、ニュースやビジネスの場面などでリスニングのためには知っておくと大変便利です。

よってここでは、「開発」の基本単語と様々な「開発」に関連する表現をたくさんご紹介します。

目次:
1.「開発」や「開発する」などの英語
1-1.「開発」の英語と発音
1-2.「開発する」の英語と発音
1-3.「開発する」の英語から派生する表現とは?
2.「開発」に関連する様々な英語表現

1.「開発」や「開発する」などの英語

名詞の「開発」と動詞の「開発する」をそれぞれ確認していきましょう!

また、動詞の「開発する」には様々な派生語があるので、そちらも一緒に覚えると効率的に単語力もUPしていきますよ。

1-1.「開発」の英語と発音

名詞の「開発」の英語は「development」です。一般的によく使われる「開発」の英語です。

「development」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
ディヴェロップメント
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/05/development.mp3
dɪvéləpmənt

※発音のポイントは「v」の発音です。【Vの発音を今すぐマスターできる簡単な2つの練習方法】の記事を参考にしてみて下さい。

1-2.「開発する」の英語と発音

動詞の「開発する」の英語は「develop」です。こちらもよくネイティブが使います。

「develop」の発音などは下記となります。

読み方
音声
発音記号
ディヴェロップ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/05/develop.mp3
dɪvéləp

1-3.「開発する」の英語から派生する表現とは?

「開発する」の「develop」には様々な派生語があります。

派生語は一緒に覚えるほうが効率よく簡単なので、併せてここで確認しましょう!

  • developer(ディヴェロパー)」:「開発者」 ※宅地などの「造成業者」にも使います。
  • redevelop(リィディヴェロプ)」:「再開発する」
  • overdevelop(オーヴァーディヴェロプ)」:「開発しすぎる」
  • underdeveloped(アンダーディヴェロプドゥ):「十分開発されていない」

ここで紹介した単語は、新聞やニュースなどでもよく出てくる単語なので最低限意味がわかるようにしておくと便利です。

2.「開発」に関連する様々な英語表現

ビジネスで使う用語や、ニュースで出てくる用語など、「開発」に関する表現を紹介します。

  • 「開発中」:under development(アンダー・ディヴェロップメント) ※「under ~」で「~中」という表現は、「工事中(under construction)」という場面でも使われます。
  • 「都市開発」:urban renewal ※「urban(アーバン)」は「都会の」、「renewal(リニューアル)」は「更新」などの意味があります。
  • 「宇宙開発」:space development ※「space」は「宇宙」という意味もあります。
  • 「ロボット開発」:robotic development ※「robotic(ロボティック)」は「ロボットの」という形容詞です。
  • 「リゾート開発」:resort development(リゾート・ディヴェロップメント)
  • 「新薬開発」:new drug development ※「drug(ドラッグ)」は「薬」という意味でここでは使います。
  • 「ウェブ開発」:web development
  • 「メディア開発」:media development ※「media」の発音は「ミーディア」となるので注意です。「メディア」はカタカナ発音です。
  • 「技術開発」:technological development ※「technological(テクノロジカル)」は「技術の」という意味です。
  • 「商品開発」:product development ※「product(プロダクト)」は「商品」を指します。
  • 「新製品開発」:new product development
  • 「店舗開発」:store development(ストアー・ディヴェロップメント)
  • 「森林開発」:forest development ※「forest(フォレスト)」は「森」という意味です。
  • 「環境開発」:environmental development ※「environmental(エンヴァイロメント)」は「環境の」となります。
  • 「土地開発」:land development ※「land(ランド)」は「土地」という意味です。
  • 「不動産開発」:real estate development ※「real estate(リアル・エステート)は「不動産」といういみで業種としても使われます。
  • 「観光開発」:tourist development ※「tourist(ツアーリスト)」は「観光客」という名詞にもなります。
  • 「新規開発」:new development
  • 「油田開発」:development of oil field ※「field(フィールド)」は「フィールド・野原」などの名詞です。
  • 「研究開発」:research and development ※「research(リサーチ)」は「研究」という意味です。略して「R&D」ということも多々あります。
  • 「設計開発」:design development
  • 「基礎開発」:basic development ※「basic(ベーシック)」は「基本の・基礎の」という意味です。
  • 「資源開発」:resource development ※「resource(リソース)」は「資源」で、人材などにも使います。
  • 「核開発」:nuclear development ※「nuclear(ニュークリアー)」は「核」で、核家族などにも使われます。
  • 「市場開発」:market development ※「market(マーケット)」は「市場」という意味です。
  • 「用途開発」:utilization(ユーティリゼイション)
  • 「ソフトウェア開発」:software development
  • 「アプリケーション開発」:application development
  • 「プログラム開発」:program development
  • 「システム開発」:system development
  • 「プロセス開発」:process development
  • 「開発許可」:development permit ※「permit(パーミット)」は「許可・許可する」という英語です。
  • 「開発戦略」:development strategy ※「strategy(ストラテジー)」はビジネスの世界でもよく使う「戦略」という単語です。
  • 「独自開発」:independently developed ※「independently(インディペンデントリー)」は、「独立での」という副詞です。
  • 「自社開発」:developed in-house ※「in-house」は「社内の」という表現です。
  • 「委託開発」:commissioned development ※「commision(コミッション)」は「委託・委任・手数料」という意味です。
  • 「共同開発」:cooperative development ※「cooperative(コオーペラティヴ)」は「協力して」などの意味もあります。
  • 「先行開発」:advanced development ※「advance(アドヴァンス)」は「先に行く」という表現です。
  • 「開発協力」:development cooperation ※「cooperation(コーポレーション)」は「協力・企業」という意味です。
  • 「開発段階」:development phase ※「phase(フェーズ)」は「段階」という意味です。
  • 「乱開発」:environmentally damaging development
  • 「開発支援」:development and support
  • 「開発支援ツール」:software development support tool ※「tool(ツール)」は「道具」という英単語です。
  • 「海洋開発産業」:offshore industry ※「offshore(オフショア)」は「沖の」という単語です。
  • 「地域開発」:community development ※「community(コミュニティー)」は「地域」を指します。
  • 「部品開発」:component development ※「component(コンポーネント)は「(機械などの)部品」
  • 「性能開発」:performance development ※「performance(パフォーマンス)」
  • 「開発プロジェクト」:development project
  • 「開発課題」:development subject ※「subject(サブジェクト)」は「議題」などとしても使います。
  • 「開発コンセプト」:development concept
  • 「開発構想」:development conception ※「conception(コンセプション)」は「構想」という英語です。
  • 「開発期間」:development period ※「period(ピリオド)」は「期間」です。
  • 「開発目標」:development objective ※「objective(オブジェクティヴ)」は「目標」です。
  • 「開発効率」:development efficiency ※「efficiency(エフィシェンシー)」は「能率・効率」です。
  • 「開発方針」:development policy ※「policy(ポリシー)」は「方針」の英語です。
  • 「開発の狙い」:aim of development ※「aim(エイム)」は「目的」などの意味です。
  • 「開発の過程」:development process ※「process(プロセス)」は「過程」という英語です。
  • 「開発を促進させる」:promote development ※「promote(プロモート)」は「促進させる」の英語です。
  • 「開発費」:development cost ※「cost(コスト)」は「費用」です。
  • 「継続開発」:continuing development ※「continue(コンティニュー)」は「継続する」の動詞です。
  • 「開発工事」:development construction ※「construction(コンストラクション)」は「工事・建設」です。
  • 「開発部」:Development Department ※「department(ディパートメント)」は「部署」という意味です。
  • 「企画開発部」:Office of Planning and Department ※「plan(プラン)」は「計画する」とう意味です。
  • 「大規模開発」:large-scale development ※「large-scale(ラージスケール)」は「広範囲・大規模」という英語です。
  • 「持続可能な開発」:sustainable development ※「sustainable(サステイナブル)」は「持続・継続可能な」とうい英語です。
  • 「開発を中止する」:stop the development
  • 「国際開発援助」:international development assistance ※「assistance(アシスタンス)」は「援助・助け」という意味です。
  • 「人材開発」:human resources development ※「human resources(ヒューマン・リソース)」は「人材」や「人事部」という意味です。
  • 「北海道開発局」:Hokkaido Development Council

まとめ:「開発」の英語は基本を押さえるだけ!

「開発」に関する英語は、まずは「develop」(開発する)と派生語を覚えましょう。

「開発」に関する表現はたくさんありますが、基本的に「develop」や「development」が付くので比較的分かりやすいのではないでしょうか。

勿論、これらの単語は全て覚える必要はありません。先ずは、仕事などで使いそうな表現や、ニュースでよく見る表現だけ知っていれば全然大丈夫です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

◆累計5万2884人が体験中の無料勉強法
(2017年11月5日現在)


●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに楽しみながら学ぶというのが最大のポイントです。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta