著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「カレー」の英語|発音や説明・8種類のカレーライスと関連表現一覧

のべ14,913がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

家庭料理の定番の「カレー」「カレーライス」

「カレー」は、インド料理ですが、イギリスに伝わり改良されたものが世界に広まったといわれています。

今や世界中で食べられているカレーですが、特に日本では独自の発展を遂げています。

そのカレー(またはカレーライス)は英語では何と言うのでしょうか?

詳しくは後ほど説明しますが、下記の表現があります。

  • curry and rice:この言い方が一番使われているカレー(カレーライス)の英語ですね
  • curry with rice:上記と同じ意味で、この言い方でも全然OKです。
  • curry:相手が「カレーライス」のことと知っている場合に使えます。
  • Japanese curry:スープ状のインドのカレー(Indian curry)との区別として使える表現です。
  • curry rice:私たちが一番会話で使っている表現ですが、これは和製英語なので基本は使わない方がいいです。

インド料理のカレーとは違うため、上記のような表現が必要になってきます。

また、日本では「カツカレー」や「スープカレー」など様々なカレーがありますよね。

それらは英語で何と言えば良いのでしょうか?また、「ハヤシライス」と似たような料理もあります。

よってここでは、「カレー」の英語表現を詳しくご紹介します。福神漬など、カレーに関連する表現も学びましょう。

目次:

1.「カレー」の基本英語と発音
2.「カレーライス」を英語説明しよう!
3.様々な「カレー」の英語
3-1.「シーフードカレー」の英語
3-2.「カツカレー」の英語
3-3.「ドライカレー」の英語
3-4.「キーマカレー」の英語
3-5.「スープカレー」の英語
3-6.「甘口・辛口のカレー」の英語
3-7.「よく煮込んだカレー」の英語
3-8.「カレーパン」の英語
4.「カレー」に関連する英語表現

1.「カレー」の基本英語と発音

「カレー」は英語で「curry」です。

「curry」の発音は下記となります。

読み方
音声
発音記号
カリー
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/05/curry.mp3
kˈɚːri

「カレー料理」、「カレーのソース(スープ)」、「カレー粉」を指す場合に使う単語です。

「カレー」と日本語のカタカナ英語でそのまま発音すると通じないので要注意です。

「curry」は基本的に不可算名詞(数えられない名詞)で、「some curry(いくつかのカレー)」などとなります。

また、「curry」は「~をカレー料理にする」という動詞にもなります。

「ビーフをカレーで味付けて料理をしました(I curried beef.)」などの場合に使えます。料理やレストランでのメニューなどで役立つ表現です。

2.「カレーライス」を英語で説明しよう!

冒頭でもすでにお伝えしていますが、日本の「カレーライス」は「curry and rice」か「curry with rice」が一般的です。

料理名の場合は基本的に「不可算名詞」となり、冠詞(the,a/an)は不要で、「I like curry and rice.」(私はカレーライスが好きです)や「I make curry and rice.」(カレーライスを作ります)となります。

因みに、日本のような「カレーライス」は欧米では一般的ではありません。

そのため、「カレーライス」にあたる表現がなく、単純に「カレーとライス」となります。

日本風の「カレーライス」に限ってですが、「curry rice」と言う場合もあります。これは、「karaoke(カラオケ)」や「salaryman(サラリーマン)」などのように、日本語がそのまま英語として使われているパターンです。

一般的に「カレー」というと、インドカレーのようなナンで食べる食べ方、スープ状のカレーをイメージしてしまうので注意が必要です。

よって、この場合は「Japanese curry(Japanese curry and rice)」などと表現するといいでしょう。

日本の「カレーライス」を英語で説明してみよう!

では、「Japanese curry」はどのように説明すればいいのでしょうか?日本文化に詳しくない方に説明する場合に必要ですね。

下記がその一例文ですが、参考にしてみて下さい。

Japanese curry is a dish of curry with rice, which is thicker compared to Indian curry.(日本のカレーは、カレーとご飯の料理で、インドのカレーと比べるととろみがあります)」など。

参考にしてみて下さい。

3.様々な「カレー」の英語

「スープカレー」や「カツカレー」などの様々なカレーや、「カレーパン」など「カレー」を使った料理は何というのでしょうか?英語の表現を確認しましょう。

3-1.「シーフードカレー」の英語

「シーフードカレー」は「seafood curry」です。

また、「牛肉のカレー」は「beef curry」、「豚肉のカレー」は「pork curry」、「鶏肉のカレー」は「chicken curry」、「野菜カレー」は「vegitable curry」です。

3-2.「カツカレー」の英語

「カツカレー」は「curry with pork cutlet」です。

「cutlet(カットレット)」は「平たいコロッケ」で、「とんかつ」は「pork cutlet」です。

3-3.「ドライカレー」の英語

「ドライカレー)は「curried pilaf」(カレード・ピラフ)です。

「ドライカレー(dry curry)」は和製英語ですので要注意です。

3-4.「キーマカレー」の英語

「キーマカレー」は「keema curry」です。

欧米の人は「キーマカレー」を知らない人も多いので、その場合は「minced-meat curry」と言えば伝わります。

「minced-meat(ミンスド・ミート)」は「ひき肉」です。

3-5.「スープカレー」の英語

北海道などで有名な「スープカレー」は「curry soup」です。

「チキンスープカレー」は「curry soup with chicken」です。

3-6.「甘口・辛口のカレー」の英語

「甘口のカレー」は「mild curry」です。

「辛口のカレー」は「spicy curry」又は「hot curry」、「中辛のカレー」は「medium-spicy curry」です。

カレーの辛さを注文する場合も「mild」、「medium(-spicy)」、「spicy(またはhot)」で表現できます。

3-7.「よく煮込んだカレー」の英語

「よく煮込んだカレー」は「well-stewed curry」です。

「stew(ストゥー)」は「よく煮込む」という動詞ですが、「シチューにする」という意味もあります。名詞の「stew」は、そのまま「シチュー」という意味です。

3-8.「カレーパン」の英語

「カレーパン」は「curry bread」です。

「カレーパン」は、日本独特のパンです。そのため、外国人に紹介する場合は説明が必要です。

知らない外国人に説明する場合は、「a deep-fried bread with thickened curry inside」などがよいでしょう。「濃くしたカレーが入った揚げパン」という意味の英文です。

4.「カレー」に関連する英語表現

「カレー粉」や「カレールー」など、「カレー」の関連表現を見てみましょう。

  • 「カレー粉」:curry powder ※「power(パウダー)」は「粉」です。
  • 「カレールー」:curry roux ※「roux(ルー)」はフランス語からきています。
  • 「ナン」:nan
  • 「カレー味」:curry flavor ※「flavor(フレイヴァー)」は「~味」としていう時に使います。
  • 「カレーの染み」:curry stain ※「stain」は「染み」です。コーヒーやジュースなどの染みにも使える表現です。「汚点」という意味もあります。
  • 「カレー屋」:curry restaurant
  • 「カレーうどん」:curry udon ※「うどん(udon)」が分からない外国人には「thick Japanese noodles in curry soup(スープカレーの中にあるぶ厚い日本の麺)」が伝わりやすいでしょう。
  • 「シチュー」:stew ※「ストゥー」という発音に注意です。
  • 「ハヤシライス」:rice with hashed meat ※「hash(ハッシュ)」は「肉を細かく切る」という動詞です。
  • 「福神漬け」:sliced vegetables pickled in soy sauce
  • 「(カレーなど料理の)具」:ingredient(s)/イングリーディエント
  • 「人参」:carrot(s)/キャロット
  • 「たまねぎ」:onion(s)/オニオン
  • 「じゃがいも」:potato(es)/ポテト(正しい発音:ポテイト)

まとめ:「カレー」の英語はレストランや好物として紹介する時にも役立つ!

「curry(カレー)」は誰もが知っている表現ですが、「カレーライス」は「curry and rice」、「スープカレー」は「curry soup」など知らないと正しく使えない表現も多いので要注意です。

「pork curry(豚肉のカレー)」や「chicken curry(鶏肉のカレー)」など基本的な表現も、海外でも使うことがあるので、しっかり覚えておきましょう。

日本の「カレー」はもはや、日本文化のひとつです。

ホームステイなど外国人に料理を提供する機会があれば、「カレー」を作って紹介してみるのもおすすめですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta