著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「コーヒー」の英語|すぐに使える!3つの表現や種類など

のべ7,395がこの記事を参考にしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

海外の喫茶店やカフェなどで、正しい英語で「コーヒー」を注文できますか?

「コーヒー」は英語で「coffee」というのは知っていても、実際にカフェで注文するとなると、注文したい種類など、英語で何て言ったらいいかわからないという人が多いのではないでしょうか?

最後には、どれくらい「コーヒー」の英語を理解したのかを試せる、「まとめクイズ」を用意していますので、是非チャレンジしてみましょう!

よってここでは、「ホットコーヒー」や「アイスコーヒー」、「ノンカフェイン」や「カフェラテ」などコーヒーの種類や、「コーヒーを入れる」、「コーヒーを飲む」など、英会話でもすぐに役立つ「コーヒー」に関する表現を詳しく解説します。また、カフェで注文する時に知っておきたい、コーヒーのシロップの種類やミルクの種類などもご紹介します。

目次:

1.「コーヒー」の英語と正しい発音
2.英語での「コーヒー」の数え方
3.注文する時にも使える!「コーヒー」を使った英語フレーズ集
3-1.「コーヒーを飲む」は英語で?
3-2.注文する時の「コーヒーを下さい」は英語で?
3-3.「コーヒーを飲みますか?」は英語で?
3-4.その他の「コーヒー」を使った様々な表現
4.「ノンカフェイン」など「コーヒー」の種類は英語で?
5.「コーヒー」には欠かせない!「ミルク」や「砂糖」の種類の英語
6.「喫茶店」や「カフェ」の英語は?
7.「コーヒー」の関連英語

まとめクイズ:「コーヒー」の英語は慣れれば大丈夫!

1.「コーヒー」の英語と正しい発音

「コーヒー」は英語で「coffee」です。

日本語のように「コーヒー」とカタカナ英語で発音しても通じないので気をつけましょう!

特に「f」の発音に注意が必要です。

「coffee」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
カーフィ
https://mysuki.jp/wp-content/uploads/2017/10/coffee.mp3
kɔ’ːfi

※「コォーフィ」と発音しても同様です。「o」は長めに発音します。「f」は、上の歯を下唇にあてて「フ」の音で息を出します。「v」の発音方法と口の形は同じです。

「f」の発音方法は、【Fの発音が自然と上手くなる簡単な2つのコツ】で動画付きで詳しく解説しています。発音方法がわからない方は、この機会に確認してみてください。

2.英語での「コーヒー」の数え方

「coffee(コーヒー)」は液体なので数えられない名詞(不可算名詞)です。

「1杯」、「2杯」と数える場合は、コーヒーカップの数で数えます。

例えば、「1杯のコーヒー」は「a cup of coffee」で、「2杯のコーヒー」は「two cups of coffee」です。

2杯目以上はカップの数が複数になるので「cup」には複数形の「s」がついて「cups」となります。これが文法的には正しい表現です。

ただし、口語的にカフェなどで注文する場合は「two cups of coffee」だと長いので、「coffee」を複数形にして「two coffees」などで注文するのが一般的です。

3.注文する時にも使える!「コーヒー」を使った英語フレーズ集

「コーヒー」の単語だけ知っていてもスムーズな英会話が難しいですね。

ここで、ネイティブもよく使う表現をご紹介しています。

3-1.「コーヒーを飲む」は英語で?

「(飲み物を)飲む」は英語で「drink」で「コーヒーを飲む」は「drink coffee」です。

【例文】

  • 英語:I want to drink some coffee.
  • 日本語:コーヒーが飲みたい。

また、「drink」の代わりに「have」を使って、「have some coffee」でもOKです。

3-2.注文する時の「コーヒーを下さい」は英語で?

「コーヒーを下さい」とカフェなどで注文する場合は、「have coffee」を使います。ここでは「drink」は使わないので注意してください。

【例文】

  • 英語:I’ll have coffee. ※「I’ll」は「I will」の略です。また「a cup of coffee」でも構いません。
  • 日本語:コーヒーを下さい。

※最後に「please」を言うと更に丁寧な表現になります。

「I’ll have~.」のフレーズは、レストランやカフェで食べ物と飲み物の注文に使える便利な表現なので是非覚えてくださいね!

3-3.「コーヒーを飲みますか?」は英語で?

「コーヒーを飲みますか?」と、相手に聞く場合は下記のフレーズが使えます。

フォーマルな言い方とカジュアルな言い方があります。場面や相手で使い分けましょう。

  • フォーマル:Would you like some coffee? ※「some」の代わりに「a cup of」を使ってもOKです。
  • カジュアル:Do you want some coffee?

「Would you~」を使った疑問文はかしこまった表現なので、レストランなどのお店や目上の人に使います。

「Do you want some coffee?」は、オフィスでの同僚や友達などに使えるカジュアルな言い方です。

3-4.その他の「コーヒー」を使った様々な表現

「コーヒーを入れる」、「コーヒーを注文する」など、「コーヒー」を使った様々な英語表現を確認しましょう。

  • 「コーヒーを注文する」:order coffee ※「order(オーダー)」は「注文する」の英語です。
  • 「コーヒーを入れる」:make coffee
  • 「コーヒーを買う」:get coffee ※「get some coffee」なども同様です。
  • 「コーヒーに砂糖を入れる」:take sugar in coffee ※「take」の代わりに、「put」でもOKです。
  • 「コーヒー豆をひく」:grind coffee beans ※「grind(グラインド)」は「すりつぶす」という英語です。
  • 「コーヒー豆を焙煎する」:roast coffee beans ※「roast(ロースト)」は、「焼く・あぶり焼く」などの英語です。

4.「ノンカフェイン」など「コーヒー」の種類は英語で?

「コーヒー」とひと口に言っても、ホットやアイス、カフェラテなど様々なコーヒーがあります。

【コーヒーの種類の英語】

  • 「ホットコーヒー」:Hot Coffee
  • 「アイスコーヒー」:Iced Coffee ※「ice coffee」ではないので要注意!コーヒー以外でも、冷たくしたドリンクは「iced~」です。「Ice(冷やす)」を受け身の英語にします。
  • 「インスタントコーヒー」:Instant Coffee
  • 「エスプレッソ」:Espresso
  • 「カプチーノ」:Cappuccino
  • 「ラテ」: Latte ※「Cafe Latte」でも同様です。カフェラテはカプチーノよりミルクが多めです。
  • 「マキアート」: Macchiato
  • 「ノンカフェイン・コーヒー」:Decaf Coffee ※「decaf(ディーキャフ)」は「カフェインレス」のことで「decaffeinated」の略です。「紅茶」(Decaf Tea)にも使えます。

「アメリカンコーヒー」は通じる?

日本語では薄いコーヒーを指して「アメリカンコーヒー」といいますが、これは和製英語です。

英語で「American Coffee」と言うと「アメリカ産のコーヒー」のことかなと思われてしまいます。

コーヒーの薄いは「weak」なので、「薄いコーヒー」を直訳すると「weak coffee」となりますが、アメリカでは日本より薄めで出されるのであえて言う必要はありません。「regular coffee」でOKです。

ちなみに、「薄い」の反対の「濃い」は「strong」です。セットで覚えておきましょう。

また、コーヒーにホイップクリームをのせた「ウインナーコーヒー」も和製英語です。ホイップクリープをのせてほしい場合は、「Coffee with whipped cream」です。

5.「コーヒー」には欠かせない!「ミルク」や「砂糖」の種類の英語

ここからは、ミルクやシロップなどコーヒーに入れるもの種類を紹介します。カフェで注文する場合は「coffee with milk」のようの「with」をつけて伝えればOKです。

しかし、欧米ではコーヒーに入れるミルクの種類が日本より多いです。一般的な種類は下記となります。

レストランなどで希望がある場合は正しく伝えましょう!

【ミルクの種類】

  • 「全脂肪乳」:Whole Milk
  • 「脱脂粉乳」:Skim Milk ※「skim(スキム)」は動詞で「(乳脂など)上澄みをすくいとる」という意味になります。
  • 「低脂肪」:Low-Fat ※「fat(ファット)」は「脂肪」です。
  • 「無脂肪」:Fat-Free ※「Non-Fat」という場合もあります。
  • 「脂肪分2%」:Two Percent Fat
  • 「豆乳」:Soy Milk ※「soy」は「大豆」です。
  • 「アーモンドミルク」:Almond Milk
  • 「ココナッツミルク」:Coconut Milk

また、コーヒーに入れる砂糖も以下のような種類から選べることが多いです。

【砂糖の種類】

  • 「白砂糖」:White Sugar
  • 「漂白していない砂糖」:Raw Sugar ※「raw(ロー)」は「生の」という場合に使います。「刺身」も「raw fish」と言います
  • 「人工甘味料」:Sweetener(スウィートナー)

「ブラックコーヒー」は通じる?

ブラックコーヒーは、そのまま「Black coffee」で通じますが、実はこれに砂糖が入る場合があります。この場合は注意が必要です。

ミルクなどが入っていなくて、まさしく「黒いコーヒー」を意味するからです。その場合は、「Coffee with no sugar」とすると間違えありません。

6.「喫茶店」や「カフェ」の英語は?

「ちょっと喫茶店に寄ろう」など、「喫茶店」はコーヒーとは欠かせない表現の一つですが、英語で何と言うのでしょうか?

下記の二つの表現で通じます。

  • Coffee shop
  • Cafe ※カフェテラスという表現もこれでOKです。また、「Cafe」であれば、軽食も食べれるニュアンスが含まれるので、日本の喫茶店に近いですね。また、発音が「キャフェイ(kæféɪ)」となります。アクセントが後ろにあるので注意して下さい。

7.「コーヒー」の関連英語

その他の「コーヒー」の関連表現を確認しましょう。

  • 「コーヒー豆」:coffee beans
  • 「コーヒーゼリー」:coffee jelly
  • 「コーヒーカップ」:coffee cup
  • 「コーヒーフィルター」:coffee filter
  • 「カフェイン」:caffeine
  • 「コーヒーブレイク」:coffee break
  • 「コーヒーの自動販売機」:coffee dispenser ※「dispenser」は「自動販売機」という表現にもなります。銀行のATMは、「cash dispenser」です。
  • 「ミルク」:milk
  • 「コーヒーメーカー」:coffee maker
  • 「コーヒー豆を挽く機械」:grinder(グラインダー)※コーヒーの豆を挽くミルです。
  • 「コーヒーの香り」:aroma of coffee

まとめクイズ:「コーヒー」の英語は慣れれば大丈夫!

欧米などのカフェではミルクや砂糖など、日本より種類があります。全て覚える必要はありませんが、どんな種類があるのか確認しておきましょう。

コーヒーの種類や、ミルクなどに加え、店によってサイズなど色々指定することがあって、初めての時は戸惑ってしまうかもしれませんが、慣れてしまえば大丈夫です。

海外に行くチャンスがあれば、練習だと思ってカフェやレストランで注文してみてくださいね。

それでは、最後に次の問題を解いてみましょう!

【問題】

  1. 口語的に言う「二杯のコーヒー」の英語は?
  2. 飲むの英語は「drink」ですが、その他でよく使う動詞は?
  3. 「ノンカフェイン・コーヒー」の英語は?
  4. 「人工甘味料」の英語は?
  5. 「喫茶店」の英語は?

いかがでしたか? 

今すぐ読んだ「コーヒー」に関する英語でも、多少はてこずりますよね。答えを確認して、徐々にでいいのしっかりマスターしましょう!

【解答】

  1. two coffees ※文法的に正しいのは、「two cups of coffee」です。
  2. have
  3. Decaf Coffee
  4. Sweetener
  5. 「Coffee shop」、「Cafe」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメントを残す

*

sp-cta
sp-cta