著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「自転車」の英語|発音と45個ある関連単語やフレーズ一覧

のべ21,813がこの記事を参考にしています!

「自転車」を英語で表現すると主に3つの単語が出てきます。

後ほど詳しく説明しますが、下記がその一覧です。

  • bicycle(バイセコー):口語でも文語でも使える表現です。日本語のカタカナ読みは「バイシクル」なので発音に注意です。
  • bike(バイク):「bicyle」の略式的な表現で、一般的に口語では「bike」をネイティブもよく使います。日本人がよく使う「バイク(オートバイ)」とは違います。「pushbike(プッシュバイク)」という表現もあります。
  • cycle(サイコー):「輪」という単語で、動詞の「自転車で~へ行く」という場合によく使われます。日本語でも「サイクリング(cycling)」と言いますね。また、カタカナ読みの発音は「サイクル」ですね。

また、「自転車に乗る(降りる)」、「自転車通勤」、「ママチャリ」や「パンクした」なども英語で何と表現するか知っていますか?

それらの表現や英文までマスターすると怖いものなし!

また、自転車を使った英語の名言(格言)/アインシュタインがあります。英語の幅を広げるためにも押さえておきましょう!

よって、今回は「自転車」を英語で表現する際の注意点やペダルやサドルなどの部品(部位)などの関連英単語、例文なども一緒にご紹介します。

目次:
1.「自転車」の英語の発音・違いと例文
2.「自転車」の部品や関連単語一覧(音声付き)
3.その他の「自転車」を使った英文・フレーズ一覧
4.「自転車」の豆知識やスラング・格言(名言)

1.「自転車」の英語の発音・違いと例文

冒頭でも簡単に説明した、それぞれの単語を深堀して見ていきましょう。

bicycle

接頭辞のスペルが「bi」は「2つ」、「cycle」は「輪(車輪)」という意味で自転車をそのままイメージできます。

因みに「bilingual(バイリンガル)」も「bi」が接頭辞としてあり、「2つの言語を話せる人」を指しますね。

「bicycle」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
バイセコー
bάɪsɪkl

口語でも文語でも使える「自転車」の英語で、複数形は「bicycles(バイセコーズ」と「s」が「ズ」と濁ります。

下記が例文です。

  • 自転車に乗ります:I ride on a bicycle. ※「I get on a bicyle.」だと少しカジュアルです。「自分の自転車に乗る」という場合は、「I get on my bicycle.」と明確にします。
  • 自転車で学校に行きます:I go to school by bicycle. ※「~で行く」という手段の場合にこの表現を使います。バスで行く場合は、「by bus」、自動車の場合は、「by car」ですね。

など。

bike

「bicycle」よりもネイティブが口語でよく使うのが「bike」です。

「bicycle」の方がよりフォーマルな表現という認識でOKです。よって、先ほどの例文もそのまま「bike」に置き換えて表現できます。

「I get on my bike.」など、よりカジュアルな表現になります。

「bike」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
バイク
bάɪk

複数形は「bikes(バイクス)」で「s」は「ス」と濁りません。これも「bicycle」との違いです。

「bike」は、日本語のバイクと違う!?

バイクと聞くと、ほとんどの日本人が「オートバイ」や「単車」などを思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし、英語では「自転車」しか意味しないので注意です。

オートバイなどは、「motorbike(モーターバイク)」として、必ず頭に「motor」(エンジン、発動機など)を足します。

よって、モーターと違って、自転車は手押しなので、「pushbike」と表現することもあります。

cycle

「bicycle」の「bi」を省略した、カジュアルな表現です。

また、オートバイを表現する時は「bike」と同様に、頭に「motor」を付けて、「motorcycle」の英語になります。

「cycle」の発音と発音記号は下記となります。

読み方
音声
発音記号
サイコー
sάɪkl

cy(サイ)の箇所のスペルに注意ですね。

この「cycle」ですが、自転車という名詞よりも、「~へ自転車で行く」という動詞で使われることが多いです。

「I go cycling.(自転車でサイクリングに行く) 」という表現もあります。

また、「I cycle to work.(自転車通勤です)」など。

「I go to work by bike.」と全く同じ意味ですが、上記がよりビジネス的な表現で大人らしいです。是非、覚えておきましょう!

2.「自転車」の部品や関連単語一覧(音声付き)

「自転車」だけの単語を覚えるよりも、それに関連する表現も一緒に覚えたら一石二鳥です。

自転車の種類や部品など、下記に主な関連表現の英語を記載しています。

表現
意味
音声
bicycle brake
自転車のブレーキ
pedal
ペダル
chain
チェーン
rust
錆(さび)
light
ライト
flat tire
パンク
parking lot for bicycles
駐輪場
bicycle shop
自転車ショップ
city cycle
ママチャリ(日常自転車)
racing cycle
競技用自転車
electric bicycle(e-bike)
電動自転車
mountain bike
マウンテンバイク
full-size bicycle
大人用自転車
children’s bicycle
子供用自転車
training wheels
補助輪
double riding
二人乗り

その他にも押さえておきたいその他の自電車の部品や関連単語をご紹介します。

  • サドル:seat ※「bicycle seat」でも同様です。
  • 自転車の荷台:carrie(キャリアー) ※「bed」でも通じます。
  • 自転車のかご:basket
  • チャイルドシート:child seat ※「child safety seat」も同様です。
  • 自転車のハンドル:handle bars
  • 自転車のギア・変速(ギアチェンジ):bicycle gearshift ※「derailleur」という単語もあります。
  • 自転車の車輪:bicycle wheel ※「bicycle tire」でもOKです。
  • 折り畳み(折り畳み式)自転車:folding bike ※「fold」は折り畳むという英語です。
  • 自転車鍵:bike key
  • 自転車のカバー:basket cover(かごのカバー)/seat cover(サドルカバー)
  • 自転車の曲がり乗り:trick cycling
  • 自転車用の空気入れ:bicycle pump
  • スポーツジムの自転車:exercise bike
  • タイヤのチューブ:bicycle tube
  • サイクリング:cycling
  • 自転車保険:cycle insurance ※自転車盗難保険は、「cycle theft insurance」となります。

因みに「自転車操業」は「hand-to-mouth operation(management)」という表現をします。

3.その他の「自転車」を使った英文・フレーズ一覧

「自転車」に関連する英単語や表現だけを覚えても、英会話にはなりません。

既に紹介した「自転車に乗る(I get on a bike.)」や「自転車通勤です(I cycle to work.)」以外のフレーズも押さえましょう!

  • 英文:I get off my bike.
  • 和訳:私は自転車から降りる。

I get off my bike
※「get off~」は「~から降りる」となり、「get on~」の逆となります。

  • 英文:I applied the brakes.
  • 和訳:私はブレーキをかけました。

I applied the brakes
※appliedは「apply(用いる、適用する)の過去形。「I hit the brakes」でも同様の意味になります。

  • 英文:I got a flat tire.
  • 和訳:タイヤがパンクしました。

I got a flat tire
※「平坦(flat)になったタイヤを持った」という直訳ですが、イメージしやすいですね。車のパンクでも使える表現です。

  • 英文:I must pump up a tire.
  • 和訳:私は空気を入れないといけません。

I must pump up a tire
※口語的です。「pump up~」は、「~を強める」「吹き込む」などに使います。「I must put some air into a tire.」も同様の意味ですが、より丁寧な言い方となります。

  • 英文:The chain came off.
  • 和訳:チェーンが外れました。

the chain came off
※「come off」は「外れる」という熟語になります。

  • 英文:I have to fix my bike.
  • 和訳:自転車を修理しなくてはいけません。

I have to fix my bike
※「fix」は「修理する」という意味で、どの場面でも使えます。「repair」という動詞でも同様です。

その他の自電車関連の例文やフレーズにも触れておきましょう!

  • 自転車にまたがる:ride on a bike ※「自転車に乗る」という表現でOKです。
  • 自転車を漕ぐ:peddle a bike ※これも「ride on a bike」でも構いません。「自転車で走る」という表現でも使えます。
  • 自転車で散歩する:take a short cycling
  • 自転車を押して歩く:walk a bike
  • 自転車で転ぶ(こける):fall off a bike
  • 自転車を起こす:stand a bike up
  • 自転車を借りる:borrow a bike ※レンタルで借りる場合は、「rent a bike」となります。レンタル自転車は「rental bike」となります。
  • 自転車貸して!:Let me borrow your bike.
  • 自転車、気を付けて!:Pedal safe! ※車、気を付けてね!という場合は「Drive safe!」と言います。
  • 自転車が壊れた:My bike broke down. ※「broke」は「break」の過去形です。
  • 自転車が盗まれる:My bike is stolen. ※「stolen」は「steal(盗む)」の過去分詞(受け身)です。
  • 自転車で坂道を上る(下る):go up the slope by bike.
  • 趣味は自転車です:I like cycling. ※「My hobby is to ~.」という表現はあまりしません。「I like ~.」の形がベターです。
  • 自転車を立ち漕ぎする:pedal while standing up ※「pedal and stand up at the same time」のニュアンスです。
  • 自転車にぶつかる:bump into a bike
  • あなたの自転車かっこいいね:Your bike is cool.

4.「自転車」の豆知識やスラング・格言(名言)

自転車で、英語を表現する「bike」や「bicycle」ですが、頭にある「bi」(バイ)にはちゃんとした意味があります。

文法用語では、「接頭辞」と言われるものですが、実は「bi」は、「2つの~」と表現するものなのです。

よって、「bicyle」は、「bi(2つの)」+「cycle(輪)」から出来ています。

この、「bi」を接頭辞としてもつ英単語には、「bilingual(2つの言語)」や「biceps(上腕二頭筋)」などがあります。

今後新しい英単語に出会った際に、「bi」が付いていたら「2つの~」と表現するものが多いことに気づくでしょう。

因みに「一輪車」、「三輪車」は次のように言います。

  • 「一輪車」:unicycle ※「uni」(ユニ)が「1つの~」を表現しています。
  • 「三輪車」:tricycle ※「tri」(トリ)は「3つの~」となります。

「自転車」に関連するスラングは?

イギリス英語で「MAMIL」という自転車に関するスラングがあります。

「middle-aged man in Lycra」の略で、「Lycra」は衣類メーカーの名称です。自転車でのサイクリングに夢中な中年男性を指す時に使います。

また、「自転車」を使ったアインシュタイン(Albert Einstein)の有名が名言もあります。

  • 英語の名言:「Life is like riding a bicycle. To keep your balance you must keep moving.」
  • 和訳:人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには(バランスを保つには)走り続けなければいけない。

それと、外国人に日本の自転車交通ルールを説明する時もあるでしょう。

警察庁が英語でのガイドラインを発行していますので、必要な場合はそちらもご参考下さい。『交通安全教育と交通安全活動』のページでPDFでダウンロードできます。

まとめ:英語の「自転車」から色々な表現を学べる!

英語で単純に自転車の単語だけ調べても、それは単語帳の延長に過ぎません。

ではなく、1つの単語から色々な表現などを同時に身に付けることで、効率よく時間が使えて、また吸収もしやすくなります。

今回は「自転車」の英語をテーマにしましたが、他の英単語でも同様です。

是非、今後の英語学習のヒントにしてもらえればと思います。

cta_teacher_img03

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメント

sp-cta
pc-cta