著者 : 藤永 丈司

◆上智大学比較文化学部卒(現:国際教養学部)
◆初受験でTOEIC990(満点)、英検1級、小学校英語指導者資格
◆ニンテンドー3DS TOEIC「超速」プログラム・スペシャルアドバイザー
◆日経HR「英語コミュニケーション in Business」特別講師(2017年8月~)
◆日経メディカル「医師のためのDailyイングリッシュ」特別講師(2019年10月~)
◆公式動画チャンネル:マイスキ英語【たった3分で奇跡を起こす!】(2020年2月~)

タップして詳しいプロフィールを見る

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験や、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。


◆活動 - 芸能人 への個別指導、英会話・ TOEIC講座、企業研修、小学生を中心に 各地でボランティア英語指導など。


藤永の著者・監修した商品

◆著書に「なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?」など多数(シリーズ累計10万部以上)

2016年に甚大な被害をもたらした「熊本地震」への復興活動の一環として、『マイスキ英語(代表:藤永丈司)』は、同年7月より、Jリーグ所属のロアッソ熊本のスポンサーカンパニーとして協賛しております。

「荷物」の英語|2つの主な表現の違いとその他の使い分けが大事!

のべ22,461がこの記事を参考にしています!

日常生活でも海外旅行の時などでも「荷物」の英語には触れる機会が多いですね。

「荷物」も、1つ英単語だけではなく、様々な英語表現があります。

ホテルや空港で困らないためにも、それぞれの英語のニュアンスの違いなどを知っておくととても便利です。

後ほど詳しく説明しますが、先ずは下記の2つが「荷物」を表す代表的な英語です。

  • 「baggage」(バッゲージ):中身が入っている「荷物」となります。飛行機に乗る時などの「荷物」は「baggage」を使うのが一般的です。
  • 「luggage」(ラゲージ):イギリス英語で「baggage」と同じ意味と捉える場合もありますが、スーツケースなど中身がない「荷物」も指すことがあります。

どちらも旅行などで使える荷物というイメージです。

また、口語のスラング的に「stuff(モノ・こと)」を表現する単語で「荷物」を意味する場合もありますし、「bag(カバン)」もカジュアルに使う単語です。

しかし、他にも「荷物」を指す単語は多くあります。

また、「宅急便」や「配達」、「荷物を預かって下さい」、「荷物が届かない」などの関連英語や例文も押さえておくと便利です。

よって今回は、よく使う「荷物」の英語とその関連表現や会話でも使えるフレーズもご紹介します。

目次:
1.「荷物」の基本英語と発音・複数形など
・baggge
・luggage
・bag
・stuff
2.その他の「荷物」を表す英語表現一覧
3.これも押さえよう!「荷物」の関連英語一覧

1.「荷物」の基本英語と発音・複数形など

ここでは、冒頭でお伝えした「baggage」と「luggage」、またその違いについて解説します。

また、カジュアルな「bag」や「stuff」もここで押さえておきましょう。

baggage

持ち歩く手荷物全体を「baggage」といいます。

1個ずつの荷物ではなく、全体的な「荷物」を意味す場合が多いです。

アメリカ英語でよく使われる表現でもあります。

「baggage」の発音は以下の通りです。

読み方
音声
発音記号
バゲージ
bǽgidʒ

不可算名詞で、複数形も「baggage」になるので注意です。

「baggage」は、バッグやスーツケースなど入れもの単位で分けて考えるのではなく、持っている荷物全体を指します。

また、「baggage」の場合、空のスーツケースやバッグではなく、中身が入っている「荷物」に使います。

このため、飛行機など乗り物に乗せる「手荷物」は、「baggage」を使うのが一般的です。

よって、空港のチェックインカウンターなどで「How many baggage do you have?(お荷物はいくつあります?)」などと聞かれるケースが多いですね。

また、ホテルのチェックイン時に次のような表現もできます。

  • 英語:Would you keep my baggage until 3 p.m.?
  • 日本語:3時まで私の手荷物を預かっていただけますか?

海外旅行で良く使うその他の英語フレーズなどは、「旅行で良く使う英会話|簡単マスター!9つの場面別フレーズ」の記事を参考にしてみて下さい。

また、「I send my baggage to my family in Japan.(日本にいる家族に荷物を送ります)」などの表現もできます。

luggage

「luggage」はイギリス英語でよく使われる表現です。

「luggage」の発音は以下の通りです。

これも「荷物」ですが、厳密にはスーツケースやバッグなど「荷物」を入れるもののことです。

読み方
音声
発音記号
ラゲージ
lʌ’gidʒ

これも不可算名詞で、複数形はそのまま「luggage」となります。

中身が入っているかは問題ではないため、空っぽの場合もあります。

このため、「荷物を入れるケース」をお店に買いに行く場合は、「luggage」を買いに行くという表現になります。

しかし、「baggage」と同じように、「How many luggage do you have?」と聞かれる場合もあります。

また、「My luggage has not arrived yet.(私の荷物がまだ届いていません)」などの場合も「baggage」同様に使えます。

bag

カジュアルな口語表現で、「荷物」を表す時に使う表現でもあります。

「bag」は可算名詞で、複数形は「bags」となります。

「お荷物はいくつありますか?」を表現すると、「How many bags do you have?」となります。

また、「荷物をまとめるところです(I’m about to pack my bags.)」などで、カジュアルな場面で使えます。

stuff

「stuff(スタッフ)」は色々な場面で使えるとても使い勝手がいい表現です。

能力、持っているもの(荷物)、など、日本語で言うと「アレ」という感じです。

日本語でも「あなたが持っているあれはなによ?」、「ほら、あれだよ、あなたの服」とかよく使いますよね。

しかし、ここで注意したいのが、「stuff(発音記号:stˈʌf)」「staff(発音記号:stˈæf)」との発音の違いです。

後者の「staff」は、従業員などを表現する単語ですので、意味が全然変わってきます。

「It looks heavy. I will carry your stuff.(重そうだね。荷物を運んであげるよ。)」など。

これも複数形はそのままの「stuff」です。

2.その他の「荷物」を表す英語表現一覧

荷物を表す表現の、「baggage」や「luggage」が全ての場面で、荷物の英語として使えるわけではありません。

その場面により使い分ける必要があります。下記がその他の「荷物」を表す単語の一覧となります。

  • 「suitcase」(スーツケース):旅行用かばんのことですが、荷物自体を表す場合もあります。
  • 「package」(パッケージ):郵便荷物の「小荷物」や「小包」などを意味します。
  • 「parcel」(パーソル):イギリス英語で小包を指す単語です。
  • 「burden」(バードン):重い「荷物」という意味です。 ※「You are burden on me!(あなたは私にとって負担なの・・・)」とかで使ったりします。
  • 「load」(ロード):量が多い荷物や「積み荷」と言う意味です。 ※「loads of money(大金)」という表現もあります。
  • 「freight」(フレイト):列車やトラックなどで運ぶ「貨物(荷物」です。 ※貨物運送料としても使う単語です。
  • 「cargo」(カーゴ):飛行機や船などで運ぶ「貨物(荷物)」です。
  • 「goods」(グッズ):「品物」とう意味での「荷物」です。
  • 「belongings」(ビロンギングス):複数形のままで、「所有物(個人の荷物)」を意味します。
  • 「fragile」(フラジャイル):「割れ物の荷物」という場合に使う英語です。 ※スーツケースに「fragile」のタグを付けますね。

など、ビジネスでも使える表現ばかりなので、押さえておきましょう!

「When do you deliver your goods?(いつ荷物が届きますか?)」や「I received your package.(あなたの荷物を受け取りました)」など。

3.これも押さえよう!「荷物」の関連英語一覧

さて、最後になりますが、荷物に関連する表現も覚えておくと英語力が高まります。

下記では「baggage」を使っていますが、イギリス英語の場合は「luggage」で表現することも多いです。

  • 「手荷物」:hand baggage ※「baggge」や「luggage」のみでもOKです
  • 「宅急便(宅配荷物)」:home delivery service
  • 「(飛行機などの)持ち込み手荷物」:carry-on baggage
  • 「(飛行機などの)預け荷物」:check-in baggage
  • 「(預けた)荷物の受け取り」:baggage pickup ※「荷物を受け取る」という場合は動詞の「pick up」を使います。
  • 「規定より(大きさが)大きい荷物」:oversized baggage
  • 「規定より(重量が)重い荷物」:overweight baggage
  • 「手荷物受取所」:baggage claim
  • 「手荷物検査」:baggage inspection ※「security check(直訳は、安全のチェック)」などでもOKです。
  • 「(空港などでの)荷物紛失」:lost baggage
  • 「手荷物ロッカー」:baggage locker
  • 「引っ越し荷物」:moving baggage
  • 「お荷物!」:会社やチームなどにとって「お荷物」という表現がありますが、その場合は「burden(負担)」の英単語が適切です。

まとめ:「荷物」の英語は英会話を楽しむには必須!

「荷物」の英語は常にネイティブの間でも使われる英語の1つです。

ここでご紹介した表現だけでも十分ですので、是非覚えておきましょう。使い方を間違えずに、恥をかくことなく、英会話を楽しめるはずです。

無料:学習資料『偏差値40の落ちこぼれ人間が勉強せずに1発でTOEIC満点。短期間でネイティブになった全手法』

●「英語学習に時間もお金も使ったのに成果が出ない・・・。」
●「結局、英語は聞けないし、話せないままだ・・・。」
●「TOEICの点数でさえ、全然伸びない・・・。」

あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか?

また、英語をマスターした人だけが知っている「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか?

そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。2つの資格とも一発取得です。

本来、英語は一番カンタンな言語です。それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。

今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。

ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。

これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。

机に30分も座れない・・・
テストは常に赤点(偏差値40)・・・
英語とは無縁の人生だった・・・


そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。

興味がある方に、今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。

このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。


今すぐ資料をGETする(無料)

コメント